Myゴルフダイジェスト

【マスターズ】「自分史上最高のゴルフができた」マキロイ劇的チップインで2位

マスターズ最終日、もっともパトロンを沸かせたのは、ローリー・マキロイとコリン・モリカワが2人揃って18番のバンカーからチップインバーディを決めたシーンだった。

まるで地鳴りのような歓声に迎えられホールアウトしたマキロイも、「こんな歓声はじめて」と最高の笑顔で4日間を締めくくった。

毎年マスターズがやってくると話題になるのが、彼のキャリアグランドスラム達成について。結果的には今回も偉業達成はお預けとなったが、最終日8アンダー「64」の猛チャージで単独2位に食い込み、「オーガスタでこういうプレーをするのが夢だった。自分史上最高のゴルフができた」と達成感をにじませた。

11年前、21歳だったマキロイはサンデーバックナインに入るまで単独トップ。“ポストタイガー”の旗手にとってメジャー初制覇は手の届くところにあった。だが10番でティーショットを大きく曲げトリプルボギー。そこから坂を転げ落ちるようにスコアを落とし15位タイに甘んじた。

苦い敗戦を糧に、その年の全米オープンで優勝し、他のメジャーも立て続けに獲り(4勝)、グランドスラムに王手をかけたのが8年前。だが期待されながら毎年不発に終わり、今回の2位がマスターズでの自己ベスト。

「ペアリングに恵まれた」とマキロイ。モリカワとの相乗効果で「2人とも素晴らしいゴルフができて最高の気分だった。僕らはライバルだけれど毎週一緒に旅をする友人。コリンはナイスガイだし、一緒に最高のゴルフができてとても幸せ」

ここのところ不調だったマキロイだが、久々に晴れ晴れとした表情で「今回は(グランドスラムまで)少し足りなかったけれど、来年もまたここに戻って挑戦を続けるよ」と決意を新たにした。ツアー20勝で永久シードを持ち2度の年間王者に輝いたマキロイに足りないのはグリーンジャケットだけだ。

4日間の平均飛距離は1位。来年こそリベンジを期待したい(PHOTO/Blue Sky Photos)

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

こちらもチェック!

  • タイガー・ウッズの電撃復帰が話題を呼んだマスターズだが、出なかった選手、出られなかった選手、そして意外な出場選手をピックアップ。 出なかった選手の代表は、なんといってもP・ミケルソン。史上最年長メジャーチャンプにしてマスターズ3勝の彼は、新ゴルフリーグを巡る発言でバッシングを受け、しばらくゴルフから離れることを宣言。これについてD・ジョンソンは「違和感がある」と語ったが、「毎年フィルを応援に来ているのに」と残念がるパトロンも多かった。出られなかった選手の代表は、元世界ランク1位のJ・デイ。マスターズデビューの11年にいきなり最終日の上がり2ホール連続バーディで2位タイに食い込み、13年にも3位入賞。「勝つのは時間の問題」と言われるも、腰痛が原因でスランプに陥り、私生活では最愛の母を亡くすなど心労が続き、現在の世界ランクは118位。そして2年連続で出場権を逃したのがR・ファウラーだ。昨年は自動車事故から間もないタイガーの自宅で一緒にマスターズを観戦したツアー屈指の人気者が、今年はタイガーのプレーを観戦する立場に。18年には2位に入ったほか、ベスト10入りが3回。相性の良いメジャーでファウラーの勇姿が見られないのは寂しいかぎりだ。一方、意外な(?)出場者も。メジャー3勝のP・ハリントンが特別招待枠で15年以来の出場を果たしたのだ。練習ラウンドをR・マキロイやS・ローリーら同郷のメジャーチャンプたちと回ったハリントンは、「2位や3位になるためにメジャーに出場したわけじゃない。狙うのは優勝のみ」と強気の発言(結果は1打及ばず予選落ち)。「シェーン(・ローリー)は近所に住んでいるので、前から練習ラウンドを一緒にしようと約束していた。そこにハリントンが入ることになったけれど、彼がマスターズに出られるなんて知らなかった。酷いよね。ごめんなさい」とマキロイ。真実はときに残酷だ。 50歳のハリントンは健闘も1打及ばず予選落ちを喫した(写真は2018年ホンダクラシック。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より こちらもチェック!
  • かつてはフロリダ州アイルワースがプロゴルファーから人気だった。そして現在、プロゴルファーが好んで住むのは、同じフロリダ州のジュピター。世界のトップ選手たちは、なぜジュピターに集まる? ジュピターはフロリダ州パームビーチ郡の北東に位置するシーサイドタウン。そこに現在30名を超えるシード選手が居を構えている。J・トーマスとR・ファウラーは同じ通りの住人だし、D・ジョンソン、R・マキロイ、B・ケプカらもご近所さん。プロゴルファーが多いメリットは「練習相手にこと欠かないこと」。そもそもジュピターには素晴らしいゴルフ場が多いが、ジャック・ニクラス夫妻が22年前に『ベアーズクラブ』という高級住居付きプライベートコースを開場したことが大きな転機となった。E・エルスやL・ドナルド、P・カントレーらは「ニクラスのアドバイスをいつでも聞ける」地の利を気に入り、寒い国出身のS・ローリー(アイルランド)やM・フィッツパトリック(英)らは「1年中青芝でゴルフができるのが魅力」と語る。タイガーの住まいはコース内ではなくジュピターアイランド。オーランドに住んでいたとき「湖はあったけれど海がなくて恋しかった」と11年に土地を購入。離婚騒動のさなかに家を建て、庭にはショートコース、敷地内に船着き場つきと理想を具現化した。近くで経営するレストランには、選手がパパラッチやサインをねだるファンに煩わされることなく食事ができるスペースを完備した。 G・ノーマン、N・プライス、G・プレーヤー、R・フロイドといったレジェンドも住人で、プロが珍しくない土地柄だけに、選手たちも周りの目を気にすることなくプライベート空間を守れる。さらに税制優遇措置があるのも大金を稼ぐ身にはありがたい。先立つものさえあればジュピターに住んでみたいものである。 地元トークに花が咲く?(写真は2019年WGCメキシコ選手権。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より
  • ローリー・マキロイが米男子ツアーの「ザ・CJカップ」で通算20勝目を挙げ、永久シード入り。55歳未満の選手が20勝に到達したのはタイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、ダスティン・ジョンソンに続く4人目の快挙だ。 3日目を終え、復活優勝を狙って単独トップに立ったR・ファウラーに2打差の2位からスタートしたマキロイは、最終日6アンダーの「66」で回り、C・モリカワの追撃をかわして逆転優勝を飾った。「20勝は目の前にぶら下がったニンジンだった。欲しかったけれど、それが今週だったとは」と満面の笑みで喜びを口にしたマキロイ。「デビューした頃は、世界ランクのトップ20に入っただけで達成感があった。でもキャリアを重ねるなかで目標を次々にリセットしなければならず、なかなか達成感が得られなかった。停滞は許されないし、あらゆる面で上を見ていた」とマキロイ。その思いが強すぎたか、さまざまなことを取り入れた結果、スランプに陥った。タイガー以降もっともゴルフの神様に愛されたプレーヤーでありながら、直近の世界ランクはトップ10圏外で、メジャー優勝も14年の全米プロ以来、途絶えている。米国選抜に大差で敗れたライダーカップでは、人目をはばからず大泣きもした。その悔しさがバネになったのか?「というより、ここ数週間で気づいたことがあるんです。自分は自分でいるだけで十分なんだって。(スランプの間は)誰かになろうとしていたけれど、自分のゲームをすれば戦えると改めて気づいた」その気づきが3日目の「62」というビッグスコアにつながった。テレビ解説のA・オバーホルザー氏はいう。「マキロイにああいうゴルフをされたら他の選手はナイフじゃなくて飛び道具で戦わなくてはならない」自信を取り戻したマキロイの21勝目はすぐそこ? 3月からピート・コーウェンをコーチに迎えたマキロイ。効果は早速出た?(写真は2021年全米オープン。PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より
  • アイルランド代表として東京五輪に出場したR・マキロイ。彼が帽子をかぶらずプレーしたことが大きな話題になっている。 酷暑の霞ヶ関CC。無帽のマキロイは観る側が心配するほど汗をかき、顔面は真っ赤。なぜ帽子をかぶらなかったのか? 本人の答えはこうだ。「僕は頭がすごく小さいんだ。普段は(契約先の)ナイキがカスタムメイドで自分に合った帽子を作ってくれるんだけれど、ナショナルチームの帽子は大きすぎる」たしかに過去にもチーム戦であるライダーカップでマキロイが無帽でプレーする姿が目撃されている。ナイキがチームのオフィシャルユニフォーム担当メーカーならマキロイ用のキャップも用意できるが、そうでない限り、市販の帽子はサイズが合わずかぶれないというわけ。5年前のライダーカップでツイッターに「なぜ帽子をかぶっていないの?」と質問が寄せられ、本人が「間抜けなくらい頭が小さいので合う帽子がないんだ」と自嘲気味に答えている。「マキロイは正直者。素直に無帽のワケを打ち明けたのだから」と好意的なメディアの論調がある一方で「もしかしてマナー違反?」という声も。 かつてゴルフが紳士淑女のゲームだった時代は帽子をかぶってプレーするのがマナーだったが、近年ゴルフはアスリートが行うスポーツと見なされ、無帽でも問題はない。帽子をかぶっていなかったことで、もう1つ話題になったのがマキロイの髪型。デビュー当時は巻き毛の天然パーマがトレードマークだったが、オリンピックでは両サイドを刈り上げ頭頂部を伸ばしたツーブロック風の仕上がり。このヘアスタイル、おしゃれな妻エリカさんの好み? 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p30408/