Myゴルフダイジェスト

「彼がマスターズに出られるなんて知らなかった」同郷のマキロイも驚いた意外な出場者とは?

タイガー・ウッズの電撃復帰が話題を呼んだマスターズだが、出なかった選手、出られなかった選手、そして意外な出場選手をピックアップ。

出なかった選手の代表は、なんといってもP・ミケルソン。史上最年長メジャーチャンプにしてマスターズ3勝の彼は、新ゴルフリーグを巡る発言でバッシングを受け、しばらくゴルフから離れることを宣言。これについてD・ジョンソンは「違和感がある」と語ったが、「毎年フィルを応援に来ているのに」と残念がるパトロンも多かった。

出られなかった選手の代表は、元世界ランク1位のJ・デイ。マスターズデビューの11年にいきなり最終日の上がり2ホール連続バーディで2位タイに食い込み、13年にも3位入賞。「勝つのは時間の問題」と言われるも、腰痛が原因でスランプに陥り、私生活では最愛の母を亡くすなど心労が続き、現在の世界ランクは118位。

そして2年連続で出場権を逃したのがR・ファウラーだ。昨年は自動車事故から間もないタイガーの自宅で一緒にマスターズを観戦したツアー屈指の人気者が、今年はタイガーのプレーを観戦する立場に。18年には2位に入ったほか、ベスト10入りが3回。相性の良いメジャーでファウラーの勇姿が見られないのは寂しいかぎりだ。

一方、意外な(?)出場者も。メジャー3勝のP・ハリントンが特別招待枠で15年以来の出場を果たしたのだ。練習ラウンドをR・マキロイやS・ローリーら同郷のメジャーチャンプたちと回ったハリントンは、「2位や3位になるためにメジャーに出場したわけじゃない。狙うのは優勝のみ」と強気の発言(結果は1打及ばず予選落ち)。

「シェーン(・ローリー)は近所に住んでいるので、前から練習ラウンドを一緒にしようと約束していた。そこにハリントンが入ることになったけれど、彼がマスターズに出られるなんて知らなかった。酷いよね。ごめんなさい」とマキロイ。真実はときに残酷だ。

50歳のハリントンは健闘も1打及ばず予選落ちを喫した(写真は2018年ホンダクラシック。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より

こちらもチェック!

  • PGAツアーアジア担当ディレクターのコーリー・ヨシムラさんが米ツアーのホットな情報をお届けする隔週連載「PGAツアーHOT LINE」。第9回のテーマはパドレイグ・ハリントンの“アプローチ”について。 ARRANGE/Mika Kawano https://my-golfdigest.jp/tournament/p31506/ 前回のお話はこちら 「左足体重で打つ」を忘れていませんか? アイルランド出身のパドレイグ・ハリントンが全英オープンと全米プロでメジャー2連勝したのは08年のこと。彼は全盛期からわずか2年足らずでメジャー3勝を挙げ世界ゴルフ殿堂入りを果たしました。ちなみに全米プロを欧州勢が制したのは実に76年ぶりの快挙でした。当時のデータを紐解くと秀でている項目があります。それはショートゲームの優秀さを示す「ストローク・ゲインド・アラウンド・ザ・グリーン」。PGAツアー初優勝を挙げた05年からメジャーに勝ちまくった全盛期にかけ、グリーン周りのデータは常に上位で、ハリントン最大の武器がアプローチ、特にチップショットにあったといえるのです。40代になっても同部門のランキング6位( 16年)に入るほど小技のキレは衰えていません。アマチュアがグリーン周りでおかしやすい最大のミスをこう指摘します。「多くの人がアプローチに苦手意識を持っています。そういう人たちに共通する大きな間違いが1つあります」共通する間違い?「無意識に球を上げようとすることです」とハリントン。「するとどうなるか? 体重が右足に残りすくい上げる動作が入る。胴体、重心、胸骨が右に傾くことでクラブはボールの手前の地面を叩くことになります。手が必要以上に動いてクラブに仕事をさせていないのです」直すのには大手術が必要な気がしますよね。でもご心配なく。ハリントンは「とてもシンプルな治療法」を我々に伝授してくれています。「スウィングを通して左足に体重をかけて打つこと。それですべて解決します」状況によって球の位置を変えることはあってもグリーン周りでは常に左足体重で打つべし。これこそハリントンをメジャー3冠に押し上げた最大の秘訣。「アライメントスティックを使ったオススメのドリルがあります。左足かかとの延長上にスティックを置き、それにヘッドが当たらないようにクラブを上げ、ボールを打つのです。体重が少しでも右に残るとヘッドはスティックに激突。左体重をキープしてスティックにヘッドを当てないようにしながら球を打つドリルに挑戦してください」次回はドリルの応用編をご紹介しましょう。 ハリントンというと、ショットメーカーのイメージが強いかもしれないが、実はショートゲームで成績を挙げてきた。彼のアプローチの理論はシンプル。そのなかには我々アマチュアにも通じる上達のヒントがいっぱいあった コーリー・ヨシムラ PGAツアーのアジア全体のマーケティング&コミュニケーションディレクター。米ユタ州ソルトレーク出身でゴルフはHC6の腕前 ハリントンが教えるとっておきドリルとは? 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24日・31日合併号より