Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • ドライバーは10.5度&44.75インチ、アイアンはカーボン…世界を見据える中島啓太の14本

ドライバーは10.5度&44.75インチ、アイアンはカーボン…世界を見据える中島啓太の14本

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は番外編として、世界アマチュアランク1位の中島啓太のセッティングに注目。

PHOTO/Blue Sky Photos

中島啓太

なかじまけいた。2000年6月生まれ。日体大在学中。2020年11月にアマ世界ランク1位になり現在も維持。4月にはマスターズ初出場。6月の全米OP、7月の全英OPにも出場予定

4月にテーラーメイドと正式契約した中島啓太。ツアー担当の真野さんに中島のクラブについて改めて聞いてみた。

「1月のソニーオープンでは『ステルス』ドライバーを使っていましたが、弾道データを測ると、スピン量が3000回転もあったのと、ボールの回転軸が左に傾き、フェースの下っ面に打点が寄る傾向が強く出ていたので、まずはそのデータを本人に渡したんです。実際、ソニーでは左に曲がるミスが出ていましたが、それでも2日目を終えて5位で予選を通過したマネジメントはさすがでした。その後の合宿で、ガレス・ジョーンズコーチの発案で10.5度表示(リアル11.4度)の『ステルスプラス』に替えました。それまで、そのロフトの発想はまったくありませんでしたが、万が一を想定して10.5度のヘッドを準備しておいたのが役に立ちました」。このロフト変更は、右腰に負荷がかかるスウィングの改善ともつながっているという。

「現状のスウィングとの相性を考慮して長さは44.75インチ。シャフトはカウンターバランス気味のプロトタイプです。この長さでもヘッドスピード53m/s、初速は80m/s近くあり、飛距離は十分に出ています」

アイアンは『P7MB』と『P7MC』のコンボ。「米ツアーではマッスルバックのほうがラフなどで圧倒的に扱いやすいからと、MBを軸に、4番と5番は少ししんどいのでMCに。シャフトは(昨年6月の)日本アマからカーボンです。トルク少なめで硬く、振ると軽く感じられるシャフトです」。鉛は振り心地に合わせて本人が貼ったもの。

プレーヤー自身の感性を重視しつつ、クラブ担当、コーチが一体となって技術を最大限に生かすセッティングを追求している。

ジョーンズコーチとともに技術的なレベルアップに取り組み続ける中島。そのなかで最も振りやすく、スウィングに良い効果も出るとの判断で、短めの長さにしている

ドライバー同様、3Wもステルスプラス(写真左)。5Wは写真のステルスプラスの19度を入れる場合と、コースによってアイアン型UT「シムUDI」の3番を入れるケースがある

アイアンのシャフトはカーボン。ツアーADのプロトで115グラム。ヘッドは米国や欧州の芝を考慮したマッスルバック。4番と5番のみキャビティ
「(昨夏の)全米アマまでは54度と60度のセッティングでしたが、56度を生かしたソフトランディングの技術を磨こうと、現在の態勢にスイッチしました。60度を1度立てた59度は用途が違うのでハイトウモデルです」(真野氏)
昨年はアルミニウムの硬いインサートのプロトタイプを使っていたが、オーガスタなど速いグリーンにタッチを合わせるため市販と同じ軟らかな樹脂インサートにスイッチ。パターもカーボンシャフト

中島啓太の14本セッティング

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より

こちらもチェック!

  • 初出場となったマスターズはトータル7オーバーで惜しくも予選落ち。悔しいメジャーデビューとなった世界No.1アマチュア・中島啓太だが、その視線はすでに次を見据えていた。 PHOTO/Blue Sky Photos 初日はイーブンパーの19位タイと奮闘。2日目はボギーが先行して、スコアを伸ばせず、7オーバーで予選敗退となった。一緒に回ったバッバ・ワトソンに飛距離で勝っていた 松山が連覇を期待されていたように、“ローアマチュア”を期待されてオーガスタに挑んだ中島啓太。ナショナルチームのガレス・ジョーンズコーチが帯同し、そしてキャディには同じくナショナルチームのクレイグ・ビショップコーチ、さらに栖原弘和トレーナーもついて、万全の態勢を整えてオーガスタに挑んだ。初日はイーブンパーと好発進したものの、2日目に7オーバーと叩いて失速。強風のなかでも耐えに耐えてゴルフをしていただけに、試合後の会見で、中島の目からは思わず涙がこぼれ出た。 「この一カ月間を通してやってきたことは完璧だと思う。まだまだ挑戦は始まったばかりなので、次は全米、全英に向けて頑張りたいいです」と中島は涙ながらに語った 「最初から辛くて、一番やっちゃいけないミスも出て。本当辛くて、(コースが)ここまで難しいんだなぁと。でもここまでやってきた準備は間違っていなかったので、本当にみんなに感謝したいです」(中島)涙から一夜明けた土曜日、ケロっとした顔をして、会場に現れた中島。手にはグッズがいっぱい入ったショッピングバッグを抱えていた。「姪っ子にお土産を買いました。自分の? そういえば買ってないです」 手にしてた袋には、ショップで姪っ子のために購入したという洋服やキャップ、パターカバーなどが入っていた 短パンでリラックスした姿は、もう普通の大学生。このあとは日本の試合、大学の試合、そして全米オープン、全英オープンと続くが、気持ちはすでに先の試合に向けて切り替わっているようだった。話を聞いていると、どうやら尊敬する先輩から激励の言葉をもらった様子。「松山先輩に試合が終わってLINEをしたんです。そうしたら『来年もここで会おう』って言ってくれました」(中島)試合後の会見で「先輩方と一緒にオーガスタに来られたのがうれしいし、チームのみんなで来られたのが一番の思い出」と言っていた中島啓太。偉大な先輩の背中を追いかけ、そして再びこの地に強くなって帰ってくることを、期待して見守っていきたい。 練習ラウンドは3人仲良く練習月曜日の練習日は松山、金谷、中島そろい踏みで練習ラウンド。先輩を前にして控えめな後輩2人に対し、「彼らはあまりしゃべらないので、僕のほうから話しかけている感じでしたけど、気づいたことはこたえてあげたりしていました。もうちょっと会話したかったな」と松山 年明けから海外ツアーに挑戦してきた金谷は、カットラインに1打足りず予選落ち。難しい18番でバーディチャンスにつけたが、惜しくも外れてしまった 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より こちらもチェック!
  • 4月のマスターズトーナメントに向けて日々「準備」を重ねるスーパーアマ、中島啓太。そのトレーニング現場をちょっぴり拝見。そこには世界アマチュアランキング1位の「自覚」とともに集中力マックスで練習する21歳の姿があった。 PHOTO/Hiroaki Arihara 春の気配が漂ってきた3月某日、杏文パフォーマンスセンターで。胸板が厚くなった姿に「筋肉の撮影」をお願いすると「恥ずかしいです」とはにかむのもまた、中島だ 静かなスタジオに今日も器具の音とトレーナーの掛け声と中島の荒い吐息だけが響く。「技術だけではなく、本当に心技体100%で臨まないと全部跳ね返されそうな感覚です」と話していた中島は、ゴルフの祭典を2週間後に控えて、確かにひと回り大きくなった。「とにかくたくさん食べてたくさんトレーニングをして体を大きくしてきました。最後まで体が切れるイメージを持って、力を出し切るためにトレーニングは頑張れています。順調です。体重も筋肉量も増えていて、このまま継続して試合を迎えられたらいいと思います」体重は75~76キロの間を行き来している。筋肉量も除脂肪体重が64キロくらいでいい感じ。脂肪を増やさないように体重を増やして筋量を増やしていく。その数値を共にチェックするのはトレーナーの栖原弘和氏だ。「彼は痩せやすい。体質もありますが、試合に行くとすぐに体重が落ちる。そこはしっかり気をつけています。胸筋、いいと思いますよ。バランスよく鍛えているので、ハーフパンツの上からはわかりにくいですが、お尻なんかもいい感じです。触ってみてください(笑)」 「メニューも自分のチームも信じて取り組んでいます」 ナショナルチームのヘッドトレーナーでもある栖原氏が考えたメニューで汗を流す中島。これは、コーチのガレス・ジョーンズ氏とも綿密に話し合いながら決めたものだ。この時期のスウィング改造というとリスクがありそうだが、そんなことはない。ミスやケガにつながっていた部分の使い方を細かく修正し、より安定感を求めていく。球筋からスウィングをつくるという中島。手首も積極的に使っていた。「彼は、腰痛、首痛が頻繁に出ていたので、スウィング中の動きが腰や首に負担をかけているということを話し合って、その修正を促進するようなエクササイズをしていきます。ゴルフに特化したプログラムと、腰や首周辺を鍛えるなど体自体を強くしたり柔らかくするジェネラルなプログラム、2つを組み合わせる。また、基本的にクラブがオンプレーン上を動くようにするために、体の動き、下半身や体幹、腕の動きをシンプルにしていく感じなので、手首の動きの修正もそのうちの1つです。マスターズはもちろん、大事な今年、その後にもつながっていきます」トレーニングすればゴルフが上手くなるのではなく、自分のゴルフの何を改善したくてトレーニングするかが大事だと栖原氏。「それぞれのプログラムの意味を、すべての選手に説明しながら行います」 ブルガリアンスクワットバーベルを担いで、片足ごとに下半身の曲げ伸ばしをする。「足の曲げ伸ばしの力を強くして、下半身の力を骨盤の回旋、体幹の回旋につなげていき、クラブスピードを上げていきます」(栖原) 真上と横にジャンプ! スウィングにつながる速い動きをトレーニング。真上と横で力を出す方向を変える。「バックスウィングは、骨盤を横に動かす力があって初めて回転しやすくなるので横にジャンプ、またその後の回転には上方向に力を発揮する必要があるので真上にジャンプ。両方行うんです」(栖原) 中島は、この説明にしっかり耳を傾けるという。学ぶことに貪欲だ。「中島選手は謎の落ち着き感があります(笑)。いい意味で大人です。それに、栄養士さんが『ラーメンには脂質がすごく含まれているのでよくない』と話すと、まったく食べなくしたり、生真面目というか、納得するとずっと貫くところがある。アスリートとしては大事な部分。性格は見た目のクールな感じのままですが、元気ですよ。でもヘラヘラしているよりシュッとしていてアスリートっぽいでしょう」栖原氏も夢の舞台に同行する。「初めて行くので楽しみです。でも、あちらでも、いつもとやっていることは変わらないと思います」先日、中島のもとにアマチュアディナーの招待状も届いた。「本当にワクワクしています。自分が今持っているすべてをかけられればいいかなと思います」(中島)日頃から、世界アマランク1位の「自覚」を持っていたいと言う中島に魔女もきっと微笑むはず。2週間後、オーガスタナショナルGCの1番ティーに立つため、視界は良好だ。 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!
  • 世界アマチュアランク1位に君臨する中島啓太。マスターズにも出場予定の最強アマの凄さとは? 松山英樹のコーチも務める目澤秀憲にスウィングを分析してもらった。 PHOTO/Tadashi Anezaki 中島啓太なかじまけいた。昨年のアジア・パシフィックアマで優勝。今季のマスターズ出場権を得るとともに全米、全英両オープンにも出場予定 解説/目澤秀憲 めざわひでのり。昨年のマスターズで松山英樹を優勝に導いたコーチ。有村智恵や河本結なども教える 中島くんのスウィングはアマチュアのお手本 男子プロのスウィングは、体つきも違うし真似できないと思われがち。しかし、中島くんのスウィングにはアマチュアが“お手本”にすべき世界一級品の効率のよさがあると目澤秀憲コーチは言う。「中島くんのスウィングで注目すべきは、アッパー軌道でかつロフトが立ったインパクトです。これの何がすごいのかというと、普通、ハンドファーストで打とうとすると、軌道がダウンブローになるので、球が上がらなかったり、余計なスピンが入ったりして飛距離をロスしてしまうんです。しかし、中島くんの場合は、ハンドファーストかつアッパー軌道を作れています。ダウンスウィングからインパクトにかけて左腕をグリップ方向に引き上げる動きを入れることで、それを可能にしています。だからこそ低スピンの高い弾道で効率よく飛ばせているわけです。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 真似してほしいのは、インパクト手前から左腕をグリップエンド方向(左上)に引き上げる動き。これは左手の『ハイハンド』と言われる動きで、この動きをするためには肩のタテ回転が重要になります。切り返しから肩をタテに回転していくと、左のわき腹が伸びるため、体の左サイドにゆとりができ、左腕を引き上げやすくなるというわけです。まずは、左手首の角度をキープしてロフトを立てること。そしてアッパー軌道の実現を目標に左手のハイハンドを意識してみてください」 トップで左手を手のひら側に折り、その形を保ったままインパクト手前から左手を左上に引き上げるように振っていくことで、ロフトが立ちアッパー軌道でインパクトを迎えられる 【Point 1】肩を“ヨコ”ではなく“タテ”に回転肩をヨコに回すのではなく、タテに回していく。切り返し以降、左のわき腹が伸び、右のわき腹が縮むように動くため、左サイドにスペースが空き、左腕を引き上げやすくなる【Point 2】ロフトを立ててアッパー軌道ロフトが立ちつつ、アッパー軌道でインパクトを迎えることで、スピンが少ない高い球が打ちやすい。つまり効率よく飛ばせる弾道になる 高度なフットワークが世界レベルの高速回転を生む! アマチュアでも真似できるポイントがある一方、中島くんの体の強さがあるからこそできる側面もあると目澤コーチ。「中島くんのすごさは、ひざの使い方にあります。左ひざに注目してもらいたいのですが、アドレスからトップにかけて、大きく前に出すように動かし、切り返しからは伸ばすように使っています。かなりひざの運動量が多く、フットワークを積極的に使っているのがわかると思います。ポイントは、アドレス時の骨盤の高さを変えずに、左ひざの曲げ伸ばしを使っていくこと。すると、自然と下から上への連動ができるんです。加えてフットワークのスピードが上がれば上がるほど、回転力が増すということです」この動きは、PGAツアー屈指の飛ばし屋キャメロン・チャンプも取り入れているが、強い体幹力が必要だと目澤は言う。「通常、この動きをすると、体幹が耐えきれず伸び上がり、ミスが出てしまいます。しかし、中島くんの場合、この動きに耐えられる体幹の強さがあります。だからこそアマチュアながら、PGAツアー屈指の飛ばし屋と同じ動きができるんです」 【Point 1】左肩・左腕・フェース面のラインがそろうトップで左腕、左肩、フェース面の3点がそろっていれば、フェース面の管理がしやすい。関係性を崩さないように回転していくことで再現性も高まる【Point 2】右ひじが常に胸の前にある右ひじが常に胸の前にあるということは、腕ではなく体で振れている証拠。位置関係がズレると、振り遅れなどが生まれる【Point 3】左ひざを使って回転力アップ左ひざを前に出すことでより強い回転を促す。左ひざを前に出しながら右腰をお尻側に引くことで深いトップが可能に。体が硬く回りにくい人にも有効 【ここもポイント】左サイドが引っ張られると右サイドが縮まる 中島くんは右ひじの畳み方をよく注目されますが、重要なのは左サイドの使い方。左サイドで引っ張っていくからこそ、右ひじを畳むことができ、このようなスウィングができているんです 中島啓太の1Wスウィング(正面) 中島啓太の1Wスウィング(後方) 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より こちらもチェック!