Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 【スウィング研究】ポイントは「ハンドファースト&アッパー軌道」中島啓太、世界基準の高効率インパクト

【スウィング研究】ポイントは「ハンドファースト&アッパー軌道」中島啓太、世界基準の高効率インパクト

世界アマチュアランク1位に君臨する中島啓太。マスターズにも出場予定の最強アマの凄さとは? 松山英樹のコーチも務める目澤秀憲にスウィングを分析してもらった。

PHOTO/Tadashi Anezaki

中島啓太
なかじまけいた。昨年のアジア・パシフィックアマで優勝。今季のマスターズ出場権を得るとともに全米、全英両オープンにも出場予定

解説/目澤秀憲

めざわひでのり。昨年のマスターズで松山英樹を優勝に導いたコーチ。有村智恵や河本結なども教える

中島くんのスウィングは
アマチュアのお手本

男子プロのスウィングは、体つきも違うし真似できないと思われがち。しかし、中島くんのスウィングにはアマチュアが“お手本”にすべき世界一級品の効率のよさがあると目澤秀憲コーチは言う。

「中島くんのスウィングで注目すべきは、アッパー軌道でかつロフトが立ったインパクトです。これの何がすごいのかというと、普通、ハンドファーストで打とうとすると、軌道がダウンブローになるので、球が上がらなかったり、余計なスピンが入ったりして飛距離をロスしてしまうんです。しかし、中島くんの場合は、ハンドファーストかつアッパー軌道を作れています。ダウンスウィングからインパクトにかけて左腕をグリップ方向に引き上げる動きを入れることで、それを可能にしています。だからこそ低スピンの高い弾道で効率よく飛ばせているわけです。


真似してほしいのは、インパクト手前から左腕をグリップエンド方向(左上)に引き上げる動き。これは左手の『ハイハンド』と言われる動きで、この動きをするためには肩のタテ回転が重要になります。切り返しから肩をタテに回転していくと、左のわき腹が伸びるため、体の左サイドにゆとりができ、左腕を引き上げやすくなるというわけです。まずは、左手首の角度をキープしてロフトを立てること。そしてアッパー軌道の実現を目標に左手のハイハンドを意識してみてください」

トップで左手を手のひら側に折り、その形を保ったままインパクト手前から左手を左上に引き上げるように振っていくことで、ロフトが立ちアッパー軌道でインパクトを迎えられる

【Point 1】肩を“ヨコ”ではなく“タテ”に回転
肩をヨコに回すのではなく、タテに回していく。切り返し以降、左のわき腹が伸び、右のわき腹が縮むように動くため、左サイドにスペースが空き、左腕を引き上げやすくなる

【Point 2】ロフトを立ててアッパー軌道
ロフトが立ちつつ、アッパー軌道でインパクトを迎えることで、スピンが少ない高い球が打ちやすい。つまり効率よく飛ばせる弾道になる

高度なフットワークが
世界レベルの高速回転を生む!

アマチュアでも真似できるポイントがある一方、中島くんの体の強さがあるからこそできる側面もあると目澤コーチ。

「中島くんのすごさは、ひざの使い方にあります。左ひざに注目してもらいたいのですが、アドレスからトップにかけて、大きく前に出すように動かし、切り返しからは伸ばすように使っています。かなりひざの運動量が多く、フットワークを積極的に使っているのがわかると思います。ポイントは、アドレス時の骨盤の高さを変えずに、左ひざの曲げ伸ばしを使っていくこと。すると、自然と下から上への連動ができるんです。加えてフットワークのスピードが上がれば上がるほど、回転力が増すということです」

この動きは、PGAツアー屈指の飛ばし屋キャメロン・チャンプも取り入れているが、強い体幹力が必要だと目澤は言う。

「通常、この動きをすると、体幹が耐えきれず伸び上がり、ミスが出てしまいます。しかし、中島くんの場合、この動きに耐えられる体幹の強さがあります。だからこそアマチュアながら、PGAツアー屈指の飛ばし屋と同じ動きができるんです」

【Point 1】左肩・左腕・フェース面のラインがそろう
トップで左腕、左肩、フェース面の3点がそろっていれば、フェース面の管理がしやすい。関係性を崩さないように回転していくことで再現性も高まる

【Point 2】右ひじが常に胸の前にある
右ひじが常に胸の前にあるということは、腕ではなく体で振れている証拠。位置関係がズレると、振り遅れなどが生まれる

【Point 3】左ひざを使って回転力アップ
左ひざを前に出すことでより強い回転を促す。左ひざを前に出しながら右腰をお尻側に引くことで深いトップが可能に。体が硬く回りにくい人にも有効

【ここもポイント】
左サイドが引っ張られると右サイドが縮まる

中島くんは右ひじの畳み方をよく注目されますが、重要なのは左サイドの使い方。左サイドで引っ張っていくからこそ、右ひじを畳むことができ、このようなスウィングができているんです

中島啓太の1Wスウィング(正面)

中島啓太の1Wスウィング(後方)

月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より

こちらもチェック!

  • スコアメイクをする上で、最も重要なのがアプローチとパター。とくにアプローチは、ピンが目の前にあるだけに、確実に1パット圏内に寄せたいところだが、なかなか一筋縄にいかないところ。そこで今回は、Myゴルフダイジェストの記事の中から、アプローチに悩む人にオススメしたいレッスン記事をピックアップ! これを読めばスコアがグッと縮まる! PGAの名手が語るアプローチの極意とは? アプローチの名手、パドレイグ・ハリントンは、アプローチが苦手な人にはある共通点があるという。その共通点とは? 名手のアプローチを動画でチェック! 女子ツアーきってのアプローチ名人と言えば、この人、申ジエ。さまざまなシチュエーションから打つ動画もあり、見るだけでいいイメージが湧いてくる! 名コーチが漫画で分かりやすく説明 日本のプロコーチの先駆け、江連忠によるレッスン漫画「新モダンゴルフ」。第885回では、アプローチが苦手な人が守るべき「3つのルール」を提案。 微妙な距離の打ち分け、どうすればいい? ドラコン大会にも出場する飛ばし屋の浦大輔だが、実はアプローチも得意。そんな浦が、アプローチで悩ましい「距離感」の出し方にズバッと回答! 「バウンスを使う」ってこういうことだったのか! よく、アプローチは「バウンス」を使えばカンタン、というが、そもそもバウンスを使うってどういうこと? 女子プロを指導する井上忠久がやさしく解説 アプローチの「シャンク」にお悩みならこちら 「アプローチでシャンクが出る」という悩みを持つ読者に、江連忠ゴルフスタジオ千葉校の内海大祐が解決法を提案。果たしてシャンクは直った? アプローチは、分かった! と思っても、次のラウンドではまた分からなくなってしまう、ということも多いもの。役に立った記事はお気に入り登録しておいて、悩んだときにいつでも立ち返れるようにしておこう!
  • 昨年末のPNCチャンピオンシップに出場したタイガー・ウッズ。2021年2月の自動車事故から驚異的な回復を見せたが、ケガの影響はどの程度あるのか。最新スウィングを横田英治プロが分析! PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 解説/横田英治 ツアー経験に基づく理論的アドバイスに定評があるプロコーチ。女子プロの岸部桃子を指導中 怪我が右足だったのが不幸中の幸い 怪我が右足だったことが不幸中の幸いだったと思います。怪我が左足だったら、ここまでのスウィングは不可能でした。ゴルフはティーショット以外、8割以上が地面のボールを打つ球技。地面から正確にボールをとらえるには左足の踏ん張り、踏み込みは不可欠ですから。この写真はティーショットですが、軸を左に寄せ右足の負担を軽くして振っているのがわかります。タイガーは数年前、スタック&チルト(左1軸打法)を取り入れた時期がありました。そういった経験も生きていると思いますし、それを上手に生かせるのもタイガーならでは。スウィング全体の印象は、事故前と比べたら重心が高いですが、これは仕方ないところ。切り返しの沈み込みは小さく、とても静かな動き。おそらく50%ぐらいの力感で振っていると思いますが、その効果でクラブ軌道やフェース向きは今のほうがむしろ教科書的です。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です パワーや捻転力を下げても、ヘッドとシャフトに仕事をさせれば十分に飛ばせることを誰よりも知っているのがタイガー。実際、300ヤード前後は飛んでいました。これからメジャーを中心に出場すると思いますが、経験を最も生かせるのがマスターズ。足の負担を考えてショートウッドやユーティリティでパー5を攻略する姿が見られるかもしれません。逆に強風や硬い地面などコンディションがタフな全英オープンは厳しいかも……。いずれにせよこれからが楽しみです。 タイガー・ウッズの1Wスウィング 足の負担を考慮して前傾は浅め 右足の踏み込みは少なめ、そのぶん重心は高くなる。捻転よりも回転重視のテークバック 静かな切り返し。クラブの軌道は理想的 切り返しの沈み込みは小さく50%程度の力感で振っているのがわかる。そのぶんクラブの動きにねじれはなく、教科書的な動き 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!
  • 若手からベテランまで、役者が揃い、今年も熱戦が予想される男子の海外メジャー。そこでPGAツアー事情に詳しい、佐藤信人、杉澤伸章、内藤雄士、進藤大典の4人がどこよりも早くメジャーの戦いを予想。まずは4月のマスターズから!TEXT/Kenji Oba PHOTO/Taku Miyamoto、Tadashi Anezaki、Akira Kato マスターズオーガスタナショナルGC/4月7日(木)~10日(日) ――21年は松山英樹選手がグリーンジャケットに袖を通すという、日本人にとっては本当にうれしい大会になりました。松山選手の連覇に期待したいのですが……。 杉澤 16、17年のフェニックスオープンでも連覇は経験しているし、なによりオーガスタとの相性はタイガー並み。可能性は十分あるでしょう。佐藤 21年は前週のテキサスオープンで調子も悪く、イライラするようなところもあって、それがかえって期待値と自分自身へのハードルを下げ、それがいい結果につながったとの指摘もあります。杉澤 流れによって期待がプレッシャーとなるかエネルギーになるかは分かりませんが、僕が思うにメジャーでは最終日より初日の迎え方が大事だと思います。この辺は大ちゃん(進藤)のほうが詳しいと思うけど、松山選手のその辺をどう見ていますか?進藤 メジャーでは嫌でも気合いが入ります。これは“裏方あるある”ですが、「頑張ろうぜ!」なんて声をかけるのは野暮中の野暮(笑)。英樹はマスターズでの優勝以降、メジャーに余裕をもって臨んでいるように感じているんです。英樹自身の変化だけでなく、優勝の経験が「チーム松山」を大きく成長させているとも思うんですね。内藤 年末に金谷(拓実)くんが世界ランク50位に滑り込み、出場権を獲得しました。そこにアジアパシフィックアマで勝った中島啓太くん。日本人が活躍するとめっぽう強いのも松山選手なので、2人の活躍にも期待したいですよね。 続きを読む 佐藤 中島くんの場合、マスターズのほか、全米、全英オープンの出場権もあるわけでしょ。同年のメジャー3大会のローアマも可能性があるんじゃないのかな。内藤 日本人選手以外に目を向けると、そろそろ来そうだと感じるのがザンダー・シャウフェレかな。21年は最後まで優勝争いを演じ、勝ちたかっただろうし。そのリベンジか東京五輪では見事、金メダルにも輝きました。佐藤 まだマスターズチャンピオンを出していない国の選手は、松山選手の優勝に大きな影響を受けたんじゃないでしょうか。たとえばノルウェーのビクトール・ホブランとか、チリのホアキン・ニーマンとか。韓国ではY・E・ヤンが全米プロで勝っていますが、イム・ソンジェにも十分チャンスはあるでしょう。進藤 個人的にはジョーダン・スピースやブライソン・デシャンボーあたりが来るのかなあ、と思います。杉澤 あくまでも僕の願望ですけど、松山選手が誰にグリーンジャケットを着せるのか。その観点からいうとパトリック・カントレーなんかどうですか? 松山選手とは同じ歳、11年に松山選手がローアマ獲得、その翌年に松山選手を抑えてローアマになったのがカントレー。そうなったらドラマじゃないですか?佐藤 なるほどねぇ。グリーンジャケットもそうだけど、松山選手の用意するチャンピオンズディナーも気になります。松山選手の第二の故郷、仙台の牛タンとか出したら良さそうだけど、どうもタイガーは牛タンは嫌いらしい(笑)。進藤 確かジェイソン・デイも食べなかった気がします(笑)。 史上3人目の連覇達成なるか⁉ 86回目を迎えるマスターズだが、連覇を達成したのは65、66年のジャック・ニクラスと01、02年のタイガー・ウッズのみ 佐藤 あと願望で言わせてもらえば、ローリー・マキロイのキャリアグランドスラム。ゴルフ界がどんな熱狂に包まれるのかを肌で感じてみたい。マキロイは涙のたびに強くなる選手で、19年に母国のロイヤルポートラッシュの全英オープンでまさかの予選落ち。涙、涙の記者会見でした。しかし翌年は2勝を挙げて、フェデックスランク1位になりました。そして21年はライダーカップで負けて涙を見せて、10月のザ・CJカップで優勝しています。内藤 なるほど。ただ、ライダーカップから時間が空きすぎているので、その間にあと2勝は欲しいかな。体力的にもプレッシャーも年々大きくなって難しくなるだろうし、ここ2~3年が勝負になるでしょうね。佐藤 マスターズは優勝すると、毎年いつでも戻ってくることのできる大会です。たとえ現役を引退したとしても、あのパー3コンテストの輪のなかには、マキロイは絶対にいてほしいし、いるべき選手だと思います。個人的にはアーニー・エルスがいないのにも違和感があるし、寂しさもあります。それだけに絶対に勝ってほしい選手です。杉澤 コリン・モリカワもマスターズに勝つと、こちらもグランドスラムにリーチになるんですよね。もしかすると、そのあとに全米オープンにも勝って……、なんてとんでもないことも起こるかもしれません。あとで話が出ると思いますが、ショットの精度はもとより、彼の頭のよさは、メジャーで勝つ絶対条件だと思います。 佐藤信人 高校卒業後米国に渡り、ネバタ州立大ゴルフ部で活躍。帰国後プロテストを受験して合格。02年日本ツアー選手権などメジャー3勝、通算9勝。18年からJGTOの広報理事を務める 杉澤伸章 横田真一の専属キャディとしてキャリアをスタートさせ、02年から丸山茂樹の専属キャディとして渡米。現在は若手育成やゴルフ人口増加のために講演会やテレビ解説など多方面で活躍中 内藤雄士 日本大学ゴルフ部在籍中に米国ゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。丸山茂樹のコーチとして海外も経験。現在も多くのプロをサポートしながら、ツアー中継の解説などメディアでも活躍 進藤大典 東北福祉大学では宮里優作や岩田寛と同期。宮里、谷原秀人の専属キャディとして活躍した後、13年からは松山英樹の専属キャディとして国内外を転戦。現在はメディアでも活躍する 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より
  • <アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権/ドバイクリークG&ヨットC/11月3日~6日> アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権を制し、来年のマスターズ出場を決めた中島啓太。ドバイで行われた激闘の模様をレポート。 TEXT/Yumiko Shigetomi PHOTO/Yumiko Shigetomi、大会事務局提供 実力も考え方も成熟している 「中島啓太は日本の宝だ」と言われている。スウィングは以前から世界基準と評価されていたが、今回の密着でそれだけではない強さが見えた。とくに目を引いたのがその落ち着き。パナソニックオープン優勝時もクールに淡々とプレーしていたが、今回は「勝ちたい」という思いの強さからかイライラする表情を見せる場面があった。それでも焦ってマネジメントを変えたりはせず、すぐに冷静になって集中力を取り戻していた。「ラウンド中にもう1人の自分と戦っていて、“彼”をどうやったら倒せるかを考えてプレーしているんです。ミスしたからといってイラついて次のティーショットで池に入れたら “彼” が喜ぶ。だから絶対に入れないって考えてます」自分に集中する術を持っているが、決して自己中心的ではない。周りがよく見えているし、将来像も見据えている。「来年の秋以降にプロ転向したら、海外に拠点を置いてメジャーで勝てる選手になりたい。そして凱旋して日本のツアーにもときどき出場できればいいなと思っています」 【強さ1】ミスの幅が極めて小さい 天を仰いでいてもバーディチャンス グリーンを狙ったセカンドショット直後に天を仰ぐからよほどのミスショットかと思いきや、ピン手前4メートルに乗っている。松山英樹と同じタイプでショット精度の高さがうかがえる。4日間で唯一のOBは汗で手が滑ったショットだけ 【強さ2】マネジメント力 翌日のピン位置を想像して夜にシミュレーション 3日目はドライバーでグリーン横まで運びバーディだった3番ホールで、最終日は3Iを持った。「昨日の夜に今日のピン位置はあの辺だろうって考えて、3Iで打つって決めてました」。残り100ヤードからバーディ奪取 【強さ3】準備 深い考えのもと必要なことだけに時間をかける 35度を超える暑さに参って他国の選手はハーフラウンドで退散する中、中島は練習日2日間とも18ホールをプレー。「疲れて集中力がなくなった状態で、あえて難しい18番ホールをプレーしておきたかったんです」 【強さ4】気配り ”自分の時間”は守りつつ周囲にも気を配れる 自分のプレーに高い集中力で入り込んではいるが、視野も広い。他の選手はサッサと次のホールへ向かう中でピンを戻す場面が多かった。周りの状況が見えているからこそ自分の立ち位置も把握できて、状況判断が的確にできる 【強さ5】自己管理 ラウンド前は軽いコンディショニング 「クラブを持つと体の内部に意識がいかないから、事前にクラブを持たないで動かしておきます」というルーティンも理にかなっている 【強さ6】英語力 インタビューもスピーチも通訳なしで立派にこなす ナショナルチームのジョーンズコーチとのやり取りや、海外の試合で実践で学んできたという英語。物怖じしないで過ごせるのも強み コース外で見せた素顔の中島啓太 (左上)「飛行機が空いていたので横になってしっかり寝られました」と移動の疲れはナシ。(右上)プールにつかりながら仲間と「男子トーク」に花が咲き、疲れを癒して英気を養う。(右中・左下)他の選手が練習している時間も街に連れ出されて撮影したりと大忙しだった。(右下)出場選手が全員参加するパーティにはビシッとスーツを着こなして登場 月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より
  • 昨年11月に世界アマチュアランキング1位となった日本体育大学3年の中島啓太。先日のプロツアー、パナソニックオープンで、男子ツアー史上5人目のアマチュア優勝を果たした。世界トップアマの強さの秘密に迫った。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 「全米アマのコースは今までで一番難しかった」 7月の日本アマでは念願の初優勝を飾った中島。今まで2位4回で、近所のおじさんに“2位の男”と言われていたという。「今年優勝して地元に戻ってもそんなに驚かれなくて。やっとだよね、という感じで迎えてくれました」 雨で中止となった18年も含めると2位4回だった。今年は最終日が雨で中止になったものの、「ゴルフ人生においてとらないといけないタイトル」をゲット しかし、8月にオークモントCCで開催された全米アマ。ここで一度、心が折れそうになった。「今まで回ったコースで一番難しかったですね。それまで一番だと思っていたロイヤル・メルボルンより、フェアウェイにアンジュレーションがあり、ボールが転がる。グリーンも硬くて、さらに風もプラスされた感じで。でも、自覚が足りなかった。初出場でしたが、本当にレベルが高い試合に出るという自覚と、世界ランク1位として出ることに対しての自覚です。現地では、様々なメーカーの方に声をかけていただいたり、ペアリングもランク1、2、3が一緒で注目組でしたが……」結果は無念の予選落ちだったが、そこでしっかり自分を見つめられるところも中島の強さだ。「初日80を叩いてしまい、そこで切り替えられないと本当にズルズルいきそうだったので、きちんと次にやるべきことに向き合って考えてはいけました。以前は、体が強くて大きくてパワーゲームをする選手が多いイメージでしたが、きちんと皆マネジメントして小技で勝負する選手もいますし、少し変わってきているのかなと」変わったのは中島のほうかもしれない。心技体が確実に成長しているからだ。「帰国後の隔離は長くて大変でしたが、トレーニングや練習ができて、自分自身を考え直す時間もあった。すごくいい2週間でした。『ゴルフデータ革命』という分厚い本を勉強もしました。ショートゲームの練習やトップ選手の考えていることはすべてデータに基づくべきなんです」その後、5日間、毎日2ラウンドする大学のリーグ戦に出場。そうしてパナソニックオープンを迎える。この試合ではリーグ戦から続く14すべてのホールでドライバーを使うマネジメントを試した。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です ドライバーを振り続けたパナソニックOP 「(ナショナルチームヘッドコーチのガレス・)ジョーンズさんと話をして徹底しました。優勝など結果目標はまったくなかった。14回毎日ドライバーを振り切るというだけ。あとはコースにアップダウンがあったので、痩せないよう、試合中でも筋力を高めるため毎日トレーニングすると決めてやった。調子は悪かったんです……」以前中島は、「調子が悪くてもターゲットにだいたい飛ばせることは強み」だと言っていた。「調子とスコアは比例しない」が座右の銘でもある。そうして、プレーオフの末、アマチュア優勝を果たした。優勝後、嬉し涙を流した中島。「結構涙もろい。負けても勝ってもいつも泣いています。泣いたのは東建以来です」と笑う。春の東建は金谷拓実に競り負けての悔し涙だった。その金谷がプロ転向したときは寂しくて泣いた。クールに見えてじつは感情豊かなのだ。 4日間、体全体を使って打ち、決めたスウィングで迷わず振り抜いた。「自分の優勝で泣いてくれた方がたくさんいたので嬉しかった」と本人も涙 「でも優勝は自信になりました。最終日のバックナインは、優勝争いの臨場感のなかでドライバーを打ついい機会にもなった。今後そういう場面がきた時の自信となる。ドライバーで打つと課題である50~60Yの練習にもなりました。朝トレをしたので筋肉痛で左にいくミスが多かったんですが、終盤の15、16番でフェアウェイに打てたのは成長したところ。パットも勝負どころでしっかり打てた。プレーオフでもショートしなかったのは成長と感じた部分です」中島は、結果に焦らない。すべては、もっと強くなるため。「もっと先の目標」があるからだ。 結果にこだわるより結果につながる準備を 中島のゴルフは、JGAのナショナルチームで磨かれている。尊敬する先輩、金谷拓実とは今も時々連絡を取り合う。「全米アマ後、言ってもらったんです。金谷さんもオーストラリアオープンで80以上叩き、僕と同じ思いをしたと。そしてジョーンズコーチと出会い、自分と向き合うことやデータに基づいて練習をすることをしっかり行ったと。だから、僕もそれらを改めてきちんとやってみようと思ったんです」優勝後、金谷はすぐに電話をくれたという。「3日目が終わった時点で優勝すると思った、そんなに驚かなかった。またお互い頑張りましょうみたいに言われました」歳は2つ違うが、同じチームで合宿や海外遠征などで同じ時間をすごし、よき相談相手、ライバルとなった。金谷は中島について「きれいなゴルフをする」と言う。多くの人が中島のスウィングを美しいと評する。「自分では、苦手をつくらないというか見せないという感じなんです」という中島は、得意クラブも「ない」し、苦手クラブも「ない」と答える。 15年日本アマ東海クラシック”練ラン”試合で戦い、共に練習し高めあってきた2人。アマ時代「世界一の景色」を聞いたとき「達成できたら次の目標がくるから何も変わることはない」と答えた金谷。「それは僕も感じました」 データに基づいて練習することが大事です 中島の現在のコーチといえば、ナショナルチームのヘッドコーチ、ガレス・ジョーンズ氏だ。「ジョーンズさんは、技術だけではなく、アスリートとしての気持ちの持ち方なども指導された。ヘッドコーチでありながらチームメイトです」「ゴルフでは事前の“準備”が一番大切」というジョーンズ氏。試合のラウンドの出来は、コースの下調べに基づいたゲームプランをいかに忠実に実行できるかにかかっているという。昨年末、中島に話を聞いたとき「大事なのは準備、準備、準備です」と繰り返していた。ジョーンズ氏の教えが徹底しており、信頼関係がうかがえる。試合の準備だけでなく、トレーニングも、栄養・自己管理もすべてが“準備”。コロナ禍となった昨年も、いつ試合があってもいいように準備していたという。これもジョーンズ氏の教えだ。スウィングづくりにおいて、「細かいことは自分でやりたい。球筋からスウィングをつくるタイプなので、こういう球が出たらこうすれば直るというのがわかっています。動画を毎回、正面と後方を撮ってチェックします」という中島。そして今は、リモートでもミーティングができる時代。週1度くらいはジョーンズ氏と連絡をとり、スウィングや課題の確認をする。「携帯をつないで動画を見せたりして、Zoomでレッスンするような感じです。最近は、腰に負担がかかるスウィングになっているので、それを改善していくようチェックしました」 持ち球はフェード。300Y級の飛距離と切れのあるアイアンショットも持ち味。他人のスウィングはあまり参考にしない。「僕の型にはまっていきたい」 結果にこだわるよりは、結果を出すための準備が大切。だから、練習は質よく。ショートゲーム中心に、「ディーププラクティス」=深い練習もテーマだ。「集中して短時間でグッとやるのは自分にすごく合うんです。試合期間中は100球も打ちませんが、会場にいって、他の選手が練習をしているのに僕が先に上がるのがすごく嫌で、やりすぎちゃうこともある。そこは頑張って自分のことに集中したい。でも、パットなんかは誰よりも残ってやっていたいんですよ」学ぶことが好きな中島。大学でも栄養学や心理学などを学べる環境にあることが嬉しかった。「大学は去年で全部終わりましたが、JGAの合宿でも授業5回分くらいの内容の濃い講習があります。それにもし、メンタル面で困ったことがあっても、大学の監督やJGAの皆さんが助けてくれます」周りの意見を大事にできることも中島の強さかもしれない。 データは「客観的な事実」だというジョーンズ氏。準備のため練習ラウンドではコースやグリーンのデータも徹底チェックする 「準備、自分と向き合う自信と自覚を持つ」 中島はクールでカッコよく見える。そういう意見があると伝えると少し照れながら「嬉しいです」。高校の頃から表情を出さないように意識しているのだという。“鬼”と言われ賞金王を2回とったキム・キョンテに憧れてもいた。「あのサングラスをして、何を考えているかわからない。ポーカーフェースで強い。一緒に回っている人は怖いというか、相手のほうが意識するから、アドバンテージがあるかなと思ったんです」冷静に話しながら、さりげなく面白いことを入れようとする素の中島は、姉が2人いるからか“末っ子キャラ”でもある。「僕は本当に自由でした。ゴルフをしたいときは思い切りやって、したくないときはしなかった。ただ、楽しくやるだけ。スコアで怒られたことは一切ないです。でも、うちの家族、優勝した時は、冷めてましたねえ(笑)」今後、取り組む課題はいろいろある。50~60Yの精度、パッティング……。「何より今は、準備はもちろん、自分と向き合うこと、自信を持つ、自覚を持つ、この4つがテーマです」と言う中島。 50~60Yを磨くスライスラインを克服するウェッジは音をしっかり感じながら打つ。トレーニングで握力が上がり微妙な距離を強く打ってしまいがち。でも技術を磨けば調整できると考える/スライスラインを外側に外しているときは状態が悪くない。「元々スライスラインが苦手。克服できたらパッティングは変わると思います」 そして、体づくりは綿密に。ここぞという試合で、ケガや病気になった苦い経験があるからこそ人一倍勉強して気をつける。携帯電話に体重・体脂肪率・体組成などを日々記録もしている。「ケガで試合に出られないということが多いので、そこは課題です。でも、その出られないことで学べることや成長できることもあるので、しっかりやっていきます」以前は感覚派を自認していたが、データを取り入れるからこそ、成長はあると考えている。「7㎏ほど増えて体脂肪率は減り筋量は増えました。大学入学前は、下半身しか強化していなかった。今は上半身もトレーニングする。確かにこれで小技のイメージに繊細さがなくなった。左は20だった握力が両方50になり、ラフからも負けないように打てるようにはなったけど……でも、これでも大丈夫なように頑張ります」変化を恐れると成長はない。「トレーニング文化が日体大ゴルフ部にも根づいてきていますし、パナソニックオープンで僕のキャディをしたのは1年生ですが、トレーニングについてはもちろん、プレー中のマネジメントも話しながらやるので、どんどん知識が広がってくれたらなと思います」さりげなくリーダーシップをとれるのも中島の魅力だ。「僕は下を見ている余裕はないので、自分がしっかりやるべきことをやって、それを目標としてくれる選手がいたら嬉しいです。僕は基本的に上を見ながらやって、横にナショナルチームと大学のチームを気にしながら、下は自然についてきてくれる、それが理想です」 「先輩方を受け継いで、アジアアマで優勝してマスターズに出たい」 目下の目標、アジアパシフィックアマチュア選手権(ドバイ、クリーク・ゴルフ&ヨットC)は、11月3日から始まる。「コースは初めて。でも、他の選手もあまり行ったことがない国だと思うので皆フラットな状態。試合前と試合期間中に、いかにいい準備をできたかが勝負を分けるという感じだと思います」すぐにプロ転向するつもりはまったくない。中島には、世界でもっとも活躍したアマチュアに送られる「マーク・マコーマックメダル」の権利で、来年の全米オープンと全英オープンの出場権もあるのだ。「楽しみです。それに、大学の名前をお借りしているので来年の11月の大学の試合まではアマチュアでいたい。でも本当に、目先の試合に集中すること。世界一になっても優勝しても実感もないですが、次の目標がくるので、自覚はきちんと持たなければ。ランク1位やツアー優勝をしたことの自覚です。それを自信にして次の試合に行きたい。でも、マスターズが叶ったら来年はすごい大きな1年になると思う。憧れですから」オーガスタで感動して泣く中島啓太の姿を見てみたい。 冷静かつ自分と向き合う中島だが、ふとしたときのお茶目な面も……「アジアアマは松山さんも金谷さんも優勝されてますし、ゴルフ人生においてすごくいい経験になると思うので、優勝してマスターズに出ることをしっかり受け継いでいきたいです」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より こちらもチェック!