Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【マイギアを語ろう】ヘッドスピードUPでバランスをD2からC9に。勝みなみの14本

【マイギアを語ろう】ヘッドスピードUPでバランスをD2からC9に。勝みなみの14本

自身の道具へのこだわりを、プロ自らが語る連載「マイクラブ マイギアを語ろう」。今回話を聞くのは、トレーニングの成果で飛距離アップに成功した勝みなみ。それに伴い、クラブのスペックも変化し続けているという。

TEXT/Hikaru Togawa PHOTO/Shinji Osawa、代表撮影 THANKS/茨城GC

勝みなみ
1998年7月1日生まれ。アマ時代にツアー最年少優勝を挙げ、17年にプロテスト合格。翌年プロ初優勝を達成。20-21シーズンには日本女子オープンでメジャー初制覇。ドライビングディスタンスは254.3ヤードで2位

体の変化に合わせてスペック変更

「ヘッドスピードがかなり上がって、ヘッドが全然戻ってこない感覚になったんです。だからヘッドが軽く感じられるように、バランスを調整しました」

オフのトレーニングなど、筋力アップの成果で飛距離アップした勝みなみ。体のキレが良くなり、ドライバーのヘッドが振り遅れる感覚になったようだ。

「体が変化することはすごくいいことだと思うし、そうしなければいけないと思うんですが、それに合わせてクラブも日々調整していかないと、最終的に結果には結びつかないと思っています。

ドライバーのバランスをD2からC9に下げました。シャフトも替えましたが、ずっと三菱ケミカルです。手元が軟らかいものがマストで、先端部は動いてほしくない」

この調整で、持ち球のドローが安定したという。

「アイアンも、気持ちよく振ったら軽いドローが出てくれるクラブがいい。前はマッスルバックを使っていたんですが、『ZX7』はそれよりも小さく見えるのが好きな点です。スウィングで調整しなくても思った通りの弾道が出てくれるので、とても気に入っています」

ドライバー
C9バランスでヘッドを軽く

スリクソン「ZX7」

ヘッドを5グラム以上軽くして、振り遅れ感を解消。またトップラインのトウ側を白く塗って“逃げ顔”にすることで、しっかり叩けるようになった

アマチュアのときからずっと三菱ケミカルの
シャフトに信頼を置いている

フェアウェイウッド
とにかく飛んでほしい3W真っすぐ飛んでほしい5W

スリクソン「ZXフェアウェイウッド」
3Wはパー5の2オン用に、上がりやすくて飛ぶもの。5Wはなるべくつかまって右にブレないものがいい

ユーティリティ
メインは4I、たま~に4UT

4UTと4Iのどちらかを抜く。コースによっては両方入れて3Wを抜くことも。「なるべく4Iを入れたいです」

アイアン
シャープな形で抜け感が抜群

スリクソン「ZX7&ZX5」
「5番から上は『ZX5』を入れています。昔は5番も『ZX7』でしたが、6番と5番のキャリーの差があまりなかった。だから5番から『5』にしたんです」

ウェッジ
グリーン周りは54・58。60度の投入も検討中

クリーブランド「RTX ZIPCORE」
去年は『NSプロ 950GH』を入れていたけど、今年から『1050GH』に。少し重くしました

パター
打感はあまり感じたくない!

オデッセイ「TRI HOT 5K ONE」

ずっとピンタイプ。マレット型も試したけど、大事な場面で引っかけとか出てやめました

勝みなみの14本セッティング

月刊ゴルフダイジェスト2022年5月号より

こちらもチェック!

  • 「キング・オブ・試打」としてお馴染みの堀越良和プロが、長年の知見から、ギア選びの際に重視すべきポイントや注意点をわかりやすく解説! https://my-golfdigest.jp/gear/p64289/ 前回のお話はこちら 量販店やメーカー直販店でしっかり試打した後に購入したフェアウェイウッドやユーティリティをいざコースで使ってみると、「なぜかわからないけど、試打したときよりもミスが多い」と感じている読者は一定数いるのではないでしょうか。というのも、最新のFWやUTの純正シャフトはドライバーシャフトと同じ重量帯が多くなっており、そのデメリットが出ていると思うのです。FWやUTを単品で考えた場合、「シャフトが軽い=クラブが軽い」ので、ヘッドスピードが上がり飛距離が出るメリットはあります。しかし、14本のセッティングで考えると、この軽さにより「振り心地」が変わってしまい、同じようにスウィングできなくなります。ご存じのようにクラブというのは1Wからウェッジまで番手が下がるごとに短くなっています。物理の法則から、同じ重量だった場合、長いものは振りにくく、短いものは振りやすくなるので、長いクラブの重量を軽くすることで、振りやすくし、振り心地を揃えているのです。もちろん、メーカーもそのことは熟知していると思いますが、前述のように、1WとFWやUTの純正シャフトが同じ重量帯になることが増えています。この件についての私見を次回、お話しさせていただきます。 UTは1Wより20g前後は重いシャフトにしたいですね 堀越良和 ほりこしよしかず。週刊ゴルフダイジェストで試打レビューを続けて約四半世紀の「キング・オブ・試打」 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より
  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、堀琴音、勝みなみ、西郷真央、西村優菜、笹生優花の5人をピックアップ! 西郷真央 勝みなみ 堀琴音 西村優菜 笹生優花 こちらもチェック!
  • ゴルフに限らず、北京五輪や他のスポーツを見ていても、アスリートの「変化」を感じるようになった。「Z世代」と呼ばれる現代の若手アスリートに共通する、競技への取り組み方や考え方について、専門家たちに分析してもらった。 PHOTO/Shinji osawa、Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara 「Z世代」とは……1990年半ばから2010年代に生まれた、25歳くらいから下の世代アメリカで生まれた、世代を表す言葉。1960~70年代生まれをX世代、1980~90年代に生まれをY世代(ミレニアル世代)と呼び、XとYの次世代という点からZという名称に。この世代のキーワードに「デジタルネイティブ」「SNSを使ったコミュニケーションに長ける」「対人関係を重視するが他人からの評価を気にする」「自己実現や社会貢献に対する欲求が高い」「モノだけでなく体験も重視」「グローバル感覚に優れる」「ダイバーシティを尊重」「地に足のついた経済感覚」「親と仲がいい」などがある SNSを懐に、志を胸にデジタルを駆使し努力する ゴルフに限らず、あらゆるスポーツにおいて目覚ましい活躍を見せる「Z世代」。旧世代アスリートとの違いについて、数多くのアスリートを取材してきたノンフィクション作家の平山譲氏はこう語る。「デジタル技術革新が社会に急速な進化をもたらしていますが、それがアスリートにも起きているということではないでしょうか。たとえばプロ野球のキャンプでは、昔は『人を見て倣い、人に聞いて習う』師弟関係をよく見かけましたが、昨今は若い選手がコーチに自身のフォームを撮影してもらい、その場で動画を見て自己分析している姿も目立つ。無駄な失敗を繰り返さずに近道でき、迷うことなく単純明快に答えにたどり着けもします。また、かつてはハングリー精神こそが勝利に不可欠とされ、高級外車や高級時計が大きなモチベーションでした。ところがハングリー精神が最も必要とされてきたボクシングでさえ、たとえば世界フライ級ユース王者の畑中建人選手は、元世界王者を父に持ちハングリーとは言えない。しかし『勝ったご褒美はメキシコ武者修行』というストイックさがしっかりある。安易にステータスに飛びつくことを逆に格好悪いとさえ思っている節もあり、ハングリー精神などなくとも過酷な減量に耐えてリングで殴り合いができるクールさに、特有のたくましさを感じます」インタビューにも変化があるようだ。皆、しっかり話せるし、“いい子”が多いように感じる。「我が強くないと勝てないと言われたのは昔の話で、若いトップアスリートには本当に“いい子”が多い。コンプライアンスが整った成熟した社会に育ち、無用な“炎上”を避ける良識があり、出る杭にはならない賢明さも備わっているからではないでしょうか。仲介者を挟まないSNSは、素直になれるし、言葉を熟考できるという利点もあるようです」 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 中島啓太(21)稲見萌寧(22)笑顔でさわやか。競争より自己実現悲壮感や切迫感とは無縁なさわやかさがあるが、「自分で自分の記録を塗り替えたい」(稲見)「目標に向けてただ準備するだけです」(中島)と自己実現に向け自己分析する。「幼い頃からスマートフォンに慣れ親しんでいる彼らには、膨大な情報が常にあります」(平山氏) Z世代の象徴でもあるSNSの発達はアスリートにも影響をもたらす。「昨年F1でデビューした角田裕毅選手は、相次ぐクラッシュで国内外のメディアから一時散々に叩かれた。しかしSNS上での彼は好きなファッションやゲームの話題を笑顔で発信。『SNSでファンから受け取る応援コメントを読んで力になった』と最終戦で表彰台目前の4位になるなど見事に復調。既存のマスメディアに潰されず、ニューメディアの自分にプラスになる声を拾える、新たな選択肢が強みになっているようです」五輪を含め、約30種目のスポーツ中継を担当してきたアナウンサーでスポーツジャーナリストの島村俊治氏も、SNSの影響がインタビューで見られると語る。「以前はマスコミから取材を受けることしかありませんでしたが、今はSNSを含めた通信の時代。逆に選手のほうから自分で発信する。普段から自分のことを平気で話すので、インタビュー慣れしています。また、受け答えもですが、全体的にいい子が多いと思います。昔は嫌な奴が強かったというわけではありませんが、自分のやり方に徹して人のことは気にしないという選手も多かった」ただ、インタビュー上手で人には好かれるが、心に残る言葉は少ないかもしれないという。「青木功さんは、優勝争いをして不運なミスで敗れたときに『しゃあんめえ』と言った。風や距離を考え抜いて選んだクラブでナイスショットをしたのに小さな窪みに当たって池へ入ってもコレ。彼がよく使う茨城弁ですが、ゴルフは自然のなかで戦うから『仕方ない』ということ。言い訳をしない。すごい言葉を出してくるなと思いました」メディア側にも新しい世代が増えて、変わってきたのかもしれない。「自分で売り込んでくるものにマスコミもすぐに飛びつく。記者が苦労して話を聞き出すということも大事だと思うのですが……私は、インタビューを拒否されたこともあるし、あれこれ悩んで謝ったうえで聞き出したこともある。今は、選手との垣根がないほうがいいという時代になりました。どちらが良い悪いではないのですが……ただ、SNSは使い方を間違えると、辛い思いをすることもある。昔の人は思いを外に出さなかった。出さなすぎたとも言えるかもしれませんが、野球なら野茂英雄やイチローなどはある種、孤高の感じでした。昔のプロゴルファー、ジャンボ(尾崎)にしても青木さんにしても、(岡本)綾子さんも人を寄せ付けないところがありました」 左から、ジャンボ尾崎、青木功、岡本綾子。伝説のプロも孤高だった!?「それがスターの条件でした。映画俳優なんかもそうです」(島村氏)「ハングリーが源泉。日本ゴルフ界が育てたなんてこれっぽっちもないでしょう」(三田村氏) AKB的センター争い!?「チーム」で切磋琢磨し自己研鑽 長年ゴルフ界を取材し続けてきたゴルフ評論家で僧侶の三田村昌鳳氏はこう語る。「尾崎将司、青木功をはじめ、昭和は成り上がっていく時代。自我が強くて自分の『個』の力で切り開き、スーパースターにのし上がっていく。ところがゴルファーがアスリートと呼ばれる今は、大学とか、いわば『チーム』で育っていく時代。私見だが、JGA(日本ゴルフ協会)ナショナルチームのヘッドコーチ、ガレス・ジョーンズの影響が大と思う。フジィカル、マネジメント、すべて科学的、論理的手法で育てる。松山英樹はちょっと違うが、金谷拓実、中島啓太はその典型。女子も稲見萌寧、古江彩佳、小祝さくらもそう。また、『チーム』として、世話になった人たちに感謝を忘れないし、基本的に同志で仲間なんです。金谷、中島など折り目正しい好青年。2人は今でもガレスにSNSで、アドバイスを英語でもらう。女子プロ界の今を見ると、AKBのセンターを争う競争に似ていると思う。センターは短期間なら誰にもチャンスはあるし、女子プロツアーも週替わりのセンター狙いに見えます」 辻村明志コーチ率いる「チーム辻村」(左)、目澤秀憲コーチ率いる「チーム目澤」(右上)、JGAナショナルチーム(右下)。「文字通り『チーム』として、時代の先端をいく技術やトレーニングの方法から準備の仕方まで論理的方法を教え込まれます」(三田村氏) 競技環境、教育面、身体能力…あらゆる側面が変わった Z世代の強さについて、島村俊治氏はこう語る。「北京五輪は冬季で最多のメダルを取ることができましたが、7つの競技で幅広く取れたのも初めてです。土台は長野五輪や東京五輪にあると思いますが、競技環境、練習環境が整備されてきたのが一番の要因。指導体制も整ってきました。コーチも、心身をケアする担当者も、育成の仕方をしっかり勉強し、アスリートを尊重して自由にやらせる部分もある。昔は部活で『水を飲むな』というある種の精神論が戦時中からの名残であったり、スポーツというとスパルタというイメージでした。今は、医学的な考え方を持つべき時代です。ご両親の教育も変わった。スポーツが自然に身近にあるようにし、遊びのなかで覚えさせたり、楽しませることができる。スポーツに対する関わり方、しつけもしっかりしています。 日本人の身体能力も上がった。ハーフの選手の活躍も大きい。世界的にも同様な傾向がある気がしますが、民族が融合すると素晴らしい能力の選手が出てくる部分もあります。また、2000年に入り“世界はひとつ”と言われたなかで、世界的な競技会の数が増え、スポンサーの資金面の援助も含め日本の選手が世界の大会に行けるようになった。昔は島国の日本から海外に行くなど一大決心でした。五輪を目指す選手だけでなく、野球やゴルフも含めたプロスポーツも同じ。いい時代になりました」 よきライバルであり仲間だと皆、口をそろえる。「『チーム』として切磋琢磨するから、選手達は『個』がありながら、周囲とも折り合う温厚さがある」(三田村氏)。デジタル技術や社会環境を味方に、好きなことに専念できるのも強さの秘密だ 旧世代にない強みは「3S」「スピード・スマート・シンプル」 この時代に生きているのが「Z世代」なのだ。旧世代の固定観念がなく、世界の壁もひょいっと越える。平山譲氏はこう語る。「たとえば日の丸をつけることは、国家の代表として国民の期待を一身に背負うことでもありました。スキージャンプの日本代表も『日の丸飛行隊』と呼ばれ、勝っても負けても結果には涙がつきもの。いい意味で個人主義が浸透している新世代は、期待を“背負わされている”のではなく、応援で“フォローされている”と受け取れています。小林陵侑選手は『多くの人が応援してくれている五輪を楽しみたい』と話して金メダル獲得後も笑顔でした。また、テレビを見ないどころか、そもそもテレビを部屋に置いていない若者も多い。テレビに限らず旧メディアと距離を置く若者たちには、戦後数世代に渡ってすり込まれてきた様々な常識やコンプレックスが継承されていないようにも思えます。サッカー日本代表はアジアで勝つことでさえ難しい時代が長く続き、たとえばサウジアラビア代表は旧世代にとって大きな脅威でしたが、今年のW杯最終予選で勝利した際に先発した田中碧選手は『アジアの中ではすごく強いチーム』としながらも、『今後日本サッカーを進化させていくうえでは世界のトップとやり続けないといけない』とアジアは通過点との認識です。デジタル技術革新後の膨大な情報量による進化の『スピード』。成熟した社会環境による『スマートさ』。好きなことに専心できて煩わしい人間関係を堂々と回避できる『シンプルさ』。その『3S』が、旧世代にはなかったZ世代のアスリートの大きな強みでしょう」現代のサムライスピリットで、Z世代はこれからもスポーツ界を席巻し続けるだろう。 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • 今季から女子ツアーで距離測定器の使用が認められるようになった。開幕戦のダイキンオーキッドレディスではさっそくキャディが距離計を使用する場面が見られたが、「距離計には頼らない」というキャディも少なくなかった。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)では、今シーズン開幕前の1月31日に「2022JLPGAローカルルールおよび競技の条件」の一部変更を発表した。変更点は2つで、ひとつは46インチを超える長さのクラブの使用禁止(パターを除く)。そしてもうひとつが、これまで禁止されていた、トーナメントでの距離計測器の使用を認めることだ(いずれも日本女子オープン、TOTOジャパンクラシックを除く)。米国では昨年、PGA・オブ・アメリカ(米国プロゴルフ協会)が主催する「全米プロ」「全米プロシニア」「全米女子プロ」での距離計測器の使用を解禁していたが、JLPGAもこの動きに追随した形だ。開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」から距離計測器が解禁されたのだが、大会に選手とともに出場したキャディに、このルール変更について聞いてみると、意外にも“使わない派”が多かった。その主な理由は、「歩測」に対する信頼感の高さ、そして距離計と歩測の数字に差が出たときに、それが迷いを生むということだ。またプレー時間の短縮についても、歩測をやめない限りは作業が増えるだけで効果は薄いとする意見もあった。まだ試行錯誤の段階のようだ。 「使う派」の意見 「歩測と併用して確認しています」(西村優菜のキャディ・小谷健太氏) 「パー3や、パー4の2打目、パー5の3打目で使います。練習日に歩測と距離計の感覚を合わせ試合で活用。選手にというより自分に対する確認の意味が強いです」 「完全に距離計だけは難しい」(青木瀬令奈のキャディ・大西翔太氏) 「距離の確認の意味で使いますね。昨年までのリズムがあるので、歩測は必ずします。今後は距離計だけになるかもしれませんが、少し時間がかかると思います」 「歩測が合っているか確認して、今後に生かします」(木村彩子のキャディ・岡本史郎氏)「使っていますが、あくまで確認のため。徐々に慣れていけばと思っていますが、現段階では歩測との誤差は1ヤード程度。使っていくことで信用できるようになると思います」 「使わない派」の意見 「距離計に頼るようにはなりたくない」(河本結のキャディ・清水重憲氏) 「できるだけ使わない。機械に依存したくないし歩測との誤差があったときに信頼できなくなる。歩測は続けるので、やることが増えてプレーが遅くなる可能性も」 「今のところ歩測で十分だと思っています」(林菜乃子のキャディ・栗永遼氏) 「今まで歩測でやってきたし、そもそも距離計を信用してない。距離計と歩測の数字が違ったら自信がなくなるし(笑)。迷う要素があるなら使わないほうがいいかな」 「イレギュラーな場合のみ使うと思います」(小祝さくらのキャディ・小畑貴宏氏)「通常は使わないですね。ただ、ティーが前に出たときや、林に打ち込んでしまったときなど、イレギュラーな場合は使うことがあるかもしれません」 「基本的には歩測で対応しています」(原英莉花のキャディ・塚本岳氏)「基本は使わないです。選手から『測って』と言われれば使いますが、今まで歩測でやってきているので、あえて計測器を使う必要はないかなと思っています」 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa 2020年、飛距離が平均で10Yもアップしたという勝みなみ。そういえば最近、体がひとまわり大きくなっている気が……。これはきっと秘密があるに違いない。さっそく、トレーニング中の現場を訪れた。 勝みなみかつみなみ。1998年生まれ、鹿児島県出身。黄金世代の中心選手として活躍。昨年から本格的にトレーニングを始めた。左は熊山陽香トレーナー トレーニングで体重が2キロ増えました! トレーニングは飛距離アップが目的ではなかったが、体全体を鍛えることで強さとしなやかさが増し、飛距離は約10Yアップ 丸太みたいに太い体を手に入れたい 「私、大きくなったって言われるの嬉しいんです!」女性に体型のことを聞くのは気が引けるが、勝みなみはよくぞ聞いてくれたとばかりに意気揚々と話し出した。「最初は、疲れにくい体を作るという目的で始めました。でも、やっているうちに筋肉がついたり、飛距離が伸びたり、さまざまな効果を実感できたんです。それが楽しくて、今ではやらないと気持ち悪いぐらいです」そうは言っても年頃の女の子。ムキムキになることに抵抗はないのか?「確かに、体はひと回り大きくなりましたね。でも『大きくなったね』と言われるのは成果として表れている証拠なので、嫌な気持ちにはなりません。もっと言ってもらえるように頑張ります(笑)」 1回60分! 勝みなみ流トレーニングメニュー 9:00ストレッチで体をほぐす 朝9時からスタート。時間をかけて体全体をほぐす。このストレッチが効果絶大 9:15“振る”動作を合間に挟む 長い棒を持って振る。スウィングの感覚を体に染み込ませるため、合間に振る動作を取り入れている 9:20器具を使って筋トレ ダンベルフライ5回×2セット(20kg)デッドリフト5回×5セット(60~125kg)日によって種目は違うというが、この日はお尻と胸、背中を中心にトレーニングを行っていた 9:40腹筋などの体幹を鍛える サイドクランチ10回×2セット(左右)腹筋や背筋など“地味にキツイ”メニューをこなす。勝いわく「このトレーニングがマジで辛い。やりたくない(笑)」 9:50ストレッチをして終了 最後はしっかりストレッチをして60分のメニューは終了。じっくりきっちり、体に負荷を与える60分 股関節が動くようになり安定感が増した 「ストレッチを行うことで体が柔らかくなって関節の可動域が広くなりました。最初は、飛距離アップにつながるとは思っていなかったのですが……」と話す勝みなみ。「以前よりもトップで上半身が深く入るようになりました。より体を使って振れています」 ただ筋力を強化するだけでなく、目的に沿ったトレーニングを続けることで、しなやかな筋肉を手に入れた勝みなみ。今シーズンはそのスウィングと飛距離にぜひ注目してもらいたい。 月刊ゴルフダイジェスト2021年2月号より こちらもチェック!