Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 「1ラウンドあたり3935円」エージシュート1000回超えの87歳、持続可能なゴルフのための“努力”とは?

「1ラウンドあたり3935円」エージシュート1000回超えの87歳、持続可能なゴルフのための“努力”とは?

ここ数年、ほぼ毎回エージシュート達成というスーパーゴルファー緒方治彦さん(87)は、つい先日も通算1145回目を達成したばかり。「どうせゴルフばかりしているんでしょ」という声が聞こえてきそうだが、限られたお金でラウンド数を稼ぐために、陰で涙ぐましい努力を重ねていた。

PHOTO/Masaaki Nishimoto

愛媛県西予市に住む緒方さんは、昭和52年に初めてラウンドしたときからゴルフの金銭出納簿をつけていて、過去46年間の収支決算をすると1ラウンドあたりの費用は3935円。

「公務員だったときにゴルフを始め、周囲にカネのかかる遊びと揶揄されたのに反発。『君らのタバコ代とどっちが金かかるか比べてやろうか』と(出納簿を)付けはじめたのです」

出納簿によると、46年間の総ラウンド数は2264回、使った費用は1561万1289円。平均すると1ラウンドあたり6895円となる。ただし、緒方さんのすごいところはここから。「プライベートコンペの賞品のなかに商品券があり、それを額面の半額で女房に買い取ってもらうのですが、その総額が670万2150円。差し引くと1ラウンドの費用は3935円になる計算です」

昨年に限るとラウンド数は64回で、コンペは優勝5回含め5位以内が24回あり、賞金(収入)総額は18万4800円、費用は33万4800円で1ラウンド当たり2344円だった。が、生涯ラウンドの収入はほかにも。

「アルバトロス1回、ホールインワン3回の保険金の総額が340万円あり、またお米やビール券などの賞品はタダで家に入れているので、それらをお金に換算して加えるとコスパはもっとよくなります(笑)」

ちなみに生涯2264ラウンドで総スコアの18万366打を割ると、1ラウンドの平均スコアは79.7。2018年に取材した際には平均80.2だったので、今なお日々成長中。おそるべき87歳だ。

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より

こちらもチェック!

  • 年齢と同じか、それ以下のスコアでラウンドする「エージシュート」。人生一度は達成してみたいゴルファーの勲章のひとつだが、“狙い目”があるとすれば何歳ぐらいが最も達成しやすい年齢なのだろうか? 全国のエージシューターを取材している高橋健二氏によれば、取材した約100名の初エージシュート年齢の平均は78.6歳だという。ただし、70歳代では毎回達成というわけにいかず、コンスタントにエージシュートが出るようになるのは、もう少し年齢がいってからだ。2月8日現在のエージシュート数が1729回で、おそらく日本一のエージシューター、赤崎俊美さん(88歳・鹿児島市)は次のように話す。「私の初エージシュートは71歳のときですが、80歳頃になるとラウンド数の半分程度、85歳からは90%以上の確率で出せるようになりました。昨年は149ラウンドして達成できなかったのは2回だけです」エージシュートがコンスタントに出るようになる年齢を仮に“エージシュート適齢期”と名付けると、赤﨑さんの“85歳前後”というのは、1つの指標になるだろう。次のような例もある。九州ゴルフ連盟は7年前から80歳以上を対象に、グランドシニアの上に「スーパーシニア部門」を設けて大会を開いているが、その会場となった小郡カンツリー倶楽部(福岡県)の三輪義広支配人が説明する。「大会でエージシュートを出す人は年々増加し、一昨年は男子の参加者113名中20名、昨年は95名中29名と約3割が達成しています。達成者の年齢帯を見ると、84~85歳が一番多いですね」このケースを見てもエージシュート適齢期は84~85歳と言えるが、実際「85」というスコアは“ボギーペースにパーが5個”と考えれば、ドライバーの飛距離が200ヤード以下でも実現可能な数字だ。エージシュートは決して非現実的ではない。とはいえ、まずは85歳まで元気に回れる体を維持することが何より重要だ。 1700回以上のエージシュートを達成している赤崎さんのスウィング。とても88歳とは思えない力強いインパクトだ(PHOTO/Norimoto Asada) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月1日号より こちらもチェック!
  • この2年間、コロナ禍でもゴルフ場は入場者増加の傾向にあり、以前よりラウンド数が増えたというゴルファーも少ないのでは? だがラウンド数が増えたといっても、この方にかなうゴルファーは国内にいないかもしれない。東京在住の田中菊雄さん(86)の2年間のラウンド数は驚くなかれ、なんと約600回!「誕生日が3月3日なので、正確には85歳になった20年3月3日から21年の3月2日までに年間317ラウンド。86歳になった21年3月3日からは12月23日時点で270ラウンドでした」年間317ラウンドを12カ月で割ると1カ月に26回……。週に6日はゴルフ場に通い続けた計算だ。「21年の2月は1日も休まず28日皆勤賞です。雪や台風に遭遇したときは予約してあったゴルフ場を変更してラウンドしました(笑)」この期間中、85歳の年はエージシュートを218回、86歳になって202回達成し、12月23日時点の通算回数は942回。さらに驚くことに田中さんのエージシュートは全部レギュラーティーで達成している。「トータル6100ヤード以上のコースでのみラウンドしています。87歳の誕生日までに通算1000回達成を目標に21年は9月13日から12月23日まで103日連続ラウンド中ですが、いまのままだとちょっと足りそうにないのが、かえすがえすも残念(笑)」エージジシュートはゴルフの達人であれば誰でもできるというわけではない。健康でないとできないし、仕事でも成功していないと難しい。家庭やゴルフ友達にも恵まれないといけない。言い換えるとエージシューターは「人生の達人」なのだ。田中さんは東京よみうりCCの「TYCC金曜会」会長で、月1回例会を重ねているが、幹事の久家博司さんはこう語る。「例会の挨拶で田中さんが必ず口にするのがプレーファストとエチケット・マナーを守りましょうということ。ゴルファーの鑑ですね」 まさにアマチュアゴルファーの鑑! 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!