Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 【なんでもランキング】Vol.32 最も層が厚いのはやっぱりあの世代! 国内女子ツアー“同学年優勝者数”ランキング

【なんでもランキング】Vol.32 最も層が厚いのはやっぱりあの世代! 国内女子ツアー“同学年優勝者数”ランキング

ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング形式で紹介する本連載。今回は、国内女子ツアーで最も優勝者が多い世代を調べてみた。

前回のランキングはこちら

1998年度生まれの“黄金世代”。最近はヨネックスレディスでツアー11勝目を挙げた1学年下の稲見萌寧や、3学年下の西郷真央ら、より若い世代の勢いが勝っているようにも見えるが、層の厚さでは“黄金世代”にかなわない。5月のフジサンケイレディスを制した高橋彩華が“黄金世代”11人目の優勝者となり、同学年優勝者数のツアー記録を更新したのだ。これまではアン・ソンジュらを擁する87年度生まれと、成田美寿々ら92年度生まれの10人が最多だった。

“黄金世代”の快進撃は、2014年に当時15歳の勝みなみがKKT杯バンテリンレディスで史上最年少優勝を飾ったのが始まりだった。2年後には高校3年生の畑岡奈紗が日本女子オープンを制覇。アマチュアが公式戦で勝つのは初めてのことだった。18年にはルーキーの新垣比菜がサイバーエージェントで優勝。8月には前年のプロテストに失敗したものの、大会直前に2度目のプロテストに合格した大里桃子が、合格後わずか23日で初優勝。その後も河本結、渋野日向子、原英莉花、小祝さくら、淺井咲希と昨シーズンまで9人の優勝者が生まれ、今シーズン、新たに2人が加わった。“黄金世代”12人目となるのは果たして誰か?

<国内女子ツアー“同学年優勝者数”>

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より

こちらもチェック!

  • 先月行われた「ブリヂストンレディスオープン」に、宮里藍が登場。ジュニアゴルファー、若手プロたちから質問を受け付けた。トークセッションに参加した桑木志帆と佐藤心結に話を聞くと、それぞれの心に響く言葉があったという。 PHOTO/Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 「悪かった原因はなんなのか。しっかり向き合うと前向きに切り替えることができる」(桑木志帆) 宮里のトークセッションに参加したのはアマチュア11人とプロ5人。参加した桑木のノートは数ページに渡って書き込みがびっしり。本人にその内容を解説してもらうと……。「参加者がさまざまな悩みを相談したんですけど、まず『藍さん自身が悩んでいた』という話がありました。飛距離が出ないことに悩み、飛距離アップを目指してフィジカルトレーニングに励んだら逆に調子が悪くなり、なんとイップスのようになってしまったそうです。そこで藍さんは飛距離を“捨てた”というんです。一方で自信のあったパッティングで勝負するようにした、と。スタイルを確立したんですね。元世界ランク1位の藍さんが悩んでいたことがあるなんて、しかもイップスだなんて驚いてしまいました」そこで桑木は自分なら何で勝負するか考えたという。「やっぱり飛距離が武器になるかな、と。私はまだ何も“捨てる”部分はない段階ですが、いいところをどんどん伸ばしていこうと思いました」。桑木のドライビングディスタンスはリシャール・ミルヨネックスレディス終了時で245.71ヤード(8位)。飛距離を自身のゲームの“軸”にする考えだ。ちょっと調子が悪くても、ブレない軸があれば自信につながる。桑木は宮里とのトークセッションが行われた次の試合でレギュラーツアー自己最高の4位をマーク。さっそく結果が出ている。 私の強みは飛距離これを生かしていきます リゾートトラスト4位、リシャール・ミルヨネックスレディスでは12位タイと調子が上向き この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 「自分の長所を把握し、書き残すのも大事だと藍さんは話していました。逆に悪かった部分も書き出して、照らし合わせるのもいいと。それで、私も練習や試合で気づいたことはなるべくスマホのメモに残すようにしています。藍さんは言語化が大事だとおっしゃっていましたが、技術面の言語化って難しいんですよ(笑)。だから私は『スパーンよりバーンのイメージ』のように擬音語や擬態語を入れてます。メモは自分しか見ないので私がわかればいいかな、と思って」また、桑木が気になっていたというのが気持ちの切り替え方。「春先、予選落ちが続いていたんです。そんなとき『ホテルに帰ってからけっこう病むんですけど』と藍さんにお話ししたんです。そしたら、藍さんはキャディバッグを宿舎に持ち帰らなかったという自身の経験を話してくれました」。コースで起きたことはコースで終わらせる、というのが宮里流の切り替え方だったという。桑木は「さすがに私はキャディバッグを置いて帰ることはできなくて、今でも宿舎に持って帰り、練習もするんですけど『ここまで』と区切りを決めて、それ以降はゴルフのことは考えないようにするなど工夫しています」。宮里の場合、ただバッグを持ち帰らない、宿舎で練習をしない、だけではない。自分のプレーの何が良かったか悪かったかの検証をコースで終わらせていた、ということ。「特に悪かったことは10個でもメモして、その原因はなんだったかしっかり掘り下げたそうです」。試合ではいいことばかりでなく、悪いことも当然起きる。「なんで?」と思ったら、そのモヤモヤを放っておかず、しっかり原因をつきつめて把握する。原因がわかっているから安心感が得られて「また次から頑張ろうと前向きに切り替えられると話していただいて、なるほどー、と。参考にしています」悪かったことと向き合うのは辛い作業だが、それをしっかりすることで気持ちが切り替わる、前向きになれる、よく眠れる。宮里の言葉はゴルフだけでなく、日常生活や仕事の面でも助けになる。アマチュアゴルファーの皆さんもぜひ参考に。 【桑木の気づき1】「藍さんはパッティングで勝負するスタイルを確立した。自分の長所を把握してブレない“スタイル”を作る!」 「調子がいいときにやっていたこと食べたものもメモ。“無意識”はNG」(桑木) また、宮里は自身のイップス克服法にも言及。これさえやれば直るというような“魔法”は「ないよ」と話したという。「一日一日の積み重ね、だそうです。そんななかで、これまで無意識にやっていたことをリストアップして、そこから原因を追究し、悪くなった理由を把握するとのことでした」。ここでも、宮里は“メモ作戦”を伝授した。「技術面だけの話ではなくて。たとえば食べ物とか」。女性は体調にリズムがあり、アスリートにとって悩みどころではあるが「藍さんは食べ物に気を使っていたそうです」。ここでも、これさえ食べればいいという“魔法”があるわけではなく「こういうものを食べた」とメモ。すると、メモを見返していくうち、こんな食べ物をとっていたときは調子が良かったとわかるようになる。「私は試合の前日と当日の朝、あまり食べすぎないほうが調子がいいというのがわかってきました。だから、ドカンと食べることはしなくなって、その代わり、試合中もちょこちょこと栄養補給をするようにしています。食べるのはゼリー飲料のほか、おにぎりやバナナなどです」そのほか、宮里の話から学び、生かしていることについて「キャディさんとのコミュニケーションもあります。藍さんは距離以外のことは聞かなかったそうです」。それがすべての選手に「いい」と当てはまるわけではないが、要は「自分がどうしたいか、キャディさんに意思をしっかり伝えることが大事」と桑木は感じたという。また、練習ではうまくいくのに、本番ではその通りにできない。ゴルファーにつきものの悩みについては「練習場で自分にプレッシャーをかけた練習をするというお話をしていました。練習場でただ漠然と球を打つだけでなく、常に試合を想定した練習をということだと思います。私も普段から気をつけているつもりでしたが、藍さんのお話を聞いて以降、より具体的なシチュエーションをイメージをして、考えながら練習をしています」。ここでも、メモは活躍。「どうしても感覚に頼りがちになるのですが、感覚って消えやすいので。藍さんはリズムがこうだった、腕の力み具合がこうだった、〇割のスウィングでちょうどよかった、など細かに記録していたそうです。それをメモに残しておけば確かに安心だと思います」。調子が落ちた時の“お守り”になってくれるはず。「あとは、やっぱり調子が悪くなったときの切り替えが気になっていたんですが、藍さんは『感情だけで判断しない』と話していらっしゃいました」。桑木は「自暴自棄にならないことだなと思いました。自暴自棄というのは『今日はダメだ、もういいや』となっちゃうアレです(笑)」。アマチュアゴルファーも必ず思い当たるフシはあるだろうが、実はそれはプロも同じ。しかし「もう、いいや」と諦めず拾った一打一打が勝負を左右することもあれば、次への“きっかけ”になることもある。宮里は、イップス克服の際の自身の体験として「魔法はない。でもきっかけをつかんだ人は強いと思う」と話したという。きっかけをつかむには積み重ねだ。桑木も「もういいや」は封印。「藍さんは『感情だけで判断しない』に続けて『なぜミスしたか10個書き出すなど、思い返すことが大事』ともお話しされていました。しかも、藍さんはそれをゴルフ場で完結させちゃうんですから、やっぱりすごいですね」。さまざまな気付きを得た桑木はまだ19歳。スポンジのごとく宮里の言葉を吸い上げたようだ。宮里はこのブリヂストンレディスではトークセッションのほかにも小学生のゴルファーを対象としたレッスン会で子どもたちのいいところを褒め、さらに一歩上のレベルに上がるためにアドバイス。サントリーレディスでの大会に出場するアマチュアたちと座談会も開いた。藍の金言を胸に飛躍する若き選手の活躍が今から楽しみだ。 【桑木の気づき2】良かった時、悪かった時の行動を記録しておくことで“次”が見えてくる 「緊張時の“フワフワ感”の正体がわかりました」(佐藤心結) 女子ゴルフ界のレジェンド、宮里藍さんのお話を直接聞けるなんてすごくいい機会をいただきました。参加する前からドキドキしてしまって……。質問は挙手制だったのですが、最初に手を上げられなかったです(笑)。でも、自分の質問はもちろん、ほかの選手の質問への回答もすごく参考になることばかり。特に心に残ったのは試合中緊張しているときのことです。藍さんが「緊張しているときは、重心が上がっていることが多い」ということをお話ししていて、ハッとしました。そういえば、試合中、緊張した場面で体がフワフワした感じになることがあって「ああ、重心が高くなっていたんだ」って。自分では気づいていませんでした。それを聞いてから、試合中にフワフワを感じたら「重心を低く」と心がけています。私は4月から予選落ちが続いていて、プロとして落ちるところまで落ちたと思っていたんですが、世界ランク1位経験者の藍さんも苦しんだことがあるとお話しされていました。そんなときに「魔法はないよ」と。でも、日々の積み重ねできっかけはつかめるんだと。改めて「自分も這い上がっていきたい」と思えるようになりました。 参加した面々。左上から、桑木志帆、永嶋花音、星野杏奈、佐藤心結、吉田優利、宮里藍、阿部未悠 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月28日号より
  • 今シーズンも熱い戦いが繰り広げられ、盛り上がりを見せている国内女子ツアー。プレーはもちろんのこと、その華やかなゴルフウェア姿にも熱い視線が注がれている。そこで、週刊ゴルフダイジェストでは、コースを彩った前半戦の女子プロ「ベストドレッサー」を読者の皆さんの投票によって選びたいと思います。あなたが「ベストドレッサーはこの人」と思う女子プロの名前を教えてください。投票していただいた方のなかから、抽選で豪華賞品を各1名様にプレゼント! プレゼントNo.1ゼクシオ「キャディバッグ」 ●サイズ/9.5型●重さ/3.1㎏●カラー/ライトブルー プレゼントNo.2ヤマハ「RMX VD UT#4」 ●ロフト/22度●ライ角/57.5度●シャフト/純正(S) プレゼントNo.3スワンズ「Df.pathway PW-0167 MBK」 ●紫外線透過率/0.1%以下(UVカット99.9%以上)●重さ/20g●可視光線透過率/29%(偏光度90%以上) プレゼントNo.4Shot Navi「AIR」 ●本体外寸/34×41.5×12㎜(ベルトを除く)●重量/20g(ベルトを除く)●防水仕様/IPX7/3ATM●連続使用時間/約8時間 プレゼントNo.5フットジョイ「ジョイトゥザシーズンマルチケース&シューズケース」 ●マルチケース/W25×D4×H12㎝●シューズケース/W23×D14×H33㎝ 投票期限は7月1日(金)正午まで。発表は7月12日発売号にて! 応募はこちらから
  • プロ・アマ問わず、ゴルファーはふとしたときに“気づき”を得て、それがきっかけでゴルフが激変することもある。今回は、週刊ゴルフダイジェストで掲載されている「プロの開眼物語」から、5人のプロの“気づき”エピソードをピックアップしてご紹介! PHOTO/Blue Sky Photos、Hiroaki Arihara、KJR THANKS/ミズノオープン 渋野日向子の気づき「ゴルフスウィングに必要な筋肉がわかった」 ラウンド前の練習場で、必ず股関節周りのストレッチや、写真のようなゴムチューブを使って下半身の筋肉に刺激を与えるトレーニングを行った後にショット練習を行う この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 単に飛距離を伸ばすために筋トレを行うのではなく、渋野の場合は「実際にゴルフスウィングで必要な筋肉はどこか」ということを意識して筋トレを行うことが大事だと気づく。それにより、以前よりトップが小さくコンパクトなスウィングになったが、現在のほうが飛距離も出て方向性も良くなったという。 【2019年のスウィング】トップでシャフトが地面と平行 【2022年のスウィング】トップがかなりコンパクトに 桂川有人の気づき「クラブと腕と体の同調が大事」 今季ツアー初優勝を挙げ、全英オープンにも出場する23歳の桂川有人。167センチと小柄ながら300ヤード近く飛ばすスウィングを生み出したのが、この「タオル挟みドリル」。「高校のとき過ごしたフィリピンで出会った人から、スウィングを教わったんですが、いまのボクのベースは、その人からの教えがすべてです。すごくシンプルなことですが、両わきにタオルを挟んで打つ練習をすることで、クラブと腕と体を同調させて振ることを覚えました。当たり前のことかもしれませんが、いまでも不調になると、このタオルドリルに立ち返ります」 Drill「両わきにタオルを挟み3クオーターショット」 ジュニア時代は柔軟性がありすぎたので、このタオルドリルは体と腕の一体感を出すのにとても役立ったという桂川。いまは、逆にガチガチに固めず振っているというが、ちょっと不調を感じたときにはこのタオルドリルを行っている わきが空いたり、腕が体から外れるとタオルが落ちる 今平周吾の気づき「左手の甲がフェース面」 ショットメーカーの今平がゴルフを始めて間もない頃に、開眼したというポイントが“左手甲を意識することでフェース面を管理しやすくなる”ということ。特にアイアンショットでは、左手甲を意識して振っているという。元々左利きということも影響しているかもしれないが、左手甲がインパクトでどこを向いているか意識して振ることができれば、自分が意図したところへ打ち出すことができるという。 久常涼の気づき「ダウンで右ひじを体の正面に入れる」 ショットの調子が悪いときは、右わきが空き、右ひじが体の近くを通っていないと気づいた久常。右ひじが体の中に収まる感じを出しながらインパクトできると、飛距離だけでなく方向性もよくなったという。 右ひじが体の正面に入るとインパクトのつまり感がなくなる 青木瀬令奈の気づき「ボールから離れハンドダウンに」 以前は吊るように構えていた青木だが、試合中に思い立って構えを変えたという。「3日目の15番まで短いパットが入らなくて……。ショットの調子はよかったので、16番から思い切って変えることにしました」 ブリヂストンレディス最終日、7バーディと大爆発して優勝争いを繰り広げた青木瀬令奈。その陰にはパットのある気づきがあった。「自分が思っているよりも右に打ち出してしまっていたので、ボールから少し離れて(ボール1個分)ハンドダウン気味にしたんです。ストローク中の“詰まり感”がなくなって、スムーズにストロークできるようになりました」 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月14日号より
  • なかなか勝てなかった選手が、1勝を皮切りに突如として勝ち星を重ね始める。今季では西郷真央やスコッティ・シェフラーが好例だが、最近とくに、こうしたケースが多いように感じる。“覚醒”ともいえるこうした現象はなぜ起こるのか。レベルは違えど我々アマチュアにも起こりうるものなのか。今回はゴルフにおける“覚醒”にスポットを当ててみた。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara、Blue Sky Photos 西郷真央の勢いが止まらない。昨季は2位が7回となかなか勝てなかった選手だが、今季の開幕戦で念願の初優勝を果たすと、なんと出場10試合で優勝5回という快進撃。「堰を切ったように~」という表現がぴったりの勝ちっぷりは、まさに“覚醒”した代表選手といえる。昨季でいえば、稲見萌寧もそうだ。プロ転向後19年に初優勝を飾り、21年はツアー8勝(20年に1勝)し、その間に東京五輪で銀メダルも獲得。その勢いのまま賞金女王まで駆け上がった。稲見の活躍で印象が薄れた感はあるが、現在米ツアーに参戦、昨季6勝の古江彩佳も覚醒した選手といえるし、昨季5勝の小祝さくらもそうだ。小祝は19年の初優勝まで出場60試合でベスト10が20回という驚異的な成績を出しながらもなかなか勝てなかったが、初優勝後、立て続けに5勝をマークしている。海外に目を転じると、今年のグリーンジャケットに袖を通したスコッティ・シェフラーも“覚醒者”だ。初優勝はプロ転向5年目の今年2月。それからわずか2カ月、出場6試合で4勝を挙げ、しかも4勝目がメジャーのマスターズ。19年の米ツアー年間王者、パトリック・カントレーも初優勝まで6年かかったが、その後の4シーズンで着実に7勝を挙げている。今年の全米プロではウィル・ザラトリス、ミト・ペレイラ、キャメロン・ヤング、マシュー・フィッツパトリックの未勝利4人が大会を引っ張った。生みの苦しみを味わっている彼らだが、覚醒の可能性を秘めた選手であることは間違いなさそうだ。では、覚醒とはどういう仕組みなのか? また、アマチュアにも起こせるものなのか?「アマチュアにも十分可能性はあります」というのは、小誌でもおなじみ、カリスマコーチの江連忠プロだ。覚醒する選手に共通するのが頭の良さ、達成感のある練習ができること、そして「何よりポジティブに考えられる人です」と断言する。また「大事なのは“自分を知ること”」と言うのは内藤雄士プロ。脳科学者の篠原菊紀氏による解説とともに、幅広い視点から覚醒の正体に迫っていこう。 初優勝から2カ月でメジャー含む4勝スコッティ・シェフラー(25) 初優勝は今年2月のフェニックスオープン。P・カントレーとのプレーオフを制した。そして1カ月後に2勝目を挙げるとWGCデルマッチプレーとマスターズも制覇。世界ランク1位に上り詰めた 昨季未勝利も今季10戦5勝西郷真央(20) 昨季は2位が7回。優勝に最も近い選手のひとりに数えられた。だが、今季は開幕から10試合で5勝。まさに覚醒した選手の代表だ 昨季9勝で賞金女王。東京五輪で銀メダル稲見萌寧(22) 2020-21年の統合となった昨季、強すぎると注目を集めたのが稲見萌寧だ。20年に2勝目を挙げると21年に入り、3~5月で5勝を挙げた。トップ10入りは45試合中25試合とその強さ&安定感は群を抜いていた >>“覚醒”を引き起こすための条件とは? 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月14日号より
  • 一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードで、いとも簡単に240~250ヤード先のフェアウェイをとらえる女子プロたち。一体どんなドライバーを使っているのか? 注目選手のヘッド&シャフトの組み合わせを調べてみた! PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara※成績、スタッツは5月12日現在 西郷真央「ST-X220」に変更して4勝 ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生で、ジャンボ尾崎からは「せごどん」の愛称で呼ばれる。22年は8戦して、4勝を含むトップ10が7度と安定感抜群 ミズノ「ST-X 220」(10.5度)×「ベンタス ブルー」(50・S) 2021年10月のマスターズGCレディースから「ST-X 220」を投入。その後、22年シーズンを含め14戦4勝。トップ10を逃したのが2回と驚異の結果。 <西郷真央のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2020年~ミズノ ST200XスピーダーTR2020年8月~ミズノ ST200Xスピーダーエボリューション72021年~ミズノ ST-Xベンタス ブルー2021年10月~ミズノ ST-X 220ベンタス ブルー 高橋彩華今年からクラブ契約フリー テーラーメイド「ステルス」(9度)×「スピーダーNX」(50・S) 「1Wは弾道の高さを気にする」という高橋。クラブをあまり替えないタイプだが、今年は契約フリーになり、いろいろ試した結果「ステルス」を選択。それでもシャフトは「スピーダーNX」を使い続ける。 <高橋彩華のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~ブリヂストン ツアーB XD-3スピーダーエボリューション72021年~ブリヂストン ツアーB XD-3スピーダーNX2022年~テーラーメイド ステルススピーダーNX 畑岡奈紗ゼクシオX×ベンタスレッドで米6勝目 「ここまで大きく変えたのは4年ぶりくらい」と語るように、ヘッドだけでなく、シャフトは日本未発売モデルに替えFWキープ率も74.9%から79.0%へ上昇 「ゼクシオX」(9.5度)×「ベンタスレッド」(50・S) オフに取り組んだスウィングのバージョンアップもあり、「クラブの進化に頼ってみてもいいのではないか」と思ってこのスペックに変更。 <畑岡奈紗のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~スリクソン Z785Miyazaki KIRI2022年~ゼクシオXベンタスレッド 稲見萌寧「スピーダーNX」投入も「ジ・アッタス」へ戻る キャロウェイ「マーベリック サブゼロ」(10.5度)×「ジ・アッタス」(50・S) シーズン9勝と圧倒的な強さを誇った稲見の代名詞的スペック。22年は「スピーダーNX」にしたものの調子が上がらず、他のシャフトを試すなど試行錯誤中。 <稲見萌寧のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~キャロウェイ エピック フラッシュアッタス ジャック2020年~キャロウェイ マーベリック サブゼロジ・アッタス 渋野日向子ヘッドを替えないプロの代表格 高校1年でピンの『G30』を手にしてから『G』、『G 400 』、『G410 PLUS』と移行。『G425シリーズ』が発売された後も、『G410 PLUS』を使用。21年シーズンからはスウィング改造に伴い、ロフト角を1.5度立たせたがヘッドは替えず ピン「G410 PLUS」(8度)×「スピーダーNX」(50・S) スウィング改造を機に、シャフトは『スピーダー NX』に変更。ヘッドは『G410 PLUS』のままだが、ロフト角を8度に変更 <渋野日向子のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~ピン G410 PLUSスピーダーエボリューションⅤ2019年6月~ピン G410 PLUSスピーダーエボリューションⅥ2021年~ピン G410 PLUSスピーダーNX 小祝さくら20-21年の優勝は全部「PT」 スリクソン「ZX5」(9.5度)×「ツアーAD PT」(50・S) 尊敬する上田桃子と同じシャフトで20-21年シーズンを戦った。22年は『ディアマナ ZF』に変更 <畑岡奈紗のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~スリクソン ZX785ディアマナ B2020年~スリクソン ZX5ツアーAD PT2022年~スリクソン ZX5ツアーAD ZF 原英莉花22年からクラブ契約フリー キャロウェイ「エピック スピード ◆◆◆」(9.5度)×「ツアーAD IZ」(50・S) 20-21年シーズンにドライビングディスタンス1位を獲得した際はミズノ「ST-Xプロトタイプ」と「ツアーAD GP」の組み合わせ。今季から契約フリーとなり、ドライバーはキャロウェイ「エピック スピード ◆◆◆」を使用。 <原英莉花のドライバー遍歴> ヘッドシャフト2019年~ミズノプロ モデル-Eテンセイ CK オレンジ2020年~ミズノ ST-X プロトタイプツアーAD GP2022年~キャロウェイ エピックスピード ◆◆◆ツアーAD IZ 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号 こちらもチェック!