Myゴルフダイジェスト

【ロッテ選手権】好調キープの渋野日向子、優勝争いを演じ単独2位フィニッシュ

<ロッテ選手権/ホアカレイCC(ハワイ州)/6603Y・パー72/4月13日〜16日>
PHOTO/Takahiro Masuda

ハワイを舞台に開催された米女子ツアー今季第8戦「ロッテ選手権」。2週前の今季女子メジャー初戦「シェブロン選手権」で4位タイに入った渋野日向子は好調を維持し優勝争いを演じるも、惜しくも2位に終わった。

最終日18番、優勝の望みをつなぐバーディパットがわずかに外れて悔しそうな表情を浮かべる渋野日向子

米ツアーメンバーとして迎えた今季、渋野は初戦を47位で終えるも、2戦目の「ホンダLPGAタイランド」で4日間60台を並べ、8位タイ。しかし3戦目の「JTBCクラシック」では最終日に80を叩き72位タイと、今季は好不調の波が激しいゴルフが続いていた。前戦のメジャー、「シェブロン選手権」でも首位で迎えた3日目に77を叩き後退したが、最終日に66で巻き返したことが大きな自信に繋がったようだ。

そのいい流れで臨んだ今大会。初日から3日間アンダーパーを続け、トップと3打差の2位タイでスタートした最終日。2バーディノーボギーで追い上げ、トップと1打差で迎えた最終18番ホール。渋野のバーディパットはわずかにカップを外れ、渋野は悔しさをあらわに。しかし、その直後、ウイニングパットを決めたキム・ヒョージュに笑顔で拍手を送る姿からは、余裕さえ感じられた。確実に優勝に近づいていることが実感できる大会だった。

“しぶこスマイル”で米ツアーでも人気上昇中

最終日最終組のスタート前に笑顔を見せる渋野。すっかり米ツアーにも馴染んできた

直ドラで攻めた!

パー5の2打目で連日、ドライバーを使用した渋野。初日はミスしたが徐々に精度を上げた

<ロッテ選手権・最終成績>

優勝キム・ヒョージュ-11
2位渋野日向子-9
3位チェ・ヘジン-7
4位アシュリー・ブハイ-6
5位イ・ソミ-5

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、植竹希望、渋野日向子、古江彩佳、三ヶ島かな、大里桃子の5人をピックアップ! 植竹希望 渋野日向子 古江彩佳 三ヶ島かな 大里桃子 こちらもチェック!
  • 飛距離アップのためには、トップでしっかりと体を回すことが必要。しかし、デスクワークで体が固まっていたり、年齢とともに柔軟性が落ちてくると、どうしてもトップが浅くなってしまう。無理に深いトップを取ろうとすると、腕だけで上げてしまい、手打ちの原因に。そこで今回は、肩まわりの柔軟性を高め、回りやすい体を手に入れるストレッチを、週刊ゴルフダイジェストの連載「らくトレ・ゆるスト」から厳選してご紹介! 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中 こちらもオススメ!
  • 世間を騒がせたスウィング改造から10カ月。「スタンレーレディス」で2年ぶりの優勝を果たした渋野は、翌週の「TOTO」で7位タイ、3週間後の「三菱電機レディス」で再び優勝。来季の米女子ツアー出場をかけたQシリーズでも目標の20位に滑り込み、賛否あったスウィング改造の成功を結果で示してみせた。では、具体的にどこが変わったのか。我々も参考にして良いのか。プロコーチの阿河徹に解説してもらった。 PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/川崎ゴルフ練習場 解説/阿河 徹 あがとおる。大学在学中にアメリカへ留学、米国理論を学ぶ。帰国後、金田久美子や塩見好輝など、多くのツアープロを指導 ●CONTENTS●>>#1 渋野日向子のスウィング改造変遷史>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 1年かけて振っても曲がらないスウィングを手に入れた フラット軌道で小さなトップ。2021年の開幕戦で披露した新スウィングには、各方面から賛否の声が上がった。そんな声に対し、3月のアクサレディスでは「米ツアーで戦うためには、もっと安定性、再現性が欲しい。いろいろ意見があると思いますが、最後までやり切りたい」と、この改造を完遂する姿勢を見せた渋野。実際に4月の数値を見ると、飛距離は落ちたものの、フェアウェイキープ率は前年比で10%以上アップしており、4月末のHSBC女子選手権では、なんと92.8%をマークしている。とはいえ、飛距離という強みを生かせないという声も上がるなか、なぜここまで安定性にこだわったのだろうか。プロコーチの阿河徹は次のように分析する。「私は渋野選手が飛距離ダウンを一時的に受け入れたにすぎないと考えます。なぜなら改造後、振れば振るほど曲がらないスウィングになったからです。以前の彼女は、少し軌道が波打つ印象を受けましたが、今はまるで『一筆書き』。だからこそ振れるのだと思います。長い目で見ていたからこそ、やり切りたいと言ったのではないでしょうか」実際に「楽天スーパーレディース」では281ヤードを叩き出している。そして10月には1年11カ月ぶりの優勝を果たし、米QTで20位、念願のツアーカードを獲得。世界を見据えたスウィング改造が実を結びつつある。 では具体的にどこが変わった?>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!