Myゴルフダイジェスト

トーマス、ラームが有力視。米国各社のマスターズ優勝予想

マスターズの優勝予想をメディア各社、スポーツベッティング(スポーツ試合を対象とした賭け)各社が更新。もっともグリーンジャケットに近い選手は誰?

「米ゴルフダイジェスト誌」の優勝予想ランキング1位はJ・トーマスでオッズは12倍。過去12回出場でトップ10が10回の実績が評価されているが、不安材料は、上位争いに弱い点。12倍というC・モリカワにオッズでは劣るものの、18倍のV・ホブランを2位に挙げ、モリカワは3位。4位に昨季年間王者に輝いたP・カントレーとザ・プレーヤーズ選手権覇者のC・スミス。以下D・ジョンソン、W・ザラトリス、キャリアグランドスラムがかかるR・マキロイが続き、昨年覇者の松山英樹は11位。12位に絶好調のS・シェフラーが入っているが、1カ月半で3勝と勢いがあり、直前に予想ランキング大幅アップも考えられる。

過去の実績とデータで算出する“パワーランキング”を毎週更新している「イージーオフィスプールズ」では、J・ラームが1位。以下トーマス、マキロイ、J・スピース、スミス、松山が続いている。

スポーツベッティング大手「ベガスインサイダー」のオッズは以下の通り。ラーム(9.5倍)、モリカワ、スピース、トーマスが12倍で2位に並び、5位タイにスミス、マキロイ、ジョンソンで14倍。松山はB・デシャンボーと並び29倍で13番目にランクインしている。

マスターズ中継を行うCBSテレビの予想では、ラームが1位。2位にスピース、モリカワ、トーマス、5位にマキロイとジョンソン、7位にスミスとシェフラーが名を連ね、松山は14番目。

気になる松山に関しては、肩甲骨と首の痛みを訴えザ・プレーヤーズ選手権を棄権し、連覇がかかるマスターズに備え、WGCも欠場している。故障箇所が回復しているか不安は残るが、優勝候補上位であることには変わりない。

マスターズで連覇を達成したのはJ・ニクラス、N・ファルド、T・ウッズの3人。02年のタイガー以来となる松山の連覇に期待して、早朝テレビで応援したい。

PHOTO/Tadashi Anezaki

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より

こちらもチェック!

  • コース改造により、今年のマスターズでは11番パー4と15番パー5の距離が延長されることに。同時に木も伐採され抜けは良くなったが果たして難易度は変わる? ILLUST/Sadahiro Abiko PHOTO/Tadashi Anezaki ロングアイアンの精度が要求される 今年のマスターズでは、11番パー4が15Y、15番パー5が20Y延長される。この影響について、佐藤信人プロに聞いた。「どちらもグリーン周りに池があることがポイントです。特に11番の左の池は昨年はまったく効果を発揮しなかったように思います。セカンドショットで池を避けるならカットに打つのが正攻法。現代の選手の場合、残り200ヤード前後ならば6I〜8Iでさほど難しくないんです。けれど、220ヤードのカットとなると4Iや5Iになってくる。すると途端に難易度がアップするわけです。それは15番にも言えることで、残りが230ヤード以上になると、グリーンに止めることがかなり難しくなってきます。それでなくても15番のグリーンは縦に狭い。昨年の最終日の松山選手のようにカットがかからず奥の池にハマることも多くなると思います。やさしいホールだった15番は今年、見応え十分です」 11番 パー4 505Y ▶ 520Y 昨年の平均スコア:4.40(難度2位) “アーメンコーナー”の入り口でもともと距離の長かったパー4がさらに伸びた。「大きな理由はセカンドでドラマを作らせること。ロングアイアンのコントロールショットはプロでも難しい技術です」(佐藤)。池に向かって傾斜するグリーンのため、セカンドは無理をせずセンターを狙うのがセオリー 15番 パー5 530Y ▶ 550Y 昨年の平均スコア:4.77(難度17位) 最終日に追いかける選手はイーグルを狙いにくる15番。昨年までは2オンが狙いやすかったが、20Y伸びたことで、無理に2オンを狙わず、池の手前のフラットなエリアに刻む選手が増える可能性も。 また300Y地点の手前のフェアウェイは比較的フラットなので「あえてティーショットを刻んで3Wか5Wで攻めるという方法もあります」(佐藤) 月刊ゴルフダイジェスト2022年5月号より こちらもチェック!
  • 若手からベテランまで、役者が揃い、今年も熱戦が予想される男子の海外メジャー。そこでPGAツアー事情に詳しい、佐藤信人、杉澤伸章、内藤雄士、進藤大典の4人がどこよりも早くメジャーの戦いを予想。まずは4月のマスターズから!TEXT/Kenji Oba PHOTO/Taku Miyamoto、Tadashi Anezaki、Akira Kato マスターズオーガスタナショナルGC/4月7日(木)~10日(日) ――21年は松山英樹選手がグリーンジャケットに袖を通すという、日本人にとっては本当にうれしい大会になりました。松山選手の連覇に期待したいのですが……。 杉澤 16、17年のフェニックスオープンでも連覇は経験しているし、なによりオーガスタとの相性はタイガー並み。可能性は十分あるでしょう。佐藤 21年は前週のテキサスオープンで調子も悪く、イライラするようなところもあって、それがかえって期待値と自分自身へのハードルを下げ、それがいい結果につながったとの指摘もあります。杉澤 流れによって期待がプレッシャーとなるかエネルギーになるかは分かりませんが、僕が思うにメジャーでは最終日より初日の迎え方が大事だと思います。この辺は大ちゃん(進藤)のほうが詳しいと思うけど、松山選手のその辺をどう見ていますか?進藤 メジャーでは嫌でも気合いが入ります。これは“裏方あるある”ですが、「頑張ろうぜ!」なんて声をかけるのは野暮中の野暮(笑)。英樹はマスターズでの優勝以降、メジャーに余裕をもって臨んでいるように感じているんです。英樹自身の変化だけでなく、優勝の経験が「チーム松山」を大きく成長させているとも思うんですね。内藤 年末に金谷(拓実)くんが世界ランク50位に滑り込み、出場権を獲得しました。そこにアジアパシフィックアマで勝った中島啓太くん。日本人が活躍するとめっぽう強いのも松山選手なので、2人の活躍にも期待したいですよね。 続きを読む 佐藤 中島くんの場合、マスターズのほか、全米、全英オープンの出場権もあるわけでしょ。同年のメジャー3大会のローアマも可能性があるんじゃないのかな。内藤 日本人選手以外に目を向けると、そろそろ来そうだと感じるのがザンダー・シャウフェレかな。21年は最後まで優勝争いを演じ、勝ちたかっただろうし。そのリベンジか東京五輪では見事、金メダルにも輝きました。佐藤 まだマスターズチャンピオンを出していない国の選手は、松山選手の優勝に大きな影響を受けたんじゃないでしょうか。たとえばノルウェーのビクトール・ホブランとか、チリのホアキン・ニーマンとか。韓国ではY・E・ヤンが全米プロで勝っていますが、イム・ソンジェにも十分チャンスはあるでしょう。進藤 個人的にはジョーダン・スピースやブライソン・デシャンボーあたりが来るのかなあ、と思います。杉澤 あくまでも僕の願望ですけど、松山選手が誰にグリーンジャケットを着せるのか。その観点からいうとパトリック・カントレーなんかどうですか? 松山選手とは同じ歳、11年に松山選手がローアマ獲得、その翌年に松山選手を抑えてローアマになったのがカントレー。そうなったらドラマじゃないですか?佐藤 なるほどねぇ。グリーンジャケットもそうだけど、松山選手の用意するチャンピオンズディナーも気になります。松山選手の第二の故郷、仙台の牛タンとか出したら良さそうだけど、どうもタイガーは牛タンは嫌いらしい(笑)。進藤 確かジェイソン・デイも食べなかった気がします(笑)。 史上3人目の連覇達成なるか⁉ 86回目を迎えるマスターズだが、連覇を達成したのは65、66年のジャック・ニクラスと01、02年のタイガー・ウッズのみ 佐藤 あと願望で言わせてもらえば、ローリー・マキロイのキャリアグランドスラム。ゴルフ界がどんな熱狂に包まれるのかを肌で感じてみたい。マキロイは涙のたびに強くなる選手で、19年に母国のロイヤルポートラッシュの全英オープンでまさかの予選落ち。涙、涙の記者会見でした。しかし翌年は2勝を挙げて、フェデックスランク1位になりました。そして21年はライダーカップで負けて涙を見せて、10月のザ・CJカップで優勝しています。内藤 なるほど。ただ、ライダーカップから時間が空きすぎているので、その間にあと2勝は欲しいかな。体力的にもプレッシャーも年々大きくなって難しくなるだろうし、ここ2~3年が勝負になるでしょうね。佐藤 マスターズは優勝すると、毎年いつでも戻ってくることのできる大会です。たとえ現役を引退したとしても、あのパー3コンテストの輪のなかには、マキロイは絶対にいてほしいし、いるべき選手だと思います。個人的にはアーニー・エルスがいないのにも違和感があるし、寂しさもあります。それだけに絶対に勝ってほしい選手です。杉澤 コリン・モリカワもマスターズに勝つと、こちらもグランドスラムにリーチになるんですよね。もしかすると、そのあとに全米オープンにも勝って……、なんてとんでもないことも起こるかもしれません。あとで話が出ると思いますが、ショットの精度はもとより、彼の頭のよさは、メジャーで勝つ絶対条件だと思います。 佐藤信人 高校卒業後米国に渡り、ネバタ州立大ゴルフ部で活躍。帰国後プロテストを受験して合格。02年日本ツアー選手権などメジャー3勝、通算9勝。18年からJGTOの広報理事を務める 杉澤伸章 横田真一の専属キャディとしてキャリアをスタートさせ、02年から丸山茂樹の専属キャディとして渡米。現在は若手育成やゴルフ人口増加のために講演会やテレビ解説など多方面で活躍中 内藤雄士 日本大学ゴルフ部在籍中に米国ゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。丸山茂樹のコーチとして海外も経験。現在も多くのプロをサポートしながら、ツアー中継の解説などメディアでも活躍 進藤大典 東北福祉大学では宮里優作や岩田寛と同期。宮里、谷原秀人の専属キャディとして活躍した後、13年からは松山英樹の専属キャディとして国内外を転戦。現在はメディアでも活躍する 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より
  • マスターズ優勝後、7月にコロナ感染、病み上がりで出場した東京五輪でメダル争い。そして10月のZOZOチャンピオンシップでツアー7勝目を挙げるなど、激動の1年間を走り抜けた松山英樹。まもなく30歳になる彼は、いま何を考え、そしてどこに向かっているのか? 心の内をじっくりと語ってもらった。 PHOTO/Takanori Miki、Taku Miyamoto 松山英樹1992年2月25日生まれの29歳。2010年のアジアアマで優勝し、11年のマスターズでローアマに輝く。13年にプロ転向し、国内ツアー賞金王に。14年から米ツアーに本格参戦し、メモリアルトーナメントで初優勝。21年のマスターズで日本人初のメジャー制覇を遂げ、同年10月、日本開催のZOZOチャンピオンシップを制して、米ツアー7勝目を挙げた 「ああ、もう勝てないのかな」正直そう思っていました GD 2017年以降、4年近く勝利がないなかで、4月のマスターズで悲願のメジャー優勝、そして10月にZOZOチャンピオンシップでも優勝し、ツアー7勝目を挙げました。いろんなことがあった1年だったと思いますが、それまで勝てなかった日々を振り返ってみて、いまどんな心境ですか?松山 勝てない時期の最初の1、2年は正直「まあ勝てるだろう」って高をくくっていて、楽観的に考えていました。でも19年、20年になってもなかなか思うような成績が出なくて、コロナ禍になる前、2週連続トップ10に入ったのに(20年3月)、そこで勝てなかった時点で、「あぁ、もう勝てなくなるのかな」と思っている自分がいました。それはコロナ中断明けの試合でも続いて、BMW選手権(20年8月)で上位争いしましたが、そのときも優勝争いをしている感覚はあまりなかった。必死につないで、つないで、なんとか優勝争いしている状態で、ただそこにいるお客さんのような感じでした。GD その「勝てない感覚」に、いつ変化が訪れたのですか?松山 ヒューストンオープン(20年11月)で2位になったときに、「まだ気持ち的に争っている」というのを久しぶりに体感しました。まだ勝てる可能性があるなと。でもその後21年になっても、状態が悪くないのに予選も落ちるし、トップ10にも入れないのが続いて、「なんでだろう」ってすごく考えていました。GD 4月のマスターズ前にそこに変化が訪れたということですか? この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 松山 そうですね。オーガスタに入って、前の週にやっていたことと、その前の週にやっていたことがすごくマッチしたんです。オーガスタで練習をしていくなかで、頭の中がすごくクリアになってきて、自分への期待度もどんどん上がっていたんです。「勝てるかもしれない、勝てなくても絶対に上位にいる、優勝は争える」って。いつもなら練習ラウンドも1.5や2ラウンドはするんですが、試合前日も練習ラウンドはしないで練習だけで終わりにしたんです。コースも知っているし、自分の状態を上げることに専念しようって思いました。それが結果的に良かったですね。 オーガスタに移動した瞬間全部がつながった GD 優勝を狙えると思えるようになったのは、スウィングが安定してきたということですか?松山 そうですね、考えることが少なくなったというのがいちばん大きいですね。今までだったらスウィングのことを考えるだけでなく、そこにプラスして球筋を考えていたんですが、あの週は考えることが本当に少なくなっていました。GD 具体的にどのぐらいクリアになっていたんですか。松山 昨年から目澤さん( コーチ)と一緒にやり始めて、目澤さんの言っていることもすごくよくわかりますし、そこに取り組んできたんですけど、一方で自分をなくしている部分もあるのかなとも思っていたんです。それが何の拍子かわからないですが、マスターズ前週のテキサスオープンで時間をかけて練習をしていたら、なんかいい感じだなというのを見つけて。その試合はダメでしたけど、オーガスタに移動した瞬間に、「ああ、だからこうなるんだ」とパターまで含めて全部がつながっていく感じがあったんです。だから、「あ、戦えるな」って。GD 目澤さんが話すようなGC4(弾道解析器)などで測っているデータと、スウィングがマッチしてきたということですか?松山 そうですね。取り組んできたことと自分がやっていることがすごくハマったというか。頭で考えていることを体でうまく表現できるようになって、クラブを上手く扱えるようになったんです。 GD そうなると、マスターズの4日間は、スウィングをシンプルに考えていたということですか?松山 そうですね、けっこうシンプルでした。クラブを上げるときは、ここ(テークバック)とリズムだけという感じでした。意識していたとしても、1カ所、2カ所……、あっても3カ所ぐらい。GD ちなみに普段はどれぐらい考えているんですか?松山 んー、何個かな。アドレスだけで多分4つぐらいある(笑)。GD そんなにあるんですか。松山 まぁでも、それがどんどん減っていけばいくほどやっぱり調子が良くなるんです。考えることが1、2個だったら、すごくシンプルですから、それは調子がいいって発言になると思います。なかなかそういうふうにはならないですけどね。GD ZOZOチャンピオンシップのときは、調子が良くないと言っていましたが、そのときは考えることがいっぱいあったと。松山 いっぱいありましたね(笑)。でも、考えることがあるなかでも、最終日に向けて徐々に減りつつあったかなとは思います。 「良かった、腹が立つんだ」 GD マスターズに勝って、自分の中で心境は変わりましたか?松山 うーん、どうですかね。変わったと言えば変わったかな。3週間クラブ握らないとか今までなかったですからね。今回もZOZOで優勝してからまだ1回もクラブ触っていないですし、そういうことが平気でできるようになっています(取材はZOZOから2週間後)。GD それはプラスなことですか?松山 絶対マイナスでしょ。体を休めるには必要な時期だと思っていますが、でもさすがにちょっとやばいかなと。GD 目標だったメジャー優勝を遂げて、燃え尽きてしまったような感覚はありますか?松山 そうなるんじゃないかと、自分でも心配していました。でも、マスターズ優勝後、最初に出場した試合で(AT&T)、結果が出なくて腹立っている自分がいて、「ああ良かった、自分は変わってなかった、腹が立つんだ。やっぱりゴルフが好きなんだ」と思ったんです。そこで「勝ったからいいや」って思うようだったら多分ゴルフをやらなくなっていたはず。でも本当に腹が立って、イライラしながら練習もしていたし、その姿を客観的に考えて、「ああ良かった」と思いました。GD それまで「メジャー優勝」だった目標は、その後どう変わりましたか?松山 ツアー6勝目をマスターズで挙げて、ZOZOで7勝目も挙げたので、K・J(チョイ)さんに並ぶ8勝目を挙げることが、いまは一番近い目標だと思っています。丸山(茂樹)さんが持つツアー3勝という数字を抜いたときに、「早くK・Jさんの数字を抜けよ」って言われていたので、すごく意識していました。無理じゃないかと思うこともありましたが、あと1勝で並ぶところまできたので、それを早く遂げたいなと。 GD 22年はマスターズのV2もありますが、どんな戦い方を考えていますか。松山 早いうちにもう1勝して、シーズンを楽にプレーしたいですね。もちろんオーガスタでもう一回勝ちたいですし、それに向けてどういうスケジュールを組むか考えなきゃいけないと思っています。GD マスターズに向けてピークを作っていくと。松山 毎試合、山のてっぺんだったらいいんですけど、「ピークから下がったときどこにいるか」がすごく大事なので、そこの基準が上がれば、調子が悪くてもパーッと勝てるかもしれないと思っています。GD マスターズの勝算は?松山 正直ないですね。そこはコンディション次第で、すごく変わると思っています。それこそ一昨年のマスターズ(20年11月)みたいに20アンダー出るセッティングだと、僕にとってはしんどい。10アンダーから15アンダーぐらいのセッティングだったら勝負できるかなと思っています。13番ホールは距離が延びると思うし、天気次第でスコアがどれぐらい伸びなくなるかも変わりますからね。でも、たとえどんな天候だとしても、20アンダーの世界になったとしても、そこについていけるようなプレーはしたいと思っています。 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • 日本ゴルフの歴史を動かした松山英樹のマスターズ制覇。大快挙の裏にあったエピソードやコーチをつけた理由、オーガスタを制したクラブセッティングなど、松山英樹の2021マスターズを振り返る! PHOTO/Taku Miyamoto マスターズ制覇を果たした松山英樹のすべてがここに!