Myゴルフダイジェスト

金谷拓実、WGCマッチプレーで強豪撃破。米ツアーで自身初のトップ10入り

世界ランク上位64名が激突した「WGCデルマッチプレー選手権」で日本勢唯一出場の金谷拓実が健闘した。

4人1組で総当たりのグループリーグ(予選)を戦い、各組1位の選手のみが決勝に進出するサバイバルレース。世界ランク63位で初出場の金谷は、同7位のX・シャウフェレ、23位のT・フィナウ、44位のL・ハーバートと同組。もちろん全員が格上だ。シャウフェレとの初戦は敗れ、その時点で「決勝に進むのは無理かも」という思いがよぎるも、ツアー屈指の飛ばし屋フィナウに快勝。さらにハーバートにも勝ち、2勝1敗で決勝リーグ進出をかけハーバートとのプレーオフへ。

するとそこで“金谷らしさ”が炸裂する。ティーショットがバンカーにつかまりパーオンが難しい状況から3打目をピンそばにピタリと寄せるスーパーショット。2オンしていた相手がバーディチャンスから3パットし金谷に軍配、ベスト16進出を決めた。

決勝初戦ではカナダのC・コナーズに敗れたが、予選リーグを勝ち上がったことで成績は9位タイ。これまでPGAツアーで予選を通ったことがなかった彼にとって、初のトップ10入りだ。

「コーリー選手がいいプレーをして、自分がそれをできなかった」と冷静に結果を受け止めた金谷は、アマチュア時代から海外志向が強く、「チャンスがあればすぐにでも」と出場の機会をうかがってきた。だがこれまでは結果を出せず忸怩たる思いも。しかし今回WGCの舞台で強豪と互角に渡り合ったことは大きな自信につながった。フェアウェイキープ率は全体の2位。グリーン周りのアプローチがスコアに与える影響を示す数値では出場者中トップ。

派手さはないが、地味な男がモンスター揃いのPGAツアーで大男を倒す図は、痛快そのものだ。

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より

こちらもチェック!

  • 今年のマスターズに出場する日本人選手は3人。ディフェンディングチャンピオンの松山英樹や世界アマチュアランク1位の中島啓太に注目が集まっているが、忘れてはいけないのがこの男。マスターズに向けてアメリカで武者修行中の金谷拓実を現地記者がレポート。 PHOTO/KJR WGCデルマッチプレーの練習場。並みいる強豪の中でもコツコツと自分の課題に取り組んで練習する姿は。「周囲のことより自分のプレーに集中する」(金谷)を貫き通した一週間だった 強豪にもまれ勝負強さが戻ってきた 今年に入って、ハワイ、UAE、サウジアラビアと試合を重ね、その後渡米し、もう一カ月近くアメリカに滞在して、試合に出つつ、状態を上げてきた金谷拓実。日本人選手でいま一番試合をしているんじゃないでしょうか。WGCデルマッチプレー選手権では、世界ランク上位のT・フィナウを逆転で破るなど2連勝して、決勝ラウンドへとコマを進めました。PGAツアーでなかなか結果を残すことができていませんでしたが、持ち前の勝負強さも出てきて、徐々に“金谷らしさ”をアメリカでも出せるようになってきましたね。 マッチプレーの2戦目には世界ランク上位のフィナウと対戦。終始リードを奪われていたが、15番から怒涛の追い上げで見事勝利。その翌日も勝利し、プレーオフの末、決勝ラウンドへコマを進めた フロリダ滞在中には、松山英樹に教えてもらい、いろいろ吸収してきた様子。「松山さんは怪我をされていたので、(キャディの)早藤さんとラウンドしたんですが、松山さんが18ホールずっとキャディしてくれて、カートを運転して、ボールも拭いてもらいました(笑)。ゴルフも教えてもらいました」松山に「ボール位置だったり重心の位置だったり気づかないうちにズレるから、ちゃんとチェックしたほうがいい」という指摘を受けて、早速PGAストア(ゴルフショップ)に行ってスタンス&ボール位置チェックシートを購入。 (左)「風が強かったときなどに、自分が気づかないうちにボール位置や、重心の位置、構えなどが徐々にズレるから、一回一回終わったら確認している」と松山が言うのを聞いて、すぐにゴルフショップへ走った/(右)ボードには表面に、スタンスの位置、ボールの位置などが細かく描かれている。いつも同じ位置で構えるためのガイドになる。ちなみに裏は、ヘッド軌道が描かれている 今週は、サンアントニオに移動してバレロテキサスオープンに出場する予定で、そこではナショナルチームのコーチ、ガレス・ジョーンズ氏と合流するとのこと。まさに準備万端といったところです。金谷にとって、2度目のマスターズ、その成長した姿をみせて、オーガスタで大暴れしてほしいですね。 練習中に新しいルーティンを取り入れた 練習場で時折見せていたルーティンは、剣道のようにクラブを一度担ぎ上げてから、中段まで下ろし、そこからボールにセット。これもアライメントの調整か シャフトを使い慣れた「ジ・アッタス」に戻した ドライバーのシャフトを「アッタスキング」から使い慣れた「ジ・アッタス」へ。慣れている分、コントロールしやすく、より安定感を求めた。ヘッドは変わらずピン「G410プラス」 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!
  • 4月のマスターズトーナメントに向けて日々「準備」を重ねるスーパーアマ、中島啓太。そのトレーニング現場をちょっぴり拝見。そこには世界アマチュアランキング1位の「自覚」とともに集中力マックスで練習する21歳の姿があった。 PHOTO/Hiroaki Arihara 春の気配が漂ってきた3月某日、杏文パフォーマンスセンターで。胸板が厚くなった姿に「筋肉の撮影」をお願いすると「恥ずかしいです」とはにかむのもまた、中島だ 静かなスタジオに今日も器具の音とトレーナーの掛け声と中島の荒い吐息だけが響く。「技術だけではなく、本当に心技体100%で臨まないと全部跳ね返されそうな感覚です」と話していた中島は、ゴルフの祭典を2週間後に控えて、確かにひと回り大きくなった。「とにかくたくさん食べてたくさんトレーニングをして体を大きくしてきました。最後まで体が切れるイメージを持って、力を出し切るためにトレーニングは頑張れています。順調です。体重も筋肉量も増えていて、このまま継続して試合を迎えられたらいいと思います」体重は75~76キロの間を行き来している。筋肉量も除脂肪体重が64キロくらいでいい感じ。脂肪を増やさないように体重を増やして筋量を増やしていく。その数値を共にチェックするのはトレーナーの栖原弘和氏だ。「彼は痩せやすい。体質もありますが、試合に行くとすぐに体重が落ちる。そこはしっかり気をつけています。胸筋、いいと思いますよ。バランスよく鍛えているので、ハーフパンツの上からはわかりにくいですが、お尻なんかもいい感じです。触ってみてください(笑)」 「メニューも自分のチームも信じて取り組んでいます」 ナショナルチームのヘッドトレーナーでもある栖原氏が考えたメニューで汗を流す中島。これは、コーチのガレス・ジョーンズ氏とも綿密に話し合いながら決めたものだ。この時期のスウィング改造というとリスクがありそうだが、そんなことはない。ミスやケガにつながっていた部分の使い方を細かく修正し、より安定感を求めていく。球筋からスウィングをつくるという中島。手首も積極的に使っていた。「彼は、腰痛、首痛が頻繁に出ていたので、スウィング中の動きが腰や首に負担をかけているということを話し合って、その修正を促進するようなエクササイズをしていきます。ゴルフに特化したプログラムと、腰や首周辺を鍛えるなど体自体を強くしたり柔らかくするジェネラルなプログラム、2つを組み合わせる。また、基本的にクラブがオンプレーン上を動くようにするために、体の動き、下半身や体幹、腕の動きをシンプルにしていく感じなので、手首の動きの修正もそのうちの1つです。マスターズはもちろん、大事な今年、その後にもつながっていきます」トレーニングすればゴルフが上手くなるのではなく、自分のゴルフの何を改善したくてトレーニングするかが大事だと栖原氏。「それぞれのプログラムの意味を、すべての選手に説明しながら行います」 ブルガリアンスクワットバーベルを担いで、片足ごとに下半身の曲げ伸ばしをする。「足の曲げ伸ばしの力を強くして、下半身の力を骨盤の回旋、体幹の回旋につなげていき、クラブスピードを上げていきます」(栖原) 真上と横にジャンプ! スウィングにつながる速い動きをトレーニング。真上と横で力を出す方向を変える。「バックスウィングは、骨盤を横に動かす力があって初めて回転しやすくなるので横にジャンプ、またその後の回転には上方向に力を発揮する必要があるので真上にジャンプ。両方行うんです」(栖原) 中島は、この説明にしっかり耳を傾けるという。学ぶことに貪欲だ。「中島選手は謎の落ち着き感があります(笑)。いい意味で大人です。それに、栄養士さんが『ラーメンには脂質がすごく含まれているのでよくない』と話すと、まったく食べなくしたり、生真面目というか、納得するとずっと貫くところがある。アスリートとしては大事な部分。性格は見た目のクールな感じのままですが、元気ですよ。でもヘラヘラしているよりシュッとしていてアスリートっぽいでしょう」栖原氏も夢の舞台に同行する。「初めて行くので楽しみです。でも、あちらでも、いつもとやっていることは変わらないと思います」先日、中島のもとにアマチュアディナーの招待状も届いた。「本当にワクワクしています。自分が今持っているすべてをかけられればいいかなと思います」(中島)日頃から、世界アマランク1位の「自覚」を持っていたいと言う中島に魔女もきっと微笑むはず。2週間後、オーガスタナショナルGCの1番ティーに立つため、視界は良好だ。 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!
  • トッププロのスウィングをじっくり観察・分析して、最新スウィングを徹底研究! 今回はPGAツアー選手から8人をピックアップ。見るだけでもいいイメージが湧くので、好きな選手のスウィングを目に焼き付けてからラウンドに臨もう! PHOTO/Blue Sky Photos ジョン・ラーム 松山英樹 ジョーダン・スピース ジェイソン・デイ ブルックス・ケプカ ザンダー・シャウフェレ ブライソン・デシャンボー タイガー・ウッズ こちらもチェック!チャーリー・ウッズのスウィング
  • 昨シーズン、最終戦で3位に入り、マスターズ出場を決めた金谷拓実。スウィング改造に取り組んでいるという金谷が意識しているポイントとは? PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/太平洋クラブ銀座 かなや・たくみ。1998年生まれ、広島県出身。2020年にプロ転向し、国内ツアーですでに2勝。20-21シーズン賞金ランク2位 https://my-golfdigest.jp/tournament/p55110/ こちらもチェック! インパクトを長くしようと無理にひざを流していた 昨年は欧州や米国で海外挑戦をするも、なかなか思うような結果が出せなかった金谷拓実。最終戦でマスターズの切符をつかんで意地を見せたが、その試合のあと金谷は一本の電話をもらっていた。電話の相手は大学の先輩、松山英樹だった。「テレビ中継を見てくれていたみたいで、『終盤のほうとかドライバー以外は当てるだけになっていたね』と言われ、ドキッとしました。忙しい方なのに、よく見ているなぁと(笑)。本当、その指摘は図星で、自分でも何とか当てようとして左ひざも流れていたんですよね。実際、昨年はもう11月ぐらいから真っすぐ飛ばないからって、左ひざを送るようにしていたんです。左ひざを流してインパクトを長くしようとしていましたが、それだとなかなか安定しないですよね。本当はひざを流さずにインパクトを長くしたい。でもそれが終盤できなかったのは、スウィングの崩れというよりは、体力面での要因が大きかったんです」(金谷) ひざが流れなければヘッドが自然に走る この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 松山に指摘を受けたように、調子が悪くなったり、体力が落ちてくると、金谷の左ひざは暴れ出す。「いかに左ひざを流さず飛距離を伸ばすか」が海外挑戦へ向けた喫緊の課題でもあった。「やっぱりひざが流れないほうがヘッドが走りやすくなりますからね。ひざが流れるとクラブと体が平行に動いて、スピードはロスしてしまいます。回転のなかで自然とヘッドが走る状態になれば、初速がアップして飛距離につながってくると思うんです」と語る。実際に金谷は、昨年からトレーナーさんと二人三脚でスウィングの改善に取り組んできたという。「ひざを流さない意識といっても、そこだけで改善できるものではない。今はバックスウィングで右股関節をしっかりと入れてタメを作るように仕向けています。結果的に、切り返し以降で左のお尻なども使えてひざが流れなくなるようにという狙いです。実際に右股関節が入っていないなというときは、間がないまま切り返しがスタートするので、そうなるとひざを流してインパクトを合わせるしかないですからね。今は、バックスウィングでいかに股関節を入れるかを意識しながら、スウィングしていますよ」 流れる左ひざに対して一番大事なのが、バックスウィングで「右の股関節」を入れること。そこがしっかり入ることで、スウィングに間が生まれ、その後のタメにつながり、安定したインパクトを迎えられる(写真は2022年ソニーオープン) 具体的なトレーニング方法は、「企業秘密です!(笑)」とのことだが、体の動かし方、股関節の入れ方は、本人が詳しく解説してくれた。 スウィングイメージは股関節を入れながら正拳突き 「前傾した状態で、空手の“正拳突き”のイメージですね。肩をタテに動かすように、バックスウィングで右肩を引いて、フォローで左肩を引く。右を引いているときに、合わせて股関節を入れる。その際に右サイドに体重を乗せようとか、無理に股関節を入れようとか特に考えないほうがよくて、前傾しながら右サイドを引いて、自然に右股関節が入った状態を作ります。股関節はあくまで体を上手く使うようにするきっかけなんです。切り返し以降は、右肩を下に、左肩を上に引く動きをして、バックスウィングの逆をやるだけ。上手く入れ替えができているときは、左の臀筋が使えて、結果的に左ひざも流れず、ヘッドも走ってくれるんですよ」金谷が目指すのは「初速175マイル」(メートルに換算すると約78㎧。21年シーズンはマックスで170.6マイル)。あと5マイル伸ばすことができれば、「キャリー300ヤード」も見えてくる。金谷拓実の挑戦、期待を込めて見守っていこう。 右サイドに体重を乗せようとする意識はなく、どちらかというと前傾したまま「右サイドを引く」イメージ。右股関節が切れ上がり、いわゆる“ズボンにしわ”ができた状態。右サイドでためたものを一気に左サイドで解放する。その際に今度は前傾しながら左肩を引くような動きをすることで、結果的に左の下半身が使えて、そのパワーがヘッドスピードに還元される 右股関節が使えているときは、左のお尻も使えるようになる。「お尻を使おうと思って意識的に動かすのではなく、自然とお尻が使えている状態がベスト」(左)/右の股関節が入っていないと、トップも浅くなり、クラブも外から下りやすい。左ひざを流して無理やりインパクトゾーンを長くするが、「当てるだけ」に(右) 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月22日号より こちらもチェック!