Myゴルフダイジェスト

【ゴルフ初物語】Vol.82 男子ツアー国内開幕戦“東建”は1993年に鹿児島でスタートした

男子ツアーの国内開幕戦・東建ホームメイトカップが三重の東建多度CC・名古屋で開幕。今年で29回目を迎えたが、当初は鹿児島の祁答院(けどういん)GCで行われ、大会名も「東建コーポレーションカップ」だった。

PHOTO/Tadashi Anezaki

第1回大会を制したのは飯合

1974年に土地活用の専門会社として愛知県で創業した東建コーポレーション。89年に地元の中部圏以外で初となる事業拠点を札幌に開設。翌90年には首都圏で事業展開を開始するも、知名度の低さに苦戦。そんな折に舞い込んできたのが男子ツアー開幕戦のスポンサードの話。社名を全国にPRできるまたとないチャンスと考え、1993年3月、「第1回東建コーポレーションカップ」が、鹿児島県・祁答院ゴルフ倶楽部で開催された。

当時最年少シード選手だった宮瀬博文が大会2日目にコースレコードの「62」をマークして試合を引っ張るが、スコアを伸ばせず11位タイ。記念すべき第1回大会を制したのは飯合肇。持ち前のビッグドライブを封印し、ドライバーでのコントロールショットを多用したことが、最終日に吹き出した強風に対して功を奏し、逆転で89年のよみうりサッポロビール以来となる4年ぶり6勝目を飾った。

開幕戦で幸先よく勝利を手にした飯合は、「目標は年間3勝」とコメント。すると2戦目のインペリアル3位、3戦目の静岡オープンで2位と、3試合で早くも前年を上回る賞金を稼ぎ出す。そして4月のダンロップオープン、10月のラークカップと、有言実行の3勝を挙げ、師である尾崎将司を約400万円差で退け、初の賞金王を戴冠した。わずか2年前には、あわやシード落ちかという崖っぷちからの鮮やかな復活だった。98年にもこの大会で勝利し、コースとの相性のよさを見せつけた。

シニア入りした04〜06年までは米シニアツアーに参戦。日本のシニアツアーに本格参戦した08年にはいきなり賞金ランクトップとなり、史上初のレギュラーとシニアの両ツアーで賞金王に輝いている。

第1回~8回、10回の東建コーポレーションカップが行われた鹿児島・祁答院GC。飯合肇は98年の第6回大会でも優勝している

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より

こちらもチェック!

  • 今年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)選手会会長を務める谷原秀人。昨年は5年ぶりの勝利を挙げツアー通算16勝としたトッププロでもある。不屈の43歳に、戦い続ける自分のゴルフについて、名実ともに引っ張ることになったツアーについてじっくり聞いた。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki 谷原秀人たにはらひでと。1978年広島生まれ。瀬戸内高、東北福祉大を卒業後、01年プロ入り。05年米ツアーに、17〜19年は欧州ツアーに参戦。20-21シーズンから日本を主戦場にしている。日本ツアー通算16勝 自分がこうなりたいという動きにどれだけ近づけるか 谷原秀人が振り返る20-21シーズンは、「まあまあでした。2勝できたので最終的にはよかったと思います。それまでずっとスウィング改造に取り組みながら、10月の『ISPS HANDA』くらいからそのスウィングがようやく固まってきた感じでした。そこからはあまり不安はなかったですね」。確かにISPS以降、5位タイ、7位タイ、優勝(三井住友VISA太平洋マスターズ)、20位タイ、欠場、優勝(日本シリーズJTカップ)の好成績だ。谷原は、常にスウィング改造に取り組み続けてきた。19年からは吉田直樹コーチのもと、考え方も含めて変えてきたという。グリップからアドレスの位置までいじったそうだ。「グリップは基本フックに。そのほうがつかまるので。当たらない、当たりが悪いというのは常にありましたが、力の伝え方を自分でもしっかり理解しながら、こういう動かし方なのかと自分で思考錯誤し上手くつないでいく感じです。取り組み方も何パターンかあるので、時間とともに変えていく。今やっているのはこれだけど、できたら次はこれだよねと、本当に少しずつ動かしていく。距離は落とさないよう、常に動画を見ながらクラブの動きを確認して。自分がこうなりたいという動きにどれだけ近づけるかです。どれだけいいスウィングをしても、気持ち悪く振っていると全然ダメですからね。たとえば皆さんも、素振りでは綺麗に振れるはず。ボールも見てないし、どこに飛ばそうとかも考えてないからいい動きができる。でも、実際にボールを見るとなかなか……それでも、素振りで気持ちいい部分は自分に合った動きだと思うので重要だと思います」不惑を超えてのスウィング改造、大事な感覚は失われないのか。「感覚が消える部分もありますよ。それに、こう動かして打ったらこういう球が出るという感覚も、自分のなかではありますけど、それと真逆の球が出ることもある。でも、その感覚を頭に入れながら、ここまでやるとこういう球か、というように感覚とスウィングの感じを照らし合わせていくんです」 流行りは追わない目指すのは“再現性の高さ” フェースローテーションを抑えたり、シャローイングの動きを取り入れたり、いわゆる流行りのスウィングは意識しているのか。「しょせん流行りです。意図的にクラブを寝かせるように頑張ってもその人の感覚に合う合わないがある。基本的に日本人は、前腕のほうが長く、肩からひじにかけてが短い人が多い。すると右ひじを前に入れてシャローにする動きはしづらい。欧米人は逆に肩からひじの長さがあるのでやりやすい動きです。そういう根本的な仕組みも知っておかないと。皆がタイガーやローリーにはなれません(笑)。背の高さも体も違う。僕だって手本にするところはありますけど……結局、目指すのは再現性の高さです」 自分に合わないスウィングをしても気持ち悪いだけだと谷原。「クラブの動かし方や、自分のクセ、そのへんを直すのは難しいんです。でも、徐々に上手く打てるようになった感じです」。感覚と照らしながら少しずつ変えていくのだ 今もスウィング改造し続ける理由は年齢的なことか、飛ばしたいかとか聞くと、「年齢ではない。本当に、ただ、上手くなりたいという気持ちだけです。飛距離は大きく改善されたと自分でも思ってない。でも、僕らプロでも毎回調子がいいわけではないですが、調子をなるべく維持できるような、毎回感覚がズレすぎないスウィングに、前よりはなってきています」。この変化を恐れない強い気持ちこそが、谷原が進化できる秘密だ。「まあ結構やりきるタイプなので。一度始めたら元には戻れませんからね。昨年は上手くいって結果が出ただけで、それがなかったら『別に』という感じですよ。成功したかどうかを決めるのは自分じゃない、他人が評価すること。でも、その評価がないと、やっていくのも難しくなるんですけど」谷原のプロとしての矜持だ。 >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より
  • 日本で最初のプロトーナメントは1926年7月に行われた「全日本プロフェッショナルトーナメント」(現在の日本プロ)でプロ6名が参加。その4カ月後にアマも参加する“オープン競技”が初めて行われた。 昨年有馬ロイヤルGCで行われた第86回関西オープンは星野陸也が制した プロの地位がようやく確立 1926年7月に全日本プロフェッショナルトーナメントが行われて間もなく、関西ゴルフユニオン(関西ゴルフ連盟)が創設された。茨木、舞子、鳴尾、六甲、甲南に、開場したばかりの宝塚を加えた6倶楽部が連盟を組織し、年中行事として関西オープン、関西アマ、そしてアマチュアの関東関西対抗競技を行うことを決議。そして11月に第1回の関西オープンが茨木CCで行われた。日本初の「オープン」と名の付く競技であり、同年の日本アマチャンピオンである赤星四郎をはじめ、川崎肇、大谷光明ら当時のトップアマ25名とプロ7名が参加して行われた。結果は福井覚治が優勝。中上数一、越道政吉が続き、プロがトップ3を独占。4位タイに宮本留吉とアマの伊地知虎彦が入った。期待された赤星四郎、川崎肇、大谷光明、白石多士良、中上川勇五郎らアマチュア勢は1ラウンド目で首位に20打差以上つけられ失格となっていた。この頃までの日本ゴルフ界はアマチュアのほうが上手く、外国のゴルフ事情や理論にも精通し、アマがプロを指導していた。だがこの大会でプロのほうが上だと証明される。「彼らはゴルフが本業なんだから……」というアマの言い訳が、このときから始まったともいわれているが、この関西オープンによってプロの地位が確立された。翌年、日本ゴルフ協会もいよいよジャパンオープンをスタート。当時、「日本一」と称された程ヶ谷CCで5月に第1回日本オープンが開催された。一旦はツアー外競技となった関西オープンだが、第74回大会の石川遼の優勝をひとつのきっかけに、翌2009年ツアー競技として復活。今年は4月14日に兵庫のよみうりCCで開幕する。 茨木CCで行われた第1回の関西オープンを制した福井覚治(写真右)と宮本留吉(写真左) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー こちらもチェック!
  • 男子ツアーの国内開幕戦といえば「東建ホームメイトカップ」だが、かつては男子開幕戦といえば「静岡オープン」だった。 開幕戦となった79年は悪天候で54ホールの短縮競技に。矢部昭が大会を制した 強い海風が吹く春の風物詩 1972年に後援競技として静岡CC島田GCでスタートした静岡オープン。73年に男子ツアー制度が施行されると、翌74年の第3回大会からは会場を静岡CC浜岡Cに移し、公認競技として新たにスタートした。そして79年の第8回からは3月開催になり男子ツアーの開幕戦となった。だが、春先の浜岡コースは西からの強い海風が名物。記念すべき大会も初日から強い風が吹き、2日目には最大瞬間風速26メートルを記録。雨量も100ミリを超え午後1時10分に試合中止となり54ホールの短縮競技に。3日目(事実上の2日目)も、雨こそ上がったものの風速17メートルの突風が吹き、多くの選手がスコアを崩し、出場選手の半数以上が80台を叩く悪コンディション。そんななか身長172センチ、体重50キロと超軽量の矢部昭が「75」で3位に浮上。最終日は矢部と野口茂の一騎打ちに。優勝争いは最後までもつれたが17番で6メートルを沈めバーディとした矢部が1歩抜け出し優勝。矢部は前年のくずは国際トーナメントに続く2年連続開幕戦勝利だった。90年には開幕戦の座こそ第一不動産カップに譲ったが、大会はダイドードリンコ静岡オープンとして2002年まで続けられ、歴代優勝者には青木功、中嶋常幸、尾崎直道、田中秀道らが名を連ねている。浜岡コースは19年から1年半かけて「オープンドクター」の異名をとるリース・ジョーンズが36ホールを全面改修。美しい景観と新たな戦略性が加えられた。女子ステップ・アップ・ツアーのユピテル・静岡新聞SBSレディースが16年から開催されているが、静岡オープンと同じ小笠1〜4番、10〜13番、18番と、高松10〜18番を組み合わせた“チャンピオンコース”で行われている。 1972年12月に開催された第1回静岡オープンを制したのは当時29歳の安田春雄。前年にはシンガポールオープンを制していた 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー こちらもチェック!