Myゴルフダイジェスト

【ゴルフ初物語】Vol.73 男子開幕戦といえば、かつては強い海風が名物の「静岡オープン」だった

男子ツアーの国内開幕戦といえば「東建ホームメイトカップ」だが、かつては男子開幕戦といえば「静岡オープンだった。

開幕戦となった79年は悪天候で54ホールの短縮競技に。矢部昭が大会を制した

強い海風が吹く春の風物詩

1972年に後援競技として静岡CC島田GCでスタートした静岡オープン。73年に男子ツアー制度が施行されると、翌74年の第3回大会からは会場を静岡CC浜岡Cに移し、公認競技として新たにスタートした。そして79年の第8回からは3月開催になり男子ツアーの開幕戦となった。

だが、春先の浜岡コースは西からの強い海風が名物。記念すべき大会も初日から強い風が吹き、2日目には最大瞬間風速26メートルを記録。雨量も100ミリを超え午後1時10分に試合中止となり54ホールの短縮競技に。3日目(事実上の2日目)も、雨こそ上がったものの風速17メートルの突風が吹き、多くの選手がスコアを崩し、出場選手の半数以上が80台を叩く悪コンディション。そんななか身長172センチ、体重50キロと超軽量の矢部昭が「75」で3位に浮上。最終日は矢部と野口茂の一騎打ちに。優勝争いは最後までもつれたが17番で6メートルを沈めバーディとした矢部が1歩抜け出し優勝。矢部は前年のくずは国際トーナメントに続く2年連続開幕戦勝利だった。

90年には開幕戦の座こそ第一不動産カップに譲ったが、大会はダイドードリンコ静岡オープンとして2002年まで続けられ、歴代優勝者には青木功、中嶋常幸、尾崎直道、田中秀道らが名を連ねている。

浜岡コースは19年から1年半かけて「オープンドクター」の異名をとるリース・ジョーンズが36ホールを全面改修。美しい景観と新たな戦略性が加えられた。女子ステップ・アップ・ツアーのユピテル・静岡新聞SBSレディースが16年から開催されているが、静岡オープンと同じ小笠1〜4番、10〜13番、18番と、高松10〜18番を組み合わせた“チャンピオンコース”で行われている。

1972年12月に開催された第1回静岡オープンを制したのは当時29歳の安田春雄。前年にはシンガポールオープンを制していた

週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より

こちらもチェック!

  • いよいよ来週、2022年日本ツアーの開幕戦、SMBCシンガポールオープンが開幕する。昨年は中止となったため、マット・クーチャーが勝った20年大会以来、2年ぶりの開催となる。 シンガポールの観光名所・セントーサ島のほぼ3分の1の面積を占めるセントーサGC。シンガポールオープンが開催されるセラポンコースはシンガポール港に面し、大型コンテナ船が行き交う工場地帯を見渡せる 1961年に創設されたシンガポールオープン。2002年から3年間のブランクをはさみ05年に再開し、11年にはアジア最高の賞金総額600万ドルの大会になったが、13年にスポンサーの撤退に伴い再び中止。16年に三井住友フィナンシャルグループがスポンサーとなり、日本ツアーとアジアンツアーの共同主管競技、SMBCシンガポールオープンとして復活し、国内男子ツアーの開幕戦となっている。2年ぶりの開催となる22年大会は来週1月20日からセントーサGCで開かれる。全英オープンの予選会でもあり、有資格者を除く上位4人に全英出場権が付与される。20年の前回大会では日本人最高位の6位となった木下稜介が全英切符を手に入れた。 かつて日本人専用のコースが存在した 戦前のシンガポールには大小合わせて約10コースが点在していた。その筆頭は豪壮なクラブハウスを持つ36ホールのロイヤルシンガポールGCだったが、英国人の独占的な面が強く、日本人はたまに招待される程度だったという。そこでシンガポール在住日本人は独自の専用ゴルフ場を造ってしまった。それが、タングリンにあった「新嘉坡日本人ゴルフ倶楽部」。記事によれば1920年代にわずかばかりの空地に造られた練習場から始まり、「その後幾多の障壁と困難を克服して」9ホールのコースに。35年には横須賀を出発した海軍練習艦隊「浅間」「八雲」が台湾、香港、フィリピンを経てシンガポールに寄港した際、乗船していた久邇宮朝融王(香淳皇后の兄)が来場し、銀杯を賜ったという。38年には3ホールを増設し12ホールのコースとなり、400ヤードのドライビングレンジも完成。会員は130余名で将来的には18ホールを予定し、日夜コース改善に努力していたというが、太平洋戦争の勃発により姿を消した かつてシンガポールに存在した「新嘉坡日本人ゴルフ倶楽部」(『日本ゴルフドム』昭和15年11月号より) 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー
  • かつてチョイス誌の編集長も務めたゴルフコースのスペシャリストが日本全国の名物ホールをレポート。今回紹介するのは、静岡CC島田Cの8番ホール。 【名物ホールFile 10】 静岡CC島田C  8番ホール342Y PAR4 ティーショットですべてが決まる!短いが戦略性の高いホール 1965年に開場したコースの設計は、霞ヶ関CCを手掛けた藤田欽哉によるものだが、2021年に名匠リース・ジョーンズによって大規模改造が行われ10月に完成した。大きく育った樹木は風通しと日差しを考慮してほどよく伐採され、コース全体に開放感が漂うのと同時に優れた景観を得ることができた。大きな特徴としては、バンカーの位置と形状が見直され“リースバンカー”と呼ばれる独自のバンカーに変更されたことだ。8番ホールは右ドッグレッグで距離は342ヤード。フェアウェイ左側にある大きなバンカーが視認でき、「ここに打ち込んではいけない」と教えてくれる。自ずと狙いはバンカーの右側エリアに絞られる。200ヤード打てれば残りは7〜8番アイアンで打てる距離になるが、打ち上げ、そして風の強さと向きを加味してピンを狙うことになる。プレーした際にはバンカーの右側に上手く打てたが、2打目の距離を甘く見てしまい、ボールは手前にショート。そこからは寄らず入らずと、短いが手強い8番ホールにしてやられた。改造を施したバンカーによって日本庭園的なコースの美しさがさらに引き立てられた。点在する姿の良い赤松もアクセントになって、全体がより印象的なコースに仕上げられている。改造前にもプレーしているが、同じコースとは思えないほど進化している。リース・ジョーンズは「オープンドクター」と称されるだけに、その出来栄えには素晴らしいものがあった。 人気メニューはまぐろ鉄火丼 マグロ水揚げ日本一の焼津が近いので天然南鮪のまぐろ鉄火丼(2420円)を選択。まぐろは肉厚で濃厚な旨みがある 静岡カントリー島田コース 静岡県島田市舟木350018H・6271Y・P72 コース設計/藤田欽哉 改造/リース・ジョーンズ 文/吉川丈雄 特別編集委員。1970年代からアジア、欧州、北米などのコースを取材。チョイス誌編集長も務めたコースのスペシャリスト。現在、チョイス誌ベスト100選考委員、日本ゴルフコース設計者協会名誉協力会員としても活動 月刊ゴルフダイジェスト2022年2月号より
  • 2020-21シーズンの国内男子ツアーが終了し、米国のチャン・キムが1億3000万円近くを稼ぎ賞金王に輝いたが、1億円の大台を初めて超えたのは36年前の中嶋常幸だった。 1985年に中嶋常幸が達成 春先のダンロップ国際オープンで最終日に首位でスタートしながらも陳志忠に5打差を大逆転され、翌週の中日クラウンズでも最終日に崩れ海老原清治に逆転負けを喫し、不安なシーズン序盤戦を戦っていた1985年の中嶋常幸。翌週のフジサンケイクラシックでも初日2位と好発進しながらもスコアを伸ばせず3位。あと一歩のところで優勝に手が届かなかった。しかし6月のよみうりサッポロビールで優勝すると、2週後の関東プロでも勝利。後半戦に入ると全日空オープン、日本オープン制し、ビッグマネーの太平洋クラブマスターズとダンロップフェニックスで2週連続優勝。カシオワールド終了時で年間獲得賞金額が初めて1億円を突破し、3度目の賞金王に輝いた。それまでの国内賞金獲得記録は中嶋自身が2年前に作った83年の8551万4183円。前年に青木功の5年連続戴冠を阻止して初の賞金王に輝いた中嶋は、3月に行われたシーズン初戦、静岡オープンで勝利し幸先のいいスタートを切ると、5月は日本プロゴルフマッチプレーを含む2勝、7月に日本プロ、8月には日本プロ東西対抗と5勝を挙げ賞金王レースを独走。9月以降も3勝を積み重ね、年間8勝で2回目の賞金王を連覇で飾った。この年、マスターズでは16位、全米オープンでは26位に入っており、海外獲得賞金を合わせると1983年にすでに1億円は突破していた。青木功も同年2月のハワイアンオープンに勝ち、米ツアー初制覇を皮切りに、念願の日本オープン、そして欧州オープンを制し、最後の日本シリーズで有終の美を飾り、国内外合わせると獲得賞金1億円を突破していた。テレビCMなどを含めると、ふたりの稼ぎは3億円を超えていたといわれている。 83年2月にハワイアンオープンで優勝し、優勝賞金5万8500ドルを手にした青木功。海外での獲得賞金を合わせると、青木と中嶋常幸のふたりが1983年に1億円プレーヤーとなっていた 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より 「もう死んでやろうと、薬局へ行って…」中嶋常幸が明かした壮絶な過去 「ゴルフ初物語」バックナンバー