Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • 【ゴルフ初物語】Vol.80 昔はアマがプロより格上だった!? 1926年初開催の“オープン”競技でプロの地位が確立

【ゴルフ初物語】Vol.80 昔はアマがプロより格上だった!? 1926年初開催の“オープン”競技でプロの地位が確立

日本で最初のプロトーナメントは1926年7月に行われた「全日本プロフェッショナルトーナメント」(現在の日本プロ)でプロ6名が参加。その4カ月後にアマも参加する“オープン競技”が初めて行われた。

昨年有馬ロイヤルGCで行われた第86回関西オープンは星野陸也が制した

プロの地位がようやく確立

1926年7月に全日本プロフェッショナルトーナメントが行われて間もなく、関西ゴルフユニオン(関西ゴルフ連盟)が創設された。茨木、舞子、鳴尾、六甲、甲南に、開場したばかりの宝塚を加えた6倶楽部が連盟を組織し、年中行事として関西オープン、関西アマ、そしてアマチュアの関東関西対抗競技を行うことを決議。そして11月に第1回の関西オープンが茨木CCで行われた。日本初の「オープン」と名の付く競技であり、同年の日本アマチャンピオンである赤星四郎をはじめ、川崎肇、大谷光明ら当時のトップアマ25名とプロ7名が参加して行われた。

結果は福井覚治が優勝。中上数一、越道政吉が続き、プロがトップ3を独占。4位タイに宮本留吉とアマの伊地知虎彦が入った。期待された赤星四郎、川崎肇、大谷光明、白石多士良、中上川勇五郎らアマチュア勢は1ラウンド目で首位に20打差以上つけられ失格となっていた。

この頃までの日本ゴルフ界はアマチュアのほうが上手く、外国のゴルフ事情や理論にも精通し、アマがプロを指導していた。だがこの大会でプロのほうが上だと証明される。「彼らはゴルフが本業なんだから……」というアマの言い訳が、このときから始まったともいわれているが、この関西オープンによってプロの地位が確立された。翌年、日本ゴルフ協会もいよいよジャパンオープンをスタート。当時、「日本一」と称された程ヶ谷CCで5月に第1回日本オープンが開催された。

一旦はツアー外競技となった関西オープンだが、第74回大会の石川遼の優勝をひとつのきっかけに、翌2009年ツアー競技として復活。今年は4月14日に兵庫のよみうりCCで開幕する。

茨木CCで行われた第1回の関西オープンを制した福井覚治(写真右)と宮本留吉(写真左)

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

こちらもチェック!

  • 先日、兵庫県のよみうりCCで開催された「関西オープンゴルフ選手権 アマチュア予選競技」で、13歳の香川友(とも)さんがトップ通過し、自身3度目となるレギュラーツアーへの挑戦権を獲得した。 千葉県の野田第一中学校へ通う友さんがゴルフを始めたのは、なんと1歳のとき。数々のジュニア大会で好成績を収め、20年にはプロも参戦するミニツアーのアマチュアの部で優勝を飾っている。ちなみにこのときの優勝スコアはプロの部の優勝スコアと同じ「67」だった。ドライバーの平均飛距離260ヤードと中学1年生らしからぬ“飛ばし”が注目されるところだが、ゴルフ練習場を営む父・正宏さんに話を聞いたところ、友さんの強みはアプローチ・パターにあるという。「練習場の打席に“友専用打席”を作り、そこで練習法はもちろん、クラブに関してもいろいろと試しています。特にウェッジにこだわりが強く、ロフトを変えてみたり、自分でソールを削りながらボールの乗り具合やスピンのかかり方など探っています。パターに関しても、いろいろなモデルから自分に合うものを探す作業が好きなようです」父親から見て友さんの性格は、ずばり「負けず嫌い」。父親から課せられた課題、たとえば3、4ヤード先に設置したボールとほぼ同じ大きさのリングにアプローチで通すドリルを絶対に成功させるまで帰らないといい、そのほかの練習課題も必ずクリアするまで続けるそう。それができるのは強い向上心があるからだろう。また、友さんはとにかく人に話を聞くことが好きなようで、練習に来たお客さんからも話を聞くという。常にインプットすることが習慣になっており、そのなかから自分に合ったものを精査している。末恐ろしいとはまさにこのこと。とんでもない中1が現れたものだ。 関西オープン本選は4月14日開幕。予選通過なるか!? 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より こちらもチェック!
  • ゴルフには、さまざまなルールやマナーがあり初心者にはわからないことだらけ。用具も独特で、球を打てるようになるにはひと苦労。そこで日本のゴルフ草創期にも、すでにゴルファー向けのレッスン書が登場していた。 https://my-golfdigest.jp/column/p59956/ 前回のお話はこちら 当時のゴルフ事情がわかる貴重な資料 父・直治は東京帝国大学教授から九州鉄道や関西鉄道の社長などを経て衆議院議員を務め、母・菊は吉田茂の姉という名家に1887年に生まれた白石多士良(たしろう)。後年、小松製作所の初代社長に就任し、関東大震災の復興工事に当時欧米で最先端の基礎構築技術とされた「ニューマチックケーソン工法」を導入したことでも知られている。東京帝大土木工学科を卒業後、米国留学中に赤星四郎、六郎兄弟の薫陶を受けゴルフに目覚め、関東ゴルフ連盟発行の昭和11年(1936年)「関東八倶楽部ハンディキャップリスト」では相模HC10、東京HC12と載っており、まずまずの腕前だった。その白石が「初心者の爲に、其手引草にもならば」と書いたのが1931年に目黒書店から発行された「正しいゴルフ」。ゴルフの歴史、民衆化から始まり、規則、用具、コース、競技、練習、手ほどき、コース設計、試合についての心得など、ゴルフについてひと通り網羅されているが、その中心となるのは「手ほどき」、つまりレッスンだった。全206ページ中、95ページにわたって赤星四郎や浅見緑蔵、安田幸吉だけでなく、自らの写真をお手本として解説。そして自らの経験から、「ゴルフを人に勧めるのなら、まずはドライバーを持たせて打たせるに限る」と断言。「コバルト色の大空にあの白い球を遠くの方へ飛ばして、その球が緑の芝生の上をコロコロと転がって行くのを見るのは、何とも云へない宜(よ)い気持ちのするものである」「初心の方でも初めて打つた球が二百碼(ヤード)も飛ぶこともある」「それが又ゴルフの忘れられない愉快な所」とゴルフの魅力を述べている。「正しいゴルフ」は現在、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧することができる。 「正しいゴルフ」は昭和6年12月20日に目黒書店から発行。目黒書店は同年に関東唯一のゴルフ専門誌「月刊GOLF」を出版していた 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー
  • 男子ツアーの国内開幕戦といえば「東建ホームメイトカップ」だが、かつては男子開幕戦といえば「静岡オープン」だった。 開幕戦となった79年は悪天候で54ホールの短縮競技に。矢部昭が大会を制した 強い海風が吹く春の風物詩 1972年に後援競技として静岡CC島田GCでスタートした静岡オープン。73年に男子ツアー制度が施行されると、翌74年の第3回大会からは会場を静岡CC浜岡Cに移し、公認競技として新たにスタートした。そして79年の第8回からは3月開催になり男子ツアーの開幕戦となった。だが、春先の浜岡コースは西からの強い海風が名物。記念すべき大会も初日から強い風が吹き、2日目には最大瞬間風速26メートルを記録。雨量も100ミリを超え午後1時10分に試合中止となり54ホールの短縮競技に。3日目(事実上の2日目)も、雨こそ上がったものの風速17メートルの突風が吹き、多くの選手がスコアを崩し、出場選手の半数以上が80台を叩く悪コンディション。そんななか身長172センチ、体重50キロと超軽量の矢部昭が「75」で3位に浮上。最終日は矢部と野口茂の一騎打ちに。優勝争いは最後までもつれたが17番で6メートルを沈めバーディとした矢部が1歩抜け出し優勝。矢部は前年のくずは国際トーナメントに続く2年連続開幕戦勝利だった。90年には開幕戦の座こそ第一不動産カップに譲ったが、大会はダイドードリンコ静岡オープンとして2002年まで続けられ、歴代優勝者には青木功、中嶋常幸、尾崎直道、田中秀道らが名を連ねている。浜岡コースは19年から1年半かけて「オープンドクター」の異名をとるリース・ジョーンズが36ホールを全面改修。美しい景観と新たな戦略性が加えられた。女子ステップ・アップ・ツアーのユピテル・静岡新聞SBSレディースが16年から開催されているが、静岡オープンと同じ小笠1〜4番、10〜13番、18番と、高松10〜18番を組み合わせた“チャンピオンコース”で行われている。 1972年12月に開催された第1回静岡オープンを制したのは当時29歳の安田春雄。前年にはシンガポールオープンを制していた 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー こちらもチェック!