Myゴルフダイジェスト

【名手の名言】倉本昌弘「3歩・3秒で打つ」

レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、AONと並び日本のゴルフ界を牽引してきた倉本昌弘の言葉を2つご紹介!

「ポパイ」の愛称で親しまれた倉本。早くから筋力トレーニングを取り入れていたことでも知られる


3歩・3秒で打つ

倉本昌弘


小柄な体格ながら、思い切りのよいスウィングで豪快に飛ばし、ツアー通算30勝、永久シードを獲得した倉本昌弘。2014年にはPGA(日本プロゴルフ協会)会長の重責を担いながら59歳にしてシニア賞金王に輝くなど、息の長い活躍を見せている。

そんな倉本のプレー哲学が「3歩・3秒」だ。

ボールの後ろに立って目標を定めたら、3歩でアドレスに入るというプレショットルーティン。そして構えたら3秒以内に打つ。

倉本いわく、ゴルフは考える時間が長いので邪念が入りやすい。だから何も考えないように、打つ前に3歩で構えに入る練習を普段からしておくのだという。

そして3秒以内に打つのは邪念の問題もあるが、もうひとつは人間が集中できる時間は3秒だということからきている。

「4秒以上構えたらリズムもなくすし、筋肉も固まる。人間がせいぜいじっとしていられるのは3秒だ」とは、倉本の師・福井康雄の教え。日本初のプロゴルファー・福井覚治の長男で、30万人以上を教えてきた名伯楽だ。ジュニア時代に受けた教えを守り続けたことが、倉本の息の長い活躍につながっている。


パーがいちばん難しい

倉本昌弘


2010年、名門・鳴尾GCで行われた日本シニアオープン。勝利したのは倉本昌弘。そのときのことを振り返って語ったのが表題の言葉だ。

最終日、14番のバーディで2位に4打差をつけた倉本は、「最後の3ホールは全部ボギーでいい」と思っていたというが、その真意についてこう語っていた。

「例えば18番はパーであがろうとする。しかし、実はパーがいちばん難しい。バーディならがむしゃらに狙えばいい。ボギーでいいと思えば絶対大叩きしないルートとショットでつないでいける。(パーを取ろうと)鳴尾という舞台を力で制するのはおこがましい気がした」

「パー」というのはそのホールの基準になる打数。プロにとってパーは取れて当たり前という気もするが、鳴尾という難コースで、優勝争いの最終盤で、その当たり前のパーを取るということがいかに難しいかがこの言葉から伝わってくる。

松山英樹も優勝した昨年のマスターズ、2位と2打差で迎えた18番でパーを逃しているが、世界トップクラスのプレーヤーでさえ、極限の場面で狙ってパーを取ることは決して容易なことではないのだ。

「ボギーでいい」という発想、我々アベレージゴルファーでいえば「ダボでいい」と置き換えて考えれば、少し気が楽になってくるのではないだろうか。

■倉本昌弘(1955年~)

くらもと・まさひろ。広島県出身。ジュニア時代から天才として名を馳せ、高校3年のときに日本ジュニアで優勝。日本大学ゴルフ部時代は日本学生4連覇をはじめ、アマチュアタイトルをほぼすべて獲得した。日本アマ3勝。81年、2度目の挑戦でプロテスト合格、同年は年間5勝で賞金ランク2位と活躍。その後も勝ち星を重ね、ツアー通算30勝。永久シードも手に入れている。82年の全英オープンでは日本人最高4位。03年には59ストロークという世界タイ記録もつくった。10年には、初のシニアツアー賞金王。14年、PGA会長。練習時間もまったくとれないなか、日本シニアオープン他2勝で2度目の賞金王に輝いた。

こちらもチェック!

  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は約50年にわたり現役を貫き“日本プロゴルフ界のドン”と呼ばれた杉原輝雄の言葉を2つご紹介! 身長162cmの杉原は青木功(183cm)、尾崎将司(181cm)ら大男を相手にレギュラー54勝を挙げた(写真は1982年フジサンケイクラシック) 苦しいときの我慢は普通の我慢本当の我慢はここがチャンスだというときに心を逸らせない我慢である 杉原輝雄 杉原はツアー1の“飛ばないプロ”として有名だった。しかし並み居る飛ばし屋たちを尻目に54勝を積み上げ、永久シードを獲得。1997年に前立腺がんと診断されたが、現役にこだわり手術はせず、ツアーには積極的に出場した。そんな勝負師の“我慢の哲学”が表題のそれだ。苦しいときに我慢するのは当たり前。それよりチャンス到来というときに心を逸(はや)らせ、焦って自滅しない我慢が、本当の我慢だというのだ。相手を意識するなといっても、優勝争いのときなどそうもいくまい。相手がミスしたときなど、「よーし、ここで引き離すチャンスだ」と意気込む。しかし、そうすると自分まで相手のミスにつきあってしまうことが多いという。そこは逸る心を抑えて、自分の普段のプレーをする。克己心でそうする。 それが杉原流の“我慢”なのである。 “後の先”をとって勝つ 杉原輝雄 杉原は飛距離のハンディを持ちながらも、全盛時代はAON(青木、尾崎、中嶋)という才能豊かな3強を向こうに回して、永久シードを獲るほどの実績を残した。表題の言葉はそんな非力な杉原の“小よく大を制する”秘訣の一端である。杉原は飛ばないので2打目以降、当然一番先に打つ。そのとき、自分の技術を駆使して必ずグリーンに乗せておく。乗らないまでもパーにできるエリアに置いておく。相手を上回るスコアは必要ない。並ぶだけでいいのだ。これを連続すると、飛ばし屋ほど焦って崩れてくる。というのも、飛ばし屋は飛んだという優越感があるので、同じスコアだと損をしているという気持ちになるからだ。しかも持つクラブが2~3番手違うとすればなおさら。これが“後の先”をとっていき、相手の優越感を逆手にとって、小が大を食う戦法だと杉原は言っていた。“後の先”とは剣道や柔道などで使われる用語で、相手が先に仕掛けてきたのを逆手にとって反撃に転じる様を指す。まさに飛ばし屋の大男たちを柔よく制していたといえよう。アプローチ、パットの技術も卓越していた杉原は、“グリーンの魔術師”などとも称され、勝負強さは天下一品。その存在感で“日本プロ界のドン”と呼ばれた。 左ひじを曲げたままインパクトする「五角形スウィング」で正確無比なロングショットを放った >>杉原輝雄のスウィング連続写真をチェック! ■杉原 輝雄(1937~2011) すぎはら・てるお。大阪府生まれ。茨木CCに就職し、夜間高校に通いながら研修生としてゴルフを覚える。小柄で飛距離が伸びず苦労したが、両腕の五角形を保ったまま手首を使わない独特の打法で、正確無比な技術を手に入れていく。レギュラーツアー54勝、海外(香港オープン)1勝、シニア6勝、ゴールドシニア2勝を挙げている。永久シードも獲得。1997年に前立腺がんと診断されたが、現役にこだわり手術はせず、ツアーには積極的に出場。2010年4月29日、中日クラウンズに出場し、同一大会連続出場の世界新記録を樹立 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!
  • 飛距離アップのためには、トップでしっかりと体を回すことが必要。しかし、デスクワークで体が固まっていたり、年齢とともに柔軟性が落ちてくると、どうしてもトップが浅くなってしまう。無理に深いトップを取ろうとすると、腕だけで上げてしまい、手打ちの原因に。そこで今回は、肩まわりの柔軟性を高め、回りやすい体を手に入れるストレッチを、週刊ゴルフダイジェストの連載「らくトレ・ゆるスト」から厳選してご紹介! 解説/斎藤大介 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中 こちらもオススメ!
  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は日本女子ゴルフの礎を築いたレジェンド・岡本綾子の言葉を2つご紹介! どうしてみんな真っすぐ打つ練習ばかりするんだろう 岡本綾子 岡本がまだバリバリで、日本女子ツアー界の女王だったころ、練習場で若い子たちの練習を見て独り言のようにいった言葉を紹介する。この頃には岡本を慕う若い女子プロが多くいたが、岡本は仲間で群れたり、派閥などつくるのは大嫌いで、それがイヤで米ツアーに旅立ったというのもあながちうがった見方ではない。どのグループにも属したくない岡本は、優柔不断的に女子プロたちに接したため、ニックネームも「フニャ」だった。だから高みからモノをいうのがイヤで、公式的には名言の類いはそんなに残していない。そういう意味で冒頭の言葉も教訓的に若い子に直接いったわけではなく、自分の経験から疑問を呈したにすぎない。「なぜ真っすぐにいかせる練習ばかりするんだろう。曲げるボールをあれこれ打つのは楽しいし、修行時代わたしはよくやったわ。そしてそれがタメになったのは、本番でボールが曲がったとき慌てないこと。曲げる経験から、曲がる原因はすぐに解明できますからね」 かのジャック・ニクラスも「真っすぐの球がまだ打てない」と語っていたが、真っすぐを追い求めるよりも、曲がることを楽しみながら練習したほうが、上達につながるのかもしれない。 プレー中、喜怒哀楽をわたしは見せなかった 岡本綾子 2008年の全米女子プロ選手権、テレビ中継で解説した岡本は、短いパットを外しながらも顔色を変えないあるプレーヤーのことについて、おおよそ以下のような話をした。「プレー中に喜怒哀楽を見せたところで、一緒に回っている人はいい印象は持ちません。それだったら一緒に回るグループでいい流れをつくって、その中で自分もいいプレーをすることが優先されるべきではないでしょうか……」岡本は現役時代も表情を崩さずに、飄々とプレーするタイプであった。派手なガッツポーズはなく、しかしそれが女王の風格を作っていったともいえる。むろん反対の意見もある。プロスポーツである以上、観せるためには喜怒哀楽を前面に出して、人間臭さをアピールしたほうが人気も出るという意見だ。例えばジャンボ尾崎、野球なら長島茂雄。アメリカのゴルファーならアーノルド・パーマー、タイガー・ウッズ。以上が“動”なら、喜怒哀楽を表に出さない“静”は戸田藤一郎、王貞治、ジャック・ニクラス等が例として挙げられよう。アマチュアゴルファーでは、かの中部銀次郎が「場面場面を柔らかく受け止め、対応する」ことが上達の近道といっている。すなわち窮地においてもアタフタすることなく、バーディが来たからといっても舞い上がらない。それが上達の秘訣でもあり、アマらしいプレースタイルだと。この伝でいえば、岡本の冒頭の言葉は我らアマチュアのためにこそ有意義であろうと思えるのだ。 ■岡本綾子(1951年~) おかもと・あやこ。広島県生まれ。今治明徳高校~大和紡績ではソフトボール部に在籍し、エースで4番バッター。国体優勝の祝勝旅行のハワイでゴルフに出会い、帰国後、1973年に池田CCで修行を始めるや、翌74年秋には2回目の受験でプロテストに合格。するとデビュー年となった75年に初優勝。81年には年間8勝して賞金女王に輝いた。翌年から米ツアーに参戦すると、こちらもその年に初優勝し、以来主戦場を米ツアーに置く。そして87年には4勝を挙げ、日本人初の米女子ツアー賞金女王となった。国内44勝、海外18勝。05年世界ゴルフ殿堂入り 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!