Myゴルフダイジェスト

【名手の名言】杉原輝雄「本当の我慢は、ここがチャンスだというときに心を逸らせない我慢である」

レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は約50年にわたり現役を貫き“日本プロゴルフ界のドン”と呼ばれた杉原輝雄の言葉を2つご紹介!

身長162cmの杉原は青木功(183cm)、尾崎将司(181cm)ら大男を相手にレギュラー54勝を挙げた(写真は1982年フジサンケイクラシック)


苦しいときの我慢は普通の我慢
本当の我慢は
ここがチャンスだというときに
心を逸らせない我慢である

杉原輝雄


杉原はツアー1の“飛ばないプロ”として有名だった。しかし並み居る飛ばし屋たちを尻目に54勝を積み上げ、永久シードを獲得。1997年に前立腺がんと診断されたが、現役にこだわり手術はせず、ツアーには積極的に出場した。

そんな勝負師の“我慢の哲学”が表題のそれだ。

苦しいときに我慢するのは当たり前。それよりチャンス到来というときに心を逸(はや)らせ、焦って自滅しない我慢が、本当の我慢だというのだ。

相手を意識するなといっても、優勝争いのときなどそうもいくまい。相手がミスしたときなど、「よーし、ここで引き離すチャンスだ」と意気込む。

しかし、そうすると自分まで相手のミスにつきあってしまうことが多いという。そこは逸る心を抑えて、自分の普段のプレーをする。克己心でそうする。

それが杉原流の“我慢”なのである。


“後の先”をとって勝つ

杉原輝雄


杉原は飛距離のハンディを持ちながらも、全盛時代はAON(青木、尾崎、中嶋)という才能豊かな3強を向こうに回して、永久シードを獲るほどの実績を残した。

表題の言葉はそんな非力な杉原の“小よく大を制する”秘訣の一端である。

杉原は飛ばないので2打目以降、当然一番先に打つ。そのとき、自分の技術を駆使して必ずグリーンに乗せておく。乗らないまでもパーにできるエリアに置いておく。相手を上回るスコアは必要ない。並ぶだけでいいのだ。

これを連続すると、飛ばし屋ほど焦って崩れてくる。というのも、飛ばし屋は飛んだという優越感があるので、同じスコアだと損をしているという気持ちになるからだ。しかも持つクラブが2~3番手違うとすればなおさら。

これが“後の先”をとっていき、相手の優越感を逆手にとって、小が大を食う戦法だと杉原は言っていた。“後の先”とは剣道や柔道などで使われる用語で、相手が先に仕掛けてきたのを逆手にとって反撃に転じる様を指す。まさに飛ばし屋の大男たちを柔よく制していたといえよう。

アプローチ、パットの技術も卓越していた杉原は、“グリーンの魔術師”などとも称され、勝負強さは天下一品。その存在感で“日本プロ界のドン”と呼ばれた。

左ひじを曲げたままインパクトする「五角形スウィング」で正確無比なロングショットを放った

>>杉原輝雄のスウィング連続写真をチェック!

■杉原 輝雄(1937~2011)

すぎはら・てるお。大阪府生まれ。茨木CCに就職し、夜間高校に通いながら研修生としてゴルフを覚える。小柄で飛距離が伸びず苦労したが、両腕の五角形を保ったまま手首を使わない独特の打法で、正確無比な技術を手に入れていく。レギュラーツアー54勝、海外(香港オープン)1勝、シニア6勝、ゴールドシニア2勝を挙げている。永久シードも獲得。1997年に前立腺がんと診断されたが、現役にこだわり手術はせず、ツアーには積極的に出場。2010年4月29日、中日クラウンズに出場し、同一大会連続出場の世界新記録を樹立

こちらもチェック!

  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は「トイチ」と呼ばれ長く第一線で活躍した“鬼才”戸田藤一郎の言葉を2つご紹介! 地を這うような3番アイアンのパンチショットは見るものを魅了した(写真は1967年中日クラウンズ) 半端なゴルファーほど自分のスウィングについて語りたがる 戸田藤一郎 この言葉を聞くと、ゴルファーなら誰でも1人や2人、すぐに顔が思い浮かぶのではないだろうか。ゴルフ場はもちろん、練習場や会社、果ては居酒屋にまで跋扈している。自分のラウンドやスウィングについてとうとうと語り、ほとんどが自慢話。それでいて、実際にその人のスウィングやスコアを見ると、疑問符がつくことが多いのである。戸田藤一郎は、ショットの確かさでは日本の歴代プロゴルファーのなかでも1、2を争うほど天才的な資質を持っていた。右手主要論者で、とくにパンチショットの切れ味はピカイチであった。その戸田は言葉を発するときには毒舌で舌鋒鋭かったが、こと自分のこととなると、多くを語らなかった。本当は猛練習したはずなのに、若いときはなるべく人目のつかないところで練習をしたし、「鬼才」という名声を得てからは、人々が寝静まった深夜にクラブを振っていた。「九州の若鷹」と呼ばれ、修行時代、高松で(戸田は廣野から追放され、高松にいたことがある)戸田を仰ぎ見ていた鈴木則夫が、後年、パッティングの教えを乞うたときに言われたことがある。「ラインはグリーンに上がった第一印象で見るもんや。(グリーンに上がってからは)コマネズミみたいにウロウロすな! 自信がないやつほど動きまわったり、自分のことをべらべらしゃべくったりするもんや!」耳が痛いという人もたくさんいそうだが、そういう人に限って、自分のことを言われているとは思わないもの。まわりの人は「あ、あいつ!」と、すぐ分かるのだが……。 左手はハンドル、右手がアクセル 戸田藤一郎 スウィングにおいて、両手の役割は昔からさまざまに言われてきた。鬼才と呼ばれた「トイチ」こと戸田藤一郎は右手至上主義だった。「器用で力のある右手を使わんで、なんで飛ぶもんかいな! 左手は添えとくだけでいいんじゃ」が口ぐせでもあった。165センチと小柄だったが、右手をつかったそのスウィングで、パーシモン時代300ヤードを飛ばしたこともある。全盛時代のジャンボ尾崎が不調になり、戸田に教えを乞うたこともあったほど。戸田のもうひとつの武器はパンチショット。向かい風のなか3番アイアンで、10メートルも上がらない低い球で200ヤードも飛ばし、「永遠に落ちない矢」とも評された。当時のスウィング写真を見ると、インパクトの直前ギリギリまで「タメ」が保たれているのが分かる。そして戸田のすごいところは、選手寿命の長かったことである。19歳で関西オープンに優勝し、その38年後、なんと57歳で同大会を勝っているのだ。人生の足跡もまた異色だ。女に溺れ、大酒をくらい、黒シャツ、黒ズボン、黒サングラスで試合に臨んだ。練習は深夜。練習するのを人に見られたくなかったのだ。名門廣野ゴルフ倶楽部にいたとき、メンバーのクラブを売り払って追放されたこともある無頼派。最後のときを迎えたとき、戸田は京都の蕎麦屋の親父であった。 >>戸田藤一郎のアイアン連続写真はこちら ■戸田藤一郎(1914~1984) 10歳から甲南GCのキャディとして働きながら、見よう見まねでゴルフを覚える。廣野GCが創立されるとそこへ移る。18歳でプロの資格を得ると19歳で初優勝。35年渡米、全米オープンに出場。W・ヘーゲンの回顧録に、日本からきた6人のなかで素質抜群、外国勢のなかでも最極上と記されている。39年日本オープン、日本プロ、関西オープン、関西プロを獲り、同年グランドスラムを達成。圧巻だったのは63年の日本オープン。25年ぶりの2勝目だった。71年、57歳で関西オープン7回目の優勝を遂げた 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!
  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は“帝王”ことジャック・ニクラスの含蓄のある言葉を2つご紹介! 1985年には全米、全英と立て続けに予選落ちを喫し「ニクラスの時代は終わった」と囁かれたが、翌年のマスターズで大復活を果たした 不遇の時期こそ幸運な時期なのだ私はこの灰色の時期を自らに与えられた鍛錬の機会と信じていたんだ ジャック・ニクラス 21歳で全米アマを獲り、22歳でプロ入りした年に全米オープン制覇。その後の4年間で4大タイトルをすべて獲ってキャリアグランドスラマーになったニクラスは帝王と呼ばれ、メジャー18勝の記録を持つ。その天才にも、むろんスランプの時代はあった。勝てないことが話題になって数年、苦杯をなめていたときに発したのが、表題の言葉だ。1980年に全米オープンで青木功と4日間一緒の組でのデッドヒートを制し、同年の全米プロでメジャー17勝目を奪取したあと、しばらくメジャーで勝てない日々が続いた。「ニクラスは終わった」とまで言われたものだ。しかし、その6年後のマスターズで帝王はよみがえる。“灰色の時期”を耐え忍び、つかんだ18度目の栄冠。46歳2カ月23日でのマスターズ制覇は最年長記録だった。この記録はいまだに破られていない。この日、オーガスタナショナルGCには「Jack is Back!」(ジャックが帰ってきた!)の大合唱が轟いた。メジャー18勝の金字塔はスランプの数年間、“鍛錬の機会”があったからであろう。 この大記録を、タイガー・ウッズが現在15勝で追いかけている。幾多の灰色の時期を乗り越えてきたタイガーが、今一度大復活を見せてくれる日は訪れるのだろうか。 人は心から楽しめるものについてのみベストを尽くせると私は信じる楽しくないことに高い能力を発揮するのは至難だ ジャック・ニクラス ニクラスは現役時代、厳かな表情で求道的にプレーしていた。楽しいふうには少しも見えなかった。メジャーチャンプで陽気なファジー・ゼラーは「苦虫をかみつぶしてどこが楽しいんだ?」と、時の帝王に突っ込みを入れていた。しかし、ニクラスにとっては求道的に頂きを目指すプロセスが楽しかったのである。楽しみ方は、人それぞれであり、楽しめること自体が才能なのであろう。 「好きなこそ物の上手なれ」と日本のことわざにもある。ニクラスはこれが言いたかったのだろう。 ■ジャック・ニクラス(1940年~) 米オハイオ州生まれ。10歳でゴルフを覚え、12歳から5年連続で州ジュニア選手権に優勝し、神童と呼ばれる。その後全米アマを2度制し、61年にプロ入りした。その翌年、全米オープンに優勝するが、当時のヒーロー、アーノルド・パーマーを破っての勝利と太めの体格のためか、敵役となる。その後巨漢からスリムへ、GIカットから長髪へイメージチェンジを果たし、帝王と呼ばれるようになる。ツアー73勝。なかでもメジャー18勝の記録は未だ破られず、メジャーでの2位も19回と圧倒的。グランドスラマーであり、殿堂入りも果たした、20世紀最高のゴルファーである。 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!
  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、ゴルフ界の「ビッグ3」のひとり、アーノルド・パーマーの有名な格言をご紹介! 「自信ある我流は、確信なき正統派にまさる」 ゴルフのスウィングには、いわゆる正統派のスウィングというものが存在する。多くのレッスンではそのスウィングをよしとしているし、ゴルファーの多くはその正統派スウィングを目指す。しかし、我流を貫き通し人気を博したプロゴルファーもいた。アーノルド・パーマーだ。パーマーは「パーマー・チャージ」という、攻撃的なゴルフで一世を風靡した。帝王二クラスは記録を残したが、パーマーは記憶を残した。史上ダントツの人気者であった。熱狂的なファンも多く「アーニーズ・アーミー」と呼ばれるほどであった。ゴルフスタイルも攻撃的。スウィングもまたハイフィニッシュで、いわゆる正統派からは遠かったが、ダイナミックで扇情的であった。そのハイフィニッシュはダグフックを防ぐために、自らが考案したものだったが、教科書的なスウィングとはとても言えなかったのである。 >>アーノルド・パーマーのスウィング連続写真はこちら 国内ツアーでは永久シードの杉原輝雄や、09年賞金女王の横峯さくら、韓国のチェ・ホソン、米ツアーではメジャーチャンピオンのジム・フューリックやバッバ・ワトソンなど、変則と呼ばれるスウィングで長く活躍する選手もたくさんいる。偉大なゴルファーの多くが流麗な正統派スウィングの持ち主であるのは事実だが、「美しいスウィング」と言われながら消えていったゴルファーも、星の数ほどいるのもまた事実なのである。我流も突き詰めればやがて確信に変わり、パーマーのようにトップに上り詰める選手もいる。カッコ悪くとも、ゴルフは上がってナンボ。美しいスウィングを求めるのもゴルフの楽しみのひとつだが、もし壁にぶち当たっているのであれば、“自信ある我流”を追求する方向へ舵を切ってみてもいいかもしれない。 ■アーノルド・パーマー(1929年~2016年) 1929年米国生まれ。ウェイクフォレスト大学在学中に全米アマ優勝。PGAツアーで62勝、シニアで10勝を挙げている。メジャーはマスターズ、全米オープン、全英オープンを制しているが、全米プロは2位が最高。プロ入りから一貫した攻撃的なスタイルは圧倒的人気を呼び、国民的ヒーローとなった 「名手の名言」バックナンバー こちらもチェック!