Myゴルフダイジェスト

男子は採用、女子は非採用。ツアーでの「グリーンブック」使用制限はプレーファストにつながるのか

男子ツアーでは今季から、グリーンブックに代表されるグリーンリーディング資料の使用を制限するローカルルールが採用される。

グリーンブックとは、グリーンを読むためのいわば“アンチョコ”。18ホールのグリーンとその周辺の距離や形状、起伏、速さなどの情報を計測、分析して詳細に記述したものだ。

制限の理由は「選手とキャディがグリーン上でラインを読むときに、目と感覚だけを使うため」や「プレーファスト化」が挙げられるが、興味深いのは、この制限は男子ツアーだけであり、女子とシニアでは以前と変わらず制限されない点。なぜ両者の判断が分かれたのか?

R&AとUSGAは、グリーンブックの制限方法を定めたものの、それをローカルルールとして採用するかどうかは各ツアーの判断に委ねている。結果的にPGAツアーは採用を決議。国内男子ツアーはPGAツアーに倣って採用、国内女子とシニアは様子見(不採用)となったわけだが、果たしてこれによってプレー時間などに変化はあるのだろうか?

「極端には変わらないと思いますよ。なぜならグリーンブックを禁止しても、慎重にルーティンを繰り返すなど、スロープレーの要因はほかにもあります。むしろグリーンブックの禁止で、グリーンまで時間をかけて見に行く選手も出てくるだろうから、多分、何も変わらないのでは……」と指摘するのは国内でグリーンブックを制作・提供してきたTYBの渡辺孝太郎さん。さらにグリーンブックの使用を制限することで、デメリットもあるという。

「練習ラウンドは選手自身が目と足裏感覚で情報収集しなければならず、極端に時間がかかるようになる。また去年の資料も使えないのですが、練習ラウンドなどに持ち込む選手が出てくるかもしれない(練習ラウンドもNG)。それを誰がどうチェックするか、選手の性善説を前提にしたルールだけに抜け穴が多く、その管理も大変と聞いています」

便利なアンチョコに頼るクセがつくと「わかっちゃいるけど……」となるのは、どの世界も同じ。すべては今季男子ツアーの結果如何となりそうだが。

プレーファストにはつながらない気がするが、選手のプレーにはどう影響するだろうか(PHOTO/Hiroyuki Okazawa)

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわるさまざまな問題に関し、読者や識者に率直な意見をぶつけてもらう連載「山を動かす」。今回は、百花繚乱の女子プロたちの中で、あなたが“推す”のはどのプロか聞いてみた ●僕のイチ推しは1人じゃありません(笑)。昨年のマネーランク1~3位の稲見萌寧、古江彩佳、小祝さくらです。3人に共通すると思うのですが、飛距離は出ないが、アイアンの確かさ、ソリッド感は抜群。タイガー・ウッズのような“今風”のスウィングでなく、昔の杉原輝雄を彷彿とさせる職人ワザが渋い。喜怒哀楽を表に出さないが、稲見は眼光鋭く、小祝はニヤリと笑って人を斬る、古江はいたって平常心で簡単に勝ってしまう……。玄人好みがしますね。稲見のひじの抜き方、小祝のレベルターン・スウィングは必見です。そのほか、見ていて面白いのは飛ばし屋である原英莉花、西郷真央、渡邉彩香ですが、1年コンスタントに成績を残すのは稲見ら3人娘だと思います。古江はアメリカですがね。“穴”を挙げるなら植竹希望。ダウンでのクラブの“溜まり”はすごい。ヘッドスピードが速いのは正確性と裏表、諸刃の剣ですが、あそこまでクラブを引きつけられるのは稀有ですね。“トイチ”こと戸田藤一郎のクラブの溜まりを思い出させます。昨年は2位が最高でしたが、初勝利すると大化けする可能性があると感じます。(タケ小山/プロゴルファー、テレビ解説者)●青木瀬令奈は、女子ツアーのリーダー。コメントもしっかりしているし、SNSでの発信もうまい。友人の結婚式で本気の余興をやっている様子も良かった。部下にしたいタイプだけど、すぐ追い抜かれそう(笑)。(40代男性・東京都)●岩井姉妹! 明愛プロと千怜プロの見分けも余裕です。イケメンの弟さんもジュニアゴルファーとして有名で、もう岩井家推し!(50代男性・埼玉県)●ジャンボさんのところにいる西郷真央です。このところの報道などを見ていると、気持ちが入ったオフを過ごしていたようです。いいほうに転がると、ひょっとして稲見萌寧みたいになるかもしれません。日本ではちょっと上位に行くと海外に行かなきゃいけないような風潮がありますけど、稲見などは「日本でやる」と“芯”のようなものがある気がします。西郷にもそういう芯のようなものを感じます。芯がある、気持ちが入っている、これが大事です。あとは、横峯さくらにも注目しています。出産した女子プロが活躍できる時代になってほしいという期待を込めて注目します。(水巻善典/プロゴルファー)●今年も勝(みなみ)VS せごどん(西郷真央)の対決に期待。鹿児島出身なので、その名前が連呼されていると、つい注目してしまう。鹿児島県民は西郷隆盛が大好きだけど、実際に鹿児島出身なのは勝みなみなんだよなあ。(50代男性・神奈川県) PHOTO/Hiroaki Arihara ●佐藤心結ですね。昨年のスタンレーレディスのプレーオフでの会心のショットがピンを直撃して、劇的な負け方をしたのが印象に残って気になっています。あれからプロテストに合格しQTも上位に入っていますから、コンスタントに試合にも出られるはずです。飛距離もあるし、スキルも高い選手ですが、三觜(喜一/プロコーチ)一門というところにも注目しています。(永井延宏/ゴルフコーチ)●小祝さくらがうちの息子の妻になってくれたらいいのにと想像してしまう。稼ぎは息子の数倍……いや、もっとか(笑)。現代っ子なのに昭和の雰囲気があるのもよし。(50代男性・埼玉県)●いつでもどこでも、しぶこに夢中! うるさい外野は放っておいてアメリカでのびのびプレーしてほしい。大舞台に強いのも魅力。全英女子も楽しみです。(40代男性・岡山県)●やっぱり稲見萌寧。だって圧倒的に強いから。技術はもちろんメンタルの強さが顔に出ている。試合中継で音声が入ると、優勝争いをしていても同組のプロと平気で話したりしていて、ほーっと思う。時代は変わったなあと思わせてくれる選手。(50代男性・東京都)●アメリカに行っちゃいましたが、それでも古江彩佳推し。浜崎あゆみ好きと聞きましたが、私と同じ。年は親子ほど違うけど(笑)。(40代女性・兵庫県)●森田遥はアディダスのビジュアルを見て、ビビッときた。スタイルが良くて外国人モデルみたい。インスタもチェックしていますが、ときどき出てくる愛犬・ゼロ君もかっこよくて、インスタ登場を楽しみにしています。(40代女性・神奈川県)●たくさんいすぎて挙げるのが難しいんですが……。まず、ずーっと応援している山村彩恵プロ。彼女がもがき苦しんでいて、それでもあきらめない様子を見ているので、絶対応援します。そして、同じ熊本出身の上田桃子プロももちろんです。今の女子ツアーではベテランですが「やれるっしょ」みたいにサラーッと、若い選手と同じ舞台でバチバチするところ、最高です。あと、おしゃれ番長っぷりもいい。結婚されたので“ミセス初V”も見たいですね。そして、ツアーを引っ張る存在になるのではないかと思うのが西村優菜プロ。以前「褒めてくれるキャディは苦手」というふうに言っていたのを聞いて「おおっ」と思いました。褒められたいと思う人が多いはずなのに。昨季4勝ですから、今年はそれ以上……となると女王争いに絡んでくるのでは。彼女が飛距離をほかの技術でどう補うか、見ものですよ。西郷真央プロも開幕戦で勝ったことで、とんとんと複数回優勝することも大いにあり得ると思います。高橋彩華プロは、最終日最終組からのV逸を何度も見ているので、彼女がその壁をどう乗り越えるかを見てみたいですね。(黒田カントリークラブ/ゴルフタレント) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より みなさまからのご意見、お待ちしています! 投稿フォームはこちらから こちらもチェック!
  • ゴルフに限らず、北京五輪や他のスポーツを見ていても、アスリートの「変化」を感じるようになった。「Z世代」と呼ばれる現代の若手アスリートに共通する、競技への取り組み方や考え方について、専門家たちに分析してもらった。 PHOTO/Shinji osawa、Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Hiroaki Arihara 「Z世代」とは……1990年半ばから2010年代に生まれた、25歳くらいから下の世代アメリカで生まれた、世代を表す言葉。1960~70年代生まれをX世代、1980~90年代に生まれをY世代(ミレニアル世代)と呼び、XとYの次世代という点からZという名称に。この世代のキーワードに「デジタルネイティブ」「SNSを使ったコミュニケーションに長ける」「対人関係を重視するが他人からの評価を気にする」「自己実現や社会貢献に対する欲求が高い」「モノだけでなく体験も重視」「グローバル感覚に優れる」「ダイバーシティを尊重」「地に足のついた経済感覚」「親と仲がいい」などがある SNSを懐に、志を胸にデジタルを駆使し努力する ゴルフに限らず、あらゆるスポーツにおいて目覚ましい活躍を見せる「Z世代」。旧世代アスリートとの違いについて、数多くのアスリートを取材してきたノンフィクション作家の平山譲氏はこう語る。「デジタル技術革新が社会に急速な進化をもたらしていますが、それがアスリートにも起きているということではないでしょうか。たとえばプロ野球のキャンプでは、昔は『人を見て倣い、人に聞いて習う』師弟関係をよく見かけましたが、昨今は若い選手がコーチに自身のフォームを撮影してもらい、その場で動画を見て自己分析している姿も目立つ。無駄な失敗を繰り返さずに近道でき、迷うことなく単純明快に答えにたどり着けもします。また、かつてはハングリー精神こそが勝利に不可欠とされ、高級外車や高級時計が大きなモチベーションでした。ところがハングリー精神が最も必要とされてきたボクシングでさえ、たとえば世界フライ級ユース王者の畑中建人選手は、元世界王者を父に持ちハングリーとは言えない。しかし『勝ったご褒美はメキシコ武者修行』というストイックさがしっかりある。安易にステータスに飛びつくことを逆に格好悪いとさえ思っている節もあり、ハングリー精神などなくとも過酷な減量に耐えてリングで殴り合いができるクールさに、特有のたくましさを感じます」インタビューにも変化があるようだ。皆、しっかり話せるし、“いい子”が多いように感じる。「我が強くないと勝てないと言われたのは昔の話で、若いトップアスリートには本当に“いい子”が多い。コンプライアンスが整った成熟した社会に育ち、無用な“炎上”を避ける良識があり、出る杭にはならない賢明さも備わっているからではないでしょうか。仲介者を挟まないSNSは、素直になれるし、言葉を熟考できるという利点もあるようです」 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 中島啓太(21)稲見萌寧(22)笑顔でさわやか。競争より自己実現悲壮感や切迫感とは無縁なさわやかさがあるが、「自分で自分の記録を塗り替えたい」(稲見)「目標に向けてただ準備するだけです」(中島)と自己実現に向け自己分析する。「幼い頃からスマートフォンに慣れ親しんでいる彼らには、膨大な情報が常にあります」(平山氏) Z世代の象徴でもあるSNSの発達はアスリートにも影響をもたらす。「昨年F1でデビューした角田裕毅選手は、相次ぐクラッシュで国内外のメディアから一時散々に叩かれた。しかしSNS上での彼は好きなファッションやゲームの話題を笑顔で発信。『SNSでファンから受け取る応援コメントを読んで力になった』と最終戦で表彰台目前の4位になるなど見事に復調。既存のマスメディアに潰されず、ニューメディアの自分にプラスになる声を拾える、新たな選択肢が強みになっているようです」五輪を含め、約30種目のスポーツ中継を担当してきたアナウンサーでスポーツジャーナリストの島村俊治氏も、SNSの影響がインタビューで見られると語る。「以前はマスコミから取材を受けることしかありませんでしたが、今はSNSを含めた通信の時代。逆に選手のほうから自分で発信する。普段から自分のことを平気で話すので、インタビュー慣れしています。また、受け答えもですが、全体的にいい子が多いと思います。昔は嫌な奴が強かったというわけではありませんが、自分のやり方に徹して人のことは気にしないという選手も多かった」ただ、インタビュー上手で人には好かれるが、心に残る言葉は少ないかもしれないという。「青木功さんは、優勝争いをして不運なミスで敗れたときに『しゃあんめえ』と言った。風や距離を考え抜いて選んだクラブでナイスショットをしたのに小さな窪みに当たって池へ入ってもコレ。彼がよく使う茨城弁ですが、ゴルフは自然のなかで戦うから『仕方ない』ということ。言い訳をしない。すごい言葉を出してくるなと思いました」メディア側にも新しい世代が増えて、変わってきたのかもしれない。「自分で売り込んでくるものにマスコミもすぐに飛びつく。記者が苦労して話を聞き出すということも大事だと思うのですが……私は、インタビューを拒否されたこともあるし、あれこれ悩んで謝ったうえで聞き出したこともある。今は、選手との垣根がないほうがいいという時代になりました。どちらが良い悪いではないのですが……ただ、SNSは使い方を間違えると、辛い思いをすることもある。昔の人は思いを外に出さなかった。出さなすぎたとも言えるかもしれませんが、野球なら野茂英雄やイチローなどはある種、孤高の感じでした。昔のプロゴルファー、ジャンボ(尾崎)にしても青木さんにしても、(岡本)綾子さんも人を寄せ付けないところがありました」 左から、ジャンボ尾崎、青木功、岡本綾子。伝説のプロも孤高だった!?「それがスターの条件でした。映画俳優なんかもそうです」(島村氏)「ハングリーが源泉。日本ゴルフ界が育てたなんてこれっぽっちもないでしょう」(三田村氏) AKB的センター争い!?「チーム」で切磋琢磨し自己研鑽 長年ゴルフ界を取材し続けてきたゴルフ評論家で僧侶の三田村昌鳳氏はこう語る。「尾崎将司、青木功をはじめ、昭和は成り上がっていく時代。自我が強くて自分の『個』の力で切り開き、スーパースターにのし上がっていく。ところがゴルファーがアスリートと呼ばれる今は、大学とか、いわば『チーム』で育っていく時代。私見だが、JGA(日本ゴルフ協会)ナショナルチームのヘッドコーチ、ガレス・ジョーンズの影響が大と思う。フジィカル、マネジメント、すべて科学的、論理的手法で育てる。松山英樹はちょっと違うが、金谷拓実、中島啓太はその典型。女子も稲見萌寧、古江彩佳、小祝さくらもそう。また、『チーム』として、世話になった人たちに感謝を忘れないし、基本的に同志で仲間なんです。金谷、中島など折り目正しい好青年。2人は今でもガレスにSNSで、アドバイスを英語でもらう。女子プロ界の今を見ると、AKBのセンターを争う競争に似ていると思う。センターは短期間なら誰にもチャンスはあるし、女子プロツアーも週替わりのセンター狙いに見えます」 辻村明志コーチ率いる「チーム辻村」(左)、目澤秀憲コーチ率いる「チーム目澤」(右上)、JGAナショナルチーム(右下)。「文字通り『チーム』として、時代の先端をいく技術やトレーニングの方法から準備の仕方まで論理的方法を教え込まれます」(三田村氏) 競技環境、教育面、身体能力…あらゆる側面が変わった Z世代の強さについて、島村俊治氏はこう語る。「北京五輪は冬季で最多のメダルを取ることができましたが、7つの競技で幅広く取れたのも初めてです。土台は長野五輪や東京五輪にあると思いますが、競技環境、練習環境が整備されてきたのが一番の要因。指導体制も整ってきました。コーチも、心身をケアする担当者も、育成の仕方をしっかり勉強し、アスリートを尊重して自由にやらせる部分もある。昔は部活で『水を飲むな』というある種の精神論が戦時中からの名残であったり、スポーツというとスパルタというイメージでした。今は、医学的な考え方を持つべき時代です。ご両親の教育も変わった。スポーツが自然に身近にあるようにし、遊びのなかで覚えさせたり、楽しませることができる。スポーツに対する関わり方、しつけもしっかりしています。 日本人の身体能力も上がった。ハーフの選手の活躍も大きい。世界的にも同様な傾向がある気がしますが、民族が融合すると素晴らしい能力の選手が出てくる部分もあります。また、2000年に入り“世界はひとつ”と言われたなかで、世界的な競技会の数が増え、スポンサーの資金面の援助も含め日本の選手が世界の大会に行けるようになった。昔は島国の日本から海外に行くなど一大決心でした。五輪を目指す選手だけでなく、野球やゴルフも含めたプロスポーツも同じ。いい時代になりました」 よきライバルであり仲間だと皆、口をそろえる。「『チーム』として切磋琢磨するから、選手達は『個』がありながら、周囲とも折り合う温厚さがある」(三田村氏)。デジタル技術や社会環境を味方に、好きなことに専念できるのも強さの秘密だ 旧世代にない強みは「3S」「スピード・スマート・シンプル」 この時代に生きているのが「Z世代」なのだ。旧世代の固定観念がなく、世界の壁もひょいっと越える。平山譲氏はこう語る。「たとえば日の丸をつけることは、国家の代表として国民の期待を一身に背負うことでもありました。スキージャンプの日本代表も『日の丸飛行隊』と呼ばれ、勝っても負けても結果には涙がつきもの。いい意味で個人主義が浸透している新世代は、期待を“背負わされている”のではなく、応援で“フォローされている”と受け取れています。小林陵侑選手は『多くの人が応援してくれている五輪を楽しみたい』と話して金メダル獲得後も笑顔でした。また、テレビを見ないどころか、そもそもテレビを部屋に置いていない若者も多い。テレビに限らず旧メディアと距離を置く若者たちには、戦後数世代に渡ってすり込まれてきた様々な常識やコンプレックスが継承されていないようにも思えます。サッカー日本代表はアジアで勝つことでさえ難しい時代が長く続き、たとえばサウジアラビア代表は旧世代にとって大きな脅威でしたが、今年のW杯最終予選で勝利した際に先発した田中碧選手は『アジアの中ではすごく強いチーム』としながらも、『今後日本サッカーを進化させていくうえでは世界のトップとやり続けないといけない』とアジアは通過点との認識です。デジタル技術革新後の膨大な情報量による進化の『スピード』。成熟した社会環境による『スマートさ』。好きなことに専心できて煩わしい人間関係を堂々と回避できる『シンプルさ』。その『3S』が、旧世代にはなかったZ世代のアスリートの大きな強みでしょう」現代のサムライスピリットで、Z世代はこれからもスポーツ界を席巻し続けるだろう。 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • グリーン上の情報を知る上で欠かせない「グリーンブック」の使用が2022年から禁止に。この規制は選手たちにどんな影響をもたらす? PHOTO/Blue Sky Photo、Tadashi Anezaki 元祖「スパイダーマン」ことカミロ・ビジェガスを彷彿とさせるザンダー・シャウフェレのライン読みシーン。今後こうした選手が増えてくる?(PHOTO/Blue Sky Photos) 若い選手ほど戸惑うかも 2022年から、「グリーンブック」の使用を禁止するローカルルールがPGAツアーで採用された。PGAツアーのアジア担当ディレクター、コーリー・ヨシムラ氏によると「正しくストロークするのと同じくらい、正しく芝を読むのも大切な技術のひとつという意見が多かった」のが採用された理由というが、現地での選手たちの反応はどうか、米ゴルフチャンネル解説者・レックス倉本氏によると「これこそフェアな戦いだ! とポジティブな意見を言う選手が多いですね。まぁ本心はわかりませんが……(笑)。噂ですけど、裏で加熱するグリーンブックビジネスに待ったをかける狙いもあると言われています。近頃は最新の衛星を用いてミリ単位まで傾斜を測ったり、翌日のピン位置の情報を裏で得たりとかなり過熱していました」グリーンブックの使用禁止で、選手のプレーにはどのような影響が出るのか。パット専門コーチの橋本真和氏に聞いた。「若いプロは数値化して機械的にストロークすることが多いので、その情報のひとつがなくなるぶん戸惑うはずです。シーズン序盤はベテランが活躍するかも」 グリーンブックが原則グリーン上で使えなくなった 昨シーズンまでグリーンの情報が記載された図の「縮尺」に関する規定はあった。今季からは、公式ヤーデージブック以外は一切NGに。左の写真の「Tour Sherpa」と呼ばれるグリーンブックでは、1つのグリーンに対して色や数字、矢印など、さまざまな表現方法で傾斜情報が記載されていた 使用が認められる「公式ヤーデージブック」はかなりシンプル 唯一使用できる公式ヤーデージブックも年ごとに変わる。今季のヤーデージブックはより簡略化されている 手書きメモの内容も厳しくなった公式ブックに手書きで書き込むのはOKだが、その内容にも規制が入った。●外部から仕入れた情報を書き込むのはNG業者はもちろん、コーチから得た情報を書き込むのもNG。原則選手とキャディのみだ●水準器などで測った情報を書き込んではダメ水準器などの機器から得た情報を書き込むのもNG。選手とキャディが感じた情報だけになる●選手がテレビで見た情報を書き込むのはOK選手とキャディが自ら得た情報なら練習や試合だけでなくTV観戦での情報を書き込んでも良い マキロイはグリーンブック反対派だった R・マキロイは、グリーンブックを使うのはフェアじゃないとマスターズの頃から主張していた デシャンボーとダスティンは痛手? 米メディアは、常にグリーンブックとにらめっこしていたB・デシャンボーとD・ジョンソンの2人が苦労することになるだろうと報じている 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より こちらもチェック!
  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます