Myゴルフダイジェスト

「私はひとりでここにたどり着いたのではない」タイガー·ウッズが世界ゴルフ殿堂入り

ザ・プレーヤーズ選手権の開幕前日、米フロリダで世界ゴルフ殿堂の式典が開催され、タイガー・ウッズら4人が新たに殿堂入りを果たした。週刊ゴルフダイジェストの記者が現地レポート。

PHOTO/Tadashi Anezaki

「ゴルフは個人スポーツですが私はひとりでここにたどり着いたのではない。苦しいときに私を支えてくれた素晴らしい両親、指導者、友人たちに恵まれた。これは個人の賞ですが、チームで得た賞です。心からありがとうと言いたい」(タイガー・ウッズ)

ザ・プレーヤーズ選手権が開かれたTPCソーグラスのすぐ隣にはPGAツアーの本部があります。まさにPGAツアーの総本山なんですね。ここで開幕前夜に世界ゴルフ殿堂入りのセレモニーが行われ、タイガー・ウッズら4人が新たに殿堂入り。タイガーの殿堂入りは2020年3月に発表されていましたが、コロナにより式典が延期されていたんです。

夜の7時から開催されたセレモニーに招待されたのは、ほんのひと握りの人のみ。記者では長年PGAツアーを取材している人しか入れず、交渉しましたが、そこに入ることはできませんでした。参加する栄誉を得た人たちは、みんなスーツを着たり、かしこまった服に着替えて向かっていました。ちょっとうらやましかったですね。僕はホテルに戻りテレビ中継で授賞式を見ました。
 
15分を超えるタイガーのスピーチは感動的でしたね。母親や娘のサムさん、息子のチャーリーくんも一緒にいて、家族の絆の深さを感じました。

世界ゴルフ殿堂(World Golf Hall of Fame)はTPCソーグラスのあるジャクソンビルから南に車で1時間ほどのセントオーガスティンという町にあります。顕著な活躍をした選手や、ゴルフの発展に大きく寄与した人物を称えるために設立され、1998年にこの地に移転してきました。館内にはボビー・ジョーンズ、ベン・ホーガン、ジャック・ニクラス、アーノルド・パーマーなど殿堂入りした人たちのグッズがところ狭しと飾られています。日本人では、青木功、尾崎将司、岡本綾子、樋口久子の4人が殿堂入りしています。偉大なゴルファーたちの足跡だけでなく、ゴルフにまつわる貴重な展示物も見学できて、ゴルフの歴史が学べます。食事や買い物も楽しめ、屋外には浮島グリーンを狙って打てるホールまで作られ、訪れた人が楽しめるようになっています。今年もザ・プレーヤーズ選手権が終わったら、ここに立ち寄り、殿堂入りしたばかりのタイガーのグッズを見てこようと思っています。

こちらがセントオーガスティンにある「世界ゴルフ殿堂」。これまで顕彰者には往年のスター選手がずらり。貴重なグッズがところ狭しと展示されている

週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

こちらもチェック!

  • アドレス時のつま先の向きは、「右足真っすぐ、左足を開く」とよく言われるが、今どきの“回転系”スウィングには、両足を開く「ハの字」型のスタンスが合っていると森守洋コーチはいう。その真意とは? PHOTO/Takanori Miki、Kazuo Iwamura、Blue Sky Photos THANKS/東京ゴルフスタジオ 解説/森守洋プロコーチ ツアープロのコーチを務めつつ、多くのアマチュアにもレッスンを行う。国内外、新旧問わずあらゆるスウィング理論に精通 回転のパワーを最大限に引き出す 右足つま先を飛球線と垂直にして構える「右足真っすぐ&左足開き」のスタンスが主流かと思いきや、右足も開く「ハの字」スタンスを採用する選手がPGAツアーでも増えている。右足を開く効果について、森守洋コーチに聞くと「つま先を開く目的は、回転量を増やすためです。テークバックでは右側、フォローサイドでは左側のつま先を閉じることでロックがかかり、開くことで回転の制御が取り外されます。体が硬くなる40代からは捻転量が落ちるので、回転重視で特に右つま先を開くのは効果的です」確かに右つま先を開くとトップは深くなるが、松山英樹も最近“ちょい開き”に変えたというし、20代、30代のプロまでもが開く理由は?「もちろん開かなくても十分に回れますが、回転速度を上げるために開くのだと思います。スウィング中、足裏にかかる体重は直線ではなく、テークバックで右つま先にかかる荷重が、切り返しで右かかと側へ移動します。これによりトップからダウンスウィングへ移行するなかで“沈みこむ動作”が生まれ、回転速度が最大化されるのです」この動作を出すために、右つま先を開くのは効果的ということ。今どきの回転系スウィングにも相性は良さそうだ。 PGAツアー選手のスタンスを調査“ハの字”派が優勢 PGAツアーの賞金ランク上位50人のスタンスを調査した結果、「右足真っすぐ・左足を開く」よりも「両足を開く」ハの字スタンスがやや多いという結果に。時期や試合によって角度を変えている選手も多かった●「ハの字」派……松山英樹、J・スピース、J・デイ、V・ホブラン、M・ウルフ etc●「右真っすぐ・左開き」派……C・モリカワ、T・フィナウ etc●「両足真っすぐ」派……B・ケプカ etc 右つま先真っすぐだと…トップが浅くなりかかとに体重が届かない 右股関節が制限をかけ、体重移動が直線的。「若いプロは柔軟性も筋力もあり問題ないですが、一般アマチュアだと回転速度が上がりにくいです」(森) 右つま先ちょい開きだと…右のかかとまで乗れて“間”ができる テークバックで十分な回転を得ることで、トップでつま先に乗った体重がかかと側へ移動。これにより切り返しで一瞬座るような動作が生まれる 松山も最近右つま先を開いた 今年から右つま先を少し開いたという松山。「おそらくスムーズに回転するため、アドレス時にどこにも緊張感を作りたくないことが目的でしょう」(森) ハの字スタンスはパワーを溜めやすい!その理由とは? >>後編へつづく 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • ザンダー・シャウフェレが小学校時代のアルバムをSNSで公開し、ちょっとした話題になった。世界で活躍するトッププロたちが、幼少時代に思い描いた将来の夢とは? シャウフェレがツイッターに投稿したのは小学3年のイヤーブック。クラスメイトとともに将来何になりたいか綴られているが、友達が「パイロット」「歌手」「ショップオーナー」などと書くなか、シャウフェレの欄には「プロゴルファー」と明記されている。さすがに金メダリストとは書かれていないが、彼が当時の夢を叶え、PGAツアーで4勝を挙げるトッププロになったのは喝采に値する。幼少期からクラブを握ることが多い最近のプロは、シャウフェレのように“夢はプロゴルファー”という選手が圧倒的に多い。「5歳のときにプロの試合を見に行き、その光景に魅せられた」というのはT・ハットン。大多数が夢を叶え、戦いの舞台に立っているのだ。しかし、なかには変わり種も。たとえばホンダクラシックでツアー初優勝を挙げたS・ストラカは「投手になりたかった」というし、V・ホブランは「サッカーかテコンドー選手」だそう。E・エルスやA・ソレンスタムはテニス選手になる夢を持っていたが、エルスは父親の意向もありゴルフを選択。アニカはあまりにもテニスの世界で燃え尽きてゴルファーになった。初めて触れたスポーツがサモア伝承の「ファイヤーナイフダンス」というT・フィナウの夢は意外にもシェフ。ツアーきっての身体能力を誇りながら「食べることが大好きだったからシェフになりたかった」と微笑ましい。また全米女子プロチャンピオンのD・カンは「子供の頃からずっと女優になりたいと思っていたの。プロゴルファーは夢じゃなかった」夢を叶えた者、夢ではなかったことに才能を発揮した者。人生は面白い。 マスターズで優勝したら得意のサモア料理を披露してくれる?(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト3月22日号より こちらもチェック!
  • この大会の出場選手の顔ぶれを見たら、スーパーゴルフリーグ構想に邁進するグレッグ・ノーマンはどんな顔をするのだろう? 先の2月28日、米フロリダ州のセミノールGCで開催された「プロ・メンバー選手権」のこと。出場プロの名前を挙げると、D・ジョンソン、R・マキロイ、J・ラーム、J・トーマス、B・デシャンボー、R・ファウラー、P・カントレー、T・フリートウッド、A・スコット、B・ワトソンなど数えあげればキリがない。女子ツアーからもコルダ姉妹に加えて、C・ウェブやN・ロペスといった殿堂入りプレーヤーも参戦したとか。さらにアメフト界のレジェンド、トム・ブレイディはL・ウエストハイゼンと回り、I・ポールターはPGA・オブ・アメリカの元CEOとチームを組んで、ベストボールで争ったというから驚きだ。ここセミノールGCは、オーガスタナショナル、パインバレー、サイプレスポイントと並んで、入会がもっとも難しいとされるアメリカの4大プライベートクラブの一つ。この4クラブに重複してメンバーになる人も多いそうで、彼らはいわばアメリカを代表するゴルフ界の重鎮にして超富裕層なだけに、高額なアピアランスマネーを支払わずともトッププロは集まるのだろう。もっとも、プロの多くがフロリダ在住で、おりしもPGAツアーのフロリダシリーズの最中ということもあり、出場しやすかったという理由もあるが。実はこの大会もさかのぼれば1937年から開催されているという伝統の一戦だが、これほどのトッププレーヤーが集まったのは過去にも例がないという。試合結果は? と聞かれても、もちろんテレビでは放映されないし、“超”がつくプライベートクラブのイベントなので、発表されることもなく、結果は出場者たちのみぞ知る……。 こんな豪華顔ぶれが集うクラブ競技って……?(写真は2020WGCメキシコ選手権。PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • 自らの財団が主催する「ジェネシス招待」で、久しぶりに公の場へ登場したタイガー。本人が語った現在地点とは? 大会前の会見で、「(ケガの状態は)回復しているけれど、自分が望んでいるほどではない。ツアーに復帰するまでには時間がかかる」と語ったタイガー。それでもマスターズのチャンピオンズディナーには参加する意向で、昨年グリーンジャケットに袖を通した松山英樹が供するディナーのメニューに寿司を期待しているという話もある。大会3日目にはCBSの放送席で解説も行った。その際MCのジム・ナンス氏が「ズバリ、復帰はいつになるのでしょう?」とド直球の質問をぶつけると、タイガーはうっすら笑みを浮かべ、「わかりません。自分でも皆さんに『いついつ復帰します』とお伝えしたいのですが、現時点ではゴルフをする時間が圧倒的に限られている。ショートゲームはすごくいい状態だし、アイアンの切れも戻っています。でもそれ以上長いクラブはまだまだ」。 もう1つ重要なポイントが「歩くこと」。右脚を複雑骨折して足首にも負傷を負ったため、以前と同じように歩行できるまでには時間がかかるという。確かに表彰式に登場したときも右脚を引きずっているように見えたから、競技で一日5時間あるいはそれ以上歩き続けるのは辛いだろう。かといってカートの使用許可を仰ぐのは「絶対にしたくない」と本人。「この先のスケジュールが立てられないのもストレスだし、回復が思っているようなスピードではないのもストレス。年齢的なものもあって回復が遅いのかも」とジレンマを抱えていることを明かした。以前から「勝てると思えなければティーに立たない」と公言している孤高の王者。マスターズでのプレーが難しいなら、全英オープンで復帰するのか?1日も早い回復を望む声は世界中から聞こえてくる。 ジャック・ニクラスがマスターズで復活優勝を果たしたのと同じ46歳。タイガー・イズ・バック・アゲインとなるか(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月15日号より こちらもチェック!