Myゴルフダイジェスト

ゴルフ界の“髭男爵”ファン・ローエンは「シャンプー&コンディショナー」PGAツアーの「ヒゲ」事情

近頃PGAツアーの中継を見ていると、「ヒゲ」をたくわえたゴルファーが目立つ。22年初戦で優勝争いしたジョン・ラームとキャメロン・スミスも、タイプは違うがヒゲをたくわえている。そこで、ツアーのヒゲ事情に迫ってみた。

金髪のC・スミスが生やす口ヒゲは、実はガールフレンドに不評なのだとか。逆に妻からヒゲを生やしてほしいとねだられ、顔の下半分をヒゲで覆った全英覇者S・ローリーのような選手もいる。世界ランク1位のJ・ラームも妻からの評判は良いらしく、D・ジョンソンが昨年9月、さっぱりヒゲを剃ったときには「誰かわからないから早く生やして」「まるで別人。ヒゲがないとDJじゃない」とSNSで大ブーイングが巻き起こり、数週間後には元通りのヒゲフェースに戻っていた。

古くは“セイウチ”の愛称で親しまれたマスターズチャンピオンのC・スタドラーや全米オープン覇者のC・ペイビンの口ヒゲが有名だったが、最近は枚挙にいとまがないほどヒゲゴルファーが増えた。R・ファウラーやJ・トーマスもヒゲを生やすことがあるが、一歩間違えると無精ヒゲにも見えたりする。

しかし、ヒゲのお手入れに心血を注ぐプレーヤーも多い。なかでも昨年バミューダ選手権で初優勝を挙げたエリック・ファン・ローエンのこだわりは凄い。南北戦争の将校のように立派な口ヒゲの左右をつり上げて整えているが、本人は「ブラッシングはもちろん、ヒゲもシャンプーしてコンディショナーで整えている。手入れを怠ると酷い有様になってしまうからね。朝起きるとワックスも欠かせない」とカッコいいヒゲをキープするための涙ぐましい努力を口にした。ちなみに彼の趣味は独学でやっているというギター。AC/DCやガンズ&ローゼズが十八番だとか。

そういえばタイガーもたまにヒゲを生やすことも。今後もヒゲブームは続く……かも。

南アフリカ出身のエリック・ファン・ローエン。試合ごとに変わるヒゲのスタイルにも注目!(Photo by Gregory Shamus/Getty Images)

週刊ゴルフダイジェスト2022年2月1日号より

こちらもチェック!

  • もはや“年初めの風物詩”と言ってもいいだろう。テーラーメイドとキャロウェイの新クラブがツアーでお披露目され、ハワイの2連戦から早速PGAツアーのプロが投入を始めた。ふたを開けてみればテーラーもキャロウェイも契約選手の多くがいきなり新モデルにスイッチ。これはどちらも性能が良さそうだ! PHOTO/Blue Sky Photos、Yasuhiro JJ Tanabe、Atsushi Tomura 年明けのハワイ2戦は、久しぶりに試合に出る選手を見るのも楽しみだが、それ以上に気になるのは新しいクラブの使用状況だ。テーラーメイドもキャロウェイも、今年は実に多くの選手が新しいドライバーにスイッチしていた。テーラーの「ステルス」は赤のカーボンフェースが話題となっているが、「カーボンフェースでもプロは使うのか?」という疑問に、彼らの答えは「YES」だった。タイガー、コリン・モリカワといったトップ選手だけでなく、多くの契約選手がステルスをバッグにイン(ほとんどが「ステルス プラス」)。昔のプロだったら「見た目が……」とか、「赤は嫌」とか、何かと不満を言いそうだが、今どきの選手たちは「性能が良ければいいんじゃない」とパフォーマンス重視。そしてもうひとつの雄、キャロウェイは2代目のローグ、「ローグ ST」を投入してきた。こちらも多くの契約選手が新機種を投入。あのうるさ型のフィル・ ミケルソンや、なかなかクラブを替えないザンダー・シャウフェレあたりがすんなり新モデルに移行したのは、やはり“モノの良さ”を証明しているのだろう。多くの選手が少し小ぶりなヘッドの「トリプルダイヤモンド LS」を使用している模様。ミケルソンだけは、少しお尻の出た「MAX LS」をチョイス。その理由は、追跡調査するので、詳報はお待ちあれ。 ミケルソンは「ローグ ST マックス LS」 市販される新ローグ4機種の中で最も投影面積が小さく小ぶりに見える「マックス LS」。ミケルソンはこのヘッドに赤ベンタスを組み合わせた 小ぶりな“トリプルダイヤモンド”が人気●ザンダー・シャウフェレ……ローグ ST トリプルダイヤモンド LS●ジョン・ラーム……ローグ ST トリプルダイヤモンド LS●キム・シウー……ローグ ST トリプルダイヤモンド LS●エイブラハム・アンサー……ローグ ST トリプルダイヤモンド タイガーは「ステルス プラス」を使用 多くの選手が「PLUS」を選んだが、タイガーもその一人。重りをヒール寄りにして、つかまりをよくしている ステルスは圧倒的に「プラス」が人気●コリン・モリカワ……ステルス プラス ●ルーカス・ハーバート ……ステルス プラス●ルーカス・グローバー ……ステルス プラス●ジョエル・ダーメン ……ステルス プラス 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月1日号より こちらもチェック!
  • <ソニーオープン・イン・ハワイ/ワイアラエCC(米ハワイ)/7044Y・パー70/1月13日~16日> 2022年の2戦目「ソニーオープン・イン・ハワイ」最終日、首位と2打差の2位からスタートした松山英樹が、スコアを7つ伸ばして首位に並び、プレーオフに進出。1ホール目でイーグルパットを沈め、逆転優勝を果たした。 写真はZOZOチャンピオンシップ(PHOTO/Tadashi Anezaki) 首位のR・ヘンリーと1打差で迎えた最終18番、2オンも狙えるパー5。それまで3日間、ティーショットでフェアウェイウッドを使用していた松山が抜いたのは、ドライバー。ティーイングエリアの右端いっぱいにティーアップし、左コーナーのバンカーを目がけ思いっきり振り抜いていったティーショットは、300Y先のバンカーをゆうに越え、343Yのスーパードライブ。プレッシャーのかかったヘンリーは、フェアウェイウッドでのティーショットが右に抜けバンカーへ。松山は残り208Yのセカンドを確実にグリーン左手前にオン。16mのイーグルトライはわずかにショートしたものの、このホール、バーディ。一方のヘンリーは、残り126Yの3打目を2.5mに寄せたものの、入らずパー。優勝はプレーオフに持ち越された。プレーオフは18番パー5。ヘンリーのティーショットは、先ほどと同じ右バンカーへ。それを見た松山は、先ほどとは違い5番ウッドを選択。コースなりの薄いドローで確実にフェアウェイをキープした。そして圧巻だったのが、残り277Yのセカンドショット。3番ウッドを振り抜いた当たりは、逆光の中、美しいフェードボールでピン手前1mにズドン。昨年の「ZOZOチャンピオンシップ」のセカンドショットを彷彿とさせる1打でイーグルを奪取し、2022年の初勝利を飾った。「青木(功)さんが初めてPGAツアーで勝ったところで僕がまた勝てて凄くうれしい」と語った松山。これでK・J・チョイと並びアジア勢最多タイとなるPGAツアー8勝目。この調子なら、9勝目も時間の問題だろう。 <ソニーオープン・イン・ハワイ 最終成績> 1位 松山英樹 -23-------プレーオフ-------2位 R・ヘンリー -233位T K・キズナー -193位T S・パワー -195位T M・トンプソン -185位T L・グローバー -187位T M・クーチャー -177位T R・ノックス -177位T K・ミッチェル -177位T A・スベンソン -17-------12位T 小平智 -1542位T 中島啓太 -1079位T 金谷拓実 -3118位T 星野陸也 E こちらもチェック!
  • トッププロのスウィングを見ると、トップで一瞬クラブが止まる“間(ま)”があることに気づく。一方、球の曲がりや飛距離不足に悩む人の多くは、切り返しの”間”がなく、打ち急ぎになっているケースが多い。ではどうすれば、プロのような“間”のあるスウィングを手に入れられるのか。米田貴プロに教えてもらった。 PHOTO/Yasuo Masuda、Yasuhiro JJ Tanabe THANKS/東名CC 解説/米田 貴 よねだたかし。77年生まれ。静岡県出身。江連忠ゴルフアカデミー愛知校のチーフインストラクター。本誌「モダンゴルフ」のヨネとしてもおなじみ。アマチュアのレッスンはもちろん、これまで多くのツアープロのコーチを務めてきた ●CONTENTS●>> #1 腕の“脱力”できてますか?>> #2 ダウンは「左足の踏み込み」から>> #3 始動前の「リハーサル」も大事>> #4 効果てきめん! 2つのドリル トップで無重力になる感覚 GD プロのスウィングを見ると、トップで一瞬の“間(ま)”があるように感じます。この“間”はどうすれば作れるのでしょう?米田 まず前提として、トップの“間”は「作る」ものではなく、結果的に「できる」もの。決して意図的にトップで「止めよう」としてはいけません。GD 止まるのに止めてはいけない? ではどうすればいいんですか?米田 “間”のある切り返しを手に入れるには、まず腕の力を抜くことがもっとも大切です。GD 腕の力を抜く……。米田 そうです。腕を完全に脱力できると、クラブを上げ切ったところで一瞬、無重力状態というか、クラブがフワッと宙に浮いたような感覚が生まれます。GD えっ、無重力状態?米田 そうです。すると、クラブと腕自体の重さによって、腕が切り返しで沈みます。これがトップの“間”の正体なんです。GD なるほど。米田 だから、腕の脱力が絶対に必要というわけです。イメージ的には、スパゲッティくらいの力感ゼロのやわらか〜な腕。デンデン太鼓のバチでもいいかもしれません。 クラブと腕の重さで腕が沈む 「腕が完全に脱力できていると、トップまで振り上げられた腕が、クラブと腕の重さを受けて少し沈みます。これが、トップの“間”というわけです。腕に力が入っていると、この重さを受け止める“間”がないまま、腕の力で切り返すことになってしまいます」 Drillブランブラン体操 腕をやわらかく使う感覚を覚える「腕をブランコだとイメージして、ひざを曲げ伸ばしする力で、ブランブランと左右に振ります。腕の力はいっさい使わず、ひざの上下動によって腕が勝手に振られることが大切です。このときの腕の脱力が、“間”のある切り返しには必要になるんです」(米田) ブランブラン体操のやり方を動画でチェック //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} >> #2 ダウンは「左足の踏み込み」から>> #3 始動前の「リハーサル」も大事>> #4 効果てきめん! 2つのドリル 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!
  • 昨年末のPNCチャンピオンシップに出場したタイガー・ウッズ。2021年2月の自動車事故から驚異的な回復を見せたが、ケガの影響はどの程度あるのか。最新スウィングを横田英治プロが分析! PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 解説/横田英治 ツアー経験に基づく理論的アドバイスに定評があるプロコーチ。女子プロの岸部桃子を指導中 怪我が右足だったのが不幸中の幸い 怪我が右足だったことが不幸中の幸いだったと思います。怪我が左足だったら、ここまでのスウィングは不可能でした。ゴルフはティーショット以外、8割以上が地面のボールを打つ球技。地面から正確にボールをとらえるには左足の踏ん張り、踏み込みは不可欠ですから。この写真はティーショットですが、軸を左に寄せ右足の負担を軽くして振っているのがわかります。タイガーは数年前、スタック&チルト(左1軸打法)を取り入れた時期がありました。そういった経験も生きていると思いますし、それを上手に生かせるのもタイガーならでは。スウィング全体の印象は、事故前と比べたら重心が高いですが、これは仕方ないところ。切り返しの沈み込みは小さく、とても静かな動き。おそらく50%ぐらいの力感で振っていると思いますが、その効果でクラブ軌道やフェース向きは今のほうがむしろ教科書的です。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です パワーや捻転力を下げても、ヘッドとシャフトに仕事をさせれば十分に飛ばせることを誰よりも知っているのがタイガー。実際、300ヤード前後は飛んでいました。これからメジャーを中心に出場すると思いますが、経験を最も生かせるのがマスターズ。足の負担を考えてショートウッドやユーティリティでパー5を攻略する姿が見られるかもしれません。逆に強風や硬い地面などコンディションがタフな全英オープンは厳しいかも……。いずれにせよこれからが楽しみです。 タイガー・ウッズの1Wスウィング 足の負担を考慮して前傾は浅め 右足の踏み込みは少なめ、そのぶん重心は高くなる。捻転よりも回転重視のテークバック 静かな切り返し。クラブの軌道は理想的 切り返しの沈み込みは小さく50%程度の力感で振っているのがわかる。そのぶんクラブの動きにねじれはなく、教科書的な動き 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!
  • 東京五輪で惜しくもメダルを逃した松山英樹だが、病み上がりでの大舞台でマスターズ王者らしい戦いを見せてくれた。そんな五輪での松山の戦いぶりについて、内藤雄士コーチが技術面から分析! PHOTO/KJR 解説/内藤雄士 日大在学中に米国留学しゴルフ理論を学び、プロコーチとして丸山茂樹など多くのプロをサポート。今は高井戸ハイランドセンターでラーニングゴルフクラブを設立し、ゴルフ指導、ゴルフアナリストとして活躍 5Wが新たな武器になるか 3日目まで良かったパットが最終日のバックナインに入って決まらなくなった。最終日のどこかでラインのズレが生じ、それを引きずったのかもしれません。これは本人のみぞ知る部分で、いちばん悔しいのも松山選手。病み上がりの状態でも、最後までメダルを争ったのはさすが。狙えるときはアイアン力でバーディを奪い、ピンチは引き出しの多いアプローチでボギーは打たない。松山、X・シャウフェレ、C・モリカワ、R・マキロイ、P・ケーシー…… 世界トップの共通点はボギーが圧倒的に少なく、ダボは絶対に打たない。それを改めて感じさせる大会でした。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です 今回、アイアンとショートゲームに加えて、5月から投入した5Wが霞ヶ関のセッティングにマッチした印象です。コブラ(ラッドスピードツアー/ベンタスブラック・10X)の5Wは、ティーショットやフェアウェイだけでなく、ラフからも活躍していました。見た限り、やや短尺に組んでいる様子で、得意のアイアンの延長線上的な使い方をしていましたね。最終日14番の2オンもこのクラブ。霞ヶ関のラフはフライヤーしやすく距離のジャッジが難しいのですが、スピン量の安定度など事前にチェックして投入した結果だと思います。これからバッグに入り続けるかはわかりませんが、大きな武器になっていくはずです。スウィングはマスターズ優勝の際に報道されたように低重心のフラット軌道が板につき、アームプレーンとヘッドプレーンは、よりシンプルな軌道を描いています。来年のメジャー、そして3年後のパリ五輪でも日本のエースとしての活躍を期待します。 スピンが安定する5Wあらゆる場面で活躍 世界のトップは簡単にボギーを打たずダボは絶対回避 イーグルバーディボギーダボX・シャウフェレ(優勝)22170松山英樹(4位T)02160C・モリカワ(4位T)11960R・マキロイ(4位T)12180星野陸也(38位T)01552シャウフェレと上位の実力者3人、そして星野陸也の4日間のスコア詳細。内藤コーチの指摘のとおり、上位4人で最もボギーの多いマキロイが8つ。ダブルボギーは全員ゼロ。対して星野は2つのダブルボギーが響いた。バーディやイーグルを取る力も重要だが、それ以上に簡単にはボギーを打たず、ダボは絶対に叩かない、というゴルフが世界で戦ううえで求められる 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p33579/