Myゴルフダイジェスト

タイガー・ウッズ復活アピールも「問題は歩けるかどうか」キャディが語った懸念点とは?

12歳になった息子チャーリー君との親子大会「PNC選手権」で復帰したタイガー。10カ月近いブランクを感じさせないプレーに歓声が湧いたが、本人は「まだツアーで戦えるレベルではない」と慎重だ。

2日間スクランブル方式で行われた大会でチーム・ウッズは単独2位。優勝こそ逃したが、随所に切れ味鋭いショットを見せたタイガーと父そっくりのプレー&仕草でバーディを量産したチャーリーくんが話題をさらった。

練習ラウンドではPGAのプロでJ・トーマスの父マイクさんが「タイガーのショットに感銘をうけた。必要な要素すべてが備わっていた」と絶賛。2日目に同組でプレーしたM・クーチャーも「感動したなんてものじゃない。スピードも凄いし、昔と変わらない鋭いアイアンショットで常にピンハイに打っていた。古き良きあの時代に戻ったようだった」と称賛。

しかし本人は「ツアーで戦えるレベルまで持っていくには、まだまだ時間がかかる」と厳しい表情。ファン目線ではショットもパットも事故の後遺症を感じさせないが、キャディのジョー・カバラは「問題は歩けるかどうか」だという。

そう、プロゴルファーにとって歩くことは大きな仕事。プロアマを入れると一週間に5ラウンドをこなすだけではなく、練習するにも歩く必要がある。試合でのカート使用は「自分のスタイルではない」とタイガー。だが、右脚を切断してもおかしくなかった負傷を負った彼は、たった2日でも「正直疲れた」と苦笑いだった。

「世界のトップと優勝争いできるくらいになるまで競技には戻らない。やるべきことが山積み」。とはいえ「最高のパートナーに恵まれて本当にこの2日間は楽しかった」と紆余曲折の1年を笑顔で締めくくれたのはタイガーにとってもファンにとっても喜ばしい。

公式戦でのカート使用は否定したタイガー。シーズン開始までにどこまで回復するか(写真は2020年ファーマーズインシュランスオープン。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • レジェンドと呼ばれるゴルフの名手たちは、その言葉にも重みがある。ゴルフに限らず、仕事や人生におけるヒントが詰まった「名手の名言」。今回は、一時代を築いた日本ゴルフ界のレジェンド、青木功の言葉をご紹介! 「できた!」のは終わりではなく始まりなのだ 『週刊新潮』04年10月7号「おれのゴルフ」に掲載されていた名言だ。アマチュアゴルファーであってもどうしても身につけなければならない技術(スキル)がある。たとえば、バンカー越えなどで高く上げて止まる球や、左足下がりのライからのショット、30ヤードの距離のエクスプロージョンなど、ステップアップしていくためには、ひとつひとつ技術を習得していかなければ前に進めない。ひとつの技術を習得するために、一生懸命して、あるとき「できた!」と思う瞬間がある。いったんモノにした技術はそこでフィニッシュ、と思うのが普通のゴルファーである、というのが青木の見解である。ゴルフの技術は忘れやすい。数分前にできたと思っても、手のなかの砂のようにもろく崩れていくものだと青木は言う。少なくとも青木自身、「できた」と思ったところから、すべては始まったのだと。バンカーショットはできたと思った時点から3日やり続けたという。日本アマを6回獲った故・中部銀次郎氏の口癖は「わかったと思うな」だった。「わかった」「できた」と思う時点で成長は止まるのである。 ゴルフは我が人生 もうひとつ、青木の印象に残った言葉を紹介する。14年暮れ、『青木功プロ生活50周年記念』が帝国ホテルでにぎにぎしく行われた。参加者は800名に及び、安倍元首相を始め、青木のスポンサー企業、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督、歌手・北島三郎ら各界の有名人、または終生のライバル、ジャンボ尾崎らが壇上にのぼった。その会場で青木が語った「言葉」のまとめが表題のそれだ。青木は「ゴルフは天職」と常日頃から口にしている。休養で家にいても、そわそわし始め、結局ゴルフが骨休みだとコースへ向かう。「ゴルフがなかったら何になったでしょうか?」との質問は何百回受けただろうか。「それでもしかし、ゴルフは現実にあるんだからそんな質問意味ないよ」と青木は答えている。天職なのだから「引退もないさ」と締めくくった。 ■青木功(あおき・いさお:1942年~) 1942年8月31日、千葉県我孫子市生まれ。29歳で「関東プロ」に初優勝と遅咲きながら、ジャンボ尾崎と人気実力とも二分し、日本プロトーナメントを隆盛に導いた。国内での勝利数もさることながら、海外での活躍は、「オリエンタルマジシャン」と呼ばれ、「世界のアオキ」と絶賛された。なかでも80年全米オープンでの帝王二クラスとの死闘は語り草。国内57勝。シニア9勝、海外7勝、海外シニア9勝、海外グランドシニア3勝。2004年、世界ゴルフ殿堂入り。
  • 世間を騒がせたスウィング改造から10カ月。「スタンレーレディス」で2年ぶりの優勝を果たした渋野は、翌週の「TOTO」で7位タイ、3週間後の「三菱電機レディス」で再び優勝。来季の米女子ツアー出場をかけたQシリーズでも目標の20位に滑り込み、賛否あったスウィング改造の成功を結果で示してみせた。では、具体的にどこが変わったのか。我々も参考にして良いのか。プロコーチの阿河徹に解説してもらった。 PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/川崎ゴルフ練習場 解説/阿河 徹 あがとおる。大学在学中にアメリカへ留学、米国理論を学ぶ。帰国後、金田久美子や塩見好輝など、多くのツアープロを指導 ●CONTENTS●>>#1 渋野日向子のスウィング改造変遷史>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 1年かけて振っても曲がらないスウィングを手に入れた フラット軌道で小さなトップ。2021年の開幕戦で披露した新スウィングには、各方面から賛否の声が上がった。そんな声に対し、3月のアクサレディスでは「米ツアーで戦うためには、もっと安定性、再現性が欲しい。いろいろ意見があると思いますが、最後までやり切りたい」と、この改造を完遂する姿勢を見せた渋野。実際に4月の数値を見ると、飛距離は落ちたものの、フェアウェイキープ率は前年比で10%以上アップしており、4月末のHSBC女子選手権では、なんと92.8%をマークしている。とはいえ、飛距離という強みを生かせないという声も上がるなか、なぜここまで安定性にこだわったのだろうか。プロコーチの阿河徹は次のように分析する。「私は渋野選手が飛距離ダウンを一時的に受け入れたにすぎないと考えます。なぜなら改造後、振れば振るほど曲がらないスウィングになったからです。以前の彼女は、少し軌道が波打つ印象を受けましたが、今はまるで『一筆書き』。だからこそ振れるのだと思います。長い目で見ていたからこそ、やり切りたいと言ったのではないでしょうか」実際に「楽天スーパーレディース」では281ヤードを叩き出している。そして10月には1年11カ月ぶりの優勝を果たし、米QTで20位、念願のツアーカードを獲得。世界を見据えたスウィング改造が実を結びつつある。 では具体的にどこが変わった?>>#2 超シンプル軌道で再現性アップ>>#3 ダウンで「引く」からヘッドが走る 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • 今年もPGAツアーでは、世間を騒がせたルール違反が多々あった。なかでも最も話題になったのは? まず、SNSを騒がせたトップは、やはりV・ホブランだろう。3月の「ザ・プレーヤーズ選手権」初日、15番のグリーンでのこと。J・トーマスのラインにかかることから、ボールマーカーを動かしたのはよいが、リプレースするとき、なにを思ったか、反対方向に動かしてしまったのだ。誰も気づかずホールアウトしたのだが、唯一それに気づいたホブランの母親ガリーナさんがホブランに電話をかけ、ホブランはそれをオフィシャルに伝え2罰打。本人も気づかなかったため、スコア誤記による失格は免れたが、当分母親には頭が上がらない?そして、そのホブランが優勝した「ヒーローワールドチャレンジ」最終日、1番スタートのJ・スピースとH・ステンソンが、9番ティーと17番ティーが入れ替わっていることに気づかずプレー。「チャリティイベントだと思っていたので、ペナルティを食らうとは思っていなかった」というスピースのとぼけた発言により、SNSが炎上。ペナルティの多さという点では、一番は、1試合で10罰打を受けたオーストラリアのマーク・ヘンスビーというプレーヤーだろう。「パルメット選手権」の4番ホールで池に打ち込み、ポケットに入っていたボールを使用したのだが、そのボールが実は自分のボールではなかったのだ。スタート直前、練習グリーンで他の選手のボールを自分のボールと思ってピックアップ。そのボールを、4番ホールの池ポチャ後にドロップ。気づかず8番ホールまで使い続けたため、「ワンボールルール(※)」に違反したとされ、2罰打×5ホールの10罰打、「84」で試合を棄権している。ちなみにボールは同じタイトリストの「プロV1」だったのだが、間違えて拾ったそのボールはロゴの左に「・」(ドット)がついた「レフトドット」と呼ばれる低スピンモデル。途中まで気づかなかったのも無理はない。 今年も大小さまざまな違反があったが、その多くは自己申告によるもの。最近はテレビやウェブ配信など、世界中で視聴者の“目”が光るだけに、片時も油断はできない。 ※ワンボールルール……ラウンド中は、適合球リストに掲載されている一種類の球しか使用することができないというトップレベルの競技特有のルール。たとえ同じブランドのボールであっても、特性の異なるボールは使用できない。 ホブラン、2罰打で済んでよかった! 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!
  • 商品の価格は、製造原価だけでなく、需要と供給のバランスによって決まるというが、定価49.99ドル(1ダース)のタイトリスト・プロV1が6倍の300ドルになるのであれば、もはやこれはニュースと言えよう。 『プロV1 レフトドット』(・Pro V1)は、ProV1というロゴの左にドット(点)が入る、通常モデルとは異なった仕様のボール。ご存じのとおり、プロV1は米国ツアーで最も使用されているといわれるが、この“レフトドット”は、「毎週6名から12名のプロが使用している」(タイトリストゴルフボールマーケティング部門副社長)そうで、プロやトップアマのために開発され、「非常に限られた数量」が販売される、いわばスペシャルモデルというわけだ。2016年の「全英オープン」では、H・ステンソンがこのボールを使用して優勝し、最近ではT・フィナウが「ザ・ノーザントラスト」で勝利。P・リードやJ・ローズもこのボールで優勝を手にしているという。通常のプロV1と比べるとレフトドットは打ち出し角が低く、スピン量が少ない。スリーピース構造であることやフィーリングは変わらないそうだが、コアの大きさと層の厚さを調整し、ディンプルを深くしているという。レフトドットの最新バージョンは、9月1日にオフィシャルサイトと一部のプロショップで売りに出されたが、米国オークションサイト「eBay」で見ると、販売直後に100ドル強で売りに出され、最近では300ドルに達する勢いだ。さらに日本のオークションサイトを覗いてみると、なんと1ダース4万5000円以上の値が付いていた。送料を入れれば5万円近い値段。ボール1個約4000円。ロストを気にするアベレージゴルファーには、無縁のゴルフボールということか。 スピン量はドライバーで200~300rpmほど変わるという 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より こちらもチェック!