Myゴルフダイジェスト

米女子ツアー「2021ベストカムバック賞」は全米女子オープンの笹生優花。選出の理由は?

劇的な逆転勝利を達成した選手に贈られる、米LPGAツアーの「21年カムバック・オブ・ザ・イヤー」に笹生優花が選ばれた。

米西海岸のサンフランシスコに冷たい海風が吹いた6月、優勝候補の一角レキシー・トンプソンに1打差の2位で最終日をスタートした笹生。しかし、出だし直後の2番と3番で連続ダブルボギーを叩き、一時レキシーに5打差をつけられる絶体絶命のピンチに立たされた。

しかし後半ミラクルが起きる。レキシーが13番のダブルボギーで失速すると、上がり5ホールで3ボギーの大乱調。対する笹生は16番、17番で連続バーディを奪ってレキシーに並びかけると、最終18番でパーセーブできなかったレキシーに1打差をつけホールアウト。先に上がっていた畑岡奈紗とのプレーオフを制し、大会史上最年少チャンピオンに輝いた。

なぜこのストーリーがベストカムバックと評されるのか?

それはメジャーの最終日のバック9で5打差をひっくり返した事実に加え、相手が人気&実力ともにトップクラスのレキシーだったから。彼女の歴史的惨敗を演出し、主役に躍り出た19歳の勇姿に、世界中が感嘆の声を上げた。

LPGAツアーのホームページでは、フィリピン国籍の笹生が同国初のメジャー制覇を果たしたことに加え、彼女のスウィングがR・マキロイにそっくりと世界中で評判になったことも紹介されており、SNSで彼女の話題がバズりまくったと伝えている。

「度胸と決断が最終日を支配した。笹生が序盤で連続ダブルボギーを叩いた時点で白旗を上げるのは容易だっただろう。5打のリードを許したのだから。しかし笹生は毅然と立ち向かった」という文言で記事は締めくくられている。

残念ながら笹生が日本国籍も持ち、日本勢としては樋口久子、渋野日向子に続く3人目の和製メジャー覇者であることには触れられていなかった。

2022年の活躍にも期待!(PHOTO/KJR)

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • 劇的な逆転勝利を達成した選手に贈られる、米LPGAツアーの「21年カムバック・オブ・ザ・イヤー」に笹生優花が選ばれた。 米西海岸のサンフランシスコに冷たい海風が吹いた6月、優勝候補の一角レキシー・トンプソンに1打差の2位で最終日をスタートした笹生。しかし、出だし直後の2番と3番で連続ダブルボギーを叩き、一時レキシーに5打差をつけられる絶体絶命のピンチに立たされた。しかし後半ミラクルが起きる。レキシーが13番のダブルボギーで失速すると、上がり5ホールで3ボギーの大乱調。対する笹生は16番、17番で連続バーディを奪ってレキシーに並びかけると、最終18番でパーセーブできなかったレキシーに1打差をつけホールアウト。先に上がっていた畑岡奈紗とのプレーオフを制し、大会史上最年少チャンピオンに輝いた。なぜこのストーリーがベストカムバックと評されるのか?それはメジャーの最終日のバック9で5打差をひっくり返した事実に加え、相手が人気&実力ともにトップクラスのレキシーだったから。彼女の歴史的惨敗を演出し、主役に躍り出た19歳の勇姿に、世界中が感嘆の声を上げた。LPGAツアーのホームページでは、フィリピン国籍の笹生が同国初のメジャー制覇を果たしたことに加え、彼女のスウィングがR・マキロイにそっくりと世界中で評判になったことも紹介されており、SNSで彼女の話題がバズりまくったと伝えている。「度胸と決断が最終日を支配した。笹生が序盤で連続ダブルボギーを叩いた時点で白旗を上げるのは容易だっただろう。5打のリードを許したのだから。しかし笹生は毅然と立ち向かった」という文言で記事は締めくくられている。残念ながら笹生が日本国籍も持ち、日本勢としては樋口久子、渋野日向子に続く3人目の和製メジャー覇者であることには触れられていなかった。 2022年の活躍にも期待!(PHOTO/KJR) 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Seiichi Nomura、Hiroyuki Okazawa、Takanori Miki 全米女子オープンを制した笹生優花のスウィングの凄さについて、現地でそのプレーを目の当たりにした黒宮幹仁コーチが解説。そしてそのスウィングを支える強靭な肉体を作り上げたトレーニングの中身とは? 解説/黒宮幹仁 松田鈴英などを教えるプロコーチ。今年は教え子の小暮千広(アマチュア)さんのキャディとして全米女子オープンの会場に足を運んだ トップから頭が一切動かない! 今年の全米女子オープン会場で笹生選手を見ていて痛感したのが、海外でも彼女の魅力である“飛ばし”が試合運びを優位にしていたということ。だからこそ全米女子オープン優勝を勝ち取れたのだと思います。彼女のスウィングのスゴいところは、小さい頃からの筋力トレーニングで培った並外れた下半身と体幹の強さにあります。体の強さがスウィングの随所に表れているのですが、まずはトップの形。上半身がボールの右側に来るくらい深く体をねじっています。そして切り返し以降は、上半身(特に頭)をボールの右側に残したまま回転し、インパクトを迎えています。いわゆるビハインド・ザ・ボールですが、これだけ頭が残っていれば、ヘッドと上半身の引っ張り合いが強くなり、ヘッドを加速させることができます。つまり、飛距離を出せるということです。深いトップを作ることができる選手はほかにもいますが、そこから頭を右に残したまま打つことはほぼ不可能です。笹生選手のような強い体幹と下半身があるからこそできる唯一無二のスウィングなんです。 強靭な肉体を作ったトレーニングの中身とは…… なんと14キロの重りをつけてランニング! 父の教えのもと、アマチュア時代から続けてきたトレーニングのひとつが、重りをつけてのランニング。着ているチョッキは10kg、足には左右2kgずつ、計14kgもの重りをつけて走っていたという 野球、バスケ、武道……あらゆる動きが糧になる! (左上)1.2キロのマスコットバットで左右各30回以上の素振りを行い、振る筋肉を鍛える。(左下)野球のグローブを持ち、父の投げるゴロを反復横跳びの要領で補球するトレーニング。(右)空手、柔道、剣道の段位を所持。3つの武道とボクシングで体の基礎作りをしていた (左)バスケットボールのジャンプシュートを行うことで、地面からの反力を効率よく利用するための動きを染み込ませることができる。(右上)元プロ野球・岩隈久志選手主宰のアカデミーの門を叩き、柔軟性に磨きをかけた。(右下)ジャンボ尾崎特製の“素振り棒”で片手素振り。右手で押す力、左手で引く力を養う アマ時代の笹生をフィリピンで直撃秘蔵映像を公開! プロになるため、ゴルフ環境の整ったフィリピンに移住し武者修行していた笹生。当時のトレーニング風景やスウィングなどの秘蔵映像を公開! 月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p25139/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p25164/
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa 力強いスウィングで圧巻のショット力を誇る笹生優花。そのスウィングの特徴について、ジャンボ軍団の“兄弟子”にあたる小山内護に解説してもらった。 解説/小山内 護 おさない・まもる。1970年生まれ。ジャンボ軍団きってのロングヒッター。レギュラー時代にはツアー通算4勝を挙げ、昨年シニアデビュー。ジャンボ邸に通う笹生にアドバイスを送っていた 2020年の週刊GD11月24日号では2人の対談レッスンを掲載!>>バックナンバーをチェック 地面のチカラを回転力に転換 優花のいいところは、地面からの反力を利用して、それを回転に変換できるところだよね。普通の人は踏み込みが弱くて、切り返しからいきなり回転運動になっちゃう。それが優花の場合は、まず踏み込む力がめちゃくちゃ強くて、それを一瞬ググッとためてから、ドカーンと地面を蹴って回転してる。極端に言うと、ジャンプしているような感じだよね。それでも上体が起き上がらないところがすごいんだ。普通にジャンプすると、当然、体は浮き上がる。でも、優花のダウンスウィングからフォローにかけてを見ると、ジャンプしているのに、頭の位置はむしろ下がっている。これって意識してもなかなかできるもんじゃない。相当筋力が強くて、柔軟性もあるんだろうな。ダウンスウィングに入ったときに、上体の面は下に向けておく。そうすると下からの突き上げに対して、上から押さえつける形になるから、逃げ場がなくなったエネルギーが強烈に回転の力に変換される。優花でも疲れてくると体が起き上がってきちゃうことがあるから、それが課題かなと話していたんだ。全米女子オープンでもときおり上体が我慢できないようなときがあったけど、最後まで自分のスウィングをやり切っていたよね。まだまだ改善して飛ばせる要素があるから、この先さらに楽しみだよ。 下半身から順序よく動いている 優花のスウィングを間近で見ていて凄いなと思うのは、基本的なことだけど「足から動かせている」ということだよね。人間ってやっぱり手先のほうが器用だし、脳に近い手のほうが動きやすいと思うんだ。でも優花の場合はサッカー選手みたいに、脳から一番遠い足から動かせてそれをパワーにつなげられる。スウィングの始動も下から、打ちに行くのも下から。テークバックで下半身から順繰りに動かしてぎりぎりまでパワーをためて、ダウンスウィングでもまた下半身から順繰りに動かしてクラブヘッドを一気に走らせている。優花に言っていたのは、「下半身が先に回って、右にミスするのはOKだけど、左にミスするのはダメ」と。実際、下半身が先に回っていれば、ダウンスウィングで「右に行きそうだな」と感じた瞬間に、手がバーンと振れて追いつくから、結局、あまりミスにならないんだよ。最終日は下半身が止まったショットがいくつかあったけど、それでも最後までもったのは、やっぱりお父さんと子供のころからやってきたトレーニングのたまものだよ。ジャンボさんも初めて優花を見たとき、「この下半身は簡単に作れないぞ。どんな練習したんだ?」と質問攻めにしていたっていうからね。俺も何度かアウトドライブされているから、うかうかしていられないね(笑)。 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月29日号より
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Arihara Hiroaki 笹生優花、古江彩佳、原英莉花、小祝さくら。2020年の賞金ランク上位4人のフレッシュな女子プロたちにリモートインタビューを敢行。2020年を振り返ってもらうとともに、2021年の豊富を語ってもらった。4人目は、ルーキーイヤーの20年に2勝を挙げ、賞金ランクトップに輝いた笹生優花だ。 GD 昨年はどんな年でしたか? 笹生 いつもどおりの1年ではなかったですよね。半年試合がなかったのが一番大きい。緊急事態宣言で練習に行けなかったり、何が起きているかわからない怖い部分もあった。でも普通どおりに生活や練習をするようにして試合を待つ感じでした。試合が開催されたときは、嬉しいというより有難い気持ちが大きくて。でも、こんなに成績が出るとは思ってなかったので嬉しい。目標はリランキングを通過することでしたから。 GD 全米女子オープンは? 笹生 楽しかったですが、コースセッティングは難しかった。でも、戦い方はあまり変える必要はないかなとも思いました。自分のゴルフをすればいいんだと。 GD 昨年成長した部分は? 笹生 パッティングでしょうか。しっかり練習して、あとは自分のパットを信用すること。信用がないと入らない気持ちが先に出ます。メンタルが強いわけではないんです。ポジティブでもネガティブでもない。でもたとえば、ミスしても、出るものだと思えばいいし、結果がよければOK。ラウンド中はミスしても何も変えようとせず、同じルーティンをして臨みます。 GD ローリー・マキロイのスウィングに似ているとアメリカの放送でも言われていました。 笹生 いやあ、似てないですよ。細かく見ればけっこう違います。バックスウィングの大きさや体の動かし方も。もう少し頑張らないと。ドライバーはマキロイが一番スゴい。アイアンはタイガー・ウッズです。どこからでもグリーンに乗せられる。アプローチもタイガー。グリーンに乗らなくてもパーセーブ率が高い。パットもやっぱりタイガー。安定しているからです。 ジャンボ尾崎のもとには渡米前、年末挨拶に。「スウィング的にはとくに言われませんでしたが、練習方法というか、ショットが安定しないときはドローとフェードを打つといいと。難しいことではないですが、体が動くようになるからだと思うんです」 GD オフは何をしていますか? 笹生 何も用事がなければ家で寝ています(笑)。姉弟が家にいれば一緒に卓球をやったりはします。音楽は毎日聞きます。Kポップ、洋楽、日本の歌も。そして最近、本当に何でも美味しく食べちゃう感じで。前は吉野家の牛丼(卵付)が好きすぎて毎日食べたかったのに(笑)。もう少しアスリートっぽい体格にはなりたいんですが。 GD 今年の目標は? 笹生 オリンピックは出られたらスゴく嬉しいですが、その前の試合もあるので、オリンピックだけに集中というのはない。今年は試合をやってくれるだけで有難い気持ちがあるので、毎試合出場して、自分が納得いくような良い成績が出るように頑張りたいです。もっと先には、ゴルフを始めた頃からの夢、アメリカでのプレーがある。そのために、今月からいつもどおりトレーニングをして、ラウンドして。モットーは「ニュートラル」。自分はいつも“普通”でいたい。それがゴルフにもいいはずです。 週刊ゴルフダイジェスト2021年1月26日号より 関連記事 https://my-golfdigest.jp/tournament/p7365/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p7690/ https://my-golfdigest.jp/tournament/p8416/