Myゴルフダイジェスト

【わかったなんて言えません】Vol.61 杉山知靖#3「好きなだけ練習させてくれるゴルフ場に感謝」

「ゲンちゃん」こと時松隆光がプロを招いてトークをする連載「わかった! なんて言えません」。今週のゲストは先週に引き続き、9月のブリヂストンオープンで初優勝を飾った杉山知靖。ともにコースに所属している2人が、日々感じていることとは?

ホスト/時松隆光

1993年生まれ、福岡県出身。ツアー通算3勝。プロ10年目。テンフィンガーグリップで戦う。愛称は“ゲンちゃん”

ご指名/杉山知靖

神奈川生まれ。ツアー1勝。明徳義塾、中央学院大卒業後、15年プロ入り。レイクウッドコーポレーション所属。“人柄”にも注目!

前回のお話はこちら

時松 杉ちゃんは大学にいったんだよね。どうだった?

杉山 どうだったって?

時松
 いや、僕ら九州のプロって大学にいく奴が少なかったから、杉ちゃんみたいに大学でアマチュアの試合に出て自信をつけていくゴルフ人生と、僕みたいに予選会で何回も失敗してたたき上げでいくのとどっちがよかったのかなと思ったんだけど。

杉山 それは源ちゃんみたいに高校時代にトップのほうでやっていたら卒業後にいきなりQTを受けていたかもしれないけど、自分はまだ早いと思った。大学4年間で自分のゴルフの土台をしっかり作ってからプロの世界にいこうと考えていたかな。

時松 中央学院にいったのは?

杉山 (東北)福祉大や日大のような強豪校にいく実力がなかったから。でも中央学院は普通に大学の講義にも出て部活もあって、オン、オフをしっかりつけた学生生活が送れたから、それは本当によかったと思っている。

時松 僕は高校を卒業して研修生になろうと思っていたときに、ジュニア時代からお世話になっていた筑紫ヶ丘GCから練習をしてもいいと言ってもらい、翌年にプロ転向して所属にさせてもらった。杉ちゃんもコースに所属だよね。


杉山 うん。今所属しているレイクウッドグループのゴルフ場が当時、成田にあって。中央学院のゴルフ部の学生はそこでキャディのバイトをしていたんだけど、僕が2年で日本アマに準優勝したときに、当時の社長から、今度よかったらうちのコースに来て回ってみないかと誘っていただいて、その後、何回か一緒にラウンドをしたことでご縁が広がって所属プロになりました。

時松 でもゴルフ場の所属プロって、ツアーに出るようになる前は、カートにバッグを乗せたり練習場のボールを拾ったりする程度で、ゴルフ場としたらほぼほぼ要らない存在じゃない。

杉山 ツアープロになったら、普段はいないことが多いしね。

時松 それなのに僕も杉ちゃんもずっと面倒を見てもらえるのって、ありがたいことだよね。

杉山 本当にそうだね。レイクウッドのスタッフの皆さんは僕のことを家族のように親身に思ってくれていて。たとえば僕が21年シーズンの5月の終わりに3試合連続で予選落ちして悩んでたとき、グリーンキーパーさんから「杉ちゃん、俺たちキーパーは、明日ラウンドするお客様のために最高のコンディションに仕上げるようにとことんやっている。杉ちゃんも、うち(レイクウッド)だったらとことん練習ができるんだし、やってみたらいいんじゃないか」って声をかけてもらった。それで2週間、自分のゴルフを立て直すために所属先にこもって練習をして、その後に出た日本プロで19位タイになり、ゴルフの状態が元に戻り、そのまま秋のブリヂストンオープンの初優勝に繋がったんだ。僕らプロはお客さんがはけたらコースに出たいし、同じ時間にコース課の人たちはコース整備をしたいから、かち合う関係にあるけれど、「プロの仕事はコースで技術を磨くことだから」って協力してくれる、すごく理解してもらっていると思う。

優勝は所属コースへの恩返しです!

「コース付きのプロとして、源ちゃんも僕も優勝という結果を出せて、恩返しができたことはよかったなと思っています」(杉山)

時松 いい話ですよね。プロの仕事はコースで技術を磨くことだっていうのは。

杉山 サッカー選手はサッカー場で、プロ野球選手は野球グラウンドで練習するでしょう。それなのにプロゴルファーがマットの練習場ばかりで練習をするのって、僕はずっとおかしいなと思っていて。実際のコースは全然平らじゃないし、芝の状態もまちまちだし、だから絶対にコースで練習をしたほうがよいなと思う。僕も源ちゃんもどちらかというとコースで自分の技術を作り上げてきたほうだから。

時松 ゴルフ場の話になったので、僕が選手会長だった関係でクレームをいただいた話をさせてもらいます。あるトーナメント開催のゴルフ場さんから「男子プロは試合中のロッカーの使い方がよくないです」と写真を見せていただいたら、ゴミ箱の周辺が燃えるゴミから飲みかけのペットボトル、シューズやタオルなんかが山積みに散乱しているんです。男子ツアーを何とかしよう、スポンサーさんやファンの皆さんを大事にしようという意識が選手の間で高まってはいるけれど、そもそも戦う場所であるコースに対する使い方がなっていなかった。それ以来、係の人がロッカー内を掃除する大変さを見て、これはダメだと思い、自分が気づいたときは飲みかけのペットボトルの水を抜いて捨てるくらいはしています。もうこれは選手とキャディが一緒になって何とかしないといけない問題だなと思います。コースを貸していただけなくなったら、僕らは戦えなくなるわけですから!

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • 鋭い視点とマニアックな解説でお馴染みの目利きプロ・佐藤信人が、いま注目しているプレーヤーについて熱く語る連載「うの目、たかの目、さとうの目」。今週はブリヂストンオープンで念願のツアー初優勝を挙げた杉山知靖に注目。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa 10月第1週のブリヂストンOPで、初優勝した杉山知靖プロ。かつて契約がミズノで一緒だったこともあり、スギちゃんと呼ぶ選手です。この試合、ボクは中継を担当しましたが、久々にパットのスゴい人を見た、という感じでした。特に最終日の前半は、1番で左手前のバンカーからオーバーした3mをねじ込むと、シビアなラインを次々と入れ続けました。最終組で優勝争いをした片岡尚之プロに対し、先にスギちゃんが入れるという展開が続きます。片岡くんもよく粘りましたが、スギちゃんがグリーンに乗せると「もう全部OKでいいですよ」と苦笑いする始末。もともとパッティング巧者のスギちゃんですが、それにしても圧巻の戦いぶりでした。飛ばし屋の片岡くんとも飛距離でそこそこ勝負しており、以前より飛ぶようになった印象。フェードが必要なところ以外はすべてドローボールを打っていました。 続きを読む 神奈川出身で高校は高知の明徳義塾、2年先輩に松山(英樹)くんがいます。中央学院大2年の13年、日本アマの決勝で大堀裕次郎に敗れたものの2位になっています。大学4年の15年に最終QTに進んでプロ転向。アベマTVツアーを主戦場にしてきましたが、19年には2位が3回、賞金ランクで6位に食い込みました。そして今年7月、同ツアーのプレーヤーズ選手権チャレンジで初優勝を飾ります。レギュラーツアーでの優勝争い経験はほとんどありませんでしたが、アベマTVツアーではそれまで5度の2位がありました。初優勝で、嬉しそうな表情を画面越しに見ましたが、優勝コメントで「これまでは周りのスコアやプレーを気にしてしまって最終日に勝ちきれないこともありましたが、今日は意識することなく最後までプレーできたと思います」と。下部ツアーでの優勝争いの苦い経験を生かして今年優勝したことがとても大きな自信になったことがうかがえます。ブリヂストンでのスギちゃんの戦いぶりは、まさにそうした自信と経験に裏打ちされたようでした。もともと他の選手とは雰囲気が違う、独特の空気感を醸し出してもいるスギちゃんですが、稲森佑貴くんと行動をともにすることが多く、2人の独特な空気感が合うのかなあと思ったりもします。そして優勝インタビューは、母子家庭で育ててくれた母への朴訥な感謝の言葉。人柄を感じさせました。現在の所属先は、社長さんがその人柄に惚れて契約してくれたのだとも聞きました。また、ツアー初優勝の後はお世話になった人へのお礼回りで、日本オープンへの会場入りが遅れたのもスギちゃんらしいエピソードです。この優勝を機に、さらなる飛躍に期待します。 フィニッシュが崩れない 「仲のよい稲森くんとよく似ているのが、いろんな球を打ち分けるというよりは、1つのスウィングを同じ感じでリピートするのがとても上手だという点。テークバックの最初のところをゆっくり丁寧に上げて、そこからフィニッシュまで一気に振り切って、フィニッシュが崩れることもほとんどありません」 佐藤信人 さとう・のぶひと。1970年生まれ、千葉出身。ツアー9勝。海外経験も豊富。現在はテレビなどで解説者としても活躍中 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より 「さとうの目」バックナンバー
  • プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、ブリヂストンオープンで念願のツアー初優勝を挙げた杉山知靖のセッティングに注目。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa 杉山知靖 すぎやまともやす。1993年生まれ神奈川県出身。中央学院大時に日本アマ準優勝。2016年プロ合格。10月のブリヂストンオープンで初優勝 レギュラーツアーに初めてフル参戦した今季、ブリヂストンオープンで見事優勝した杉山知靖。クラブ契約はフリーだが、14本中11本がピンのモデルだ。杉山のギアを手掛けるピンのツアーレップ穂積さんに話を聞いた。「共通の知り合いから紹介されたとき、ドライバーの方向性にやや悩んでいる様子でした。当時のG410+を試したら気に入って使い出して、G425 MAXに替えたのが昨年のダンロップフェニックスから。ロースピンのLSTも試しましたが『ボールがやや上がりきらない』と、MAXの10.5度に決定。『つかまりが良くてしっかり上がる』と即決でした。シャフトはずっと三菱ケミカル系を入れていて、今はディアマナのプロト。45.75インチと長尺ぎみなのでスペックは6X。組み上げて手渡した後、練習ラウンドで試しながらソールに自分で鉛を貼って使っていますね。安定感が高まって曲がらなくなったぶん、振れるようになり飛距離も出ているようです。当初はドライバーだけだったが、他の番手もフィッティングして、ほぼ全とっかえに。「クラブ契約せずフリーのままですが、『キャディバッグや帽子も使えますか』と言われ提供しています(笑)」アイアンはiブレードを使用。「地面が軟らかい夏場はi210アイアンを使いましたが、秋口からはずっとiブレード。地面が硬くなる秋冬は『ソール幅が薄いほうがイメージどおり抜けて距離感を出しやすい』とのこと。自分のクラブについて考えて分析している選手なので、クラブについては彼主導。このオフに、ウェッジとパターもフィッティングする予定です」 G410+、G425 MAXとピンの1Wを使い出して方向性の悩みが解消。フェアウェイキープ率も2018年の50%から56%(今季)に向上。シャフトはディアマナのプロトだが、コスメだけ銀色のDリミテッドを特注 UTは「G425よりもスピンが入ってコントロールしやすい」とG410の4Uと5Uを使用。高さと距離を合わせるためにそれぞれ1度立てている。5Uはアイアン感覚で使うためシャフトはスチールのモーダス。FWは1Wの流れで2本ともG425 MAX iブレードがエースアイアン。地面が軟らかく、ラフが伸びる夏場はi210アイアンも使ったという。現在はコースに応じて5Iのみiブレードとi210を使い分ける 「両ひじから先のフィーリングを大事にしているので、シャフトと一体化するよう短い33インチ」(杉山)。ツアープロに人気の高いホワイトホットOGシリーズの2ボールパター 杉山知靖の14本 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より 「プロスペック」バックナンバー こちらもチェック!
  • <ブリヂストンオープン/袖ケ浦CC 袖ヶ浦C(千葉)/7119Y・パー71/10月7日~10日> 千葉県袖ケ浦CC袖ケ浦Cで行われたブリヂストンオープン。ツアー未勝利でシード権も持たない杉山知靖(ともやす)が、プロ入り7年目にして待望のツアー初勝利を手にした。 PHOTO/Hiroyuki Okazawa 杉山は幼稚園時代から、地元近くの練習場でアマチュア指導にあたる内田豊プロに師事して以来、その関係は現在でも続いている。「実は彼のおばあちゃんの時代から、3世代にわたって指導しています。おばあちゃんに連れられ、はじめて私のレッスンに来たとき、『プロになりたい』というので、私も本腰を入れなければと、できる限りのことを教えてきました」と内田プロ。勤勉で真っすぐな杉山の性格を知り尽くし、今でも試合前には必ず助言を求められるという、いわば心の支え的存在。「彼の強みは、とにかく粘り強いこと。アプローチパットが抜群に上手いんです。ただ、この週は調子が悪かったようですね」(内田プロ)実は2日目の朝、杉山からアドバイスを求める電話があったそう。「ドライバーの引っかけが止まらないと言うので、タイミングについてアドバイスしました。そしてもうひとつ、自分のことだけを考えて、勝ちに行くよう伝えました」周囲へ気を使いすぎる傾向があるという杉山への助言が奏功したか、3日目に「62」を叩き出し、トップに躍り出る。2位の片岡尚之に3打差をつけ迎えた最終日、6番パー4でボギーを打ち、一時は首位に並ばれるが、流れは手放していなかった。このホール、2打目で入れたグリーン奥のバンカーから無理にピンに寄せようとせず、あえてグリーンをオーバーさせ、4打目のアプローチを寄せてのボギー。アプローチによほど自信がない限り、優勝争いの場でできるものではない。 冷静なマネジメント力も強み 一見、ミスのように見えるも、実は事前にキャディと話していた策。4打目の寄せに自信がないとできる芸当ではない そして7番で2メートル、9番で2.5メートルのバーディパットを決め、後半も3バーディとし、見事優勝、同時にZOZOチャンピオンシップ出場権も手にした。「優勝という結果におごらず、感謝の気持ちを忘れず精進したい」と、あくまでも謙虚な杉山。ZOZOチャンピオンシップでの粘り腰が楽しみだ。 優勝争いの陰で“ZOZO”出場権争い 優勝者に加え、すでに出場資格を持っている選手を除く2位以下の上位2名が「ZOZO」の出場権を手にできる本大会。最終日に「63」を出した片岡尚之(左)と「64」を出した香妻陣一朗(中)が2位タイに入り出場権を手にした。最終日に杉山と同じくコースレコードタイの「62」を叩き出した植竹勇太(右)は、1打差の4位に終わり惜しくもZOZO出場を逃した 「ショットは少しずつ良くなっている」 ドライバーに不安を抱えつつも、なんとか予選通過した石川遼は28位タイ。この後、10月中旬に開催される米国下部ツアー2次予選会出場のため渡米 <ブリヂストンオープン・最終成績> 優勝杉山知靖-192位T香妻陣一朗-162位T片岡尚之-164位植竹勇太-155位S・ノリス-146位岩田寛-137位TS・ビンセント-127位T永野竜太郎-127位T竹谷佳孝-12 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より