Myゴルフダイジェスト

【マイナビABCチャンピオンシップ】「3勝目まですごく長く感じた」浅地洋佑が大混戦を制す

<マイナビABCチャンピオンシップ/ABCゴルフ倶楽部(兵庫)/7217Y・パー72/11月4日~7日>

終盤まで大接戦となったマイナビABCを制したのは、プロ入り10年目の浅地洋佑。2年ぶりのツアー3勝目を挙げた。

PHOTO/Hiroaki Arihara

最終組でスタートした3人、堀川未来夢、石坂友宏、浅地洋佑の三つ巴の戦いとなった最終日。14アンダーで並んで迎えた17番パー4で、浅地がミラクルショットを連発する。ラフからのセカンドは左の林をものともしない高弾道ショットでグリーンオン。7メートルのバーディパットをねじ込み、一歩リード。最終18番パー5でも、バーディパットをしっかり沈め、石坂、堀川を振り切って優勝した。

「何度も優勝のチャンスがありましたけど勝てなかったので、3勝目まですごく長く感じました」と安堵する浅地。4勝目もそれほど遠くはないに違いない。

4度目の最終日最終組で再び2位となった石坂は、「相手じゃない、コースと向き合ってどう攻めていくか。改めてわかった」。パットイップスに悩んでいた堀川は、「久しぶりにまともな人間らしいパッティングをしたような感じだった」。2人の勝利も近そうだ。

賞金王争いも熾烈になってきた。残り4試合、目が離せない戦いは続く――。

熾烈を極める賞金王争い!

木下稜介
1億86万9647円

最終日スコアを崩して43位タイに終わったがランク首位は死守。気持ちを切り替え、キレのあるショットでファンを魅了した先に、目指す賞金王はある 

<マイナビABCチャンピオンシップ・最終成績>

優勝浅地洋佑-16
2位T石坂友宏-14
2位T堀川未来夢-14
4位片山晋呉-13
5位T杉山知靖-12
5位T稲森佑貴-12
7位T鍋谷太一-11
7位TS・ビンセント-11
7位T金谷拓実-11
7位T谷原秀人-11

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

こちらもチェック!

  • 「ゲンちゃん」こと時松隆光がプロを招いてトークをする連載「わかった! なんで言えません」。今週からのゲストは、同じ学年の仲良しでもある浅地洋佑。まずは浅地が6月に初挑戦した全米オープンの経験談から。 ホスト/時松隆光 1993年生まれ、福岡県出身。ツアー通算3勝。プロ10年目。テンフィンガーグリップで戦う。愛称は“ゲンちゃん ご指名/浅地洋佑 東京生まれ。ツアー2勝。ジュニア時代から注目され11年プロ入り。調子を崩す時期があるも復活し、19年ツアー初優勝 時松 今週からは、浅地洋佑くんの登場です。洋佑は僕と同学年。まず聞きたいのは、今年の全米オープンの話から。日本での予選会、2枠しかない狭き門を、石川遼さんと2人で通過しての参戦だったよね。浅地 同じ高校(杉並学院高校)の先輩の遼さんとは、3年生と1年生だったから一緒に試合に出たことはなくて、それが全米オープンで実現するなんて、ホント、感慨深かった。試合は楽しかったけど、レベルの差を感じたよね(116位タイ予選落ち)。とくに飛距離が。時松 やっぱり、そこね。自分も3年前にPGAツアーのブリヂストン招待に参戦したとき、4日間の平均飛距離で最下位(292.5ヤード)だった(苦笑)。浅地 まだ20~30ヤードは足りないかなと。時松 でもいずれにせよ、世界のトップ選手との差を感じられたのはいいことだよね。浅地 そう、足りないところだらけだけどね(笑)。時松 でも最近、洋佑、飛距離伸びたでしょ? 試合で一緒にラウンドしたときにそう感じた。浅地 今シーズンが始まる前に、クラブを軽くしたり、シャフトを替えたり、長さを伸ばしたりして、いろいろ試してみたんだよね。手応えがあったのは、45インチから45.75インチに伸ばしたシャフト。時松 僕より平均20ヤードくらい飛ばすようになって、弾道に伸びがあって、いい感じだなと。浅地 ガッツリ当たったときは、今までより10ヤードは伸びた。全米オープンでどうかなと思っていたんだけど、やっぱり、それでも足りなかったね。時松 スウィングは変えた?浅地 スウィングについてはあまりいじらないようにと考えているところ。とはいえ、人に気づかれないレベルでは変えている。流行りの「地面反力」は2年前からやっていて、それにプラスして、フットワークを昔よりはだいぶ抑え気味にしつつ、各所の筋肉をしっかり動かす意識に変えてみた。それまでは意識したことがなかった筋肉のそれぞれの動きを感じて球を打つだけでも、弾道って変わるんだよね。そのおかげでショットもよくなってきたし。 「全米オープンで再確認。やっぱり飛距離は伸ばしたい。シャフトを長くしたり、それぞれの筋肉の動きを感じて球を打つだけでも弾道は変わります」(浅地) 時松 全米オープン、会場はトーリーパインズだったね。僕も世界ジュニアで回ったことがあるけど、タフなコース。全ホールは覚えてないけど。浅地 僕は今回の全米オープンで行く前から、全ホール覚えてたよ。記憶力、めっちゃいいからさ。車の運転でも1回通った道を忘れないし、ゴルフコースでもそれは同じ。源ちゃんの2年前に、僕も世界ジュニアでトーリーパインズを回っていて、全米オープンで戻ってこられて嬉しかった。予選を通れればもっと嬉しかったと思うけどね(苦笑)。時松 トレーニングはどれくらいやってるの?浅地 結構やってる。プロテインも飲んでるしね。だけどそんなにデカくならない。源ちゃんも僕も、外国人選手と比べたら体も小さいから限界はあるかもしれないけど、あきらめてしまいたくはない。それに、勝負は飛距離だけじゃないだろうしね。時松 いつまでに、とか期限を決めているわけではないけど、やっぱり海の向こうでやりたいとは思うよね。浅地 うん、僕もそう。早めに行きたいな、とは思う。若いうちにね。そのためには、言葉の問題もあるじゃん。先輩の遼さんに直接なにかを教わったことはないけど、ただ海外でも堂々としているあの佇まい。ああいう選手になりたいと憧れる。オシャレで品があるだけじゃなく、海外の選手とも積極的に話せて。だから僕も、英語を学びたいなと。時松 遼さんのトーク力はハンパない。(選手会の会議で)通訳がいなくて外国人選手と話せずに慌てていると、「僕が通訳するから話していいよ」って。もう、びっくり。浅地 決めた。俺、来年までに英語覚える! 日本にも外国人選手は多いし、話せたほうが絶対に楽しいはずだから。時松 僕は、来年までには……、ムリかな(笑)。リスニングが一番だと言われているけど、聞いても何もわからんもん!浅地 だけどさ、遼さんたちと一緒に選手会を盛り上げて、選手会長を引き受けて、源ちゃん頑張っているよね。時松 遼さんはもちろん、(池田)勇太さんにも助けてもらってばかりだけどね。俺はスピーチもまだまだで、事前に考えたことを忘れないようにしなければと思っていたら、遼さんも勇太さんも、「事前に考えたりしないよ」って。参りました(笑)。浅地 源ちゃんは源ちゃんらしい選手会長でいいんじゃない。ゴルフ以外でも頑張っている源ちゃん、同い歳としても誇りだからさ!(つづく) 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より