Myゴルフダイジェスト

中島啓太がまたも快挙! アジアアマ制覇でマスターズ出場権をゲット

10月のパナソニックオープンで史上5人目のアマ優勝を飾った中島啓太(日体大3年)がまたやってくれた。世界アマランク1位で挑んだアジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権。課した目標は「優勝」ただ1つ。夢のマスターズへの切符を手にした21歳は、さらに上へと羽ばたく。

PHOTO/大会提供 TEXT/Yumiko Shigetomi

「松山さん、金谷さんに続けて光栄です」

「家族や地元の練習場の方たちのことが浮かんで……」。今年いちばんの目標に挙げていたアジアアマを制した中島は表彰式を待つ間にこみ上げる涙が止まらなかった。

優勝候補として乗り込んだが、楽に勝てたわけではなかった。最終日の9番でダブルボギーを叩き、その後はコー・タイチ(香港)にトップの座を奪われ「諦めかけました」という場面もあった。しかし「ここで終われない」と自分を奮い立たせてコーとのプレーオフに持ち込み、2ホール目で5メートルのバーディパットを沈めると珍しく感情を爆発させた力強いガッツポーズが飛び出し、この大会にかけていた思いの強さがうかがえた。

5メートルのスライスライン。ウィニングパットを決め、クールな中島が熱いガッツポーズ。「入れることしか考えていなかった」

今年は日本アマ優勝、プロツアー優勝、マーク・マコーマックメダル獲得、アジアアマ優勝と大きな目標を次々と達成して飛躍の年となり、来年はマスターズ、全米オープン、全英オープンの出場資格を獲得。「メジャーではローアマ目指して頑張って、プロ入りの準備をします」と、日本ゴルフ界期待の星はすでに新たな目標を見据えている。

松山英樹、金谷拓実に続く日本人3人目の快挙。プレーオフまで争ったコー・タイチ(香港・20歳)と記念撮影。コーの母は日本人だ

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

こちらもチェック!

  • 昨年11月に世界アマチュアランキング1位となった日本体育大学3年の中島啓太。先日のプロツアー、パナソニックオープンで、男子ツアー史上5人目のアマチュア優勝を果たした。世界トップアマの強さの秘密に迫った。 PHOTO/Tadashi Anezaki、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara 「全米アマのコースは今までで一番難しかった」 7月の日本アマでは念願の初優勝を飾った中島。今まで2位4回で、近所のおじさんに“2位の男”と言われていたという。「今年優勝して地元に戻ってもそんなに驚かれなくて。やっとだよね、という感じで迎えてくれました」 雨で中止となった18年も含めると2位4回だった。今年は最終日が雨で中止になったものの、「ゴルフ人生においてとらないといけないタイトル」をゲット しかし、8月にオークモントCCで開催された全米アマ。ここで一度、心が折れそうになった。「今まで回ったコースで一番難しかったですね。それまで一番だと思っていたロイヤル・メルボルンより、フェアウェイにアンジュレーションがあり、ボールが転がる。グリーンも硬くて、さらに風もプラスされた感じで。でも、自覚が足りなかった。初出場でしたが、本当にレベルが高い試合に出るという自覚と、世界ランク1位として出ることに対しての自覚です。現地では、様々なメーカーの方に声をかけていただいたり、ペアリングもランク1、2、3が一緒で注目組でしたが……」結果は無念の予選落ちだったが、そこでしっかり自分を見つめられるところも中島の強さだ。「初日80を叩いてしまい、そこで切り替えられないと本当にズルズルいきそうだったので、きちんと次にやるべきことに向き合って考えてはいけました。以前は、体が強くて大きくてパワーゲームをする選手が多いイメージでしたが、きちんと皆マネジメントして小技で勝負する選手もいますし、少し変わってきているのかなと」変わったのは中島のほうかもしれない。心技体が確実に成長しているからだ。「帰国後の隔離は長くて大変でしたが、トレーニングや練習ができて、自分自身を考え直す時間もあった。すごくいい2週間でした。『ゴルフデータ革命』という分厚い本を勉強もしました。ショートゲームの練習やトップ選手の考えていることはすべてデータに基づくべきなんです」その後、5日間、毎日2ラウンドする大学のリーグ戦に出場。そうしてパナソニックオープンを迎える。この試合ではリーグ戦から続く14すべてのホールでドライバーを使うマネジメントを試した。 続きを読む ドライバーを振り続けたパナソニックOP 「(ナショナルチームヘッドコーチのガレス・)ジョーンズさんと話をして徹底しました。優勝など結果目標はまったくなかった。14回毎日ドライバーを振り切るというだけ。あとはコースにアップダウンがあったので、痩せないよう、試合中でも筋力を高めるため毎日トレーニングすると決めてやった。調子は悪かったんです……」以前中島は、「調子が悪くてもターゲットにだいたい飛ばせることは強み」だと言っていた。「調子とスコアは比例しない」が座右の銘でもある。そうして、プレーオフの末、アマチュア優勝を果たした。優勝後、嬉し涙を流した中島。「結構涙もろい。負けても勝ってもいつも泣いています。泣いたのは東建以来です」と笑う。春の東建は金谷拓実に競り負けての悔し涙だった。その金谷がプロ転向したときは寂しくて泣いた。クールに見えてじつは感情豊かなのだ。 4日間、体全体を使って打ち、決めたスウィングで迷わず振り抜いた。「自分の優勝で泣いてくれた方がたくさんいたので嬉しかった」と本人も涙 「でも優勝は自信になりました。最終日のバックナインは、優勝争いの臨場感のなかでドライバーを打ついい機会にもなった。今後そういう場面がきた時の自信となる。ドライバーで打つと課題である50~60Yの練習にもなりました。朝トレをしたので筋肉痛で左にいくミスが多かったんですが、終盤の15、16番でフェアウェイに打てたのは成長したところ。パットも勝負どころでしっかり打てた。プレーオフでもショートしなかったのは成長と感じた部分です」中島は、結果に焦らない。すべては、もっと強くなるため。「もっと先の目標」があるからだ。 結果にこだわるより結果につながる準備を 中島のゴルフは、JGAのナショナルチームで磨かれている。尊敬する先輩、金谷拓実とは今も時々連絡を取り合う。「全米アマ後、言ってもらったんです。金谷さんもオーストラリアオープンで80以上叩き、僕と同じ思いをしたと。そしてジョーンズコーチと出会い、自分と向き合うことやデータに基づいて練習をすることをしっかり行ったと。だから、僕もそれらを改めてきちんとやってみようと思ったんです」優勝後、金谷はすぐに電話をくれたという。「3日目が終わった時点で優勝すると思った、そんなに驚かなかった。またお互い頑張りましょうみたいに言われました」歳は2つ違うが、同じチームで合宿や海外遠征などで同じ時間をすごし、よき相談相手、ライバルとなった。金谷は中島について「きれいなゴルフをする」と言う。多くの人が中島のスウィングを美しいと評する。「自分では、苦手をつくらないというか見せないという感じなんです」という中島は、得意クラブも「ない」し、苦手クラブも「ない」と答える。 15年日本アマ東海クラシック”練ラン”試合で戦い、共に練習し高めあってきた2人。アマ時代「世界一の景色」を聞いたとき「達成できたら次の目標がくるから何も変わることはない」と答えた金谷。「それは僕も感じました」 データに基づいて練習することが大事です 中島の現在のコーチといえば、ナショナルチームのヘッドコーチ、ガレス・ジョーンズ氏だ。「ジョーンズさんは、技術だけではなく、アスリートとしての気持ちの持ち方なども指導された。ヘッドコーチでありながらチームメイトです」「ゴルフでは事前の“準備”が一番大切」というジョーンズ氏。試合のラウンドの出来は、コースの下調べに基づいたゲームプランをいかに忠実に実行できるかにかかっているという。昨年末、中島に話を聞いたとき「大事なのは準備、準備、準備です」と繰り返していた。ジョーンズ氏の教えが徹底しており、信頼関係がうかがえる。試合の準備だけでなく、トレーニングも、栄養・自己管理もすべてが“準備”。コロナ禍となった昨年も、いつ試合があってもいいように準備していたという。これもジョーンズ氏の教えだ。スウィングづくりにおいて、「細かいことは自分でやりたい。球筋からスウィングをつくるタイプなので、こういう球が出たらこうすれば直るというのがわかっています。動画を毎回、正面と後方を撮ってチェックします」という中島。そして今は、リモートでもミーティングができる時代。週1度くらいはジョーンズ氏と連絡をとり、スウィングや課題の確認をする。「携帯をつないで動画を見せたりして、Zoomでレッスンするような感じです。最近は、腰に負担がかかるスウィングになっているので、それを改善していくようチェックしました」 持ち球はフェード。300Y級の飛距離と切れのあるアイアンショットも持ち味。他人のスウィングはあまり参考にしない。「僕の型にはまっていきたい」 結果にこだわるよりは、結果を出すための準備が大切。だから、練習は質よく。ショートゲーム中心に、「ディーププラクティス」=深い練習もテーマだ。「集中して短時間でグッとやるのは自分にすごく合うんです。試合期間中は100球も打ちませんが、会場にいって、他の選手が練習をしているのに僕が先に上がるのがすごく嫌で、やりすぎちゃうこともある。そこは頑張って自分のことに集中したい。でも、パットなんかは誰よりも残ってやっていたいんですよ」学ぶことが好きな中島。大学でも栄養学や心理学などを学べる環境にあることが嬉しかった。「大学は去年で全部終わりましたが、JGAの合宿でも授業5回分くらいの内容の濃い講習があります。それにもし、メンタル面で困ったことがあっても、大学の監督やJGAの皆さんが助けてくれます」周りの意見を大事にできることも中島の強さかもしれない。 データは「客観的な事実」だというジョーンズ氏。準備のため練習ラウンドではコースやグリーンのデータも徹底チェックする 「準備、自分と向き合う自信と自覚を持つ」 中島はクールでカッコよく見える。そういう意見があると伝えると少し照れながら「嬉しいです」。高校の頃から表情を出さないように意識しているのだという。“鬼”と言われ賞金王を2回とったキム・キョンテに憧れてもいた。「あのサングラスをして、何を考えているかわからない。ポーカーフェースで強い。一緒に回っている人は怖いというか、相手のほうが意識するから、アドバンテージがあるかなと思ったんです」冷静に話しながら、さりげなく面白いことを入れようとする素の中島は、姉が2人いるからか“末っ子キャラ”でもある。「僕は本当に自由でした。ゴルフをしたいときは思い切りやって、したくないときはしなかった。ただ、楽しくやるだけ。スコアで怒られたことは一切ないです。でも、うちの家族、優勝した時は、冷めてましたねえ(笑)」今後、取り組む課題はいろいろある。50~60Yの精度、パッティング……。「何より今は、準備はもちろん、自分と向き合うこと、自信を持つ、自覚を持つ、この4つがテーマです」と言う中島。 50~60Yを磨くスライスラインを克服するウェッジは音をしっかり感じながら打つ。トレーニングで握力が上がり微妙な距離を強く打ってしまいがち。でも技術を磨けば調整できると考える/スライスラインを外側に外しているときは状態が悪くない。「元々スライスラインが苦手。克服できたらパッティングは変わると思います」 そして、体づくりは綿密に。ここぞという試合で、ケガや病気になった苦い経験があるからこそ人一倍勉強して気をつける。携帯電話に体重・体脂肪率・体組成などを日々記録もしている。「ケガで試合に出られないということが多いので、そこは課題です。でも、その出られないことで学べることや成長できることもあるので、しっかりやっていきます」以前は感覚派を自認していたが、データを取り入れるからこそ、成長はあると考えている。「7㎏ほど増えて体脂肪率は減り筋量は増えました。大学入学前は、下半身しか強化していなかった。今は上半身もトレーニングする。確かにこれで小技のイメージに繊細さがなくなった。左は20だった握力が両方50になり、ラフからも負けないように打てるようにはなったけど……でも、これでも大丈夫なように頑張ります」変化を恐れると成長はない。「トレーニング文化が日体大ゴルフ部にも根づいてきていますし、パナソニックオープンで僕のキャディをしたのは1年生ですが、トレーニングについてはもちろん、プレー中のマネジメントも話しながらやるので、どんどん知識が広がってくれたらなと思います」さりげなくリーダーシップをとれるのも中島の魅力だ。「僕は下を見ている余裕はないので、自分がしっかりやるべきことをやって、それを目標としてくれる選手がいたら嬉しいです。僕は基本的に上を見ながらやって、横にナショナルチームと大学のチームを気にしながら、下は自然についてきてくれる、それが理想です」 「先輩方を受け継いで、アジアアマで優勝してマスターズに出たい」 目下の目標、アジアパシフィックアマチュア選手権(ドバイ、クリーク・ゴルフ&ヨットC)は、11月3日から始まる。「コースは初めて。でも、他の選手もあまり行ったことがない国だと思うので皆フラットな状態。試合前と試合期間中に、いかにいい準備をできたかが勝負を分けるという感じだと思います」すぐにプロ転向するつもりはまったくない。中島には、世界でもっとも活躍したアマチュアに送られる「マーク・マコーマックメダル」の権利で、来年の全米オープンと全英オープンの出場権もあるのだ。「楽しみです。それに、大学の名前をお借りしているので来年の11月の大学の試合まではアマチュアでいたい。でも本当に、目先の試合に集中すること。世界一になっても優勝しても実感もないですが、次の目標がくるので、自覚はきちんと持たなければ。ランク1位やツアー優勝をしたことの自覚です。それを自信にして次の試合に行きたい。でも、マスターズが叶ったら来年はすごい大きな1年になると思う。憧れですから」オーガスタで感動して泣く中島啓太の姿を見てみたい。 冷静かつ自分と向き合う中島だが、ふとしたときのお茶目な面も……「アジアアマは松山さんも金谷さんも優勝されてますし、ゴルフ人生においてすごくいい経験になると思うので、優勝してマスターズに出ることをしっかり受け継いでいきたいです」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月16日号より こちらもチェック!
  • 9月のパナソニックオープンで史上5人目となるアマチュアVを飾った中島啓太。その強さと、人となりについて探った。 PHOTO/Shinji Osawa 次の目標は11月3~6日にドバイで行われるアジアパシフィックアマチュア選手権。優勝すればマスターズ出場権が得られる 中島啓太●2000年6月24日生まれ、埼玉県加須市出身 ●代々木高卒、日本体育大学在学中 ●177センチ・75キロ ●ゴルフ歴/6歳から。タイガー・ウッズをテレビで見て父・正昭さんに6歳の誕生日にゴルフクラブをねだった ●主な戦歴/18年アジア大会個人・団体2冠、21年日本アマ優勝 ●尊敬する人/巨人の菅野智之投手 ●プレースタイル/ポーカーフェース。キム・キョンテ選手を参考にしている ●日課/体重、体脂肪、筋肉量を毎日測定 ●好きな食べ物/ご褒美は「とんかつ」 【証言1】江原清浩プロ(ゴルフ部監督)「両腕の三角形が変わらない」 中島啓太の強さの秘密について、日体大ゴルフ部監督の江原清浩プロに話を聞いた。「ちょうど今年の日本アマのあたりから、前よりもスピン量を抑えた曲がり幅の少ないフェードを打つようになりました。そのほうが飛ぶし、曲がらないからでしょう」体の動きでボールをとらえることが大前提の中島のスウィング。「大抵の人はダウンスウィングでヘッドを早めにリリースしたり、右ひじの角度が変わってしまったりしますが、トップの手元と胸で作られた三角形の形が保たれたまま下りてくるからハンドファーストで強くインパクトできるんです」 練習に裏打ちされた多彩なアプローチが武器 ロングショットだけでなく、多彩な小技も中島の武器。「ボールの赤道のほんのちょっと下を、スコアライン1本目で拾う練習をいつもしています」(江原) 【証言2】土屋健プロ「周囲に慕われ家族仲がとてもいい」 中島が高校3年生のときに出会い、プライベートでも親交があるという土屋健プロ。試合ではポーカーフェースの中島だが、仲のいい人たちと過ごすときは無邪気な笑顔を見せる一面があるという。「ビーチバレーを一緒にしたときには僕がトスを上げて啓太がアタックするというフォーメーションでしたが、アタックが決まるたび、チームメイトとハイタッチしたりと楽しそうにしてました。身体能力は相当なものです」そして何より、仲のいい家族が中島を支えている。「両親への感謝を忘れず、姉弟がとても仲がよく、お姉さんの子どもをとても可愛がってる印象がありますね。癒しのようです。お姉さんに優勝直後に報告の連絡をしたところ、スピーチ、泣きすぎだよっていじられちゃったって言っていましたね」 「18 年のアジア競技大会で金メダルを獲ってからはずっと悔し涙だったので、それがうれし涙に変わってよかったです」(中島) ほかにも賞賛の声多数! 石川遼「ずっと前からプロでも十分通用すると思っていた」 星野陸也「自分が決めたことを貫こうとするメンタルの強さを感じた」 金谷拓実「パナソニックオープンの優勝も、きっと彼には通過点」 ガレス・ジョーンズ(JGAナショナルチームヘッドコーチ)「彼の将来に心から興奮しており、彼の旅を支援し続けることが楽しみ」 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より こちらもチェック!
  • パナソニックオープンでアマチュア優勝を達成した中島啓太の評価が急上昇中だ。 これまでも“上手さ”に定評のあった中島だったが、日本アマチュア選手権を制し、世界アマチュアランキングで1位になるなど、特にここ1〜2年ですごみが増した印象がある。そこで中島の強さのルーツはどこにあるのかを、よく知る人物に聞いた。小学校3年生の頃から中島を指導してきた吉岡徹治氏だ。「これまで多くの選手を見てきましたが、とにかくゴルフが大好きだということに尽きると思います。そんなの当たり前と思われるかもしれませんが、指導者という立場から言えば、実はこれが一番難しい。特に子どもたちはゴルフ以外の楽しいことに興味を持つのが当たり前なので、まずは“ゴルフが一番好き!”という気持ちを持ってもらえるよう育てることを心がています」しかし中島にその必要はなかったそう。「たとえば目土やプレーファストといった、マナー面もそうですが、ゴルフとの向き合い方が他の子どもたちとまったく違いました。さらに“強さ”という点でも抜きん出ていました。特に自分を客観的に見ることにすぐれていて、試合でも自分の心をどこか別の場所に置いてプレーできることで、メンタルに左右されない強みを持っていましたね」と吉岡氏。これはすぐに身につけられるものではなく、努力のたまものだという。「日記をつけたり、メンタルの話を聞きにきたり、自分のゴルフにプラスとなることは、積極的に取り入れようとしていましたね。“すべてゴルフのため”という姿勢が、彼の強さの根にあるのだと思います」(吉岡氏)では技術面に関してはどうなのだろう。数々のツアープロを指導する黒宮幹仁コーチは、「もし私がスウィングコーチに就いても、手を付ける部分がないほど完成度が高いです」心・技・体を備えた21歳。今後が楽しみだ。 史上5人目のアマ優勝を果たした中島。思わず涙があふれ出た(PHOTO/Shinji Osawa) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月19日号より こちらもチェック!