Myゴルフダイジェスト

【サントリーレディス】青木瀬令奈が最強・稲見との4打差を逆転! 涙の4年ぶりV

<宮里藍 サントリーレディスオープン/六甲国際GC(兵庫)/6517Y・パー72/6月10日~13日>
PHOTO/Tadashi Anezaki

六甲国際GCで開催された「宮里藍 サントリーレディスオープン」最終日、首位の稲見萌寧と4打差の2位タイからスタートした青木瀬令奈が逆転。4年ぶりとなるツアー2勝目を飾った。

昨年、コロナ禍で開催することができなかった「宮里藍 サントリーレディス」。今年は無観客での開催となり、第30回を迎えた。

3日目終了時点で後続に4打差をつけていた稲見萌寧がこのまま優勝するかに思えたが、最終日は思わぬ大混戦へ。稲見は3日間ノーボギーのゴルフだったが、最終日は3ボギー、3バーディで72。そんななかスコアを伸ばし、首位に立ったのは2位タイからスタートした青木瀬令奈。着々とバーディを重ねて、迎えた最終ホール。同組で回る稲見に1打差をつけ、互いにバーディパットを残す。先に打った稲見のパットはカップをかすめたが惜しくも入らず。これを見た青木はきっちりカップの手前に寄せる。終始厳しい表情でプレーしていた青木だったが勝利を確信し笑顔を見せた。

4年ぶりのツアー2勝目を挙げた青木は「本当に長かった」と優勝スピーチで涙を拭った。

最終ホール、入ればプレーオフの可能性を残すバーディパットは惜しくも入らず。稲見は両ひざをついて天を仰いだ

<サントリーレディス 最終成績>

優勝青木瀬令奈-17
2位T西郷真央-16
2位T稲見萌寧-16
2位T山下美夢有-16
5位小祝さくら-15
6位吉本ひかる-14
7位T高橋彩華-13
7位T古江彩佳-13

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月29日号より

こちらもチェック!

  • PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/カレドニアンGC 芝が元気に成長する時期のラフ。そんな夏ラフこそ「UTの出番です!」と豪語するのは、今季サントリーレディスで優勝したUTの名手・青木瀬令奈だ。その真意を聞いてみた。 解説/青木瀬令奈 1993年生まれ、群馬県出身。11年にプロ転向し、17年に初優勝。今季6月のサントリーレディスで4年ぶりに優勝。飛距離のハンディをものともせずFW・UTを駆使してシード権を保持。JLPGAプレーヤーズ委員長 解説/大西翔太 プロコーチとして青木瀬令奈を指導し、キャディとしてツアーにも帯同。幅広い層のアマチュアにもレッスンを行う。女子ツアーで活躍する大西葵は実妹 UTは9番アイアンよりピンに寄せる自信があります 私とユーティリティ(以下UT)との出合いは中学生のときでした。ゼクシオのUTを使ったのを今でも覚えています。タラコ型のUTなんですけど、ボールは上がらないし、クラブも長くて身長の低い私にとって難しい印象でした。ただソールが滑るのでフェアウェイバンカーなどで多用していたのを覚えています。でもやっぱり球も上がりにくくて、『このクラブは私には無理なんだな……』と正直思いました。結局UTを諦めて4番アイアンを入れていました。そのころはまだUTの番手は3と4しかなかったですね。プロになってしばらく経った15年ごろにはロフトが20度以上のモデルが主流になり、UTは“お助けクラブ”となっていました。この機会に再投入し、モデル違いの5UTを2本、5ヤード刻みで使っていました。翌年の16年に6UTが出るということで試してみると、アイアンよりもスピン量が800回転多くて球は上がるし、操作しやすいし、『なんだこれは!』と驚いたのを覚えています。アイアンよりもやさしいのなら使わない理由がない。そこからUTは手放せない武器となり、今では私のクラブの中心になっています。クラブ構成もUTを中心に組んでいますし、UTのないセッティングもありえません。今となっては、ショートアイアンよりもUTのほうがピンに寄せられる自信があります。初優勝したときも、2勝目も同じセッティング。これからもUTが主体のゴルフです。 Q. いつからUTを使っている?「初めて使ったのは中学生のとき。そこから使わなくなって、15年にスリクソンからやさしいUTが出てまた使い始めました」Q. UTの飛距離は?「6UTが153Y、5UTが163Yです。『え?』と思うかもしれませんが、何度測ってもこの数字なんです(笑)」 UTなら赤道に当たりさえすれば十分に球が上がる GD UTのほうがショートアイアンよりもピンに寄せられるとのことですが、さすがに夏ラフでは使えないですよね?青木 いえ、もちろん夏ラフでも使います。ミスヒットに弱いアイアンより、芯の広いUTのほうがオススメですよ!GD え、そうなんですか? でもボール上がるかな……。青木 UTならボールの赤道に当たればボールは上がるんです。フェース上下のミスに対する寛容性が高いので、ボールの浮き沈みが不安定なラフこそUTなんです。またアイアンだとネックに芝が絡んでフェースが閉じてしまいますが、形状の丸いUTは滑ってくれます。よっぽどのことがない限り、断然UTです!GD でもラフだと、強く振らなきゃと思ってつい力んでしまいます。青木 実は、夏ラフの場合はボールが沈んでいると思っていても浮いているんです。下の写真を見てください。右はラフに入ったボールで、少し沈んでいるように見えます。左はフェアウェイで、1センチのティーアップをしています。どちらも横から見るとボールの高さは同じですよね? つまり、ラフの抵抗はありますが、ボールは沈むというよりも、むしろ浮いているんです。 右のボールはラフに沈んでいるように見えるが、1㎝ティーアップした左のボールと同じ高さ。アイアンで打ち込みにいくと下をくぐってむしろ飛ばないケースも GD 本当だ! そう考えると気がラクですね。青木 ラフだからって力んで打ち込まないように注意ですよ! でもたまにスッポリとボールが埋まっちゃうこともあるので、そのときは無理をせずウェッジで脱出してください。 力むのは腕じゃなくてお腹です! ラフからはどうしても力んでしまいやすいが、そんなときはお腹に力を入れるといいと大西コーチは言う。 お腹に力を入れることで、軸が安定して体が回転しやすくなる。「お腹に力を入れにくいときは、『フンッ!』と声に出すだけで力が入ります」(大西コーチ) 大西 ラフから打つときはお腹に力を入れるのがポイントです。GD なぜお腹なんですか?大西 お腹に力を入れることで上体と腕が同調したスウィングができるようになります。肩や腕が力みがちなラフではとても効果的です。GD ほかに気を付けるポイントはありますか?大西 お腹に力を入れたらあとは夏ラフ用アドレスを作るだけ。ポイントは4つ。①クラブを少し短めに持つ、②少しスタンスをオープンに、③フェースを少し開く、④ボールを右足寄りに置く。この4つを意識してアドレスし、あとはコンパクトに振るだけで夏ラフは攻略できます。 夏ラフ用アドレスのポイント グリップは短く左手3本をしっかり握る 通常よりも2~3センチ短く持とう。「短く握ることで振りやすくなります。左手の下3本をしっかり握るとラフの当たり負けもなくなりますよ」(大西) スタンスはややオープンボールは右足寄りに 体を回転しやすくするためにもスタンスはオープンに。「左足つま先を少しだけ開くと、より回転しやすくなりますよ」。ボールは右足寄りにセットすることで直接コンタクトしやすくなる。ただし打ち込むのではなく、横から払い打つようにする フェースもややオープンに フェースを少し開くことで、ヘッドがラフから受ける抵抗を少なくできる。「ラフからはサイドスピンがかかりにくいので、ボールが大きく曲がる心配はありません」 コンパクトなスウィングを心掛けよう 夏ラフ用のアドレスができたら、あとはコンパクトに振るだけ。トップは浅く、フィニッシュはフォローで止める意識でOK クロウグリップで打ってみよう! 大西 それでは夏ラフ対策の練習としてとっておきの方法をご紹介します。右手を「クロウグリップ」にしてハーフスウィングで打ってみてください。GD クロウグリップって、パットのときのグリップですよね?大西 これで打つことで、自然と体と腕が同調したスウィングになります。夏ラフでのショットはとにかく力みやすいので手打ちになりがちです。手打ちを防止する意味でもこの練習は最適です。ショット前の素振りに取り入れても効果的。ぜひ試してみてください! 右手が使えないため、手打ちをしたくてもできない。自然と体と腕を同調させて打つようになる。これでしっかりと打てるようになれば、ラフでも難なくボールが打てる 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月13日号より こちらもチェック! https://my-golfdigest.jp/lesson/p26615/
  • 夢の「70台」を目指すための特集の第2弾は「セカンド」編。ドライバーが200Y前後だと、セカンドで長い距離が残りやすく、ウッド系のクラブをいかに使いこなすかが重要になる。そこでツアー屈指のウッド名手、青木瀬令奈プロに話を聞いた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Daisei Sugawara THANKS/大新潟CC出雲埼C(アコーディア・ゴルフ) https://my-golfdigest.jp/lesson/p26296/ 「200Yでも70台」<考え方編>はこちら 長い番手の得意クラブを1本持っておこう ドライバーが200Y前後の場合、セカンドではUTやウッドを握る機会が多くなる。ウッド系を得意とする青木瀬令奈プロに話を聞くと「私もドライバーが飛ばないほうなので(平均218.3Y/6月7日時点)、2打目で残りやすい150~180Yのショットをとくに磨きました。なかでもいちばん得意なのが9W。普通に打つとキャリーで168Yですが、球筋を変えることで163~173Yを打ち分けています。スコアメイクには、100Y以内を磨くことももちろん大事ですが、それ以外に長い番手でも得意な1本を持っておくことがすごく大事なんです」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です ノーマル/キャリー168Y 【アドレス】ボール位置は真ん中よりやや左 スタンス、クラブともにターゲットに対してスクエアに構える。ボール位置は、クラブが長い分、真ん中よりもやや左に置く 【打ち方POINT】ゆるやかに打ち込むイメージ FWやUTは払い打つというイメージがあるが、球を上げるには、多少ヘッドを上から入れていく必要がある。「打つ」というよりは、ヘッドが通過する途中にたまたまボールがあるイメージで振っていくことで、ソールを上手く滑らせることができる 高い球/163~168Y 【アドレス】ボールを左に置いて目線を高く ボールを普段よりも少し左足寄りに置き、目線は高いところ(最高到達点)を見る。自然に右サイドが下がり、高い球を打つ構えになる 【打ち方Point】インパクトで体重を左に乗せる インパクトでしっかりと左に乗っていく。右足に体重が残ると、あおり打ちになってダフりやすい 低い球/168~173Y 【アドレス】ボール1個分右に置いて目線を低く 高い球とは正反対で、ボールを右足寄りにして、目線を低くして構える。目線の高さはフォローまで変えない 【打ち方Point】フォローまでヘッドは低く 打ち出したい方向にフェースを向けたまま、ヘッドを低く長く出していく。ヘッドが高く上がると球も高くなる ドロー/168~173Y 【アドレス】クローズに構えスタンスなりに振る 通常のスタンスより、左足が靴半分だけ前にあるクローズスタンスで構え、スタンスに沿ってイン-アウトに振る 【打ち方Point】アウトに大きく振り抜いていく フォローで腕を縮めて、左に引き込もうとすると引っかけになる。腕を伸ばし、大きく外に振っていく フェード/163~168Y 【アドレス】オープンに構えスタンスなりに振る ドローとは逆で、通常より左足が靴半分だけ後ろにあるオープンスタンス。フェースはターゲットに対してスクエアに構える 【打ち方Point】フォローで左わきを締める フォローで左わきを締めながら、左ひじをたたんでいくと、確実にアウト-イン軌道で振っていける ラフこそショートウッドが力を発揮! ドライバーが毎回フェアウェイをとらえられれば良いが、アマチュアの場合、ラフにつかまるケースも多い。さすがにラフからはウッドは難しそうだが、青木プロは、「ライをきちんと見極めれば、ラフからはアイアンよりウッドのほうが簡単」と言う。分厚いソールで滑りやすいぶん、思ったよりもソールが抜けてくれるからだ。ただしフェアウェイに比べ、飛距離が落ちるのは避けられない。「よほどヘッドスピードが速くない限り、フライヤーで飛距離が伸びるよりも、芝に負けて飛距離をロスすることのほうが多いです。私の場合は通常より『マイナス10ヤード』を基本にしています」(青木)。 リーディングエッジがボールの赤道より下なら打てる クラブをソールしたときに、リーディングエッジがボールの赤道より下にあれば問題なく打てる。赤道より上の場合は、アイアンで脱出を優先する 打ち方はフェアウェイと同じでOK ラフからでも、打ち方自体はフェアウェイと変わらない。「ラフだから」といって力むのは禁物。過度に打ち込まないように注意しよう ラフは「逆目」よりも「横目」に注意しよう 「ヒール側からの横目」の場合……ネックに芝が絡まり引っかけやすい フェースを開いてイン・トゥ・イン軌道 ネックに芝が絡んで急激にフェースが閉じやすいので、あらかじめフェース開いておく。カットに入れず、自然なイン・トゥ・イン軌道で 【打ち方Point】腰をしっかり回し切る 芝の抵抗が強いため、フォローで体の回転が止まると、フェースが一気に返ってしまう。フィニッシュまでずっと回転し続けることを意識すると、芝の抵抗に負けずに振り抜ける 「トウ側からの横目」の場合……インパクトでフェースが開きやすい フェースを閉じてカット軌道 トウ側の抵抗が強いので、インパクトでフェースが開きやすい。あらかじめフェースを閉じておきカット気味に振っていこう 【打ち方Point】 左足体重でやや上から入れる イメージは、フェアウェイから打つフェードと同じ。通常より少しだけ左足体重を強調して構えると、アウト-イン軌道になりやすい こちらもチェック! 青木瀬令奈のコーチ・大西翔太がFW上達法を動画で解説! 月刊ゴルフダイジェスト2021年8月号より フェアウェイウッドが苦手な人はこちらも! https://my-golfdigest.jp/lesson/p17217/