Myゴルフダイジェスト

【サントリーレディス】青木瀬令奈が最強・稲見との4打差を逆転! 涙の4年ぶりV

<宮里藍 サントリーレディスオープン/六甲国際GC(兵庫)/6517Y・パー72/6月10日~13日>
PHOTO/Tadashi Anezaki

六甲国際GCで開催された「宮里藍 サントリーレディスオープン」最終日、首位の稲見萌寧と4打差の2位タイからスタートした青木瀬令奈が逆転。4年ぶりとなるツアー2勝目を飾った。

昨年、コロナ禍で開催することができなかった「宮里藍 サントリーレディス」。今年は無観客での開催となり、第30回を迎えた。

3日目終了時点で後続に4打差をつけていた稲見萌寧がこのまま優勝するかに思えたが、最終日は思わぬ大混戦へ。稲見は3日間ノーボギーのゴルフだったが、最終日は3ボギー、3バーディで72。そんななかスコアを伸ばし、首位に立ったのは2位タイからスタートした青木瀬令奈。着々とバーディを重ねて、迎えた最終ホール。同組で回る稲見に1打差をつけ、互いにバーディパットを残す。先に打った稲見のパットはカップをかすめたが惜しくも入らず。これを見た青木はきっちりカップの手前に寄せる。終始厳しい表情でプレーしていた青木だったが勝利を確信し笑顔を見せた。

4年ぶりのツアー2勝目を挙げた青木は「本当に長かった」と優勝スピーチで涙を拭った。

最終ホール、入ればプレーオフの可能性を残すバーディパットは惜しくも入らず。稲見は両ひざをついて天を仰いだ

<サントリーレディス 最終成績>

優勝青木瀬令奈-17
2位T西郷真央-16
2位T稲見萌寧-16
2位T山下美夢有-16
5位小祝さくら-15
6位吉本ひかる-14
7位T高橋彩華-13
7位T古江彩佳-13

週刊ゴルフダイジェスト2021年6月29日号より