Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】バンカーでスタンスを取り直す際に足跡をならした。これってOK?

【ゴルルとルール】バンカーでスタンスを取り直す際に足跡をならした。これってOK?

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

監修/小山混
PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/武蔵野GC

ゴルル会員番号48

渥美友里恵

ゴルル会員番号40

満石奈々葉

パー3のティーショット。渥美のボールはショートしてグリーン手前のバンカーへ。

「やだ~、今日バンカーばっかり」

「下半身がグラつかないように…」

足をしっかりと地面に据える渥美。

「おっと、もう少し右を向いたほうがいいかな」

グリーンが左に傾斜していることに気づき、スタンスを取り直すことにした渥美。いったん足跡をならして仕切り直し……。

「待って! いまの2罰打よ」(満石)

「???」(渥美)

「打つ前に足場をならしたらスタンス区域の改善で2罰打になるんじゃない?」と指摘する満石に対し、渥美は「え? コース保護のためならいつでもバンカーはならせるはず」と主張。果たして正しいのは?

バンカー内でスタンスを取り直す際に、自分の作った足跡をならした。どうなる?

A. 罰なし
B. 2罰打

正解は……

B「2罰打」

単にコースを保護する目的で、バンカーをならすことは禁止されていない。ただし、バンカーをならす行為が、ストロークに影響を及ぼす状態を改善した場合、プレーヤーは2罰打を受ける(規則12.2b(2))。今回のケースでは、スタンスを取る場所の足跡をならしたことで、「自分の意図するスタンス区域を改善した」とみなされ2罰打となる(規則8.1a)。次のストロークで球が行く可能性がない場所の砂を、コースを保護する目的でならすことは認められているが、砂質のテストと疑われる可能性もあるので控えたほうが無難。球がバンカーの外に出た後であれば、砂に触れることに対する制限はなくなる(規則12.2b(3))ので、バンカーをならすのはそのバンカーから球が出た後にするのが望ましい。

週刊ゴルフダイジェスト2022年7月5日号より

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます