Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ノーモアスロープレー】「水だけじゃない」「ソールOK」“ペナルティーエリア”にまつわるルール

【ノーモアスロープレー】「水だけじゃない」「ソールOK」“ペナルティーエリア”にまつわるルール

2019年の改正で、大幅にルールが変更になったが、その主な狙いのひとつが「スロープレー」の防止。どんなにゴルフが上手くても、プレーが遅い人は尊敬されない。そこで「ノーモア! スロープレー」と題し、プレーファストに寄与するルールをご紹介。今回は、ペナルティーエリアのルールを取り上げる。

ペナルティーエリアは
「水」の区域だけではない

2019年のルール改正で、「ウォーターハザード」という呼称は廃止され、代わりに「ペナルティーエリア」という呼び名が採用された。それまで、「ウォーターハザード」として標示できるのは、読んで字のごとく「水があるか、水が出てくる可能性がある区域」に限定されていた。つまり基本的には池や川とその周辺のエリアだけが、ウォーターハザードの「1罰打の救済」を受けられる範囲だったのだ。

それがルール改正により、池や川などの「水」のあるエリアだけでなく、委員会が任意に「ペナルティーエリア」を定めることができるようになった。岩肌が露出しているような区域や、ボールを探すのが困難な鬱蒼とした茂みなどをペナルティーエリアとして標示することで、池と同様の救済を受けることができる。ボールが見つからずに紛失球となり、前打位置まで戻って打ち直し……という事態を防ぐことができ、スロープレー防止につながるというわけだ。

クラブを地面につけてもいい

もうひとつ、大きく変わったのが、ペナルティーエリアでは「ソールOK」となったこと。これまでは、ウォーターハザード内ではバンカー同様、打つ前にクラブを地面に着ける「ソール」が認められていなかった。赤杭の中だけど池には入っておらず、打てそうな場合はそのまま打っても問題ないのだが、その際にソールしてしまうと2罰打が科せられた。それはあまりにも厳しすぎるだろうということで、新ルールではペナルティーエリア内でもソールしていいことに。通常のエリアと同じ扱いにしたことで、ルールの煩雑さを解消し、プレーのペースを促進するという狙いのようだ。

それであればバンカー内もソールOKにしてほしい……という声も聞かれそうだが、バンカーでソールを禁止しているのは、「砂質のテストを防ぐ」という目的がある。ソールして事前に砂の硬さを知ることができれば、バンカーショットの難度が下がる。コース攻略という観点からは、バンカーはある程度難度を保っておかなければならない“聖域”ということなのだろう。

Myゴルフダイジェスト有料会員になると
スマホでいつでもルールが確認できる!

『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』

Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます

こちらもチェック!

  • 2019年のルール大改正でやさしくなったとはいえ、まだまだ複雑なゴルフルール。すべてを頭に入れておくのは大変だが、ゴルフを楽しむうえで、最低限のルールは覚えておきたい。今回は、プレー中に球が動いてしまった場合のルールの疑問をQ&A形式でご紹介! ワッグル中にクラブがボール当たっちゃった! どうすればいいんだっけ? “エリア”によって対応が変わる フェアウェイでボールを打とうとアドレスに入ったところ、クラブがボールに当たってしまった。ボールはわずかに揺れただけで元の位置から動いてはいなかったが、この場合罰はつくのだろうか。正解は罰なしでそのままプレー。ゴルフ規則の「定義」によると「球が揺れている(または振動している)だけで、元の箇所に留まっている、または戻っている場合、その球は“動いた”ことにならない」とある。一方で、もし元の位置から半転がりでも動いてしまったら、プレーヤーが原因で球が動いたこととなり、1罰打で元の位置にリプレースとなる(規則9.4)。例外として、グリーン上で偶然に球を動かした場合は罰はない。またティーイングエリアの場合は少しルールが異なる。たとえばドライバーを打とうとしてティーアップし、アドレスに入った後、クラブがボールに触れてティーから落ちてしまった。この場合は、罰はなく、ボールを拾い上げて再度ティーアップすることができる。これは、「ストロークを行うまでは球はインプレーとならない」(規則6.2b)から。ワッグルなどの打つ意思がないクラブの動きは“ストローク”ではないため、たとえボールが動いても、まだそのホールのプレーをスタートしていない、とみなされるのだ。一方で、打つ意思を持ってスウィングしたら空振りしてしまい、その風圧でボールがティーから落ちてしまった場合は、“ストローク”を行ったことになるため、1打としてカウントされる。ただし、落ちたボールがティーイングエリアの中に留まっている場合は、再度ティーアップして2打目を打つことが可能。同じティーイングエリア内ならどこに再ティーアップしてもOKだ。エリアによって対応が変わるので、しっかりと覚えておきたい。今回は、上記のルール以外にも、球を動かしてしまった際に押さえておくべき基本的なルールについて、『2021-2022 GOLFDIGEST ゴルフルール早わかり集』から抜粋してご紹介! Q. 止まっている自分の球を動かしてしまった場合は? A. 1罰打でリプレースだが、罰がない場合も(規則9.4) 1罰打を加え、その球をリプレースする。ただし、次の4つのケースでは罰なしにその球をリプレース。(1)球を捜索中、偶然に動かした場合。(2)パッティンググリーン上の球を偶然に動かした場合。(3)ルールを適用している間に偶然に球を動かした場合。(4)ルールが球を動かすことを認めている場合(救済処置など)。 Q. 救済を受けようとしていたら球を動かしてしまった。どうすればいい? A. 罰はない(規則9.4) 救済処置をとるために基点を決めている場合や、ルールに基づいて球を拾い上げようとしている場合、動かせる障害物を取り除く場合など「ルールを適用している間に偶然に球を動かした場合」は罰はない。救済処置で別の場所にドロップやプレースする場合はリプレースする必要はないが、それ以外の場合はリプレースする。 Q. 他のプレーヤーによって自分の球が偶然に動かされたら? A. 誰にも罰はない(規則9.6) 誰にも罰はなく、その球を元の位置にリプレースしなければならない。 Q. 球をカラスが持ち去ったかもしれない。どうすればいい? A. 確実にカラスが持っていったなら罰なしにリプレース(規則9.6) 自分の球がカラスによって持ち去られたことが分かっているか、事実上確実だという証拠があれば、罰なしに元の位置に別の球をリプレースすることができる。元の位置が不明な場合は推定してリプレース。事実上確実だという証拠がなく、球を探し始めてから3分以内に自分の球を見つけることができなければ紛失球となる。 Q. 球の真後ろにある枯葉を取り除いて球が動いたら? A. 1罰打でリプレース(規則15.1) 枯葉などのルースインペディメントは、罰なしに取り除くことができるが、取り除く際に球を動かしてはならない。球が動いた場合は1罰打を受け、球をリプレース。ただし、球がパッティンググリーン上、ティーイングエリア内にある場合は罰はない。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます 「これだけゴルフルール」バックナンバー
  • 2019年の改正で、大幅にルールが変更になったが、その主な狙いのひとつが「スロープレー」の防止。どんなにゴルフが上手くても、プレーが遅い人は尊敬されない。そこで「ノーモア! スロープレー」と題し、プレーファストに寄与するルールをご紹介。今回は、バンカーが苦手な人に覚えておいてほしいルールを取り上げる。 こんな状況なら、アンプレヤブルにしてしまう手も 「アンプレヤブル」を活用しよう バンカーが苦手! という人は多い。バンカーショットの練習をする機会が少ないアマチュアの場合、ラウンドでのバンカーショットはほぼぶっつけ本番状態。上手く打てないのは当然といえば当然だろう。ただでさえ難しいバンカーだが、ボールが砂に埋まる「目玉」ともなれば、もはやお手上げ状態。一発で脱出できず、戻ってきたボールが足跡に入り……とビッグイニングのにおいがプンプンする。だが、「こんな難しいバンカーショットはしたくない!」と思うゴルファーのため、ルールでは「アンプレヤブル」という救済措置が用意されている。アンプレヤブルとは「un-playable」つまり「プレーできません」と宣言できる権利で、1打のペナルティを払うことで、(1)前打位置に戻って打つ、(2)ピンとボールを結んだ後方線上にドロップ、(3)ピンに近づかず2クラブレングスの範囲にドロップ、の3つから選ぶことができる。これまでのルールでは、バンカー内でアンプレヤブルを宣言しても、(2)と(3)を選択した場合、同じバンカーの「中」にドロップする必要があった。つまり「救済はしてあげるけど、バンカーの外には出られませんよ」という少々イジワルなルールだったわけだ(前打位置に戻る場合は別)。しかし2019年のルール改正により、もうひとつの選択肢が加わった。それが、(4)2打のペナルティを払えばバンカー外の後方延長線上にドロップできる、というルールだ。 たとえば3打目のバンカーショットを「アンプレヤブル」としてバンカーの外から打つ場合、2罰打を付加して次が5打目となる もちろん、バンカーの後方に出しても、そこからのショットでまたバンカーに入れてしまう可能性はあるが、アプローチならバンカーほど苦手ではない、という人なら、さっさと2罰打を払ってバンカーの外に出てしまうのが得策だろう。バンカーに入れるといつも3回、4回と打ってしまう人は、このルールを積極的に活用することで、スコアだけでなく時間の短縮にもつながる。同伴者にバンカーが苦手な人がいたら、このルールの存在を教えてあげるといいだろう。これだけでも、スロープレー防止にいくらか役立つはずだ。ただ、スロープレー防止とスコアアップにもっとも効果的なのは、バンカー練習のできる練習場やショートコースで腕を磨くなどして、バンカーの苦手を克服することであるのは言うまでもない。 Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます こちらもチェック!