Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】バンカーでミス! イライラして砂を叩いちゃった… やっぱり2打罰?

【ゴルルとルール】バンカーでミス! イライラして砂を叩いちゃった… やっぱり2打罰?

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

監修/小山混
PHOTO/Akira Kato THANKS/GMG八王子ゴルフ場

ゴルル会員番号48

渥美友里恵

ゴルル会員番号61

三宅伽音

セカンドをグリーン手前のバンカーに入れてしまった三宅。なんとか一発で脱出したいところだが……。

ドフッ

「あ! 深く入りすぎた」

「やめてーー!」

ボールは無情にもバンカーに転がり戻ってきてしまう。

「もう! 私のバカっ」

悔しさのあまり、思わずクラブで砂を叩いてしまう三宅。

「次はしっかり出して、なんとかダボで……」(三宅)

「待って! さっきの2打罰だから、次は6打目よ」(渥美)

「ボールがバンカー内にあるときにクラブで砂に触れるのはNG。気持ちは分かるけど、残念ながら2打罰よ」と指摘する渥美に対し、三宅は「砂に当たるのは良くなかったですけど、ルール的には問題なかったと思いますけど……」と反論。果たして正しいのは?

バンカーから一発で脱出できなかったことにイライラして砂を叩いた。どうなる?

A. 2打罰
B. 罰なし

正解は……

B「罰なし」

バンカー内の球に対してストロークを行う前に、砂の状態をテストしたり、次のストロークについての情報を得るために手、クラブ、レーキ、その他の物でそのバンカーの砂に故意に触れることは禁止されている。一方で、休むため、バランスを保つため、転ぶのを防ぐためにバンカー内でクラブに寄りかかること、イライラして、または怒って砂を叩くことはペナルティの対象にならない(規則12.2b)。ただし、その砂に触れるプレーヤーの行動が、ストロークに影響を及ぼす状態を改善した場合、2打罰を受ける(規則8-1)。

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

こちらもチェック!

  • 【ゴルルとルール】バンカーから球を打ったあとにクラブで砂に触れた。罰はあり? なし?
    監修/小山混PHOTO/Yasuo Masuda ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう! ゴルル会員番号40萩原菜乃花 ゴルル会員番号48渥美友里恵 2打目をグリーン手前のバンカーに入れてしまった萩原。ピンは奥なのでしっかりと距離を出したいところだが……。 「これは思いっきり打たないとダメね」 「てやっ! あ……」 飛ばそうとして力んだせいで、ヘッドが砂に深く入りすぎてしまう。 「ぜんぜん飛ばなかった~」 ボールはバンカーから出たものの、ピンまではかなりの距離が残ってしまう。 「砂が思ったより軟らかかったな~。次は気をつけよう」(萩原) 打ったあと、クラブで砂に触れて悔しがる萩原。それを見ていた渥美は……。 「あれ、いまクラブで砂に触らなかった? 打ったあとでも、砂に触れるのはNGのはずよ」と指摘する渥美に対し、萩原は「ボールがバンカーから出てしまえば、砂に触れても問題ないと思うけど……」と主張。果たして正しいのは? バンカーからボールが出たあとにクラブで砂に触れた。どうなる? A. 罰なしB. 2打罰 正解は…… A「罰なし」 バンカー内の球に対してストロークを行う前に、砂の状態をテストしたり、次のストロークについての情報を得るために手やクラブ等でバンカーの砂に故意に触れることは禁止されている(規則12-2b(1))。しかし、バンカー内の球をプレーした後、その球がそのバンカーの外にある場合、バンカーの砂に触れても罰はない(規則12-2b(2))。ただし、バンカーからプレーされた球がそのバンカーに戻ってきた場合は、再び規則12-2b(1)が適用される(規則12-2b(3))。 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月22日号より 最新のルールをわかりやすく解説!『ゴルフルール早わかり集2021-2022』

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』