Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルルとルール】バンカーから脱出後、バンカー内で砂を打ったら罰になる?

【ゴルルとルール】バンカーから脱出後、バンカー内で砂を打ったら罰になる?

KEYWORD

監修/小山混
PHOTO/Yasufumi Sakagami THANKS/武蔵野GC

ルールはバッチリ覚えているつもりでも、いざコースへ出ると、「あれ? こんなときどうすればいいんだっけ……」という場面に遭遇することもしばしば。今回も、ゴルルと一緒に楽しくルールを学んでいこう!

ゴルル会員番号41

板倉由姫乃

ゴルル会員番号47

満石奈々葉

パー3のティーショット。板倉の放ったボールは当たりが薄かったようで……。

「ああ~、バンカーか~」

板倉、バンカーからの2打目

「てやっ」

「あら~、飛びすぎちゃった」

バンカーから脱出したものの、ボールはピンを大きくオーバー。

「砂が思ったより硬いのね」

もう一度砂を打って砂の硬さを確かめる板倉。

「よし、次は上手く打てそう!」(板倉)

「いま、砂の状態をチェックしてませんでした?」(満石)

「バンカー内では砂の状態をテストする目的で砂に振れることは禁止されているんですよ」と指摘する満石に対し、板倉は「バンカーからボールを出したあとであれば、クラブで砂を打っても問題ないはず」と主張。果たして正しいのは?

バンカーからボールを出したあとに、同じバンカーの砂をクラブで打った。どうなる?

A. 砂質のテストで2打罰
B. 罰なし

正解は……


B「罰なし」

バンカー内の球に対してストロークを行う前に、砂の状態をテストしたり、次のストロークについての情報を得るために、手、クラブ、レーキ、その他の物でそのバンカーの砂に故意に触れることは禁止されている(規則12.2b(1))。ただし、バンカー内の球をプレーしたあと、その球がそのバンカーの外にある場合、規則12.2b(1)に基づく罰を受けずにそのバンカーの砂に触れることができる(規則12.2b(3))。今回のケースも、バンカーからボールを出したあとなので、砂を打って砂の状態をテストすることは問題ない。

週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より

最新のルールをわかりやすく解説!
『ゴルフルール早わかり集2021-2022』