Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【クラチャンたちの練習法】全国クラチャン100人アンケート! 8割以上が実践していた“上達に効く”練習法とは?

【クラチャンたちの練習法】全国クラチャン100人アンケート! 8割以上が実践していた“上達に効く”練習法とは?

週イチで練習場に通い詰めているのに、なかなか上達しないと悩んでいる人は多いはず。果たしてトップアマと呼ばれる人たちは、どのようにして上達の階段を上がっていったのだろうか。そこで今回は、全国のゴルフ場のクラブチャンピオン経験者(=クラチャン)100人にアンケートを実施。上達に役立つ練習法とはどんなものか、総力取材した。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa THANKS/波之上ゴルフ

地味な練習を続けることが上達の近道

全国の「クラチャン」100人に、どんな練習をやっているかアンケートを実施。最も多かった回答が「ウェッジで短い距離を打つ」練習だった(100人中83人)。

その理由としては「スコアを落とすのは小技」(松山シーサイドCC・森内信隆さん)、「グリーン周りが上手くならないと戦えない」(姉ヶ崎CC・三橋正季さん)など、スコアメイクするうえで最も重要だという意見や、「一番短いクラブで打てないと長い番手も打てない」(あつまるレークCC・ 太田達宏さん)など、スウィングの基本を磨くうえで役に立つという意見が多かった。

2番目に多かった回答が「動画でのスウィングチェック」(100人中75人)。「後方から動画を撮ってヘッド軌道を確認」(袖ヶ浦CC・布川義久さん) 、「気になっているところ1点を撮影し自分のクセを集中的に改善」(伊東CC・宮下健さん) など、現在の課題や自分のスウィングで重視しているポイントを確認・修正するうえで、動画は欠かせないツールになっているようだ。

3番目に多かったのは「素振り」(100人中50人が回答)。球を打つとつい結果が気になってしまうが、素振りなら「ボールを打たないからこそ形に集中できる」(ユニオンエースCC・新井穂高さん)など、スウィング作りに最適という意見。また「タオル素振りをしていればクラブを握らなくても大丈夫」(相模湖CC・福田正平さん)、「軽いものと重いものを交互に振っていればクラブの扱い方がわかる」(富士笠間CC・石川聡一さん)というように、独自のアイデア素振りで腕を磨く人も。

練習場にいくと、つい気持ちのいいドライバーばかりたくさん打ってしまいがちだが、上級者ほど、より基本的な部分を大切にしていることが分かる。暖かくなり、ゴルフがより楽しくなる季節。クラチャンたちの練習法を参考にしてみてはいかがだろうか。

練習法 第1位(83人/100人)
ウェッジで短い距離を打つ

「練習の3分の1はアプローチに費やします」(岩瀬桜川CC・福田大介さん)
「スコアを落とすのは小技。それを試合で実感」(松山シーサイドCC・森内信隆さん)
「グリーン周りが上手くならないと戦えないから」(姉ヶ崎CC・三橋正季さん)
「コースで最も使うのがウェッジだから」(紫雲GC・渡辺一弘さん)
「乗らない前提で考えるとグリーン周りがすごく大事」(琉球GC・外間勉さん)
「一番短いクラブで打てなきゃ長いものなんて打てない」(あつまるレークCC・太田達宏さん)

練習法 第2位(75人/100人)
動画でスウィングチェック

「動画があるからこそ練習の質が上がります」(白帆CC・木﨑亮太さん)
「後方から動画を撮ってヘッドの軌道を確認します」(袖ヶ浦CC・布川義久さん)
「自分のスウィングを研究するには動画が一番」(関ヶ原CC・上田崇宏さん)
「スウィングフォルダーを作っておけば調子が悪くても見返せる」(愛知CC・伊藤清孝さん)
「自分のクセを集中的に改善するのに便利」(伊東CC・宮下健さん)
「動画を撮らずにスウィングチェックはもはや不可能」(石坂GC・小池希吏人さん)

練習法 第3位(50人/100人)
素振り

「鏡を見て形を意識しながら素振りを繰り返しています」(旭川CC・坂井尊治さん)
「タオル素振りをしていればクラブを握らなくても大丈夫」(相模湖CC・福田正平さん)
「バランスディスク素振りで体幹トレーニングとスウィング作りの一石二鳥」(豊田CC・滝本裕伸さん)
「軽いものと重いものを交互に振っていればクラブの扱いがわかる」(富士笠間CC・石川聡一さん)
「ボールの行方が気にならないのでスウィング作りに最適」(福岡雷山GC・竹本健太さん)
「スウィングの形を意識するために素振りは必須」(ユニオンエースGC・新井穂高さん)

では、具体的にどんな練習をしているのか?
クラチャンたちを深堀り取材!

>>File 1 「“短い距離”にゴルフの大事が凝縮」
>>File 2 「“スマホ”は最高の練習器具」
>>File 3 「1日100回“ほうき素振り”」
>>File 4 「1球に“5分”かけられますか?」
>>File 5 「練習場は“自宅”です」
>>File 6 「仕事は9時から、練習は“5時”から」

月刊ゴルフダイジェスト2022年5月号より
※本特集に登場するアマチュアはボランティアとして協力いただきました。

こちらもチェック!

  • 片山晋呉や上田桃子など数多くのトッププロを指導したプロコーチ・江連忠が、アマチュアゴルファーのリアルな悩みや疑問にお答えする「新モダンゴルフ」。今回はそのなかから、アプローチの上達に役立つレッスンを厳選してご紹介! “寄せワン”を増やすための「3つのルール」とは? アプローチに悩むとつい「形」にとらわれてしまいがちですが、「考え方」を変えるだけでも、ミスが減って寄せワンのチャンスがぐっと増えるという。 「60度」を入れるのはアリ? プロのセッティングを見ると、60度のウェッジを入れている選手も多い。アマチュアも60度を入れるのはあり? 悩ましいウェッジのロフト選びについて、江連の見解は? アプローチでコックは使う? 使わない? 上級者でも手首のコックを積極的に使う人と、ノーコック気味に上げる人、どちらもいるが、果たしてアベレージゴルファーにはどちらが正解? 打ち急いでしまう原因は? アプローチが上手い人は、ゆっくりとクラブを振っているように見える。しかしいざゆっくり振ろうとしても、なかなか上手くいかない。いったいなぜ? 芝が薄い時季の寄せのコツとは グリーンが硬く、芝が薄い冬はグリーン周りの寄せが難しい。そんな時季におすすめのアプローチ法を教えてもらおう。 「新モダンゴルフ」バックナンバーはこちら こちらもチェック!
  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、堀琴音、勝みなみ、西郷真央、西村優菜、笹生優花の5人をピックアップ! 西郷真央 勝みなみ 堀琴音 西村優菜 笹生優花 こちらもチェック!
  • プロアマ問わず主流になりつつある「ストロンググリップ」。さまざまなメリットがあるからだが、実は「誰にでも合うグリップではない」と北野正之プロは言う。では、どんな人に合うのか。詳しく話を聞いてみた。 PHOTO/Yasuo Masuda、Blue Sky Photos THANKS/サザンヤードCC 解説/北野正之 女子プロやアマチュアの指導経験が豊富。伸び悩むゴルファーへ「気づき」の指導を得意とし、スウィング理論、メンタル、マネジメントに精通。茨城・サザンヤードCCでレッスンを行う フェースの開閉がしにくい大型ヘッドに合う シャットフェース、シャローイング、地面反力など、最新スウィングのキーワードはいくつもあるが、「ストロンググリップ」も欠かせない要素のひとつだ。フックグリップと言われる「ストロンググリップ」は、なぜ増えたのか? アマチュアの指導に定評がある、北野正之プロに聞いてみた。「いちばんの要因は、大型ヘッドに合う握り方だからです。重心距離が長い最新のドライバーヘッドは、一度フェースが開いてしまうと元に戻す(スクエアに戻す)のが難しくなります。だから、フェースの開きを抑えるグリップが必要になったのです。それがストロンググリップというわけです。ストロンググリップは、フェースをシャットにしやすく、最新スウィングとも相性がいいのです。実際、米ツアーでは、ほとんどの選手がストロンググリップです。その代表が“超ストロング”に握るD・ジョンソン、B・ケプカ、R・マキロイです。ほかにもR・ファウラー、J・ローズなど、一流選手の多くがストロンググリップです。その流れがアマチュアにも浸透してきた、ということは言えるでしょう。ただ、マスターズを制した松山英樹選手はスクエアグリップですし、J・スピースは、ウィークに近いスクエアグリップです。プロがみんなストロンググリップではない、ということは知っておくべきでしょう」大型ヘッドに合うのがストロンググリップというのであれば、プロに限らず、アマチュアにも最適なはずだが、実はそこに大きな誤解があると北野プロは指摘する。「今のドライバーを使ううえでストロンググリップは有効な握り方ですが、万人に合うかというと、そうでもないのです。ストロンググリップにすると動きが窮屈、振りづらいと感じるアマチュアは少なくないはずです。ストロンググリップがつかまるグリップと思っているアマチュアも多いです。実際、レッスンの現場でもストロンググリップを勧める傾向はありますが、ストロンググリップにしたからといって、スライスがすべて防げるわけではありません。大切なのは自分の技術レベルやスウィングタイプに合った握り方かどうか、なのです」 「ストロンググリップ」のメリット●フェースの開きを抑えられる●ボールを強く叩ける●大型ヘッドに合うフェースの開きが抑えられることで、シャットな状態でクラブをコントロールできるのが最大のメリット。そのためインパクトが低く長くなり、ボールを強く押せる。これが叩けるグリップといわれるゆえんだ 米ツアーでは「ストロンググリップ」が主流 「ストロンググリップ」の代表:ダスティン・ジョンソンブルックス・ケプカローリー・マキロイ 左手をかぶせるように握るのがストロンググリップ。超ストロングになると正面から見て左手の甲が見える形に。シャットフェースとの相性がよく、ドロー(フック)が打ちやすいグリップだ 「スクエアグリップ」の代表:松山英樹ジョーダン・スピースジャスティン・トーマス 左手甲がターゲットに向くように握るのがスクエアグリップの基本。左手のひらが上に向くよう、少し開きぎみに握るとウィークグリップになる。グリップによってアドレスにも違いが表れる ストロンググリップは今や主流と言える。だが、合わないゴルファーがいるのは間違いない、と北野プロは断言する。「ジュニア時代からストロンググリップで始めたゴルファーは別ですが、アマチュアの多くはストロンググリップが合わない可能性が高いですね」 >>ではストロンググリップが合わないのはどんなタイプ? 後編へつづく こちらもチェック!
  • 野球やテニスでは当たり前のようにやる「素振り」だが、ゴルフではボールを打つことが優先され、練習として素振りをする人はあまり多くない。しかし堀越良和プロによると、目的に応じた適切な素振りをすることで、ボールを打つよりも効率的に上達できるという。 PHOTO/Shinji Osawa THANKS/クレアゴルフフィールド 解説/堀越良和 小誌連載「ギア選びのウソホント」でもお馴染みの通称“キング・オブ・試打”。ギアだけでなくフィジカルにも精通するプロ ●CONTENTS●#1 もっと「素振り」をやるべき理由#2 ラウンド前・練習前にやっておきたい3つの素振り#3 「下半身リード」が身につく3つの素振り#4 厄介なクセを解消する5つの素振り お金もかからず効果も高い!やらない手はないですよ 野球やテニスは動いているボールを打つのに対して、ゴルフでは静止したボールを打つ。その点でも素振りはゴルフにおいても有効な練習法と言えるだろう。「もちろんボールを打つことも必要ですが、素振りはゴルフの上達に有効ですし、お金もかかりません。やらない手はないですよ」と言うのは、本誌試打企画でもおなじみの堀越良和プロだ。「素振りといってもただ単純にクラブを振るだけでなく、目的によって様々な振り方がありますが、多くのゴルファーが目的に応じた素振りのやり方を理解していないことも、素振りが浸透しない理由かもしれません」と堀越プロ。そこで今回は、特別な練習器具を必要とせず、クラブさえあればできる様々な素振りを目的別に堀越プロに教えてもらった。「最初にお伝えしたいのは、素振りでもやり方によってはひじや腰などを痛める原因になることがあるので、ウォームアップをしたうえで始めることを覚えておいてください」今回紹介してくれた素振りは、スウィング作りだけでなく、筋力アップやストレッチ効果もあるので、練習前やラウンド前には必ずやるという“習慣”にしてほしいと堀越プロ。「なかでもクラブ2本連続素振りは筋力アップやストレッチ効果に加え、軸が安定したり、スウィングプレーンの矯正など多くの効果が期待できる素振りです。飛距離アップと同時に方向性も高められる“万能”な素振りですので、自分の課題に沿った素振りと併せて実践されることをおすすめしたいですね」継続することで高い効果が期待できる素振りだが、「ボールを打つよりも効果的な面もある」と堀越プロは言う。「ボールを打つとどうしても結果が気になり、思い切ってスウィングを変えるということはやりづらいもの。でも素振りであれば結果を気にする必要がありません。スウィングの欠点を直したり、クセを直したりということに関しては、ボールを打つことよりも、素振りのほうが適していると言えます。もし、なかなか直らないクセや欠点があるのであれば、ぜひ素振りで直すことを試してもらいたいですね。ボールを打つよりも近道になる可能性は高いです」劇的にスウィングを変えたいのであれば、素振りに取り組むことがいちばん効果的なのだ。 目的別の素振りメニューをチェック! >>ラウンド前・練習前にやっておきたい3つの素振り>>「下半身リード」が身につく3つの素振り>>「左ひじ引け」「軸ブレ」を解消する5つの素振り 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より
  • 世界も認めた美スウィンガー・伊澤利光が、ゴルフで大切にしていることを語る連載「イザワの法則」第16回。今回のテーマは、スマホで自分のスウィングを撮影する際のポイントについて教えてもらった。 TEXT/Daisei Sugawara ILLUST/Kenji Kitamura THANKS/福岡レイクサイドCC(PGM) https://my-golfdigest.jp/lesson/p53964/ 前回のお話はこちら 動画でのスウィングチェック積極的に活用しよう スマホ1台あれば、誰でもどこでも、動画でスウィングチェックできる時代になりました。うまく活用している人も多いですが、「そんなものには頼らない!」という感じで、黙々とボールを打っている人もまだまだたくさんいます。一体、どちらが「正解」なのか。上達の「スピード」で考えると、やはりスマホを積極的に活用するほうが有利だと思います。とくに、やりたいことがはっきりしている人、やろうとするスウィングのイメージが明確にある人の場合、途中でスマホを使いながらチェックすることで、「無駄練習」を省くことができますから、かなりの時間短縮になるのではないでしょうか。逆に、そういうイメージが固まっていない人の場合、動画をセルフチェックしても、どこが悪いのか、どこを直せばいいのかわからないということも考えられます。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 撮った動画を実際のスウィングに還元するには、スウィングに対する明確なイメージと、スウィング動画を正しく分析する「目」が必要ということです。ただし、「目」の部分は、先輩ゴルファーとか、自分より上手いゴルフ仲間にまかせるという手もありますね。また、初心者のうちは、動画を見て、仮に「ここが変だな」と思う部分があったとしても、実際のスウィングの中で、その部分を変えるのは難しいでしょう。ですので、初心者の場合は、アドレスの形やスタンスの向き、ボール位置など、すぐに直せる部分のチェックに使うのがいいと思います。 「全身動画」にこだわる必要はまったくない 動画を撮影するときに大事なのは、「どこから撮るか」と、「どの部分を撮るか」です。私自身は、ほとんど飛球線後方からしか撮影しません。スウィングでいちばん大事なのは、ダウンスウィングのクラブ軌道だと考えているので、その部分をチェックしたいからです。一般のアマチュアの場合でも、後方からの動画のほうが、上達につながるヒントがたくさんあるのではないかと思います。切り返しでのクラブの角度や、ダウンスウィング途中の体やクラブのポジション、体の上下動があるかどうか、前傾角度はキープできているかなどが、後方からの動画でチェックできます。正面からの動画でチェックできるのは、ボール位置や手の位置、トップの大きさなどですので、時々、確認する程度にチェックするくらいで大丈夫だと思います。「どの部分を撮るか」については、そのとき何か課題を持って練習しているなら、それに関わる部分を重点的に撮影すればいいと思います。たとえば、テークバックでヘッドが急激にインサイドに入るクセがあって、それを「ゆるやかに引きたい」という課題を持っている人であれば、始動のヘッドの動きがよくわかる画角で撮影すればよくて、別に全身が映っている必要はないということです。最後に、動画チェックの頻度ですが、スウィングのどこかを変えようとしているとき以外は、2週間~1カ月に1回くらいのチェックで十分だと思います。私の場合でいうと、昨シーズンは、開幕から割と好調をキープできていたので、ほとんど動画を撮りませんでした。そんな状態がずっと続いたら、楽なんですけどね(笑)。 「動画を撮るなら後方から。ダウンスウィングのクラブ軌道に注目!」 飛球線後方からの動画を優先しよう 飛球線後方からの動画のほうが、チェックできる項目が多い。その際、全身を画角に入れずに、気になる部分だけを重点的に撮影してもいい。また、正面からはオーバースウィングになっていないかなど、トップの大きさをチェックしよう 伊澤利光 1968年生まれ。神奈川県出身。学生時代から頭角を現し、プロ入りしてからは、プロも憧れる美しいスウィングの持ち主として活躍。2001年、2003年と2度の賞金王に輝く。また、2001年、マスターズで日本人最高位の4位入賞(当時)。現在はシニアツアーを中心に活躍中 月刊ゴルフダイジェスト2022年3月号より 「イザワの法則」バックナンバー