Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ストロンググリップが合う人・合わない人】<前編>フックに握ったからといってスライスが防げるとは限らない

【ストロンググリップが合う人・合わない人】<前編>フックに握ったからといってスライスが防げるとは限らない

プロアマ問わず主流になりつつある「ストロンググリップ」。さまざまなメリットがあるからだが、実は「誰にでも合うグリップではない」と北野正之プロは言う。では、どんな人に合うのか。詳しく話を聞いてみた。

PHOTO/Yasuo Masuda、Blue Sky Photos THANKS/サザンヤードCC

解説/北野正之

女子プロやアマチュアの指導経験が豊富。伸び悩むゴルファーへ「気づき」の指導を得意とし、スウィング理論、メンタル、マネジメントに精通。茨城・サザンヤードCCでレッスンを行う

フェースの開閉がしにくい
大型ヘッドに合う

シャットフェース、シャローイング、地面反力など、最新スウィングのキーワードはいくつもあるが、「ストロンググリップ」も欠かせない要素のひとつだ。フックグリップと言われる「ストロンググリップ」は、なぜ増えたのか? アマチュアの指導に定評がある、北野正之プロに聞いてみた。

「いちばんの要因は、大型ヘッドに合う握り方だからです。重心距離が長い最新のドライバーヘッドは、一度フェースが開いてしまうと元に戻す(スクエアに戻す)のが難しくなります。だから、フェースの開きを抑えるグリップが必要になったのです。それがストロンググリップというわけです。ストロンググリップは、フェースをシャットにしやすく、最新スウィングとも相性がいいのです。

実際、米ツアーでは、ほとんどの選手がストロンググリップです。その代表が“超ストロング”に握るD・ジョンソン、B・ケプカ、R・マキロイです。ほかにもR・ファウラー、J・ローズなど、一流選手の多くがストロンググリップです。その流れがアマチュアにも浸透してきた、ということは言えるでしょう。ただ、マスターズを制した松山英樹選手はスクエアグリップですし、J・スピースは、ウィークに近いスクエアグリップです。プロがみんなストロンググリップではない、ということは知っておくべきでしょう」

大型ヘッドに合うのがストロンググリップというのであれば、プロに限らず、アマチュアにも最適なはずだが、実はそこに大きな誤解があると北野プロは指摘する。

「今のドライバーを使ううえでストロンググリップは有効な握り方ですが、万人に合うかというと、そうでもないのです。ストロンググリップにすると動きが窮屈、振りづらいと感じるアマチュアは少なくないはずです。ストロンググリップがつかまるグリップと思っているアマチュアも多いです。実際、レッスンの現場でもストロンググリップを勧める傾向はありますが、ストロンググリップにしたからといって、スライスがすべて防げるわけではありません。大切なのは自分の技術レベルやスウィングタイプに合った握り方かどうか、なのです」

「ストロンググリップ」のメリット
●フェースの開きを抑えられる
●ボールを強く叩ける

●大型ヘッドに合う
フェースの開きが抑えられることで、シャットな状態でクラブをコントロールできるのが最大のメリット。そのためインパクトが低く長くなり、ボールを強く押せる。これが叩けるグリップといわれるゆえんだ

米ツアーでは「ストロンググリップ」が主流

「ストロンググリップ」の代表:
ダスティン・ジョンソン
ブルックス・ケプカ
ローリー・マキロイ

左手をかぶせるように握るのがストロンググリップ。超ストロングになると正面から見て左手の甲が見える形に。シャットフェースとの相性がよく、ドロー(フック)が打ちやすいグリップだ

「スクエアグリップ」の代表:
松山英樹
ジョーダン・スピース
ジャスティン・トーマス

左手甲がターゲットに向くように握るのがスクエアグリップの基本。左手のひらが上に向くよう、少し開きぎみに握るとウィークグリップになる。グリップによってアドレスにも違いが表れる

ストロンググリップは今や主流と言える。だが、合わないゴルファーがいるのは間違いない、と北野プロは断言する。

「ジュニア時代からストロンググリップで始めたゴルファーは別ですが、アマチュアの多くはストロンググリップが合わない可能性が高いですね」

>>ではストロンググリップが合わないのは
どんなタイプ? 後編へつづく

  • 現在主流になりつつある「ストロンググリップ」だが、アマチュアの場合、ストロンググリップが合わないケースも多いという。果たして合わないのはどんなタイプなのか? PHOTO/Yasuo Masuda、Blue Sky Photos THANKS/サザンヤードCC 解説/北野正之 女子プロやアマチュアの指導経験が豊富。伸び悩むゴルファーへ「気づき」の指導を得意とし、スウィング理論、メンタル、マネジメントに精通。茨城・サザンヤードCCでレッスンを行う ストロンググリップが主流になっている理由とは?<前編>はこちら ヘッドスピード42㎧以下でハンドファーストに打てない人は要注意 ストロンググリップが合わない人とはどんなタイプなのか。北野正之プロによると「ストロンググリップはどうやって握っているのか、を考えるとわかりやすいです。イメージとしては、ボクシングの左ストレートに近いです。左前腕を回内(内側に絞る)させているわけです。その結果、ひじが伸びて腕が真っすぐになります。この状態は左腕(手首とひじ)がロックされたのと同じなんです。これが人によって窮屈だったり、振りづらいと感じてしまう理由です。つまりフェースローテーションがしづらい、ということなんです。ですから、体の正面でインパクトするタイプの人には、ストロンググリップは合わないんです。 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です ストロンググリップは腕がロックされた状態ですから体を先行(回転)させ、ハンドファーストにインパクトするしかありません。そうしないとフェースをスクエアに保てないからです。そのため、体をしっかり回せる人でないとその恩恵が得られないのです。そう考えるとアスリートや上級者、あるいは体の柔軟性が高い若い世代に向くグリップといえます。個人的には体が回りづらい中高年にはおすすめしません。フェースローテーションが抑えられるのがストロンググリップの特性ですから、クラブヘッドのパワー(ヘッドの返り)が生かせないという側面もあります。そうなると、ヘッドスピードが遅めの人ほど、どんどん飛ばなくなってしまう可能性は高いです。また、ストロンググリップは方向性と再現性がよくなるのでボールが曲がらなくなります。フェースがスクエアな状態を長く保てるのでインパクトも強く叩けます。それには体をしっかり回す、ハンドファーストで打つ、という条件が必須なんです。米ツアーの選手が筋肉質のアスリート体型になっているのは、体のパワーを上げても真っすぐ飛ばせるストロンググリップのおかげでもあるんです」 ストロンググリップは「アスリートや上級者、若い世代に向く」 ボクシングの左ストレートのように前腕を回内させるのがストロンググリップの特徴だ。腕全体が真っすぐ伸びることで再現性が高まり、体を回すほど、インパクトで強く叩ける 左腕がロックされた状態になるので、体を先行させたハンドファーストが必須条件となる。その結果としてフォローで腕が伸びる、フィニッシュが大きくなる。リストターンがしづらくなるため、体をしっかり回せないと振り切れない ストロンググリップが合う人●体がしっかり回せる ●ハンドファーストに打てる では、スクエアグリップが合う人とは、どんなタイプなのか?「スクエアグリップはボクシングでいうなら左アッパーのイメージです。ひじが適度に曲がるので腕に余裕が生まれます。その結果、フェースローテーションがしやすくなります。体の正面でリストターンさせるスウィングと相性がいいのです。フェースローテーションさせることで、ヘッドの返りが使えますから、飛距離を伸ばせる可能性もあります。スクエアグリップはひじや手首の自由度が増すのでフォローやフィニッシュもラクになります。体が硬くても無理なく振り抜けるグリップなんです。ストロンググリップはレースカーのハンドルのように敏感で遊びがないのに対し、スクエアグリップには遊びがあります。フェースローテーションの量やリリースのタイミングを調整できるのもメリットでしょう」ストロンググリップにこだわる必要はない。自分に合ったグリップを見つけることが、上達への大きな一歩につながるのだ。 スクエアグリップはヘッドスピードが遅めの人や体が動きづらい人に合う 左手を絞らないスクエアグリップは腕が真っすぐ伸びない。つまり手首やひじに余裕が生まれるグリップ。体の正面でフェースローテーションさせるスウィングと相性がいい スクエアグリップは手首やひじに余裕があるのが特徴。フェースローテーションでボールをつかまえるため、体が回りづらい人にもマッチする。リストターンすることでひじがたたみやすく、フォローやフィニッシュでも無理がない スクエアグリップが合う人●体が回りづらい ●ハンドファーストに打てない 北野流ストロンググリップ活用術バンカーやアプローチで使うのはアリ ヘッドスピードが遅めの人や、体が回りづらいゴルファーにはストロンググリップは合わない、と語る北野プロだが、使い方次第でスコアアップに貢献できますよ、と言う。どういうことなのか?「体を回してハンドファーストに打つのが、ストロンググリップを生かす条件ですが、バンカーとアプローチなら誰でも活用できる可能性があります。ストロンググリップは腕が真っすぐロックされるので、腕自体の強度が上がるわけです。バンカーでも砂に負けず、力強く振り抜けるようになります。とくに非力な女性にはおすすめですし、バンカーが出ないという人にも試してもらいたいです。アプローチでザックリやトップに悩む人にもストロンググリップはおすすめ。腕がロックされる=腕の長さが変わらないので、インパクトの再現性が高まります。腕(ひじや手首)は一切使わず、体を右に回して左に回すだけ。ハーフショット以下であれば、誰でも体で打てるはず。インパクトが安定すれば、ミスは抑えられますし、距離感も合わせやすくなります」北野竜のストロンググリップ活用術を使えば、スコアアップにつなげられる可能性大だ。 活用術1バンカーでストロンググリップ 左腕が真っすぐ使えるのでパワーが伝わりやすいストロンググリップに握ることで左腕が真っすぐ伸びる。それを最大限生かせるのがバンカーショットなのだ。グリーンまで距離があるバンカーなどでも有効なので、覚えておいて損のないテクニックだ 活用術2アプローチでストロンググリップ 両腕を固定したまま打てばミスが抑えられるアプローチのミスのほとんどは、ヘッドの入り方が問題。ストロンググリップにすれば、腕の長さが変わらないので入射角が安定し、どんなライでも同じインパクトが可能だ。ミスは減らせるし、距離感も合わせやすくなる 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より

こちらもチェック!

  • 世界も認めた美スウィンガー・伊澤利光が、ゴルフで大切にしていることを語る連載「イザワの法則」。今回のお話は、前回に引き続き伊澤がアマチュアを教える中で感じていることについて。 https://my-golfdigest.jp/lesson/p2185/ 前回のお話はこちら 注目するのはグリップ、アドレス、テークバック GD 伊澤プロが、スクールに来たアマチュアに、必ず教えることは何ですか?伊澤 やっぱり最初はグリップを見ますね。それと、アドレスのバランス。あとは、テークバックの軌道と大きさ。せいぜい、その3つくらいでしょうね。GD やはり、最初から「あれもこれも」とやるよりも、シンプルなところから始めるということでしょうか。伊澤 グリップとかアドレスとか、そういう基本的なところに問題がある人って多いですから。アドレスは、その人の体型とか、年齢、体力に「見合った」構え方じゃないと、結局、自然なスウィングにならないんですよね。それと番手なりの構えができているかどうかっていうのも、かなり重要です。 この記事は会員限定です続きを読むには会員登録が必要です GD シンプルなポイントをシンプルに絞るというより、そこが最重要だから最初に教えると。伊澤 ま、そういうことです。GD テークバックのポイントというのは?伊澤 時々、ものすごくフェースを開いてあげていく人がいるので、それは直します。シャフトが地面と平行になるくらいのところで、少しだけフェースが地面の方を向くように上げると、それだけでボールのつかまりが変わってきますから。あとはあまり手を高く持ち上げないように教えます。後ろから見て、手が右肩と重なるくらいまで上げれば十分ですね。GD スウィングをどうするとか、具体的な指導はかなり先の話、という感じですか。伊澤 スウィングにすごく致命的な問題があれば、それはなるべく早めに取り組んでもらいますよ。例えば……腰が回っていない人とか。GD テークバックを手で上げるということですか。伊澤 いえ、これはダウンスウィングの話ですね。「インパクトはアドレスの再現」って言葉があるじゃないですか。もしかしたら、あれの悪影響なのかもしれないですけど、腰が正面を向いた状態でインパクトする人がすごく多いんです。割合で言うと、8割方は腰を回さないで打ってるんじゃないかな。GD プロのインパクトは腰がほぼ目標方向に向くくらい先行して回転していますからね。つまり、アドレスとは形が全然違う。伊澤 ええ。そこを勘違いしている人が多いです。GD 腰を回さずに打つ弊害はどういったことですか。伊澤 やっぱり、フェースは開いて当たりやすくなりますよね。腰を回してない人は、腕も振れていませんから。腰が回っていない人に、頑張って腰を回して打ってもらうと、同じフェースが開いて当たるのでも、今度は「振り遅れ」状態になります。そうなったら、次に手を一生懸命振ってもらう。そうすると、何発かに1回は、きちんとフェースが閉じて当たるようになります。フェースが閉じて当たると、自分でも「あ、いまのは感覚が違うな」というのが分かるんですよね。その球がつかまった感覚を頭と体に蓄積するのが大事なんです。 Point 1ゆるゆるも「度」が過ぎるとよくない 力が入りすぎているよりは「ゆるゆる」のほうがいいが、トップでグリップから手が離れるほど「ゆるゆる」では、コントロールできなくなる。指の間隔を詰めて、クラブが落ちないギリギリの強さで握る。 Point 2腰を回して腕を振り抜く 切り返しで腰を回し始めたら、そのままずっと腰を回し続けるイメージを持つ。それに遅れないように腕を振っていくと、フィニッシュまで振り抜ける。 伊澤利光 1968年生まれ。神奈川県出身。学生時代から頭角を現し、プロ入りしてからは、プロも憧れる美しいスウィングの持ち主として活躍。2001年、2003年と2度の賞金王に輝く。また、2001年、マスターズで日本人最高位(当時)の4位入賞。現在はシニアツアーを中心に活躍中 月刊ゴルフダイジェスト2015年7月号より 「イザワの法則」バックナンバーはこちら
  • 片山晋呉や上田桃子など数多くのトッププロを指導したプロコーチ・江連忠が、アマチュアゴルファーのリアルな悩みや疑問にお答え! https://my-golfdigest.jp/lesson/p44393/ 前回のお話はこちら この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より 「新モダンゴルフ」バックナンバーはこちら
  • 国内女子ツアーに有望選手を次々と輩出し、先月行われたプロテストでも合格者を出した辻村明志コーチ率いる『チーム辻村』。前回、第1弾として上田桃子の練習法を紹介した。第2弾の今回は、いま賞金ランクトップを走る小祝さくらがやっている練習法を特別公開! PHOTO/Hiroaki AriharaTHANKS/鎌ヶ谷カントリークラブ、丸山ゴルフセンター 小祝さくら1998年、北海道生まれ。2017年にプロ入りし、翌年には賞金ランク8位に。今季3勝を挙げ、賞金ランクトップを走る(7月1日現在) 辻村明志 つじむら・はるゆき。1975年、福岡県生まれ。日本大学出身。現在、小祝さくらをはじめ、上田桃子、永井花奈、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵、今季プロテストに合格した阿部未悠など多くの選手を指導 https://my-golfdigest.jp/lesson/p24734/ 「チーム辻村」の練習法・第1弾はこちら 【小祝さくらの練習メニューその1】 「グリップ挟み打ち」で体のコアを強く意識 GD 前回、上田桃子プロの練習法を教えていただきましたが、今回は小祝さくらプロの練習法を伺いたいと思います。辻村 今日はさくらも同席しますので、一緒にお話ししますよ。小祝 よろしくお願いします。GD どうもありがとうございます! ではさっそくですが、日ごろからやっている練習にはどんなものがありますか?小祝 欠かさずやっているのは「これ」を使った練習です。GD なんですか、これ?? 小祝 グリップエンドをガムテープでぐるぐる巻きにしたものです。これを両足に挟んでずっと打ってます。GD どんな効果が?辻村 スウィングでは、体のコア(体幹部)をしっかりと使うことが大切なんですが、ただ意識するだけではなかなか難しい。そこで考えたのが、これをももの間に挟んだまま打つ練習法です。GD 挟んで打つだけでいいんですか?辻村 はい。挟んだまま、インパクト以降、体をしっかりターンしていくことが重要です。手だけで振ったり、逆に下半身が早く動きすぎたりしないように注意しましょう。はじめは小さな振り幅でOK。徐々に振り幅を大きくして打てるようになれば、明らかに球質が変わってきますよ。 器具を内ももで挟むことで、左右のブレがなくなり、体の中心に芯を感じて振れるようになる。その意識を持ったまま、器具の先端が目標へ向くようにしっかりターンしていけば、体幹を使ったスウィングができるようになると辻村コーチ 体の回転と腕の動きがしっかりと同調することが重要。フォローで器具の先が正面を向いていたら体が回らず手だけを返している証拠。また器具の先が目標を向くのが早いときは、クラブが振り遅れていることが分かる 小祝さくらのグリップ挟み打ちを動画でチェック ボールを強く押せるスウィングに! 2015年と比べると、現在はインパクトで左かかとが浮かず、しっかりと左足で体重を受け止められているのが分かる。フォローでも状態が伸び上がることなく、重心が低いまま振り抜けている 小祝さくらのとっておき練習法はまだまだあった! 後編へ続く 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月20日号より