Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • 「時には冒険も必要」申ジエに聞こう! ショット&ショートゲーム編

「時には冒険も必要」申ジエに聞こう! ショット&ショートゲーム編

20-21シーズンも4勝を挙げた、世界ランク1位経験者・申ジエ。衰えないプレーぶりもさることながら、含蓄に富んだ言葉の数々は、プロアマ問わず多くのゴルファーに福音をもたらしてきた。今回は週刊ゴルフダイジェスト1月4日号に掲載された申ジエへの41の質問の中から、技術に関する話題をピックアップ。ゴルフの大事が詰まった深い言葉に耳を傾けよう。

PHOTO/Shinji Osawa、Hiroaki Arihara

申ジエ
1988年4月28日、韓国全羅道出身。A型。05年プロ転向、06年から3年連続韓国ツアー賞金女王、09年からは舞台をアメリカに移し賞金女王に。10年世界ランク1位、13年全英女子OP優勝、14年からは日本ツアーに本格参戦。ツアー通算61勝!(アメリカ11勝・日本26勝など)

【ショット編】

Q. スウィングで一番気をつけていることは?

A. リズムとイメージを大事にしています。練習場とコースでは目的が違っていて、練習場ではきちんとクラブに“当てる”ということも必要ですが、コースだと目標に対するイメージが大事になる。練習場のように、スウィングづくりがコースでも目的になっている方がいらっしゃるんです。

Q. 感覚を磨くには、どうしたらいいですか?

A. 私は感覚を養うため、ジュニア時代に父と練習しました。たとえば101Y打てというのに100Yにしかいかない。その1Yに差がある。それをいかに練習で補っていくか。1日練習をしなければ自分でわかるし、2日しなければ見ている人にわかる。3日しなければ世間にわかってしまう。感覚を磨くには、毎日やり続けて補うしかないと思います。

Q. 練習のポイントは何ですか?

A. 10球打って10球がいい当たりをするのが練習場での良い練習ですが、コースに行ったら10球で3、4球上手くいくかどうか。だからこそ一定した動きを繰り返しやって身につけるのは大事です。クラブも、1、2本を決めてそれを繰り返し練習していくことが大切。私もそういう練習をしていました。

Q. とにかく曲がります。正確なショットを打つには?

A. 目標をもう少し狭く、細かく決めるのも1つの方法です。1本の木を目標にしてみたり、フェアウェイの芝のカットラインを目標にしてみたり。どうやって攻略していけばいいかという目標がはっきりしますし、そうしてイメージを描くことで、それに応じて体が反応してくれるようになります。

【ショートゲーム編】

Q. アプローチはいろいろな技が必要ですか?

A. 自信を持っている1つがあれば、それが最高の武器になります。ただ、「守る」ということであれば、それがいいと思いますが、狙って入れる、難しいけどやってみるなど「冒険」が必要なときもある。プロは最小限にスコアを減らしていくのが仕事ですが、アマチュアはそれ以上多く打たないということが目標。それによって守るか冒険するかをきちんと見極めてやっていくといいですよ。たとえば競技ゴルファーなら、熱意もあり練習もしているので、いろんな経験を通じて成功と失敗をしたほうがいい。やっていないとやらなくなりますから。

Q. パットが上達する練習法は?

A. パッティングが上手になるには距離感がポイント。私は距離感を振り幅やインパクトの強さなどで考えたことがありません。ショットと同じでパットも手では打ちません。肩を利用して手の力は抜く。だから距離感は練習してつくります。振り幅だとグリーンによっても変わってくる。ショット同様、イメージを描いて繰り返し練習するしかないです。私はパッティンググリーンにいけばまず20m以上の長い距離から練習します。また、10mを10球同じ場所に止まるように打つ練習も必要。もし思うようなスピード感が出なければ、私は5時間も6時間もグリーンにいますよ。皆さんはスタート前に5分くらい打って「距離感が合わない」と言いますが、それで合うなら私たちよりもっと天才です(笑)。

Q. バンカーショットが苦手です。コツを教えてください

A. ボールを上げなければならないというのが1つの目標ですが、体とクラブを低くすればボールは高く上がります。アマチュアの方は、ボールを上げたくて先に体と頭が上がってしまいますよね。

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より

こちらもチェック!

  • アプローチで大事なのは「視線のイメージ」と「手の感覚」と語った申ジエプロ。では実際にどのようなことに注意して打っているのか。左足下がりや砂混じりのライなど、難しい6つの状況での打ち方のポイントを聞いた。 PHOTO/Takanori Miki THANKS/太平洋クラブ八千代コース 申ジエ 1988年生まれ。韓国出身。元世界ランクナンバー1のレジェンド。日本だけで26勝、海外での勝利も合わせるとなんと50勝以上。かつて週刊ゴルフダイジェストの企画「女子プロが選ぶこのプロがスゴイ」のアプローチ部門で1位に輝いたことも >>重要なのは「目」と「手」申ジエが語るアプローチの極意 難しい状況でも、「上げる」「転がす」の基本のアプローチに“ひとアレンジ”加えることで対応できると、ジエプロ。ただし、「打ち方に正解はありません。これはほんとに大事!」と話す。「私のやり方はあくまで私がやりやすい方法論です。『これをしなければいけない』ということではなく、選択肢のひとつとして考えてもらいたいんです。一番大切なのは、みなさん自身が『どの方法がやりやすいかを知る』ことであり『どの方法がもっともイメージが出る』か。だからこそ、いろんな方法を試してみて、自分に合ったものを見つけてほしいです」 続きを読む CASE1 左足下がりフォローを低く短く出す 左足下がりは、傾斜なりに振っていくことが大前提。フォローを大きく取ろうとすると、インパクトが強くなってランが出やすいので、フォローは低く短く出す 【POINT】ひざの高さをそろえよう スウィング中、ひざの高さが変わると、体の軸が傾き最下点も変わってしまう。傾斜地ほど、打点がシビアになるので、左右のひざの高さをそろえることが大事 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE2 バンカー越え弾道の頂点に目線を向ける 目線を高くすることで、自然に右肩が下がり高い球が出やすくなる。ポイントは左足体重で振り抜くこと。上げたいからといって、右足体重になってしまうと、あおり打ちになってダフリやトップのミスが出やすくなる 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE3 ボールが沈んだラフコックを早めに使いクラブを鋭角に下ろす できるだけ芝の影響を受けないように、コックを使い鋭角にクラブを入れていく。バンカーショットのイメージでいい 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE4 ボールが浮いているラフ振り子のように左右対称に振る 浮いているライで一番嫌なのは、ボールの下をくぐること。肩と腕で作った三角形を崩さないように横からボールを払うように打っていく。パターで打つ感覚でもいい 【POINT】浮いているときはロフトが立ったクラブにする ロフトが寝たクラブだと、ボールの下をくぐりやすい。AWやPWなど、ロフトが立った番手を使うとミスが防げる 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE5 フェアウェイとラフの境目芝に触れないように上から入れる 通常のアプローチよりもボールを右足寄りに置き、コックを入れながら打っていく。手前のラフにできるだけ触れないように意識しながらボールの先にクラブを落とす 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} CASE6 砂が多いフェアウェイトップさせるくらいの感覚でOK ボールを右足寄りに置き、肩と腕の三角形をキープして打っていく。左足体重にしておくことで、 最下点がボールの先になるため、ダフリのミスが防げる 動画でチェック! //{"googleAnalytics":{"userId":"[GAUSERID]"}} 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より こちらもチェック!
  • 寄せの達人たちにアプローチの極意を教えてもらう本特集。最後は、女子プロNo.1のアプローチ名手、申ジエプロ。まずはアプローチで大切にしていることを教えてもらった。 PHOTO/Takanori Miki THANKS/太平洋クラブ八千代コース 申ジエ1988年生まれ。韓国出身。元世界ランクナンバー1のレジェンド。日本だけで26勝、海外での勝利も合わせるとなんと50勝以上。かつて週刊ゴルフダイジェストの企画「女子プロが選ぶこのプロがスゴイ」のアプローチ部門で1位に輝いたことも https://my-golfdigest.jp/lesson/p42806/ https://my-golfdigest.jp/lesson/p42906/ 失敗を重ねないと覚えない ――プロ仲間からも一目置かれる存在の申ジエプロですが、プロ自身がもっとも大事にしていることは何ですか?申 アプローチはリカバリーショット。だからこそ、次のパットをどこから打つかが重要で、どこから打つとベストか、そのことを考えています。 ――ベストな結果を生むために、どのような考えでショットに臨んでいますか?申 「視線のイメージ」と「手の感覚」を大事にしています。視線で球筋を明確にイメージし、そのイメージをもとに、インパクトの強さをイメージする。このふたつがマッチしたとき、ベストな結果を生むことができるんです。――ジエプロはたくさんの技の引き出しがあるように見えるのですが、それは経験によって培われたものですか?申 経験は経験ですが、“失敗”の経験ですかね。――失敗?申 今の若い子は練習ではいろんな種類のアプローチを練習しています。でも、試合になると自信がないからか、安全なことしかやらない。もちろん、その気持ちもわかります。でも私は、失敗を重ねないと本当の技術は身につかないと思っています。失敗し、そこで反省して次に生かす方法を考え、また挑む。この繰り返しのおかげで今があると確信しています。レベルの差はあるかもしれませんが、これはアマチュアの方も同じですよ。――なるほど。確かにラウンドではついつい安全に考えてしまいます……。手の感覚についてはいかがですか?申 ボールはフェースの当たり方で飛び方が決まります。そして、ボールが当たったとき、最初に感覚が伝わるのは手。つまり、手の感覚が鋭ければ、いいショットのときの感覚を覚えていられるわけです。目隠ししても、当たったときの感触で弾道がわかっていないとダメだと思っています。そうしないと、いつまで経っても、イメージとのギャップは埋められません。“手の感覚”を大切にすることで、きっと違いが出てくるはずです。 常に手に意識を集中 「手先の感覚が大事なので、食事をするときや何か物をつかむときなども、手に意識を集中させるようにしています」 フェース面=右手のひら 「フェース面と右手のひらは同じだと考えています。フェースを手のように使えれば、自分が思った球を打つことができます」 では、実際にどう打っている?>>後編へ続く 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より こちらもチェック!