Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • “100Y”完全攻略!<後編>「ウェッジはフルショットを想定して作られていない」ギアの専門家が指南

“100Y”完全攻略!<後編>「ウェッジはフルショットを想定して作られていない」ギアの専門家が指南

100ヤードをきっちり打てるようになるための特集、後編はギアの観点から。前編では、100ヤードはフルショットではなく「加減して打つ」ものと語られていたが、ウェッジというクラブの構造上からも、フルショットで打つべきではないという。ギアの専門家に話を聞いた。

PHOTO/Hiroaki Arihara、ARAKISHIN THANKS/鶴舞CC、日進ゴルフエトワス

解説/松吉宗之(クラブデザイナー)

長年クラブメーカーで開発に携わった後、2018年に自身のブランド「ジューシー」を立ち上げる。ウェッジの構造に関するスペシャリスト

>>正しい「8割ショット」の打ち方を
青木翔コーチが解説
!

フルショットすると
必要以上にロフトが寝てしまう

100ヤードを大きな振りで打つスウィング側の弊害を青木コーチに聞いたが、クラブ側の観点からも「振り回して打たないほうがいい」という。クラブデザイナーの松吉さんに話を聞いた。

「アマチュアの方から、フルショットで100ヤードぴったりになるウェッジを入れたいという要望はよくあります。アイアンのストロングロフト化で、下を厚くしたいという人が増えていますからね。ただ、ウェッジというのは。そもそもフルショットを想定して作られてはいません。ウェッジはロフトが寝ているため、構造上、重心が深くなっています。これを大きく振り回してしまうと、インパクトでリーディングエッジ側が浮く動きが入り、ロフトが必要以上に寝ます。すると、球は高く上がりスピンも増える。さらにシャフトも動きすぎてしまうため、インパクトが安定しません」

インパクトロフトやスピン量がそろわないと、精度は上げられない。そうなると「目標が近いのに、運まかせのような状態になってしまいます。そうならないように、重くて硬めのシャフトを挿しているのに、それを振り回すのは本末転倒と言えるでしょう」

加減ショット

●適正なロフトでインパクトできる
●スピン量が安定する
●インパクトの再現性が高まる

振り回したショット

●ロフトが寝る方向にヘッドが動く
●ボールをすくい上へ飛んでしまう
●バックスピンが効きすぎてしまう

フルショットすると引っかけやすいのは
ロフトが寝るから

力まかせに振り回すことでロフトが寝る方向へ動いてしまうと、フェース面は目標より左を向く。これが、ウェッジでフルショットしたとき引っかける原因だ

加減ショットならフェース面をコントロールでき
引っかけなどのミスが出にくい

加減ショットではシャフトの挙動がほどよく緩慢になるため、インパクトの再現性が高くなりやすい。また過度なスピンも入りにくく、高さやランが安定してより狙い通りの距離が出やすくなる。振り回すと入射角が安定せず飛びすぎる可能性も

【ここもPoint】

フェース面を寝かせないためにも、ウェッジのシャフトはできるだけ重くて硬めのモノを選ぶといい

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • 週刊ゴルフダイジェストの人気連載「ゴルルとルール」から、間違えやすいルールの問題を厳選。2019年の改訂でルールが大幅に変わったこともあり、混同している人も多いはず。さて、あなたは何問正解できる? ここは正解しておきたい! 難度1~2 難度 ★☆☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 難度 ★★☆☆☆ 改めて聞かれると意外と迷う……中級編 難度 ★★★☆☆ 難度 ★★★☆☆ これが分かればルールマスター! 難度4以上の難問  難度 ★★★★☆ 難度 ★★★★★ 全問正解できたあなたはかなりのルール通! 間違ってしまったあなたは、「ゴルルとルール」でゴルルと一緒に勉強していきましょう! 「ゴルルとルール」バックナンバーはこちら こちらもチェック! Myゴルフダイジェスト有料会員になるとスマホでいつでもルールが確認できる! 『2021-2022 GOLF DIGEST ゴルフルール早わかり集』 Myゴルフダイジェスト有料会員は電子版をご覧いただけます
  • 映画「るろうに剣心」などで主演を務める人気俳優の佐藤健が、自身のYouTubeチャンネルで「今年一番ハマった漫画」3作品を公表。その中のひとつは意外にも、ゴルフ漫画『オーイ! とんぼ』。週刊ゴルフダイジェスト読者には馴染みのある作品だが、ゴルフをやらない佐藤健がいったいなぜ……その意外な理由とは? 『オーイ! とんぼ』主人公の大井とんぼ。画像はキャラクターデザイン段階のラフ画 クールなイメージの佐藤健だが、実は1000冊以上の漫画を所有するほどの漫画好き。このほど公開された自身のYouTubeチャンネルでは、さまざまな「今年一番」のことに答えているのだが、そのなかで「今年ハマった漫画」について問われる場面があった。「漫画めちゃくちゃ読むんですけど……うるさいんですよ、漫画に」と前置きしたうえで、最初に挙げたのが『オーイ! とんぼ』。カメラを回すスタッフたちの間に「?」が浮かぶのも無理はない。『オーイ! とんぼ』はゴルフ専門誌「週刊ゴルフダイジェスト」に連載されている超マニアックな漫画で、佐藤健自身、なんという雑誌に連載されているものか把握していない様子。いったいなぜ、ゴルフとは縁のなさそうな佐藤健がこの作品と出合ったのか。「『HUNTER×HUNTER』の作者の冨樫(義博)先生とお話しする機会があって『面白い漫画あります?』って聞いたら、2つ言っていて。1つは(当時)連載が始まったばかりの『鬼滅の刃』、もう1つが『オーイ! とんぼ』だったんです」あの冨樫先生が今をときめく『鬼滅』と並んで『とんぼ』を薦めていたというのも驚きだが、ゴルフをやらない佐藤健がゴルフ漫画にハマったのも驚き。そもそも『オーイ! とんぼ』とはどんな作品なのか。 ゴルフを題材としたアツい人間物語 ゴルフ漫画というと、プロを目指す少年がゴルフ場で研修生として腕を磨き、やがてプロになって世界で活躍する、というのが王道のストーリーだが、『とんぼ』は少し趣を異にする。まず、主人公は少年ではなく少女。「日本最後の秘境」と呼ばれるトカラ列島で育ち、島民手作りのゴルフ場で、遊ぶようにしてゴルフを覚えた天真爛漫な中学生、「大井とんぼ」が物語の主役だ。ゴルフの漫画ではあるが、ゴルフをやらない人でも十分に楽しめる。それは、トカラ列島にある人口わずか150人の小さな島で繰り広げられる「日常」が、我々の考える日常とはかけ離れている点。九州の南に浮かぶ実在の島がモデルになっているが、「なにもない」その島での暮らしが生き生きと描かれ、こんな場所が日本にあったんだ、という驚きも味わえる。なかにはゴルフ漫画なのにゴルフのシーンが一度も描かれない回もあるほど。 物語は職を失った元プロゴルファーの五十嵐が島を訪れたシーンからスタートする。五十嵐の目を通して島民たちの暮らしぶりが驚きとともに描き出される そしてもうひとつの魅力はキャラクター。主人公のとんぼはもちろんだが、島の住人たちやとんぼのライバルとして登場するゴルファーたち、ひとりひとりにドラマがある。まさかゴルフ漫画で泣かされるとは思いもよらないだろうが、油断していると涙を禁じえないので、電車内など人目のあるところで読むのは要注意だ。 足のケガで左打ちに転向した「エマ」(左)、高校生に交じり競技ゴルフに挑戦するママさんゴルファー「島さん」(右上)、そして完全なるチョイ役と思われた島民「ブンペイ」までもが感動のストーリーを紡ぎ出す 別のインタビューで、佐藤健は「良い作品を作るということは、やっぱりキャラクターを好きになってもらえるかどうか。登場人物を魅力的にすることが全てだと言ってもおかしくないぐらい」と語っているが、それは『とんぼ』の作者・かわさき健&古沢優先生が最も大事にしている部分。両先生も常々「漫画はキャラクターがすべて」と口にしている。佐藤健が「次巻、ワクワクして待ってます」と語るゴルフ漫画『オーイ! とんぼ』。2021年12月現在で35巻まで刊行中。まだ読んだことのない人は、感涙必至の「トカラ編」第7巻まで、まずは読んでみてもらいたい。 佐藤健が語る“今年いちばん”はこちら 期間限定! 「オーイ! とんぼ」第7巻まで特別公開36話までは無料で読める! 「オーイ! とんぼ」を第1話から読む 限定公開は2021年12月24日12時まで 「オーイ! とんぼ」をamazonで購入 こちらもチェック!
  • 世界も認めた美スウィンガー・伊澤利光が、ゴルフで大切にしていることを語る連載「イザワの法則」第14回。男性アマチュアに比べて、平均身長や筋力で劣るはずの女子プロが、ドライバーの平均飛距離でははるかにアマチュアを上回る。女子プロの打ち方が特別なのか、それとも、アマチュアの打ち方が間違っているのだろうか? 伊澤の見解は? TEXT/Daisei Sugawara ILLUST/Kenji Kitamura THANKS/福岡レイクサイドCC(PGM) https://my-golfdigest.jp/lesson/p44970/ 前回のお話はこちら 女子プロと男性アマチュアの差は「最大効率」かどうか よく、男性アマチュアと女子プロのヘッドスピードが、どちらも40㎧くらいでほとんど同じなのに「女子プロのほうが飛ぶ」と言われます。ですが、女子ツアーの平均飛距離は230ヤードくらいですから、ヘッドスピードに対する最大効率の飛距離が出ているだけで、ヘッドスピードのポテンシャルを大きく超えて「飛んでいる」ということはないと思います。むしろ、男性アマチュアのほうが、最大効率以下で打っているから、女子プロと比較すると「飛ばない」ということですね。自分のアカデミーで、たくさんのアマチュアを見ていて気付いたのは、練習場とコースだと「コースのほうが振れていない」人が多いということです。どうしてそうなるかというと、やはりコースだと「曲がることへの恐怖」があって、無意識のうちにスウィングをゆるめて「当てよう」としてしまうんだと思います。そうすると、練習場で計測したときに、ヘッドスピードが40m/sくらいだったとしても、コースではそれより2~3m/sはスピードが落ちている可能性が高い。それだと、仮に最大効率でヒットしたとしても、200ヤードそこそこ、少し当たりがよくないと180ヤードくらいしか飛ばないことになります。おそらく、男性アマチュアの平均飛距離は、それくらいじゃないでしょうか。 続きを読む 「曲がらない」という自信が持てればますますヘッドは走る 女子プロが最大効率で飛ばせるからくりとして、そもそも女子プロは男性ゴルファーのように、インパクトで急激にヘッドを操作する腕力がないですから、ボールが曲がる原因になるスピンがかかりづらいということがあります。曲がるリスクが少ないので、自信を持って振るから、ますます振れるようになるという好循環が起きるわけです。加えて、プロはロフトやシャフトなどのスペックが、自分にぴったり合った道具を使えることも大きいです。対して、男性アマチュアの場合は、なまじ力があるので、ボールが曲がる原因のスピンがかかりやすい。それで、一度曲げてしまうと、怖くて次からは思い切って振れなくなるという悪循環が起こります。もちろん、市販のクラブを使う限り、女子プロのように、完全に「自分にぴったり」というわけにもいかないでしょう。また、コースで逆に「振りすぎてしまう」という人も、ある程度はいます。覚えておいてほしいのは、そもそも曲がりの大きい、とくにスライス系の人の場合、強く振れば振るほど、曲がりが大きくなって、むしろ飛距離をロスしてしまうという点です。そういう人は、むしろ意識して軽く振ったほうが、飛距離が伸びる可能性はあります。それと、「このホールは飛ばしたい」と思ったときは、「強く振る」とか、「強く当てる」ではなくて、少しだけ「回転を速くする」というイメージで振ると、曲げずに飛ばせる確率が上がると思います。プロが強く振る場合は、全体のスピードが速くなるだけで、スウィングの大きさは変わりません。トップの大きさも、普段とまったく同じです。あとは少しだけ手をスムーズに振る。そうすると、女子プロ並みの最大効率ショットができるかもしれません。 「プロは強く振っても安全に振っても『加速』スウィング。アマチュアは『減速』で曲げてしまう」 飛ばすためには「振り切る」ことが大切 自信を持って「振り切る」というのが、実は飛距離を出すのに必要な最大の要素と言える。「不安」や「迷い」があると、どうしてもインパクトに向かって「減速」する振り方になりやすく、飛距離をロスするだけでなく、曲がる原因にもなる 伊澤利光 1968年生まれ。神奈川県出身。学生時代から頭角を現し、プロ入りしてからは、プロも憧れる美しいスウィングの持ち主として活躍。2001年、2003年と2度の賞金王に輝く。また、2001年、マスターズで日本人最高位の4位入賞。現在はシニアツアーを中心に活躍中 月刊ゴルフダイジェスト2022年1月号より 「イザワの法則」バックナンバー
  • ラウンド中、ミスが続くとついスウィングを修正したくなるもの。しかし北野正之プロによると、ボール位置を変えるだけで、ある程度ミスを防ぐことが可能だという。その方法を詳しく教えてもらおう。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/サザンヤードCC 解説/北野正之 女子プロやアマチュアの指導経験が豊富。伸び悩むゴルファーへ「気づき」の指導を得意とし、スウィング理論、メンタル、マネジメントに精通。茨城・サザンヤードCCでレッスンを行う スウィングを直すより“ボール位置”のほうが簡単です ゴルフはミスのスポーツ。ミスショットが出るのは、ある意味しかたがないことだ。だが、ここでアマチュアがやりがちなのが、スウィングを直そうとしてしまうこと。たとえばスライスが出たら、クラブをアウトに上げようとか、インサイドに下ろそうとか。ところが、これが大きなミスを生む要因になっている。「コースに出たらスウィングを考えても意味がありません。できないことをやろうとしてもできるわけがないからです。ラウンド中のミスをスウィングで修正するのは至難のワザです。むしろさらなるミスを誘発するだけです」とは、スウィング理論やマネジメントに詳しい北野正之プロだ。「アマチュアと回るとほとんどの人がスウィングをいじりたがります。しかし、それが変則的なスウィングを生み、ミスの連鎖につながってしまうのです」では、ミスショットが出てしまったらどうすればいいのか? 北野プロは「ずばりボール位置を見直すこと」だと断言する。「アマチュアのミスといえば、ダフリ・トップ・スライス・引っかけですが、これらのミスの9割は、ボール位置が原因といえます。クラブの長さやライ角が変われば、自分とボールとの距離も当然変わります。ところがアマチュアは、その距離は常に一定と考えがちです。ボール位置は一定ではなく、常に変わるもの。そこを理解することが、ボール位置を見直す、最初の一歩です」 続きを読む 北野プロによれば、ラウンドで重要なのは「ターゲットに対し、どこにボールをセットするか」だ。フェースの先っぽに当たるならボールに近づけばいいし、ヒールに当たるなら少し離れる、といった単純な話なのだという。「ダフリやトップ、ボールがつかまらない……といったほとんどのミスは、ボール位置を見直すだけでかなり防げます。あれこれ考えてスウィングを修正するより、よっぽど簡単で即効性も高いです。スウィング軌道がブレやすく、打点も安定しないアマチュアは、理想的なスウィングを作りたくなるものですが、それは練習場でやるべきことで、コースでやることではありません」北野プロによれば、ゴルフの上達方法は2つしかないという。ひとつは、スウィングを変えて結果を出すこと。もうひとつは、スウィングは変えずに状況を変えて結果を出すこと。今回はアマチュアでもすぐに実践できる、後者の方法を解説してもらおう。 ラウンド編 ダフリ&引っかけを防ぐならボールを「左寄り」に置く 「スウィングはいじらなくていい」という北野プロにボール位置とミスとの関係を教えてもらおう。まずはボールの左右位置だが、アマチュアの代表的なミスであるダフリで考えてみよう。ボールの手前に最下点がきて、ボールよりも先にヘッドが地面に当たってしまうのがダフリ。そうなるともっとボールを右に置けば……とアマチュアは考えてしまう。だが、「早くボールにヒットさせようと考えるのでしょうが、これは大きな間違い。なぜならボールを右に置くほど体の軸は右に傾き、さらにダフりやすくなります。ダフリ防止なら左に置くのが正解です」また、左に置くとクラブは上から下へ打ち込むアウトサイドイン軌道になりやすい。つまりスライスを打ちやすくなるということは、引っかけ防止になる。ダフリ&引っかけのミスが多い人は、ボールを左に置いてみよう。では、トップのミスはどうか? トップもアマチュアに多いミスだが、ヘッドがボールに届かない、届き切らないことで起きるもの。「それならヘッドが届きやすくなるよう、ボールを右に置けばいいんです。右に置くとインパクトが少し早くなりますからフェースが右から左へターンする動きになり、ボールもつかまりやすくなります。これはドロー打ちと同じ、インサイドアウト軌道になりやすいからです。ということは、スライス防止になるんです」ちなみに左右のボール位置でフォローの高さも変わるという。右に置くとフォローは高く、左に置くとフォローは低くなる。ボールを低く抑えたければ左寄り、高く上げたいなら右寄りという、高低の打ち分けも可能だ。左右のボール位置について北野プロは「ボール3個分までの範囲で、最適なボール位置を探しましょう」と言う。 左に置く●引っかけ防止●ダフリ防止 左に置くとクラブは上から下へのアウトサイドイン軌道になりやすい。ダフリ防止になると同時にスライスが出やすくなるため、引っかけ防止に効果がある。ボールを右に置くほど、軸が右に傾き、ダフりやすくなる 右に置く●スライス防止●トップ防止 右に置くとヘッドがボールに届きやすくなり、トップの防止になる。またインサイドアウト軌道で、下から上のアッパー軌道になりやすく、ボールがつかまりやすい。フックが出やすくなるのでスライス防止になる アマチュアのスウィングは左右のブレだけでなく、かかと体重、つま先体重といった前後のブレによるミスもある。そこでボールに「近づく・遠ざかる」といった前後の対処法も教えてもらった。「基本的にボールに近づくとつかまりやすく、離れるとつかまりにくくなります。つまり引っかけ防止ならボールを遠ざけ(トウ寄りに構える)、スライス防止ならボールに近づく(ヒール寄りに構える)と覚えておくといいです。ちなみに緊張した場面、たとえば朝イチのティーショットや池越えなどは、当てたい思いが強いので、ボールに近づきやすい傾向があるのも覚えておくと便利ですよ」前後のボール位置についてはボール1個分までだという。最初はトウ寄りやヒール寄りに構えることから始めるといいと、北野プロはアドバイスしてくれた。 遠ざかる/トウ寄り●引っかけ防止●ダフリ防止 ]ボールがつかまりすぎで起きる引っかけやチーピンは、ボールから遠ざかることで防げる。ダフリより、トップが出やすい状況になるのでダフリ防止に効果がある。かかと体重になりやすく、体の突っ込みも防げて、ボールのつかまりも抑えられる 近づく/ヒール寄り●スライス防止●トップ防止 ヒール寄りに構えてボールに近づくとつま先体重になりやすく、トップよりダフりやすい状況が作れる。ボールをつかまえやすくなるため、スライス防止に最適だ。前後の位置調整はボール1個分までで考えよう 練習場編 ボール位置を変えて打てば傾斜地ショットの訓練になる! 北野プロによると、プロとアマチュアの大きな違いは「打てるエリア」にあるという。プロはそのエリアが広く、アマチュアは極めて狭い。野球のバッティングでいえば、プロはどんなボールにも対応できるが、アマチュアはど真ん中しか打てないというわけだ。そのうえで北野プロはアマチュアの練習方法にも疑問を投げかける。「アマチュアの練習は、同じボール位置でストレートボールをひたすら打とうとします。ですが、練習場とコースの違いは傾斜地で打つことです。だからこそ、練習場ではボール位置の変化による“仮想傾斜”を作るといいんです」仮想傾斜とは、どういうことなのか? 北野プロの解説はこうだ。左右のボール位置では「右に置くと左足上がり」「左に置くと左足下がり」になるという。「基本的に左足上がり&下がりは、傾斜の低い位置側にボールをセットします。これはヘッドが入っていくスペースを確保するためです。右に置けば、右が低いので左足上がり、というわけです」アマチュアがとくに苦手なのが左足下がりだが、左に置くことで次のような効果が得られるのだ。「左に置くと上体が起きてしまった時点でアウトです。前傾を維持したまま、上から打ち込まなければ打てないボール位置だからです。その結果、前傾を保つための体の粘りが生まれ、ヘッドが低く長く出せるという左足下がりに適したスウィングが身につくのです」 左に置く=左足下がり 左に置く場合、少しでも上体が起きるとヘッドは届かなくなる。前傾をキープしないとボールに当たらないため、下半身の粘りや、ヘッドを低く出す長いインパクトが身につけられる 右に置く=左足上がり 左足上がりは難易度は高くないが、ダフりやすい状況といえる。ボールを右に置くことで、下から上へのアッパー軌道になりやすい状況を作り、上から打ち込むスウィングが防止できる ボールの前後位置についても「遠めに置くとつま先下がり」「近めに置くとつま先上がり」になる。アマチュアが難しいのはつま先下がりだろう。「つま先下がりは、インパクトでかかと体重になってボールから離れやすいから難しいのです。そこでボールを遠くに置くことで、つま先体重になりやすい状況を作ればいいわけです。逆にインパクトでボールに近づきがちな、つま先上がりでは、ボールを近くに置くことで、かかと体重の状況を作り出すことができます」 近めに置く=つま先上がり つま先上がりは、スウィング中につま先体重になりやすく、ボールに近づいてしまうのがミスの要因。ボールを近めにセットして、かかと体重を維持しやすい状況で練習すると感覚がつかみやすい 遠めに置く=つま先下がり つま先下がりはスウィング中にボールとの距離が離れやすく、ヘッドが届かないミスが出やすい。ボールを遠めに置くことでかかと体重になるのを防ぎ、つま先に乗りやすい状況を作るのが有効 前後左右のボール位置を組み合わせることでさまざまな傾斜地が作り出せる。コースの傾斜は単純ではない。ボール位置の理論がわかれば、つま先下がりで左足下がりなどの難しいライでも仮想トレーニングができるのだ。「ボール位置は傾斜地の訓練だけじゃないんです。実はスウィング軌道の修正もできるんです。つまりボール位置でスウィングが自然に変わるということです。ボール位置を理解しておくだけでミスの連鎖は確実になくなるはずです」 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より
  • 身長171㎝で420Yという驚異の飛距離を誇る浦大輔が、飛ばしのコツを伝授する連載「解決! 浦ゼミナール」。第22回は、残り100Yの“乗せたい距離”のアイアンショットについて。技術面とマネジメント面で、アマチュアが陥りがちな勘違いとは? TEXT/Kosuke Suzuki PHOTO/Hiroaki Arihara THANKS/√dゴルフアカデミー https://my-golfdigest.jp/lesson/p40916/ 前回のお話はこちら アイアンは全部コントロールショット ――前回アイアンショットについてお聞きしましたが、引き続きアイアンについて教えてください。今回はアイアンの精度についてなんですが、アマチュアはどうして100ヤードからでもグリーンに乗せられないんでしょう?浦 まず技術的な話をすれば、みなさんアイアンをちゃんとアイアンショットのスウィングで打っていますか? というところからですね。――アイアンとドライバーは、スウィングは違うんですね。浦 はい、違います。これまでもこの連載で少し触れてきましたが、改めて説明すると、アイアンはバックスウィングで右への体重移動が不要です。ドライバーは飛ばすクラブですしティーアップしたボールを打つので、バックスウィングで右に体重移動し、そのまま右でスウィングします。でもアイアンは飛ばす必要がないクラブ。むしろ飛びすぎると距離がそろわなくなって困りますから、体重移動は抑えてその場でバックスウィングします。ロングアイアンの場合はダウンスウィングで左への体重移動が発生しますが、バックスウィングはショートアイアンもロングアイアンも同じ。その場から動いちゃダメです。――アマチュアはアイアンもドライバーのスウィングで打っている人が多いということですか?浦 アイアンもドライバーも、どのクラブでも飛ばそうとする。だからフィニッシュも乱れますよね。アイアンを飛ばしたかったら番手を上げればいいのにと思いますよ(笑)。 続きを読む ――フィニッシュも大事ですか?浦 私は基本的にインパクト以降はどうでもいいと思っているので別にフィニッシュ自体が大事なわけではないんですけど、振りすぎたら結果としてフィニッシュが乱れますから、きれいにピタッと収まってたほうがいいのは確かです。基本的に全部コントロールショットなわけですから、以前説明した「アクセルコントロール」で、決めたフィニッシュの位置に静かに収まるようにスウィングしてください。 フィニッシュは左足1本胸が目標、手元は肩まで アイアンはフィニッシュでバランスを崩すほど振っては精度が落ちる。手元は肩の高さまで。腰と胸が目標に正対し、左足1本でバランスよく立てるフィニッシュに収まる力感が大事だ ショートアイアン=その場で上げてその場で振る 左右に体重移動せず、スタンス幅の筒の中で回転する感じ ロングアイアン=その場で上げてダウンで左へ その場で上げて、ダウンスウィングでは左に体重移動 プロは普段からピンを狙っていない 浦 とまあ、みなさん聞きたいでしょうから技術的な話もしましたが、本当は技術ではなく狙い方の問題のほうが大きいんですよ。――狙い方ですか?浦 まず大前提として、自分のアイアンショットの本当の精度を知らなければ話になりません。「100ヤードから乗らない」って嘆いている人、自分が普段100ヤードを打つクラブで100ヤード先のピンを狙って100発打って、どのくらい球が散らばるか知っていますか? まぁ100発とは言いませんから、練習場の看板が立っているグリーンを狙って10発打って、落ちたところをメモしてみてください。とんでもなくバラついているはずです。それでピンを狙って打ってそうそう乗るわけがないんです。 各番手の“散布界”を把握しておこう ターゲットを狙って打ち、落ちたところに印をつけると、自分のショットがどの方向にバラけるかがはっきりわかる。グリーンオンの確率を上げたいなら、この点線部分がグリーンに重なるような狙い方をすればいい ――じゃあそもそも、アマチュアは100ヤードから乗せられるものじゃないってことですか?浦 というよりも、乗る前提で狙っているから乗らないし、外したときにピンチになるんです。さっき言ったようにたくさん打った球の落ちどころをメモしてみると、自分の球がどの方向にズレる傾向があるか一目瞭然でわかります。本当にグリーンオンの確率を上げたいなら、これを活用しなきゃダメです。ほとんどの人が右手前がいちばん多いでしょうし、ピンをオーバーする球なんて1割もないでしょう。この人がグリーンに乗せたかったら、グリーン左奥のほうを狙えばいいんです。宝くじみたいな確率の最高のショットが出たときにベタピンになる狙い方ではなく、自分の平均点のショットがグリーンに収まるような狙い方をする。――うーん、それってちょっと夢がない気がします。浦 そのロマンを求めるところがアマチュアがスコアが出ない大きな要因なんですが(笑)、プロゴルファーなんて、試合で優勝争いをしているとかカットラインギリギリでもない限り、ピンを狙って打っている選手なんていませんよ。僕自身そうですが、狙いは“ピンの反対側”が鉄則。ピンが右奥なら左手前を狙い、ピンが右手前なら左奥を狙う。ピン位置に関係なくいつもセンター狙いという人もいますが、いずれにせよ、これで安全に乗せて静かに2パットのパーが基本。長いパットが入ればラッキーバーディ。外してもピンから遠いサイドだからアプローチがやさしいので、パーが拾えるんです。――本当ですか!? でもプロってよくベタピンのバーディチャンスにつけたりしますよね。浦 試合は別ですが、普段のラウンドでのベタピンのバーディチャンスなんて、本当は狙いがズレて偶然ピンの近くに行っちゃっただけで、そこを狙ったわけじゃありませんよ。みんなドヤ顔しますけど、内心「うわ、ラッキー」って舌を出してるんです(笑)。 ピンを狙って打つとグリーンを外す確率が上がるうえ、外したきにもアプローチがピンの近くからになってしまいパーセーブが難しくなる 浦大輔うらだいすけ。身長171cmで420Y飛ばす飛ばし屋にして超理論派。東京・赤坂で√d golf academyを主宰 月刊ゴルフダイジェスト2021年12月号より 「浦ゼミナール」バックナンバー