Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • レッスン
  • フェースを“返そう”としていませんか? スライスを直すには「インサイドアタック」が絶対です by 藤田寛之

フェースを“返そう”としていませんか? スライスを直すには「インサイドアタック」が絶対です by 藤田寛之

スライスを防ぐために、無理にフェースを返して球をつかまえようとする人が多いが、「それは逆効果」と藤田寛之は言う。その真意は? 詳しく聞いてみた。

PHOTO/Tsukasa Kobayashi、Hiroyuki Okazawa THANKS/葛城GC

解説/藤田寛之

1969年生まれの52歳。福岡県出身。専修大ゴルフ部を経て92年にプロ入り。国内ツアー通算18勝。12年には年間4勝で賞金王に輝く。今季まで23年連続賞金シードを保持。小誌で「フジタの時間」連載中

「フェースを返すだけでは
スライスは防げません」

男子ツアー屈指のショットメーカー・藤田寛之に、スライスを直すための方法を聞いてみた。

「アマチュアは確かにスライスが多いです。一緒に回っていると、スライスが出た瞬間に『あぁ~フェースが開いた』というアマチュアの声をよく聞きます。スライスを直そうとすると、フェースを閉じることばかりを考えがちですが、スライスする根本的な原因は、もっと別のところにあるんです」

いったいどういうことか。

「スウィングの大前提は円軌道です。クラブはインサイドから入ってインサイドに抜けていく、いわゆる『イン・トゥ・イン』軌道が基本です。ですが、多くのアマチュアはアウトサイドからクラブが入る『アウトサイドイン軌道』になっています。これがスライスの原因であり、フェースが開いてしまう要因でもあるんです。ボクのなかでは、アウトサイドからクラブを入れることはありません。カット軌道はボールにエネルギーが伝わらないので飛ばないし、ボールも大きく曲がります。カットに打つときがあるとすれば、バンカーの目玉や深いラフ、ロブショットだけです」

どうしてカットに振ることが、フェースが開く要因になるのか。

「アウトサイドイン軌道で振ると、本来であればボールは左に飛ぶはずです。そこで引っかけを嫌がってフェースを開いてしまうため、スライスが出るんです。イン・トゥ・インに振ることができれば、フェースが開きながら入り、インパクトでスクエアを迎え、閉じながら抜けていきます。このスウィングの基本が重要なんです」


スウィング軌道は「イン・トゥ・イン」が基本というフ藤田。「フェースが閉じてインパクトしてもアウトサイドイン(カット)軌道に振れば、左に出て右に大きくスライスします。つまりフェースの開閉より先にスウィング軌道を見直すべきなんです」(藤田・以下同)

フェードでも
球をつかまえる

藤田といえば「フェードボール」が代名詞だが、フェードであってもクラブはインサイドから入れるという。

「スウィングの目的はボールを遠くへ飛ばすこと。つまりエネルギーをいかにボールに伝えられるかです。それにはインサイドからクラブを入れることが必須。インサイドからクラブを入れることで、ボールを“つかまえる”ことができるんです。フェードでも球をつかまえることが基本。だからフェードでも、必ずインサイドから入れるんです」

このインサイドとアウトサイドは、どう区別するといいのか?

「基本的にはスウィングプレーンに対して内側(体に近い)がインサイドの領域で、外側(体から遠い)がアウトサイドの領域になります。この区別は誰もがイメージしやすいと思いますが、もうひとつ大事なのが、体の向きに対する領域です。右サイド(体が閉じた状態)がインサイドの領域になり、左サイド(体が開いた状態)がアウトサイドの領域になります。インパクトに向かって体(肩や胸、腰)が早く開いてしまうほど、アウトサイドに入りやすいということです。ポイントは体を閉じたまま(右サイドに残す)、インパクトに向かうこと。これがインサイドにクラブを入れる要素になるんです」

プレーンに対して外側がアウトサイド
内側がインサイド

胸や腰を右サイドに“残す”と
インサイドから入る

「体の左右にもインサイド、アウトサイドの領域があります。基本的に体の開きが早いほど、クラブはアウトサイドから入りやすくなります。できるだけ体を閉じた状態(右サイドに胸や腰を残す動き)でインパクトを迎えることが大事です」

アドレスの時点で「つかまらない構え」になっている

スライスを嫌がるほど、左を向きやすくなり、ボールもどんどん左寄りになる。だが、このアドレスがアウトサイドからクラブが入る要因になっている。右腰、胸、右肩が前に出ていないか、チェックしよう

インサイドアタックを手に入れる
3つのドリル

Drill 1 クラブで8の字を描く

まずはクラブを胸の前で構え、下から上のイメージで8の字を描いてみよう。このイメージのまま、テークバックでアウトサイドに上げる。切り返しでクラブはループするため、自然にインサイドにクラブが下りてくる

Drill 2 ステップ打ち

アマチュアは右に体が残ったまま打つことが多い、と藤田。いわゆる明治の大砲だが、右に軸が残るとクラブはアウトサイドから入る。それを解消できるのがステップ打ちだ。左足に踏み込むことで体の開きが抑えられ、クラブがインサイドに入りやすくなる

Drill 3 沈み込みインパクト

アウトサイドからクラブが入る動きとしてアーリーリリース(タメがほどける)がある。これはインパクトで体が伸び上がる動きと連動している。それを解消するには沈み込む動きが最適。いつもより大胆に沈み込むことで自然にタメも作れるようになる

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月28日号より

こちらもチェック!

  • 50歳を超えた今もレギュラーツアーで奮闘するベテランプロ・藤田寛之。その珠玉の言葉に耳を傾けよう。 https://my-golfdigest.jp/tournament/p48087/ 前回のお話はこちら 続きを読む 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より 「フジタの時間」バックナンバー
  • アイアンはある程度飛ぶのに、ドライバーは思うように飛ばない。その原因はどこにあるのか。どうすればドライバーでも効率よく飛ばせるようになるのか。プロコーチの吉田直樹氏に話を聞いた。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/高室池GC 解説/吉田直樹 よしだなおき。1978年生まれ。兵庫県出身。幼少期からアメリカで有名コーチの指導を受けた。現在、谷原秀人プロ、上井邦裕プロ、石川明日香プロのコーチを務める。兵庫県・芦屋で室内練習場「ラ・キンタ」を主宰 サポーター/高木萌衣 たかぎめい。1996年生まれ。大阪府出身。2015年からツアー参戦。2018年、ステップ・アップ・ツアーで2勝。現在、LPGAツアーのシード権獲得を目指して、吉田コーチのもとでスウィング改造中。ELECOM所属 ドライバーが飛ばないのはスライスが原因 吉田 アイアンではある程度距離が出るのに、ドライバーは飛ばない。そんな悩みを抱えている人は、スライスで飛距離をロスしているケースがほとんどです。高木 ということは、スライスを修正することが、飛距離アップの近道なんですね。吉田 そうなんです。スライスには2種類あるので、自分がどちらのタイプか、まずはチェックです。でも、自分では気づいていない“隠れスライス”の人もいます。高木 なるほど。そういう人はどうすれば……。吉田 自分のスウィングを動画で撮って、どちらのタイプかをチェックしてみてください。 フェースが開くとエネルギーをロスする インパクトのエネルギーが、無駄なスピンに変換されると飛距離をロスする。イン・トゥ・イン軌道の“正面衝突”でスクエアにインパクトすれば、ボールスピードが速く、低スピンになる。だが、アウトサイドイン軌道の“斜め衝突”でフェースが開くと、スピン量だけが増加してしまう スライスには2種類ある。あなたはどっち? 【タイプ1】ぶっつけスライス=左に出てスライスする 【原因1】ヘッド軌道がアウトサイドイン ボールが左に出てスライスする人は、完全なアウトサイドイン軌道。フェースの向きによって、左に真っすぐ飛んだり、引っかけたりすることもある 【原因2】ドライバーでもダウンブロー ドライバーはレベルブロー~ややアッパーが理想的だが、ぶっつけスライスのタイプはドライバーでもダウンブローに打つ傾向がある。インパクトが点になり、クラブの芯でとらえにくい >>「 ぶっつけスライス」を直すには?修正法をチェック 【タイプ2】プッシュスライス=右に出てスライスする 【原因1】インパクトでフェースが開く フェースの開閉を多く使うタイプは、タイミングが合わないと、フェースが開いたままインパクトを迎えてしまう。すると、右へ出て右へ曲がるプッシュスライスが出る 【原因2】ハンドレートにインパクトしてしまう ダウンスウィングで手を使ってクラブを下ろすと、右ひじが伸び、右手首のリリースが早くなり、ハンドレートのインパクトに。このタイプもプッシュスライスが出やすい >>「 プッシュスライス」を直すには? 修正法をチェック! 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • ラウンド中、ミスが続くとついスウィングを修正したくなるもの。しかし北野正之プロによると、ボール位置を変えるだけで、ある程度ミスを防ぐことが可能だという。その方法を詳しく教えてもらおう。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/サザンヤードCC 解説/北野正之 女子プロやアマチュアの指導経験が豊富。伸び悩むゴルファーへ「気づき」の指導を得意とし、スウィング理論、メンタル、マネジメントに精通。茨城・サザンヤードCCでレッスンを行う スウィングを直すより“ボール位置”のほうが簡単です ゴルフはミスのスポーツ。ミスショットが出るのは、ある意味しかたがないことだ。だが、ここでアマチュアがやりがちなのが、スウィングを直そうとしてしまうこと。たとえばスライスが出たら、クラブをアウトに上げようとか、インサイドに下ろそうとか。ところが、これが大きなミスを生む要因になっている。「コースに出たらスウィングを考えても意味がありません。できないことをやろうとしてもできるわけがないからです。ラウンド中のミスをスウィングで修正するのは至難のワザです。むしろさらなるミスを誘発するだけです」とは、スウィング理論やマネジメントに詳しい北野正之プロだ。「アマチュアと回るとほとんどの人がスウィングをいじりたがります。しかし、それが変則的なスウィングを生み、ミスの連鎖につながってしまうのです」では、ミスショットが出てしまったらどうすればいいのか? 北野プロは「ずばりボール位置を見直すこと」だと断言する。「アマチュアのミスといえば、ダフリ・トップ・スライス・引っかけですが、これらのミスの9割は、ボール位置が原因といえます。クラブの長さやライ角が変われば、自分とボールとの距離も当然変わります。ところがアマチュアは、その距離は常に一定と考えがちです。ボール位置は一定ではなく、常に変わるもの。そこを理解することが、ボール位置を見直す、最初の一歩です」 続きを読む 北野プロによれば、ラウンドで重要なのは「ターゲットに対し、どこにボールをセットするか」だ。フェースの先っぽに当たるならボールに近づけばいいし、ヒールに当たるなら少し離れる、といった単純な話なのだという。「ダフリやトップ、ボールがつかまらない……といったほとんどのミスは、ボール位置を見直すだけでかなり防げます。あれこれ考えてスウィングを修正するより、よっぽど簡単で即効性も高いです。スウィング軌道がブレやすく、打点も安定しないアマチュアは、理想的なスウィングを作りたくなるものですが、それは練習場でやるべきことで、コースでやることではありません」北野プロによれば、ゴルフの上達方法は2つしかないという。ひとつは、スウィングを変えて結果を出すこと。もうひとつは、スウィングは変えずに状況を変えて結果を出すこと。今回はアマチュアでもすぐに実践できる、後者の方法を解説してもらおう。 ラウンド編 ダフリ&引っかけを防ぐならボールを「左寄り」に置く 「スウィングはいじらなくていい」という北野プロにボール位置とミスとの関係を教えてもらおう。まずはボールの左右位置だが、アマチュアの代表的なミスであるダフリで考えてみよう。ボールの手前に最下点がきて、ボールよりも先にヘッドが地面に当たってしまうのがダフリ。そうなるともっとボールを右に置けば……とアマチュアは考えてしまう。だが、「早くボールにヒットさせようと考えるのでしょうが、これは大きな間違い。なぜならボールを右に置くほど体の軸は右に傾き、さらにダフりやすくなります。ダフリ防止なら左に置くのが正解です」また、左に置くとクラブは上から下へ打ち込むアウトサイドイン軌道になりやすい。つまりスライスを打ちやすくなるということは、引っかけ防止になる。ダフリ&引っかけのミスが多い人は、ボールを左に置いてみよう。では、トップのミスはどうか? トップもアマチュアに多いミスだが、ヘッドがボールに届かない、届き切らないことで起きるもの。「それならヘッドが届きやすくなるよう、ボールを右に置けばいいんです。右に置くとインパクトが少し早くなりますからフェースが右から左へターンする動きになり、ボールもつかまりやすくなります。これはドロー打ちと同じ、インサイドアウト軌道になりやすいからです。ということは、スライス防止になるんです」ちなみに左右のボール位置でフォローの高さも変わるという。右に置くとフォローは高く、左に置くとフォローは低くなる。ボールを低く抑えたければ左寄り、高く上げたいなら右寄りという、高低の打ち分けも可能だ。左右のボール位置について北野プロは「ボール3個分までの範囲で、最適なボール位置を探しましょう」と言う。 左に置く●引っかけ防止●ダフリ防止 左に置くとクラブは上から下へのアウトサイドイン軌道になりやすい。ダフリ防止になると同時にスライスが出やすくなるため、引っかけ防止に効果がある。ボールを右に置くほど、軸が右に傾き、ダフりやすくなる 右に置く●スライス防止●トップ防止 右に置くとヘッドがボールに届きやすくなり、トップの防止になる。またインサイドアウト軌道で、下から上のアッパー軌道になりやすく、ボールがつかまりやすい。フックが出やすくなるのでスライス防止になる アマチュアのスウィングは左右のブレだけでなく、かかと体重、つま先体重といった前後のブレによるミスもある。そこでボールに「近づく・遠ざかる」といった前後の対処法も教えてもらった。「基本的にボールに近づくとつかまりやすく、離れるとつかまりにくくなります。つまり引っかけ防止ならボールを遠ざけ(トウ寄りに構える)、スライス防止ならボールに近づく(ヒール寄りに構える)と覚えておくといいです。ちなみに緊張した場面、たとえば朝イチのティーショットや池越えなどは、当てたい思いが強いので、ボールに近づきやすい傾向があるのも覚えておくと便利ですよ」前後のボール位置についてはボール1個分までだという。最初はトウ寄りやヒール寄りに構えることから始めるといいと、北野プロはアドバイスしてくれた。 遠ざかる/トウ寄り●引っかけ防止●ダフリ防止 ]ボールがつかまりすぎで起きる引っかけやチーピンは、ボールから遠ざかることで防げる。ダフリより、トップが出やすい状況になるのでダフリ防止に効果がある。かかと体重になりやすく、体の突っ込みも防げて、ボールのつかまりも抑えられる 近づく/ヒール寄り●スライス防止●トップ防止 ヒール寄りに構えてボールに近づくとつま先体重になりやすく、トップよりダフりやすい状況が作れる。ボールをつかまえやすくなるため、スライス防止に最適だ。前後の位置調整はボール1個分までで考えよう 練習場編 ボール位置を変えて打てば傾斜地ショットの訓練になる! 北野プロによると、プロとアマチュアの大きな違いは「打てるエリア」にあるという。プロはそのエリアが広く、アマチュアは極めて狭い。野球のバッティングでいえば、プロはどんなボールにも対応できるが、アマチュアはど真ん中しか打てないというわけだ。そのうえで北野プロはアマチュアの練習方法にも疑問を投げかける。「アマチュアの練習は、同じボール位置でストレートボールをひたすら打とうとします。ですが、練習場とコースの違いは傾斜地で打つことです。だからこそ、練習場ではボール位置の変化による“仮想傾斜”を作るといいんです」仮想傾斜とは、どういうことなのか? 北野プロの解説はこうだ。左右のボール位置では「右に置くと左足上がり」「左に置くと左足下がり」になるという。「基本的に左足上がり&下がりは、傾斜の低い位置側にボールをセットします。これはヘッドが入っていくスペースを確保するためです。右に置けば、右が低いので左足上がり、というわけです」アマチュアがとくに苦手なのが左足下がりだが、左に置くことで次のような効果が得られるのだ。「左に置くと上体が起きてしまった時点でアウトです。前傾を維持したまま、上から打ち込まなければ打てないボール位置だからです。その結果、前傾を保つための体の粘りが生まれ、ヘッドが低く長く出せるという左足下がりに適したスウィングが身につくのです」 左に置く=左足下がり 左に置く場合、少しでも上体が起きるとヘッドは届かなくなる。前傾をキープしないとボールに当たらないため、下半身の粘りや、ヘッドを低く出す長いインパクトが身につけられる 右に置く=左足上がり 左足上がりは難易度は高くないが、ダフりやすい状況といえる。ボールを右に置くことで、下から上へのアッパー軌道になりやすい状況を作り、上から打ち込むスウィングが防止できる ボールの前後位置についても「遠めに置くとつま先下がり」「近めに置くとつま先上がり」になる。アマチュアが難しいのはつま先下がりだろう。「つま先下がりは、インパクトでかかと体重になってボールから離れやすいから難しいのです。そこでボールを遠くに置くことで、つま先体重になりやすい状況を作ればいいわけです。逆にインパクトでボールに近づきがちな、つま先上がりでは、ボールを近くに置くことで、かかと体重の状況を作り出すことができます」 近めに置く=つま先上がり つま先上がりは、スウィング中につま先体重になりやすく、ボールに近づいてしまうのがミスの要因。ボールを近めにセットして、かかと体重を維持しやすい状況で練習すると感覚がつかみやすい 遠めに置く=つま先下がり つま先下がりはスウィング中にボールとの距離が離れやすく、ヘッドが届かないミスが出やすい。ボールを遠めに置くことでかかと体重になるのを防ぎ、つま先に乗りやすい状況を作るのが有効 前後左右のボール位置を組み合わせることでさまざまな傾斜地が作り出せる。コースの傾斜は単純ではない。ボール位置の理論がわかれば、つま先下がりで左足下がりなどの難しいライでも仮想トレーニングができるのだ。「ボール位置は傾斜地の訓練だけじゃないんです。実はスウィング軌道の修正もできるんです。つまりボール位置でスウィングが自然に変わるということです。ボール位置を理解しておくだけでミスの連鎖は確実になくなるはずです」 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月7日号より