Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

  • ホーム
  • レッスン
  • 【ロングパット】2パットで上がる①。セカンドパットがOKに寄る「打ち出しスピードの意識改革」

【ロングパット】2パットで上がる①。セカンドパットがOKに寄る「打ち出しスピードの意識改革」

GDライブラリ
2019.09.29

ロングパットのファーストパットが“入れごろ外しごろ”の距離にしか寄せられない場合、セカンドパットにかかるプレッシャーは大きく、ストレスになる。「ボールのスピードを知ればファーストパットを楽々寄せられますよ」と澤田繁典プロは言う。スピードを知るとはどういうことか? その極意、じっくり教えてもらおう。

【解説】澤田繁典
さわだしげのり。アメリカ「アズメディアゴルフスクール」に留学し、永井延宏らと最先端理論を学ぶ。ゴルファーレ高田馬場店、阿佐ヶ谷店ヘッドコーチ。ディオントーキョー所属

距離感のつかみ方…転がるスピードと距離を覚える

澤田 10ⅿのパットでは、どう距離感を合わせますか?

GD 振り幅です。スタンスの倍くらい振りますが、いつも距離感が合わないんです。

澤田 振り幅を決めても、ヘッドスピードが変われば距離は変わりますからね。

GD ということは、大切なのはヘッドスピード?

澤田 いいところに気づきましたね。まずはどれくらいのスピードでボールが転がるのかを知ることが第一歩です。では、10ⅿのパットの初速をイメージしてみてください。

GD 考えたことないですけど、なんとなく想像できます。

澤田 実際に転がっているボールと一緒に歩いてみましょう。

グリーン上を転がるボールのスピードに合わせて歩いてみよう。例えば、10ⅿ転がるボールは、インパクト
直後どれくらいの勢いで転がるだろうか。実際に歩いてみると想像以上にスピードが出ていることがわかる

GD 結構な速度で歩かないとついていけませんね。それにカップに近づくにつれ、急激にスピードが落ちることにもビックリです。

澤田 10mのパットって、意外と初速が速いんですよ。

GD その初速を出すには、ヘッドを速く動かさないといけないということですね。

澤田 そういうことです。初速とヘッドスピードは比例しますから、遠くまで転がしたいなら、ヘッドは速く動かさないといけない。距離感を磨くには、まず「スピード」を意識することが大切なんです。

【ボールスピードがわかると1】
打つ強さがわかる

初速をイメージすれば、どれくらいのスピードでヘッドを動かすべきかがわかってくる。つまり、初速を上げたければ、ヘッドスピードを上げて強くインパクトする必要がある。

【ボールスピードがわかると2】
スピードがイメージできると距離感がイメージできる

初速が速くなればボールは遠くまで転がり、遅くなれば転がる距離は短くなる。このスピードを自在にコントロールすることができれば、距離感のイメージが出しやすくなる。

【チェック!】ボールの速さとストロークの速さは比例する

初速を上げたければヘッドをスピーディに動かす必要がある。考えてみれば当たり前のことだが、ほとんどの人が「スピード」を意識せずにストロークしている。

ボールの速さとヘッドスピードは同じ

テンポを合わせる…1mでも10mでも“同じテンポ”で打つ”

GD 距離感を合わせるには、ヘッドスピードを意識することが大切ということはわかりました。でも、打ちたい距離によってスピードを変えてストロークするのって難しくないですか?

澤田 それは基準がないからですよ。

GD 何を基準にしたらいいんですか。

澤田 テンポです。1メートルでも10メートルでも、同じテンポでストロークするんです。パットが苦手な人は、まずは80ビートから始めてみてください。

距離の長さに関わらず、つねに同じテンポでストロークすることが距離感を合わせる秘訣。同じテンポの中でヘッドスピードを上げてボール初速を上げようとすれば、自然に振り幅が大きくなる

GD 1メートルの距離だとヘッドをゆっくり動かすことになりますね。同じテンポで10メートルを打とうとすると、かなり速くヘッドを動かす感覚です。

澤田 1メートルと10メートルのストローク、ヘッドスピード以外に変わっている要素はありませんか。

GD あっ! 振り幅が違います。1メートルのときは小さく、10メートルでは大きくなっていますね。

澤田 そうなんです。先ほど、「振り幅で考えると距離感は合わない」と言いましたが、スピードを軸に距離感をつくると、結果的に振り幅が変わるんです。

【一定にするために1】グリップとヘッドを一体化させる

パター全体をスライドさせるようにグリップとヘッドを動かすと、ヘッドの動きをコントロールできる。グリップを支点に動かすのはNG。

【一定にするために2】トップからフォローまで一気にストロークする

初速を出すために、ドンと打つのはスピードを制御できなくなるのでNG。トップからフォローまで等速でヘッドを動かし、その中間点にインパクトがあるイメージだ。

【一定にするために3】手のひらでキュッと握る

手元がゆるんでいるとストローク中に手首が動き、ヘッドの動きを制御できなくなる。両わきをしっかり締め、グリップを両手で挟むように握るとパターの動きをコントロールしやすくなる。

【チェック!】スマホでも無料のメトロノームアプリがある

音楽室にあるようなメトロノームを使わなくても、今はスマホでメトロノームの機能がある無料のア
プリをダウンロードできる。練習場や朝のパット練習で活用しよう。

TEXT/Yusuke Ozawa 
PHOTO/Hiroaki Arihara

週刊GD2019年10月1日号より

ロングパット術後編続く

特選レッスン集「こんどこの技」↓

golfdigest-play.jp

一人予約できる気軽なゴルフ旅行です↓

golfdigest-play.jp

短期で上達、GDツアーセンターのゴルフ合宿はこちら↓

golfdigest-play.jp