Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【プロスペック】「フィッティング用のヘッドが良かったので…」替えた途端に初優勝! 好調・高橋彩華の14本

【プロスペック】「フィッティング用のヘッドが良かったので…」替えた途端に初優勝! 好調・高橋彩華の14本

プロの14本のクラブセッティングと、それらのクラブを選んだプロのこだわりを紹介する連載「プロスペック」。今回は、今季初優勝を挙げるなど好調をキープする高橋彩華のセッティングに注目。

PHOTO/Hiroyuki Okazawa

高橋彩華
たかはしさやか。1998年生まれ、新潟県出身。プロ合格は2018年7月。昨シーズンの3位4回、2位2回の経験を糧に4月のフジサンケイレディスで初優勝。日本ウェルネス大学在学中の女子大生プロ

初優勝を挙げたフジサンケイレディスは初日から4日間トップを守る完全優勝でもあった。そのプレーを支えたクラブの代表格が「スチールファイバー」のシャフトを挿したアイアン「ミズノプロ225」だ。このアイアンにスイッチしたのは、なんとフジサンケイレディスの練習日だったという。ミズノのツアー担当に経緯を聞いた。

「高橋プロのアイアンは、もともとキャビティバックと軽量スチールの組み合わせでした。本人は『カーボン系のシャフトはどうかな?』と考えていたらしく、ネック部分で抜き挿しできるフィッティング用アイアンヘッドを使っていくつかのシャフトを試打したんです。

そのなかで、まず決まったのが『スチールファイバーi』でしたが、フィッティング用ヘッドのフィーリングがとても良かったらしく、『できれば、このヘッドで組んでいただけないでしょうか。球が浮いて上がりやすいし、距離もきっちり出ています。打感も抜けも気に入りました』と。それが、この『ミズノプロ225』だったんです。これは中空ヘッドで弾きが強く、ミズノプロの中では飛び系に位置するモデル、この週、ツアーバンにたまたまヘッドをワンセット持ち込んでいたので、その場で組んで調整して手渡したんです。そうしたら、このアイアンでいきなり初優勝ですから、我々もびっくりでした」

シャフト選びのはずが、試打用ヘッドを偶然気に入って、使い始めた大会で初優勝。本人の技術力があってのこととはいえ、フィッティングの大切さ、シャフトを含めたクラブ選びの大切さを改めて感じさせたエピソードだ。

クラブ契約フリーとなって、いろいろなモデルを試した中で、「飛距離性能が優れているから」と「ステルス」を選んだ。シャフトは以前のドライバーと同じ「スピーダーNX」の50S。ネック調整で9度のロフトを1.5度立てている
「ミズノプロ225」は、見た目はマッスルバックだが中空ヘッドで弾きが強く、距離がしっかり出るのが特徴。「スチールファイバー」は内側のコアがグラファイト、外側がスチールのハイブリッドで飛距離と安定感を両立させたシャフト。畑岡奈紗、西郷真央も使用。モデル名の「cw」はテーパードタイプ

4Uと5Uは「ツアーB JGR HY」(写真)で、14本の中で最も長く愛用している

ウェッジは「ボーケイSM8」。フルショットする50度はスクエアに使いやすいFグラインド。54度はフェースを開きやすいSグラインド。58度は多彩なアプローチに合うMグラインドを採用。シャフトは「NSプロ 850GH neo」

ボールはツアーB XS。ジュニア時代からブリヂストンのツアー系ボールを使用

高橋彩華のクラブセッティング

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月21日号より

こちらもチェック!

  • かつてはダイナミックゴールドとメーカー純正カーボンが主流だったアイアンのシャフト。現在ではスチールとカーボン、どちらのシャフトも種類が増え、カーボンとスチールのハイブリッドシャフトまで登場。果たしてどんなシャフトなのか? PHOTO/Tomoya Nomura、Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroaki Arihara、Blue Sky Photos、KJR THANKS/PINGフィッティングスタジオ武蔵浦和 試打・解説/後藤悠斗 雑巾王子こと武市悦宏の一番弟子で広尾ゴルフインパクトにてレッスンを実施中。自身のアイアンシャフトはオリムピック『DERAMAX』で、いち早くカーボンを採用するなど、一家言を持つ スチールとカーボンのいいとこ取り 国内のみならず、米女子ツアーでも上位選手のアイアンシャフトに変化が起きている。彼女たちが使うのは、スチールでもカーボンでもない、カーボン+スチールの“コンポジットシャフト”。一体どんなシャフトなのか?「あのB・デシャンボーもアイアンシャフトはカーボンを使う時代。カーボンは『非力な人が使う』『頼りない』なんて考えはもう昔の話で、重くてしなるカーボンシャフトもあるんです」とシャフトに詳しい後藤悠斗プロ。「とはいえ、スウィングによってはスピン量が増え過ぎたり、球筋が安定しない場合もあるため、カーボンの振りやすさにスチールのしっかり感をプラスしたのがコンポジットシャフト。実際に打ってみると、スチールの操作性とカーボンの走り感がバランスよく、プロがこぞって使う理由がわかります」 トゥルーテンパー『スチールファイバー』 西郷真央『スチールファイバー i80』 西郷真央は同じミズノのアイアンを使う高橋彩華のアイアンを試打した際に、「イメージ通りの球筋が出る」と気に入り、変更。替えた週の試合で今季5勝目を挙げた 畑岡奈紗は『スチールファイバー i95』、ネリー・コルダと高橋彩華は『スチールファイバー i80cw』を使用 フジクラ『MCI』 渋野日向子『MCI 80』 プロテスト合格後の19年から使用しているフジクラ製『MCI』。全英女子オープンで優勝したピン『i210』×『MCI 80(R)』の組み合わせはいまも変わらずで、信頼に揺るぎはない 『MCI 80』はほかにも堀琴音、古江彩佳、西村優菜らが使用している 世界No.1アマ中島啓太のアイアンシャフトは『ツアーAD プロト』 「池村寛世プロが使用するアイアンシャフトを試したら、振り心地がマッチした」とテーラーメイドのツアー担当者。21年に制した日本アマの練習ラウンドから採用したという >>果たしてコンポジットシャフトの実力は? 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月14日号より こちらもチェック!