Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 環境にもお財布にもやさしい? 今度の「D1」ボールはコアに再生材を使用

環境にもお財布にもやさしい? 今度の「D1」ボールはコアに再生材を使用

今や世の中はSDGs(持続可能な開発目標)というキーワードに溢れていて、地球の環境を考えることはモノづくりにおいて必然とされている。ゴルフにおいても資源再利用の考え方は大切な問題といえるが、本間ゴルフから、時代に風穴を開ける(かもしれない)ボールが発表された。

現在、ゴルフクラブに関しては中古市場が充実しており、一つの完成されたマーケットになっているし、ウェアに関してもフリマアプリなどを利用する人が増えて、ある意味で資源を無駄にせず、再利用するサイクルは機能している。しかしアマチュアにとって、一番の問題はボール。人によっては1日に5球も6球も消費してしまうのではないだろうか。

そういった意味で、本間ゴルフが今回発表したボールは、環境に配慮した製品といえる。

写真の「HONMA D1 2022モデル」は、新開発のコアに粒子状の再生材を10%使用することで、コア材質であるブタジエンゴムの使用量を削減。二酸化炭素排出削減を実現している。ボールの特性としては飛距離に特化したモデル。現状はプロが使用することを想定はしていないようだが、今後はプロが使用するボールに関しても再生材を利用する流れができるかもしれない。

プロはともかく、ボールを頻繁になくすアマチュアにとってボールは一番の消耗品であり、そこに再生材が使用されるのは気持ち的にも救われるはず。またD1はシリーズとして4代目になるが、性能の高さだけでなく価格が安い点でも高い支持を得ており、環境にも財布にもやさしいボール。特にボールロストの多い層には嬉しいのではないだろうか。

クラブの長さ規制などギアへのルール的な縛りが増えるなかで、今後はボールにも規制が入ってくる可能性はある。そうなるとゴムを使用する性質上、特にボールはSDGsを意識した開発がこれからも加速していくかもしれない。

「D1 2022モデル」は3月発売予定

週刊ゴルフダイジェスト2020年2月8日号より

こちらもチェック!

  • 「ソニーオープン・イン・ハワイ」での松山英樹の優勝は、海外で“マツヤママジック”と称され大々的に報道された。 ゴルフチャンネルのライナー・ラビナー氏は、「最終日の前半で5打差だったときは、R・ヘンリーの優勝は確定だと思った。でもそのあとの展開が凄かった。ヒデキは1つ上のステージに立った」と大逆転劇に驚きを隠せない。同じくゴルフチャンネルのレックス・ホガード氏は、プレーオフの2打目残り277ヤードをピンそば1メートルに寄せた1打を「まるでレーザービーム。あのイーグル締めはゴルフ史でも最もクールなフィニッシュ」と絶賛。米ゴルフダイジェスト誌も3番ウッドで放ったプレーオフ2打目を取り上げ、「逆光でヒデキは球の行方をキャディに確認していた。あのショットを本人が見逃したのは気の毒。まさにマジックだったから」と劇的な勝利を称賛。「これまでパットだけが弱点といわれてきたが、この調子ならライバルにとって非常に危険な存在になるだろう」と解説している。プレーオフの相手ヘンリーは、「勝つ自信はあった。でもヒデキは手強かった。プレーオフのショットは惚れぼれするほど素晴らしかった」。“レーザービーム”と称された18番のスーパーショットをグリーンサイドで見ていた中島啓太はこんな感想を漏らす。「打った瞬間は本人の反応があまり良くなかったので、どこにいったのかなと思ったら、目の前にボールが降ってきました。鳥肌が立ちました。ゾーンに入っていましたね。僕も早く松山さんが戦っている舞台に立ちたい」と憧れのまなざしでチャンピオンを見つめた。マスターズ、ZOZO、そして青木功が日本人で初めてPGAツアー優勝を挙げたソニーオープン。意義ある大会での勝利は松山の今後に大きな影響を与えそうだ。 277Yからベタピンはまさにマジック!(PHOTO/Blue Sky Photos) 週刊ゴルフダイジェスト2022年2月8日号より こちらもチェック!
  • マッスルバックのようなブレード型形状ながら、飛距離性能の高さで注目を集めたピン「i500」の後継モデルが「i525」が発表された。果たしてどんなアイアン? 前作「i500」は、「ブレードなのに、飛び系」というキャッチフレーズで、シャープな形状と飛距離性能を両立したモデルとして人気を博した。今回登場したその後継モデル「i525」のコンセプトは、「操れる、飛び系」。高い飛距離性能を持ちながらも、アイアンに求められる「ピンを狙う」ための性能をさらに高めたモデルだ。番手別設計により、PW、SWはストレートでターゲットに構えやすい形状。6番~9番アイアンはややオフセットしたちょいグース、3番~5番アイアンはよりオフセットが強くなっており、つかまりにくい長い番手ほど、やさしくつかまえられるように設計されている。 さらに、フェース面の溝が前作に比べ5本(7番アイアン)増え、ラフからでも安定したスピン性能を発揮できる仕様になっている。 前作同様7番アイアンで29度とややストロングロフトだが、極薄のマレージングC300フェースと、アンダーカット・ソールの採用により、フェースのたわみ量をアップし、高弾道を実現。飛ぶだけでなく、高さを出すことで、より狙ったところに止めやすくなっている。 フェースには高強度で極薄のマレージング鋼C300を採用。インパクト時に発生する振動を抑制することで、心地よい打感も実現 発売は2月18日。見た目と飛距離、操作性を兼ね備えた要注目モデルだ。 ピン「i525」アイアン●ロフト/29度(7I) ●ライ角/62度(7I) ●バウンス角/8度(7I) ●長さ/37インチ(7I) ●価格/1本2万8600円(スチール)~
  • 今平周吾の専属キャディ・柏木一了(かずのり)さんが、今シーズン行ってきたある取り組みをご存じだろうか? PHOTO/Tadashi Anezaki 選手のオウンネームボールがいっぱい! ファンにとっては宝の山だ 選手が試合で使ったボールを回収し、練習場やゴルフ場で販売。その資金でコロナ禍で打撃を受けている地方の土産屋でお菓子を購入し、それを最前線で働く医療従事者に届けている。今季はファンと選手が触れ合う機会は少なかったが、ファンサービスの一環にもなり、観光業界も喜び、そして医療従事者も喜ぶ。さらに廃棄ボールも減らせる。まさに“ウィンウィン”なアイデアだ。「始めようとしたきっかけは、捨てられているボールを見たことです。そこで選手やキャディに声掛けして、ボールを試合後にボックスに入れてもらうようにお願いしました。協力してくれる練習場もどんどん増えて、気づけば協力の輪が広がっていました」(柏木キャディ)1年間を通して集まった金額は、約170万円。すでに全国11の病院に土産物を寄付したという。まさにゴルフ版の「SDGs」。柏木キャディの奮闘は続く。 今平周吾、藤田寛之、片山晋呉など、徐々に協力してくれるプロは増えて、回収カゴには毎週ボールがいっぱいになる。まとめて柏木キャディが練習場に届けにいく <チャリティボール販売練習場&ゴルフ場一覧>双伸ゴルフセンター(千葉県柏市)/東京ゴルフプラザ(東京都江戸川区)/鐘山ゴルフセンター(山梨県忍野村)/大垣ゴルフレインジ(岐阜県大垣市)/光成ゴルフアリーナ(宮崎県宮崎市)/リバーサイドゴルフセンター(北海道千歳市)/三美ヶ丘ゴルフセンター(愛知県みよし市)/西那須野カントリー倶楽部(栃木県那須塩原市)/取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県つくばみらい市)<お土産屋リスト>安芸駅ぢばさん市場(高知県安芸市)/菓舗浜幸安芸店(高知県安芸市)/宮崎観光ホテル売店(宮崎県宮崎市)/日向利休庵(宮崎県高鍋町)/リザンシーパークホテル谷茶ベイ売店(沖縄県恩納村)/謝花きっぱん店(沖縄県那覇市)<チャリティ先の病院>大阪暁明館病院(大阪府大阪市)/昭和大学病院(東京都品川区)/中部徳洲会病院(沖縄県北中城村)/横浜市立みなと赤十字病院(神奈川県横浜市)/荏原病院(東京都大田区)/北九州総合病院(福岡県北九州市)/浦添総合病院(沖縄県浦添市)/NTT東日本札幌病院(北海道札幌市)/河北総合病院(東京都杉並区)/聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)/ふじみの救急病院(埼玉県入間) 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より こちらもチェック!
  • 近年よく聞く「サステナブル」とは「持続可能な〜」の意味。社会・経済・環境の観点から人類を持続可能なものにしていく考え方だ。ゴルフ界でもその取り組みは広がっており、これらは実は我々がゴルフや生活を楽しく続け、未来へ伝えるためにある。識者や企業に話を聞いた。 「ゴルフとサステナビリティには親和性がある」 脱炭素社会やサステナブルな取り組みについてウェブサイトやSNSで情報発信をする「エナジーシフト」発行人、前田雄大氏によると、「サステナブルとは、文字通り“持続していくことが可能”という概念です。『情けは人のためならず』という言葉のように、自分のしたことが回り回って自分に返ってくるという考え方ともいえる。自分だけではなく、子どもや孫世代にまでです。ただ日本では、環境への意識や個々が行動に移すというところで進んでいない面があります。たとえば国際問題でもある海洋プラスチックに関して、身近な“自分事”としてとらえてない方も多い。海に流れて微細化したプラスチックがいつまでも分解されず、実は自分が食べている魚に入ってくることは可視化されませんから」ゴルフ界はどう見えている?「アディダスが率先して取り組んでいますね。海洋プラスチック削減のため、バージンポリエステル使用を廃止し、リサイクルポリエステルを使用したウェアやシューズなどのゴルフ製品を提供したり、ゴルフ場でできるSDGsについてのワークショップを開いたり。スポーツ業界で見ると、ナイキやアシックスなどもシューズなどでサステナブルな素材を使用しています」また、ゴルフ場の風呂場のビニール袋削減などの取り組みも、意識をつくるきっかけになっているという。「たとえばコースから簡易髭剃りや歯ブラシがなくなったことを疑問に思えば、これはプラスチック問題を考えるきっかけづくりになると思うんです。ゴルフが環境問題との接点になる。また、日本では森林を切り開くことをよしとしない文化がありますが、本来森林は管理しなければならないもの。ゴルフ場も、きちんと人の手を加えることで里山の管理につながりますし、これは地方においても長い目で見るとサステナブルの観点から大事だと思います」ゴルフとサステナビリティの考え方には親和性があると前田氏。「ゴルフって緑の中で行うスポーツ。だから、自然のことについても考えやすいですよね。最初は、概念がよくわからなくても、何となく格好いいと思ってもらうだけでもいい。意識することが大事です。そのためには、サステナブルな商品を身に着けているプロゴルファーの方にもっと発信していただいたり、インタビュアーの方にもそこに注目して質問してほしいですね。実はサステナビリティの世界では、年配の方のなかに、自分たち世代にはあまり関係のないことだととらえる方がいる、その方々にどう行動変容していただくかも1つの課題になっています。ゴルフは老若男女できるスポーツですから、ゴルファーが率先してサステナブルに取り組んでいく流れができると、すごく広がりがあると思います」 一見きれいな砂浜にもマイクロプラスチックは埋まっている。「“自分事化”しなければ、たとえば買い物でビニール袋を抵抗感なく買ったり、エコバッグは手間が増えるだけだと考えてしまいます」(前田氏) 「破綻せずゴルフ場として続けることが大事」 ゴルフ場運営のコンサルタントを行う「エナジー」代表、菊地英樹氏は語る。「2、3年前から、会議の場でコースのHP制作の方などからサステナブルという言葉を聞くようになりました。コースでは、プリンスゴルフリゾートさんがいち早く取り組んでいますね。お風呂場のビニール袋を削減したり、電動カートにしたのも早かった。母体がホテルなので一般のお客さんを相手にしていることもあり、先進性があります」それ以外にも、ビニール袋をやめたりトイレのタオルをやめてペーパーにしたりするコースはあるというが、「これらは経費削減にもなるんです。ペンシルやマーカー、スコアカード(ナビに付いているので)を希望者にしか渡さない、なども同様です」と菊地氏。経費削減が結果的に自然環境への取り組みになる部分もあるという。「ゴルフ場のサステナブル活動には2つの大きな要素があると考えていて、コース管理の手法につながる自然環境の持続性と、経済的な持続性です。どちらも大事。コース管理でいうと、たとえばOB杭をなくす。ルール変更もあったので、白ではなく赤杭にして、入ったら1ぺナ。すると管理も楽だしプレーの進行もスムーズになる。また、経費削減で手間がかけられず自然に戻す場合もありますが、これもよいことですよね」サステナブルな思想のコースは本来メンテナンスにお金がかからないはずだが、ゴルファー自身が許さないこともあるという。「たとえばプレーゾーン以外を野地にすると、ボールを失くすと不満が出る。するとまた短く刈ったりして手間がかかる。日本人はオーガスタナショナルGCを理想としすぎる面もあるようで、全英オープンで使うようなリンクス風コースは酷いと思う方もいます。でも、今の世界のコース設計の主流は、『モダンクラシック』。ベン・クレンショーやトム・ドォーク、ギル・ハンスなど。管理している場所とそうでない場所のメリハリがある。自然環境を最大限に生かす、人間の手で無用な造形を入れない、プレーゾーン以外は自然に戻すなどが基本です。わかりやすく言うと俗にいう『アメリカンスタイル』と呼ばれるコースではなく、スコットランドのリンクスのようなそのままの自然を生かしたコース。雑誌の企画などでトップ100に入るコースのうち、新設で上位にくるコースも確実にコレ。改造した横浜CCもそうですね」サステナブルなコース運営について、菊地氏はこう語る。「どこも経営が厳しいなか、破綻せずに生き残ること、ゴルフ場として続けることこそが持続性という意味では一番かと思います。ゴルフ場は開発許可も大変厳しく、土石流なども出ないように対策を立てて造られている。ですから、そこに存在している限り問題なく、環境保全にもなると思います。廃業せずに頑張ることこそゴルフ業界のサステナビリティにつながるのではないでしょうか」 2014年に全米オープンを開催したパインハースト。「このとき、クレンショーが改造して話題になりましたが、これがいわゆるサステナブルなコースです」(菊地氏) サステナブルに積極的な企業は常に「行動する」 【大箱根CCの場合】 「じつは合理的で効率的な方法なんです」 サステナブルな取り組みをいち早く入れたプリンスゴルフリゾート。ハウス内でもコース管理でも積極的な大箱根カントリークラブに聞いた。「コース全体としては、プラスチックストローから紙ストローにしたり、食品ロスを減らすためブッフェからセットメニューにし、地産地消の食材を取り入れたり、割り箸は希望者のみにお渡ししたりしています」というのは、マーケティング戦略担当の中野久美子さん。また、05年からコース管理の責任者を務める崎山朋己氏によると、「15年にSDGsが国連で採択され、16年にR&Aがゴルフ場経営も含めコースに関してのサステナブルな取り組みの指針を出し、その後日本に伝わりました。会社でも取り組みを推進するなかで、私自身もコース管理としてできることを考え、17年くらいから徐々に始め継続しています。ゴルフ場は、農薬による水質汚染などが言われたこともありますが、調べると国内で使われる農薬のゴルフ場に占める割合は全体の3%くらいと言われている。残りは野菜や米などの食物に多く使われている。それに農薬は散布した後、時間とともに必ず土の中で分解される。今は農薬取締法で厳しく管理もされており、正しい使い方をすれば、実際環境汚染はないと考えます」 大箱根CCのコース管理においてのサステナブル活動は、(1)コースの地形と土質に合った管理、(2)適切な芝種の選定、(3)メンテナンスエリアの見直し、(4)生物多様性に配慮したメンテナンス。詳細に工夫されているので、ぜひHPでチェックしてほしい。「コース管理での活動は欧米では浸透していますが、日本ではこれから。どんどん浸透してプレーヤーにも伝わっていけばいいですね」(崎山氏)(写真提供/大箱根CC) ただ農薬や肥料の使用量を減らすだけに留まらず、時代に合った活動を考えているという崎山氏。「地域社会ともっと連携し、教育や福祉などにまで及ぶ事業の展開を考えていかなければいけない。地域社会におけるゴルフ場の在り方のモデルケースとなればいいと思っています。コース管理のスタッフ不足や予算が絞られてくるなかで、お金がないからコースが汚くなるというネガティブな発想では考えたくなかった。合理的に効率的に考えたとき、サステナブルな考え方でやるのも1つの方法かと。費用が余計にかかるわけではない。今、金銭的な成果などのデータをまとめている最中です」難しいのは、考え方をスタッフ全員に浸透させること。「ただコースを整備するのではない、目的や考え方に対する意識づけです。皆で考えればもっとよいやり方も出てくるはずです」この取り組みが社会全体に評価される時代がくることが望ましい。「たとえば融資を受けたときに金融機関が金利を優遇してくれるとか、ある程度国が補助を出してくれるとか。プレーヤーさんはゴルフを楽しみにいらしていますから直接伝えるのは難しいですが、ゴルフはイマジネーションが大事。風を読んだりして自分の技量と合わせてゲームを組み立てプレーするところに面白みがある。だから、あまりにコースコンディションにこだわりすぎないほうがいいかとも思います。そして、お風呂場にビニール袋がないコースはケチだなんて思わず(笑)、エコバッグの持参などにもつながればいいですね。サステナブル活動が当たり前になり、暮らしやすい社会をつくっていかなければいけない。そのなかでゴルフ場として何ができるのか、考えていきたいです」 【アディダスの場合】 使用素材を2024年までにすべてリサイクルポリエステルに アディダスが取り組むサステナブル活動は「END PLASTIC WASTE」。末永くずっとゴルフを楽しめる環境づくりのため率先して行動してきた。アパレルやシューズに使用するポリエステル素材を2024年までにすべてリサイクルポリエステルにする目標を掲げ、現在約90%までに迫る。プラスチック廃棄物をアップサイクルして生まれた素材で作られた製品を続々発表しているが、もちろん機能性も抜群だ。契約プロでもあるザンダー・シャウフェレは、プラスチック廃棄物の問題にゴルフ界が取り組む必要性を問われたとき「個々が気にかけていないといけない問題。プレーする場所が野外なのでスポーツのなかでも独特の立場にいる。僕らの場所を守るために取り組むべきだ。まずはトーナメントからペットボトルが減るとよいなとも思う。シンプルだけど、同じ思いの選手は多い。サンディエゴのコーヒーショップはグラスボトルで提供してくれる。無駄なごみを減らせるよいアイデアだし、小さいけれど効果があると思う。僕は練習中はマイボトルを使っているけど、試合では、全試合とまでは言えないので、そこが改善点です」一人一人が意識を向けることからゴルファーのサステナブル活動は始まるのだ。実はアディダス社では、コンビニで買ったビニール袋を持ち会社に戻ると注意されるくらいだそう!また、R&Aは19年の全英オープンでペットボトルを排除しウォーターステーションを設置、12万3000本も削減したが、今年、カーヌスティで開催された全英女子オープンでも、アディダスとマスターカードと組んで同様の取り組みを行った。「環境を継続的に育成し、トーナメントが残す影響を最小限に抑えることが重要。水イニシアチブはこの目標を達成するための1つのツールです」(R&A、フィル・アンダートン氏)プラスチック廃棄物は地球上の大きな問題。海洋とコースはつながっており、我々の生活ともつながっている。アディダスのゴルフ界をリードするサステナブルな行動に注目したい。 7月にはアディダスゴルフ主催で座談会が開催された アメリカ育ち、現在日本ツアーで活躍中のエリック杉本プロは「アメリカは意識が高い。お店にもプラスチックバッグはないし、紙ストローも普通です。これからツアーでできることはまずマイボトルの使用などでしょう。未来の子どもたちにとって綺麗な地球であり続けること、自然と一緒にゴルフできる環境であり続けることを考えていきたいです」。茅ヶ崎GL総責任者の伊藤修武氏は「ゴルフはサステナブルな意識を持てるアクティビティでありスポーツ。コースが緑を守る理由は、環境問題だけにとどまらず、災害時の避難場所の観点からでもあります。地域の人々に近くにゴルフ場があってよかったと思われるとよいです」。人気レストラン「HxM」オーナーの相山洋明氏は、「フードロスの観点から言うと、食べ残さないことだけでも大切。有機野菜を泥が付いたまま直接農家さんから仕入れると過剰包装も減り、地産地消の推奨は運ぶエネルギーの削減になりますよね」。アディダスゴルフの木戸脇美輝成氏は、「皆さん、それぞれの立場で行動がある。難しいテーマではありますが、僕も引き続き学んでいきたい。小さな一歩からでも始めたいですね!」 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月21日号より