Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 驚異のボール初速84.7m/s! 大型ルーキー河本力がキャロウェイの新作「ローグST」の飛びをアピール

驚異のボール初速84.7m/s! 大型ルーキー河本力がキャロウェイの新作「ローグST」の飛びをアピール

1月5日に発表されたキャロウェイのニューシリーズ「ローグST」。その記者発表会が1月12日に都内で行われ、新たにキャロウェイと契約した2人の大型ルーキー、河本力と杉原大河が登壇。ニュードライバーの性能をアピールした。

キャロウェイ・スタッフプレーヤーとして活躍が期待される河本力(左)と杉原大河(右)。ともに四国出身で、幼少期から切磋琢磨してきた仲

キャロウェイのニューモデル「ローグST」。「ST」は「スピード・チューンナップ」の略で、レーシングカーのようにあらゆるパーツに改良を加え、スピードアップを実現するという思いが込められているという。

  • キャロウェイゴルフから、「ローグ」(ROGUE)の新シリーズ「ローグ ST」が発表。ドライバーは4種類を揃え、あらゆるゴルファーの要望に応える仕様となっている。 「ローグ ST」シリーズのドライバーのラインナップは「ローグ ST マックス」「ローグ ST マックス D」「ローグ ST マックス ファスト」「ローグ ST マックス LS」の4種類。通常の「マックス」が最もオーソドックスなタイプで、「マックス D」がつかまり重視のドローバイアスモデル、「マックス ファスト」が軽量化でヘッドスピードアップを狙うモデル、「マックス LS」が低スピンの強弾道を実現するモデルとなっている。「ローグ ST」シリーズ全モデルに共通するのが、「EPIC」シリーズで培ったテクノロジーがてんこ盛りであること。AI設計の「FLASHフェースSS22」「NEW JAILBEAK AIスピードフレーム」「トライアクシャル・カーボンクラウン&ソール」など、お馴染みのテクノロジーがさらに進化して搭載されている。またソール後方には、新たに「タングステン・スピードカートリッジ」を搭載。横長形状のウェイトを後部に配置することで、慣性モーメントを高め、ヘッド挙動の安定とミスヒットへの強さをアップしている。 発売予定は2022年3月。「マックス LS」のみ、CALLAWAY SELECTED STORE限定での発売。こちらも争奪戦が予想される。 ラインナップは4種類。あなたはどう飛ばす? 飛距離と振りやすさを追求「ローグ ST マックス」 つかまった高い球で飛ばす「ローグ ST マックス D」 軽量化でヘッドスピードUP「ローグ ST マックス ファスト」 低スピンの強弾道「ローグ ST マックス LS」 こちらもチェック!

「さぁ、ボールスピード・ゲームのはじまりだ」というキャッチコピーにも示されている通り、今回の「ローグST」のテーマは「ボール初速」。今年から始まったドライバーの46インチ規制により、長さによってヘッドスピードを上げて飛ばす、という選択肢がなくなったことで、ヘッドとしていかにボール初速を上げられるかがこれからの最重要課題になる、という考え方のようだ。

新たなキャロウェイの契約選手として登壇した河本力、杉原大河の2人の飛ばし屋が、初速の高さを証明すべく、その場で「ローグST」のドライバーを打って実演。

キャロウェイ・スタッフプレーヤーとしての初の大役に、試合とは違う緊張を覚えたという2人だったが、オフシーズンとは思えない力強いショットを連発。普段のボール初速が80m/sほどという河本は一発目から83.8m/s(推定飛距離326.6Y)という驚きのショットを披露。その後撮影のために打った最後の一打は84.7m/sを記録。「クラブの性能のおかげです」と、中学時代からサポートしてもらっていたキャロウェイに最高の恩返しをしてみせた。


飛ばし屋でならす杉原だが、それを上回る河本の飛距離には「敵いません」と脱帽

ともに昨年末のQTを突破できず、2022年は下部のAbemaTVツアーが主戦場となるが、アマチュア時代からレギュラーツアーでも実績を残している2人。ニュードライバーの「ボールスピード」を武器に、男子ツアーを大いに盛り上げてくれそうだ。

こちらもチェック!

  • 10月のアベマTVツアー「TIチャレンジin東条の森」で優勝した、日体大4年の河本力。恵まれた体型から放たれる迫力のドライバースウィングを、プロコーチの江連忠が解説。 PHOTO/Tadashi Anezaki 河本力かわもとりき。2000年3月生まれ。愛媛県出身。183センチ。ゴルフは5歳から。AbemaTVツアーのTIチャレンジin東条の森で優勝。300ヤードをはるかに超える飛距離が武器。姉はプロの河本結 インパクトでも重心が低いまま 河本くんは、自分が小学校1年生から教えている杉原大河と同級生で、小さいときから仲が良いので、よく見ていました。明るい性格で、練習中から普段使わないような球筋を遊び感覚で打ち分けたりします。「こういう球を打って」と言うとその通りに打てる。タイガーみたいなところがあるんです。 続きを読む グリップは若干ストロング。そのぶんアドレスがハンドファーストで、飛ばそうという気持ちが伝わってきます。低い重心を保ってバックスウィング、手を使わずに体の捻転でトップまでクラブを上げていくので、とてもバランスがいい。ダウンスウィングに入って体の捻転がマックスになっても目線がズレないのは精度の高さにつながります。切り返しからインパクト前まで左肩が右肩よりも低い位置をキープできているので重心は低いまま。左肩が上がらないから地面のボールもとらえやすい。飛距離だけではなくアイアン巧者ぶりがわかります。 CHECK 1手を使わず体の捻転だけで上げる 「手でクラブを引いたり、持ち上げる動きがないから、アドレスの低重心をキープしたままトップまで上げることができます」(江連)。上半身の前傾、骨盤の角度もキープされている CHECK 2上半身が浮かないから“目線”が安定 顔の向きが変わらず、インパクトゾーンで目線が安定しているのは、中島くんと同様に正確性の高さがうかがえます」(江連)。後方から見えるとパットのストロークのように余計な動きがないのがわかる 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • 中島啓太がパナソニックオープンで史上5人目のアマチュア優勝を果たした翌週、またしてもアマチュアがプロの試合で快勝。なんと中島と同じ日体大の選手だった。 男子下部ツアー「TIチャレンジ in 東条の森」で勝利したのは日本体育大学4年生の河本力。女子プロ河本結の1つ下の弟である。勝利の原動力となったのは、日体大の後輩・中島啓太への対抗心だった。「パナソニックオープン」では同じ位置から出て、啓太は勝ち切りました。あれはすごい。自分は気持ちが前に出すぎて、本当に悔しかった。しかし、刺激にもなったし、自分には何が足りないのかを考えさせられました」(河本)首位と6打差で迎えたTIチャレンジ最終日、勝負を分けたのは最終ホールのティーショットだった。「セカンドを54度のウェッジで打てる距離を残すように、ティーショットはアイアンにしました。あのフォローの風では、54度でしかボールを止められないと思ったからです」(河本)。これが奏効してピン横40センチにピタリ。1組目から出て、最終組との6打差をひっくり返しての勝利だった。表彰式に来ていたJGTOの青木功会長は、河本を手放しで褒めちぎった。「はつらつとした思い切りの良さ、それでいて落ち着いたプレーぶり。爆発力もあって魅力的だ。いずれプロになるだろうが、個人的には松山英樹クラスになる可能性を秘めていると感じます」(青木)日体大からプロの試合で優勝する選手が2人も現れたが、その原因を、ある大学の監督が語る。「五輪の前に、単にゴルフ部でのセレクションでなく、大学全体のセレクションで入学させたと聞きました。羨ましいことです。中島からは早くも完成したゴルフを感じますが、世界で活躍するには、もう少し飛距離が欲しいですね。その点、荒削りながら飛距離のある河本は“化ける”かも……」今週は、中島も河本も日本オープンへ出場。東北福祉大の杉原大河を加えた“学生3羽烏”のライバル物語は続いていくだろう。 豪快なドライバーショットを武器にさらなる高みを目指す(PHOTO/Hiroyuki Kato) 週刊ゴルフダイジェスト2021年10月26日号より