Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • ギア
  • 【ギア選びのウソホント】Vol.67 国民的クラブ「ゼクシオ」が12代目に! 注目は「X」ドライバー

【ギア選びのウソホント】Vol.67 国民的クラブ「ゼクシオ」が12代目に! 注目は「X」ドライバー

「キング・オブ・試打」としてお馴染みの堀越良和プロが、長年の知見から、ギア選びの際に重視すべきポイントや注意点をわかりやすく解説!

前回のお話はこちら

2000年に初代が発売されてから、11代にわたって20年連続でシリーズ国内売り上げナンバー1を記録する、日本のゴルフメーカー最強ブランドといっても過言ではない「ゼクシオ」。その12代目がいよいよ発売されます。少し前に、週刊GDの企画でドライバーを試打したので、そこで気づいたことをお話ししたいと思います。

2機種ある「ゼクシオ」で私が注目したのは「X」です。前作からラインナップされているセミアスリートモデルで、前回はソールのトウ側にカーボンを採用するなど、いまどき感はありましたが、少し味付けされた程度という印象でした。しかし、今回は弾道調整機能、いわゆる“カチャカチャ”が搭載され、より海外ブランドを意識したテイストになりました。

弾道調整機能のメリットは「シャフト交換が簡単」や「弾道に合わせて調整が可能」になる以上に、「打点位置の安定」です。一例を挙げるなら、誤ったライ角だと打点がバラつき、思い通りのショットが打てません。それを自分で調整できるということは大きなメリットといえます。ちなみに、このクラブは自分のイメージで振って逆球が出にくいので、オートマチックなゼクシオを敬遠してきたゴルファーでも使いやすいですよ!

ミッドシニアの競技ゴルファーにもオススメです

堀越良和

ほりこしよしかず。週刊ゴルフダイジェストで試打レビューを続けて約四半世紀の「キング・オブ・試打」

週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より

こちらもチェック!

  • 2年ぶりにモデルチェンジした12代目ゼクシオが、いよいよ12月11日に発売される。20年間にわたりクラブ界の頂点に立ってきたゼクシオ。その最新モデルの実力はいかに? ライバルモデルと打ち比べてみた! PHOTO/Tomoya Nomura、Akira Kato THANKS/ETGS千葉校、ガーミンジャパン クラブ計測&解説/松尾好員小誌「ヘッドデータは嘘つかない」でお馴染みのクラブ設計家。数多くのクラブを計測・分析中。ジャイロスポーツ主宰 試打&解説/香西成都プロy元ナイキスタッフプレーヤー。ゴルフパートナーでのスタッフ経験もあり、技術だけでなくギアへの造詣が深い。ETGS千葉校にてレッスンを行う 【計測方法】HS41m/sで香西プロが試打。ボールはタイトリスト「プロV1」を使用し、弾道計測器「ガーミン アプローチ10」で計測。5球打った平均値をとった ゼクシオ 12 重心深度が「11」より浅く、ヘッドも重い 「ヘッド重量が前モデル『ゼクシオ11』よりも重くなっていて、ボール初速を上げようという意図が読み取れます。重心深度も前モデルより浅くなり、スピンを抑えて球を強くしたいのでしょう。その分、フェースプログレッションを小さくして、つかまりをよくしています」とクラブ設計家の松尾氏。「ただ単に大慣性モーメントだけを狙っているわけではないことがわかりますが、ヘッド左右慣性モーメントは大きくなり、ミスヒットにもさらに強くなっています。『さすがゼクシオ』と言いたいのはフェース面のスイートスポットの位置。フェース中央のややヒール寄りで、より多くの人が芯を食いやすく、球をつかまえやすい設計です」と「ゼクシオ12」のヘッドを分析する。 続きを読む クラウンに空力をコントロールする突起「アクティブウイング」を搭載。ヘッド挙動が安定し、打点のバラつきが軽減。スイートスポットはややヒール寄り クラブ重量と長さ、ヘッドデータをもとに、ライバルと位置づけた3本と打ち比べた香西プロは「ヘッドの座りがすごくよく、アドレスで地面にピタッとつくので、構えたときに安心感があります。軽くて振りやすく、45.75インチとやや長いのに、長さを感じさせずに振り切れる。つかまりもよく、右に行きそうな気配がない。弾き感も抜群で初速も出ていて、球の強さは『EPIC MAX』にも負けていない。ゼクシオらしい爽快な弾き音も健在。音だけでなく実際に飛んでいます。強いて言うのなら、純正シャフトは軟らかめなのでワンスペック上のものを選んだほうがいいでしょう」ターゲットは「以前に比べてヘッドスピードが落ち、飛距離が出なくなってきた人。頑張って重たいドライバーを振っている人が『ゼクシオ12』を使えばヘッドスピードが上がって自然にドロー系の高弾道の球が打てるでしょう。かつての飛距離が戻ってくると思います。クラブとして完成されていて、これ以上、改良できるところはないのでは、と思わせるほどクオリティの高さを感じました」(香西) ヘッドデータで選んだライバル1Wはこの3本 プロギアLS シャフトが走って球がつかまる。軽くて振りやすい「ライ角60度とアップライトで球がつかまるイメージ。高重心で適度なスピンが入るので、球が上がり弾道も安定する」(香西・以下同) ヤマハインプレス UD+2 しなりを感じてゆっくり振ればいい球が出る「ややディープフェースで、より球をつかまえるためにグースネックで強いフックフェース。ストレート系の中断道」 キャロウェイEPIC MAX すごく弾いて初速も出る。ボールが強い 「オーソドックスな丸型で投影面積が大きなヘッド。重心はややヒール寄りでボールのつかまりがいい」 【クラブデータ比較】※実測値 【試打結果】 ゼクシオ X(エックス) アスリートにも試してほしい 新しくなった「ゼクシオX」はどうか。松尾氏によると「ヘッド形状的には『12』がやや縦長、『X』がやや丸型で、『12』同様、ヘッド重量が重く、重心深度が浅くなりました。何よりも弾道調整機能が付いたことがポイントでしょう。フェース角、ライ角、ロフト角を微調整でき、カスタムシャフトも使える。これは大きな変化です」また香西プロは「言われなければ『ゼクシオ』だとは思いません。『12』と比べて、かなりしっかりした振り心地で、とにかく振りやすい。素振りの段階から気持ちく振り切れました」と高評価。 ゼクシオ初となる調整機能の付いたシャフト脱着システムを採用。「12」同様、クラウンに空力をコントロールする突起「アクティブウイング」搭載 「プロも使用している4本と打ち比べてみましたが、シャフトまで含めると、最大のライバルは『EPIC SPEED』になるでしょう。どちらも振りやすいのですが、球を自分でコントロールしたい人は操作性の高い『EPIC SPEED』。何もせずに真っすぐ打ちたい人は『ゼクシオX』が合うと思います。カスタムシャフトにすれば、より多くの人に合うと思います。『ゼクシオ』だと思わずに打ってみてほしいですね。個人的にも使いたくなりました」(香西) ヘッドデータで選んだライバル1Wはこの4本 ダンロップスリクソンZX5 叩きに行っても左が怖くない。ほどよいやさしさ「重心距離が非常に長く、ネック軸周りMOIも非常に大きい。弾道は高めで適度なスピンの入ったフェード系」 ブリヂストンB2 アスリート好みのやや小ぶりなヘッド。打感が軟らかい「重心アングルを重視してヒール部に約18gの集中加重。しっかりつかまえて、高弾道でやさしく飛ばせる」 キャロウェイEPIC SPEED フェースの弾きがよく低スピンの強い球で前に飛ぶ「重心を浅くし、ネック軸周りMOIを抑えて操作性をアップ。適度なスピンの入った中弾道が打てる」 テーラーメイドSIM2 MAX どこに当たっても曲がりにくくミスに強い「1.5度のオープンフェースでつかまりすぎない。高重心なので適度なスピンが入りボールコントロールしやすい」 【クラブデータ比較】※実測値 【試打結果】 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月14日号より
  • 日本のクラブ市場をリードする「ゼクシオ」。その12代目となるニューモデルが発表された。その性能はどう変わったのか? 試打のスペシャリストが徹底分析する。 PHOTO/Yasuo Masuda THANKS/クレアゴルフフィールド 解説/堀越良和 小誌試打企画でお馴染み、キング・オブ・試打。ドライバーからパターまであらゆるクラブを試打するギアのスペシャリスト。『ギア選びのウソホント』を連載中 クラウンの凸部がトウダウンを抑える 初代「ゼクシオ」が登場したのは1999年10月5日。当時としては画期的だった、フェースの大きなわたみで反発力を高める「カップフェース」や爽快な打球音、シャフトを含めたトータル設計による振りやすさの追求など、多くのゴルファーを魅了し、大ヒットモデルとなった。発売以来、日本のクラブ市場をリードしてきた「ゼクシオ」は、2年ごとにニューモデルを出している。そして今回発表となったのが12代目となる「ゼクシオトゥウェルブ」と2代目となる「ゼクシオエックス」だ。どんな進化を遂げたのか?2019年に発売した前作は「ゼクシオイレブン」「ゼクシオエックス(初代)」という2モデル展開として大きく生まれ変わった。節目となる20年目でブランドロゴも刷新するなど、大きなリブランディングを果たしたわけだが、今回も2本立てのラインナップが継続されている。2モデルに共通する「新ゼクシオ」の特徴は大きく2つある。ひとつはメインコンセプトになっている「飛びの翼」を実現した「アクティブウイング」だ。クラウン上部に設けられた凸部が空力をコントロールし、トウダウンなどのヘッドのブレを抑え、最適なインパクトを実現。もうひとつが松山英樹も使う「スリクソンZX」に採用された剛・軟の4層構造による「リバウンドフレーム」だ。カップフェースとの相乗効果で反発力がアップしている。前作同様、「トゥウェルブ」は既存のゼクシオユーザーをターゲットにした正統進化モデル。一方「エックス」は40代、50代に向けたセミアスリートモデルだが、最も注目すべきは、ロフト角やライ角が調整できるカチャカチャ機能が付いたことだ。 Technology 1「アクティブウイング」がヘッドのブレを抑制 新ゼクシオではダウンスウィングの動きに着目。遠心力によるトウダウンなどのヘッドのブレを空力をコントロールすることで抑制。フェース角のバラつきを23%、打点のバラつきも17%減少し、ヘッドの挙動が安定 Technology 2スリクソンの技術を継ぐリバウンドフレーム構造 大きくたわむカップフェースは軟らかく、その周辺部は剛性を高め、ボディとの連結部は軟らかくし、最後のボディで剛性を高める、軟→剛→軟→剛の4層構造。スリクソンに採用されたリバウンドフレームを引き継いでいる ゼクシオ初の“カチャカチャ”搭載気になる試打結果は? 歴代モデルすべてを打っている堀越良和プロに新ゼクシオを試打してもらった。どう感じたのか? 続きを読む 「『トゥウェルブ』はしっかり感が増しています。ゼクシオ特有の軽快な振り心地を残しつつ、ヘッドが利いている感じです。ヘッド重量が増したからともいえますが、その結果、ボール初速も上がっています。ヘッドの重さが増えているのでミスヒットにも強くなっています。アマチュアには大きなメリットになるでしょう」では、エックスはどうか?「『エックス』には“カチャカチャ”機能が付きました。単に弾道に合わせてロフト角やライ角を変えられるだけでなく、カスタムシャフトが使えるようになったわけです。これは海外ブランドを意識した“戦略”ともいえます。打音は少し抑えめで、上級者が好むクラブに仕上がっています。高弾道&低スピンで飛距離も出ます」 正統進化モデル「ゼクシオ トゥウェルブ」 ●ヘッド素材(製法)/フェース:チタン(鍛造)、ボディ:チタン(真空精密鋳造) ●ロフト角/9.5、10.5、11.5度 ●ヘッド体積/460㏄ ●長さ/45.75インチ ●ライ角/59度 ●シャフト/ゼクシオMP1200(S、SR、R、RR22) ●総重量/282g(R) ●価格/8万8000円 ヘッドのブレを抑えボール初速がアップダウンスウィングにおけるヘッドのブレを抑える機能(アクティブウイング)と、反発力を高めるカップフェース&リバウンドフレームの採用でボール初速が向上。さらなる飛距離アップを実現した。 <堀越’s インプレッション>【弾道】つかまりがよくラクにドローが打てる「フェースプログレッションが小さくなったことでつかまり度が増しています。オートマチックにヘッドがターンしてくれるのでスライサーでもドローがラクに打てるはずです。つかまりがいいのでボールも強く出ます」【打感】爽快で弾き感のある“ゼクシオサウンド”「甲高く、弾き感のある打音はゼクシオならではで、まさに正統進化な印象です。高い音は『飛んでいる』感が強く、爽快感が大きいです。この打音に惹かれてしまうゼクシオユーザーは多いでしょう」【やさしさ】ミスヒットに強く球も上がりやすい「アマチュアに多いトウ上め、ヒール下めで打ってみましたが、前作よりも当たり負けしない、ヘッドのパワーを感じました。曲がり幅や飛距離の低下も抑えられています。打点がバラつきやすい人には最適です」 セミアスリートモデル「ゼクシオ エックス」 ●ヘッド素材(製法)/フェース:チタン(鍛造)、ボディ:チタン(真空精密鋳造) ●ロフト角/9.5、10.5度 ●ヘッド体積/460㏄ ●長さ/45.5インチ ●ライ角/59度 ●シャフト/ミヤザキAX-2(S、SR、R) ●総重量/300g(S) ●価格/8万8000円 自分の好みに合わせ弾道調整ができるゼクシオ史上初のカチャカチャ「QTSスリーブフィッティングシステム」を搭載。ロフト角、フェース角、ライ角を弾道に合わせて調整可能。「ツアーAD」「ディアマナ」などカスタムシャフトも充実。 <堀越’s インプレッション>【弾道】打ち出しが高くより高弾道に「フェースプログレッションが小さくなったことでつかまり度が増しています。オートマチックにヘッドがターンしてくれるのでスライサーでもドローがラクに打てるはずです。つかまりがいいのでボールも強く出ます」【打感】音は少し抑えめでしっかりした打感「トゥウェルブと比べると音は少し低めでしっかり感があります。前作はチタンとカーボンのコンポジットヘッドでしたが、今回はチタンヘッドなのでゼクシオらしい爽快な打球音が残っていて、インパクトが気持ちいいです」【操作性】上級者も構えやすく弾道が操れる「フックフェースではないので非常に構えやすいです。フェースの開閉がイメージできるのでドローやフェードの打ち分けも可能です。トゥウェルブとは重量差が20gもあるのでしっかり振り切れるゴルファーにおすすめです」 ●トラックマンで前作と比較「どちらも低スピンで飛距離が伸びている」 弾道測定器「トラックマン」を使い、堀越プロがヘッドスピード40m/s想定で4モデルを試打。その結果、どちらもスピン量が大幅に減る結果に。さらにボール初速はどちらも0.2m/sアップしている。ヘッドの重量アップや浅重心設計が大きく影響しているのだろう ●ヘッドデータも実測「ヘッドが重くなり重心深度はやや浅めに」 ヘッドを計測したクラブ設計家の松尾好員氏によると「前作よりヘッド重量が増し、重心深度が浅く設定されています。これはボール初速を速くしたいという表れです。スイートスポット位置もややヒール寄りで多くの人が芯でとらえやすい、つかまりのいい設計です」 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月30日号より