Myゴルフダイジェスト

ゴルフ・バイク・ランのトライアスロンが6月に北海道で開催

ゴルフとトライアスロンの2つを組み合わせた複合競技「ゴルフトライアスロン㏌北海道」が6月、北海道の岩見沢市にある岩見沢パブリック雉ヶ森GCで開催される。

競技は18ホールをスルーの担ぎでラウンドし(手引きカートも可)、その後36ホールを自転車で回り、最後に18ホールを走る(ランのみ)という「鉄人の部」を5日に行い、バイクとランのホール数を少なくした「チャレンジの部」と「リレーの部」を前日の4日にそれぞれ開催する。なぜこんな過酷な複合競技を開催するのか、発案者の松尾俊介さんは次のように説明する。

「ゴルフの原点は、クラブを担いでプレーすることにあり、それによってゴルフが上手いだけでなく、マルチにスポーツをこなす体力、資質が磨かれると思っています。あわせて新ビジネスの創造と地域の活性化につながればいいなと考えています」

松尾さんは、もとキャロウェイゴルフの広報マンで、現在はゴルフ活性化委員会にも参加しているが、方法論が議論されるばかりで実行論が出てこないもどかしさもあった。

「だから、とりあえず自分でできることからやってみようと、個人でゴルフトライアスロン協会を立ち上げ、スタートさせました」

すでに19年に第1回大会を三重県の津CCで、昨年は第2回大会を静岡県の伊豆ハイツGCで開催している。

「第1回大会は123名、昨年もコロナ禍なのに62名がそれぞれ全国から参加し、参加者の多くから、次もぜひ参加したいと好評でした」

同大会のキャッチフレーズは“ヤワなゴルファーはお断り”というもの。まさに心臓の強さも試される競技だけに、開催は1カ月後だが、逆を言えば「準備期間はある」ということ。体を鍛えて応募してみてはいかが? 参加者募集は5月25日まで。問い合わせは同協会へ。

https://golftriathlon-japan.com/

写真は昨年の模様

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

こちらもチェック!

  • これまでありそうでなかったゴルフとビジネスのマッチングアプリが提供されているが、どんな仕組みのだろうか? 提供されたアプリは「Tee’s(ティーズ)」といい、運営は(株)ライフアップという会社。その趣旨を「ビジネス面で連絡をとりたい相手や気の合いそうな相手とのラウンドマッチングから、ゴルフを一緒にプレーすることで知り合いになり、そこからビジネスにつながるプラットホームを目指す」という。これまでビジネスマッチングもゴルフマッチングもたくさんあったが、その2つを結びつけたという。たしかに、この2年間のコロナ禍で60万人の若年層ゴルファーが新たに生まれ、ゴルフマーケットは拡大し、会食など密な出会いが制限されるなか、需要はあるのかもしれない。ただマッチングアプリといえば、過去は男女の出会い系がメインで、問題視されたケースもあった。そのリスクを避けるため、同アプリでは「登録は招待制で、すでに登録している利用者から招待される」ことになっているという。また、「会員になった人は業種、役職、年齢、スコアなど希望を登録し、相手を探す場合でもゴルフ友達、同業種、異業種などから希望する条件で検索する」。利用者が増加すれば、ゴルフのレッスントレーナーを探す“レッスンマッチング”や “就職マッチング”、“婚活マッチング”などの実現も視野に入れているという。会員は月額無料から有料会員まで、マッチング可能な回数によって4段階のランクがあり、有料会員になるとゴルファー保険が付加される。この仕組みをゴルフ業界のITに詳しい関係者は次のように話す。「登録済みの会員による招待制なので、こういったアプリにありがちなトラブルのリスクは低いと思います。ただ今後は婚活マッチングも、となっているので、そこは気をつけてほしいですね。あくまでビジネスをメインにうたっているわけですから」これまでの分野にないゴルフ+ビジネスマッチング、これからの経緯も見ていきたい。 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より こちらもチェック!
  • 長崎県五島列島、北端の2つの島にある「日本のリンクス」にテレビカメラが入った。 その2島とは、小値賀(おぢか)島と宇久(うく)島。小値賀島は周囲約30km、人口約2500人、独立心が強い島民性で市町村合併もしていない。島全体が西海国立公園に指定され、09年には“日本で最も美しい村”のひとつに選ばれている。そんな同島の断崖絶壁にあるコースは「浜崎鼻ゴルフ場」で、5ホール(1053Y・P18)、4回まわってパー72にするという。牛の放牧場だったところを有志による手造りで完成させたのは1976年のことだった。人工物は手製のピンとOBの白杭だけだ。一方、宇久島は周囲40km、人口約2000人。壇ノ浦の戦いに敗れた平家盛が、安住の地を求めてたどり着いたというロマンに満ちた島。島民性は穏健・温厚という。この地に造られた「平原ゴルフ場」は広々とした草原に9ホール(2353Y・P34)と本格的。海越えパー3が2ホールもあり、豪快そのもの。ここも牛の放牧地だった。しかし、今は牛も少なくなり、芝を刈るのは人の手だ。芝は姫高麗の原種で散水は不要。英国のリンクスと全く同じである。この両島のゴルフ場を柱に島民の生活などを紹介し、離島の活性化の起爆剤になればと、長崎文化放送(TV朝日系)とBS11で共同制作。出演は全英オープンを5回制覇したピーター・トムソンの子息、アンドリュー・トムソンと沖縄出身の女子プロ、諸見里しのぶ。アンドリューは豪州国会議員を経て、現在国際弁護士。ニッカーボッカーをはき、ヒッコリークラブでプレーする。4年前、初めて小値賀島を訪れていっぺんで気に入り、その日に浜崎鼻ゴルフ場の会員となった。平原ゴルフ場は「100年前の全英オープンでプレーしている気分」と感嘆する。移住者や、ゴルファー、観光客増加の一助になれば幸いだろう。 本場スコットランドを彷彿とさせるリンクスの原風景が広がる。5月放送予定の番組名は「長崎離島ゴルフ旅」(仮題)(PHOTO/Takanori Miki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月12日号より こちらもチェック!
  • 気温も上がり、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来。落ち着いた雰囲気の林間コースもいいが、たまにはPGAツアーの舞台のような戦略性に富むコースにトライしてみるのも一興。そこで今回は、PGAツアーの舞台も数多く設計している“奇才”と呼ばれる設計家3人が手掛けたコースを紹介。まずは、アメリカのミッションヒルズCCなどを設計したデズモンド・ミュアヘッドのコースから。 PHOTO/Hiroaki Yokoyama、Tadashi Anezaki、Seiichiro Matsuoka 葛飾北斎の「富嶽三十六景」のひとつ「神奈川沖浪裏」をテーマにした富士クラシックの17番パー3 デズモンド・ミュアヘッド(1923-2002) 1923年英国生まれ。ケンブリッジ大学で建築、土地計画を学び、その後カナダのブリティッシュコロンビア大学、アメリカのオレゴン大学でも都市工学や造園を学ぶ。英国空軍ではナビゲーターとして2000時間以上のフライトを経験。1960年代からコース設計に携わり、アートや神話などを取り入れた独自のデザインを確立した 【主な海外の設計コース】●ミッションヒルズCC(米カリフォルニア州)女子メジャー「シェブロン選手権(旧ANAインスピレーション)」の開催コース●ミュアフィールドビレッジGC(米オハイオ州)J・ニクラスとの共同設計。ニクラスがホストのPGAツアー「メモリアル」の舞台 大地に葛飾北斎を描き出すコース設計界のピカソ 世界のベストコースランキングで必ず上位に入るミュアフィールドビレッジGCをJ・ニクラスと共同設計したことで知られるミュアヘッド。日本でも、ニューセントアンドリュースGCジャパンをニクラスと共同で設計した。しかし、ニクラスとのパートナシップを解消後、10年の空白期間を経て復帰した後は、より大胆な設計に変わった。アートや神話を題材とした造形は、他に類を見ないもの。富士クラシックでは葛飾北斎の「富嶽三十六景」をモチーフに17番では富士と大波を大地に描いている。そのほかにも魚の形をしたグリーンや、ギターの形をしたホール、渦巻き形のバンカーなど、まるでテレビゲームのようなコースを実際に造ってしまうのだ。その大胆な設計に対して「鉛筆を持った狂人」と揶揄されることもあるが、一度ラウンドしたらきっと忘れられないコースになるだろう。 富士クラシック(山梨) 18H・7171Y・P72 中央自動車道・河口湖ICより22キロ 富嶽三十六景をモチーフ有名な葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」を題材に、各ホールにはそれぞれ浮世絵図や北斎にまつわる名前がつけられている。17番は富士と大波で知られる「神奈川沖浪裏」をモチーフに。 セゴビアGCインチヨダ(茨城) 18H・7056Y・P72 常磐自動車道・千代田石岡ICより10キロ ギターの形をしたホールも1番「フラメンコ」から始まるコースはスペインがテーマ。3番「ギター」はギターのヘッド部がティー、ネック部がバンカー、ボディがグリーンというユニークなホール。 ゴルフ5Cオークビレッヂ(千葉) 18H・6610Y・P72 圏央道・市原鶴舞ICより13キロ テーマはアーサー王伝説イギリスのアーサー王伝説をモチーフにしたコースは、11世紀に切り開かれた森「ヒューフォレスト」からスタートし伝説をたどっていく。今年のゴルフ5レディスの開催コース。 新陽CC(岐阜) 18H・7080Y・P72 東海環状自動車道・せと品野ICより15キロ ギリシャ神話を表現したギリシャ神話を題材としたコース。7番「アポロンの池」には池に囲まれた魚の形をしたグリーンがある。日本プロゴルフマッチプレー選手権や中部オープンの舞台にもなった。 【その他のミュアヘッド設計コース】●ニュー・セントアンドリュースGCジャパン ニューコース(栃木)●アバイディングCGS(千葉)●芝山GC(千葉)●ブリック&ウッドC(千葉)●若木GC(佐賀) など 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より こちらもチェック!
  • さる2月19日、GDO主催で「スノーゴルフ トライアスロン」が北海道のゴルフ5C美唄Cで開催された。雪上でラン、バイク、ゴルフを行い、その合計スコア(タイム&スコア)で競うという日本初の試みだが、果たしてどんな大会なのか。週刊ゴルフダイジェストの記者が体験レポート! PHOTO/角田慎太郎(GDO) スノーゴルフ トライアスロン 競技内容スノーマラソンを5km、スノーバイク(自転車)を2km、スノーゴルフを4ホール(パー15)でスコアを競う。マラソン、バイクの時間とゴルフのスコアを合計したものがスコアとなる。たとえばスノーマラソンが15分20秒、スノーバイクが12分12秒、ゴルフスコアが20打の場合、15.20+12.12+20で「47.32」になる 千葉で生まれ育った筆者にとって、雪上でのラウンド経験はもちろん、ランやバイクの経験もないので、まずどんな服装で行けばよいのかわからない。北欧のエストニアにいる友人に、「手袋と靴下は2枚重ね。首と耳は守りたい。シューズは裏に凸凹があるもの。服は厚手のジャージーで」と対策を教わり、準備万端で当日を迎えた。まずはマラソンから。40歳一歩手前とはいえ、サッカーを続けているため、体力には自信がある。スタート時間の13時の天気は晴れ。気象庁発表ではマイナス2.8度だが、体感は東京の昼間とそこまで大差ない。「優勝したらどうしよう」などと本気で思いながらスタートラインへ。ゆっくりスタートすると首尾よくトップに立ち、順調に進むが、圧雪されているとはいえ、足首まで埋まることもある悪路と、走っても走っても変わらない景色に心が折れかける。3kmを過ぎたあたりで女子参加者に抜かれ、あっという間に置いてけぼりに。それでもなんとか2位でバイクへ。結論から言うと、いちばん厳しかったのはこのバイク。ずっと軽いギアだったせいか、ちょっとしたアップダウンでもタイヤが空転し、「こぐより歩いたほうが速い」と思い押しながら進むことも。そしてなんとかバイクも完走し、最後のゴルフへ!1番(パー4)は計測器で約250Y。ドライバーで打つと180Y地点で粉雪が舞い上がった。圧雪した場所であれば無罰でプレースできる特別ルール。2打目のPWは大ダフリで残り30Yほどに。そこから乗らず寄らずで結局7打。110Yの2番(パー3)では見事パーセーブし、3番(パー3)もボギーと普段と大して変わらないスコアで最終ホールに。しかし、350Yの4番(パー5)はいいとこなく8打でホールアウト。結果は15人中14位とブービー。スタート前に「優勝したら……」と思ったのが恥ずかしい。今回の参加者はシード権を貰えるらしいので、来年は鍛えて優勝、目指したいです! マラソン5km スノーマラソンの距離は5km。ゴルフ5CC美唄Cの外周を走るコース。圧雪されているとはいえ、ところどころで雪にハマり、次の一歩が出にくくなる。Yの記録は34分15秒 バイク2km 雪道を走りやすいように極太タイヤを採用したファットバイクで疾走する。ほんの少しのアップダウンでも後輪が空回りし、前に進まないこともしばしば。Yの記録は24分21秒 スノーゴルフ4ホール ティーイングエリアからではフェアウェイとそれ以外の区別がつきにくいが、圧雪されているエリアがフェアウェイ。とはいえ、ボールは埋まるのでプレースして打つ。Yの記録は22打 カップはボール約5個分の大きさ! 人工芝の特設グリーンは2畳ほどの広さ。一緒に回ったプロは「アプローチのほうが簡単」と言っていたほど、ラインがわからない難グリーン 優勝スコアは男子が「52.34」、女子が「68.36」 優勝したのは札幌の黒坂祐太さん。マラソンが25分14秒、バイクが11分20秒、ゴルフが16打とどれもハイレベル。2位はPGA北海道プロゴルフ会会長の千葉晃太プロ。ゴルフを2アンダーでラウンドし、3位の金山誠さんに競り勝った。女子はあおい夏海さんがマラソン34分59秒、バイク12分37秒、ゴルフ21打の「68.36」で優勝した 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より こちらもチェック!
  • ゴルフ場への移動手段といえあクルマか電車&バスが一般的だが、なんと自家用ヘリコプターでコース入りするという驚きのゴルファーを発見。いったいどんなゴルフライフを送っているのだろうか。 TEXT・PHOTO/Takeo Yoshikawa THANKS/静岡C浜岡コース&ホテル 久保山さんの愛機は米国製ロビンソンR44。4人乗りで2011年の時点で5300機以上販売された超ベストセラー機。最高速度240キロ、巡航速度200キロ、航続距離560キロ ゴルフに行くときは自家用ヘリコプターを使うという驚きのゴルフライフを送るのは、静岡県焼津市の久保山久徳さん(57)。ゴルフを始めてまだ4年ほどというが、どのような経緯でヘリを使うようになったのか。話を聞いてみた。   *   *   *フィリピンのセブ島にも事業所があり、毎月1週間ほど滞在して仕事をしていました。あるとき、長女が遊びがてら来たのですが、事務所はビーチから遠く遊ぶところがなかったんです。ゴルフを始めたばかりの娘が、どこかプレーができるところはないかと調べると、フィリピン軍の基地内にゴルフ場があることがわかり、行ってみました。ビクターというレッスンプロがいて教わりましたが、そのときは何となく7番アイアンが打てて、ドライバーも当たったんですね。帰国後、友人に「ゴルフに行こう」と誘われ、道具をネットで取り寄せた翌日に千葉まで飛んで初ラウンド。パー5を3オン1パットにしたら「バーディ」と言われ、『バーディってなに!?』と聞いたほどです。それ以来、面白くなり“ゴルフの病気”にかかりました。それからの8カ月間、朝は52度、56度、60度のウェッジで60球、夜は練習場で500球打ちました。ヘリコプター免許を取得する前は、モータースポーツで“フォーミュラF4”まで行きましたが、考えることがあり、『これからは空を飛ぼう』と決めて、ドア・トゥ・ドアが可能になるヘリコプターの免許を海外で取得しました。固定翼機に比べてヘリの操縦は格段に難しいため、『絶対に乗りこなすんだ!』と自分に言い聞かせて頑張りました。今では北海道から鹿児島まで、ゴルフに限れば関東一円は飛んでいますね。関西で打ち合わせ、関東に戻りさらに打ち合わせなどを1日で済ませることができ、またゴルフ場の往復は渋滞もなく短時間ですから午後を有効に使うことができて、時間の大切さを実感しています。空から大地を眺めたとき、自分の存在が小さく感じられることから、おおらかな気持ちになり、より心が広く持てるようになりました。 静岡県焼津市にある自宅のヘリポートから静岡C浜岡まで直線距離で30キロ弱、車で行けば1時間はかかるが、ヘリなら8分しかかからない 東日本大震災のとき、人の役に立ちたいとの思いからボランティアで社有のトラックを使い物資を搬送。そのときの思い出から、機体にラッピング 一緒にプレーした“空飛ぶゴルファー”たちは、向かって右から渋谷利昭さん、宮田勝也さん、久保山久徳さん、石川明宏さん 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月8日号より こちらもチェック!