Myゴルフダイジェスト

【なんでもランキング】Vol.3「標高の高いゴルフ場トップ10」上位はあの県が独占!

ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第3回は、国内の標高の高いゴルフコースをランキング!

前回のランキングはこちら

ゴルフ場設計家、R・T・ジョーンズJrは日本のことを「ヤマランド」と呼び、日本のゴルフは山麓でプレーするものと言ったが、日本の国土の約7割は山岳地帯で、ゴルフ場の約85%が丘陵・山岳コースだ。そのなかでもいちばん標高が高いゴルフ場は長野県の菅平グリーンGC。4番ホールのグリーンが1658mでいちばん高い位置にある。では全国のベスト10は? クラブハウスの標高を「グーグルアース」で計測してみた。すると上位10コース中9コースが長野県に集中していた。

長野県須坂市にある菅平グリーンGC(PHOTO/Shinji Osawa)

調べてみると長野県には「標高日本一」がほかにもたくさん。標高日本一の駅(JR小海線・野辺山駅/1346m)、標高日本一の空港(信州まつもと空港/658m)、標高日本一の小学校(南牧南小学校/1328m)、標高日本一のダム(南相木ダム/1532m)、標高日本一の露天風呂(本沢温泉・雲上の湯/2150m)、標高日本一の道の駅(道の駅・美ヶ原高原/2000m)、標高日本一の駐在所(志賀高原駐在所/1508m)、標高日本一のコンビニ(ローソン白樺湖蓼科店/1420m)などなど。さすが「日本の屋根」と呼ばれる長野県!

<標高の高いゴルフ場トップ10>

週刊ゴルフダイジェスト2021年11月23日号より

こちらもチェック!

  • ゴルフにまつわる様々なデータや記録をランキング化する本連載。第1回は、PGAツアーでの年度別平均飛距離1位の選手をランキング! 先週、日本で開催されたZOZOチャンピオンシップには2021平均飛距離317.1ヤードのキャメロン・チャンプをはじめ、310ヤード超の選手が5人も出場し豪快なショットを披露したが、PGAツアーで300ヤードの大台を初めて超えたのは1997年のジョン・デーリー。302ヤードを記録すると、2002年までは唯一300ヤード超えのプロとして君臨した。そのデーリーを抜いて2003年にトップに立ったのが98年に全米アマを制覇しているハンク・キーニー。18年も前なのにデシャンボーに迫る歴代3位の321.4ヤード! 飛ばし屋としてならしたハンク・キーニー。03年の平均飛距離は20年まで破られなかった(写真は2003年ダンロップフェニックス。PHOTO/Tadashi Anezaki) 2000年に登場したタイトリスト「プロV1」に代表されるボールとクラブの進化が最大の要因と思われるが、翌年2004年には一気に7ヤードもダウン。実はこの年からスプリング効果の基準が定められ、PGAツアーでもドライバーのCOR(高反発係数)テストが導入されていた。これがなかったらデシャンボーの記録を上回っていた!? <PGAツアーの年度別「平均飛距離1位の選手」トップ10> 1位2021年323.7Yブライソン・デシャンボー2位2020年322.1Yブライソン・デシャンボー3位2003年321.4Yハンク・キーニー4位2018年319.7Yローリー・マキロイ5位2006年319.6Yバッバ・ワトソン6位2005年318.9Yスコット・ヘンド7位2011年318.4YJ・B・ホームズ8位2019年317.9Yキャメロン・チャンプ9位2015年317.7Yダスティン・ジョンソン10位2017年317.2Yローリー・マキロイ 週刊ゴルフダイジェスト2021年11月9日号より
  • 名設計家R.T.ジョーンズJr.は日本を「ヤマランド」と呼び、日本のゴルフは山麓でプレーするものと言った。そんな日本の素晴らしいコースを再発見していく連載「ヤマランドニッポン」。今回は、長野県の「フォレストCC三井の森」をご紹介! PHOTO/Akira Kato TEXT/Mika Kawano 12番・389Y・パー4コース内で最も高い標高1500m地点にある12番ホール。平地と2番手以上変わるので慎重に使う番手を選びたい 高原のなだらかな斜面に広がる絶景コース 長野県茅野市。八ヶ岳連峰・天狗岳の西麓に位置するフォレストカントリークラブ三井の森は、標高1400メートルに翼を広げる丘陵コース。台湾出身で国内ツアー2勝の謝永郁が設計を手がけ91年に開場し、今年満30周年を迎えた。見渡す限り雄大な山々に囲まれたヤマランドは、高原のなだらかな傾斜に沿って18ホールが展開するため、比較的フェアウェイはフラット。要所をバンカーと池が固めグリーン周りの攻略がスコアメイクの鍵を握る。霧ヶ峰方向に打ち下ろす6番パー5はコース最長の579ヤード。グリーン左手前の池越しに八ヶ岳の稜線を望む名物ホールだ。山頂に雪をいただく連山が鋭く強く空を突き刺す光景は息をのむほど美しい。森に包まれた8番はやや打ち下ろしのパー3。グリーン手前と奥に計4つのバンカーが待ち受け正確なショットが要求される。晴れた日には南アルプス北端の名峰、2967メートルの甲斐駒ケ岳を拝むことも可能。フォレストカントリーでもっとも標高の高い12番パー4は目の前に八ヶ岳の主峰・赤岳と阿弥陀岳が連なり壮観。上がり4ホールのうち3ホールが池絡みで戦略性が高いが、どこを切り取っても胸のすくような景色をバックにどっぷりと開放感に浸るのも良い。 フォレストCC三井の森18H・6858Y・P72 週刊ゴルフダイジェスト2021年6月8日号より