Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 「自分も前を見てプレーしようと思った」障害者ゴルファーの戦いに地元高校生も刺激

「自分も前を見てプレーしようと思った」障害者ゴルファーの戦いに地元高校生も刺激

5月9日~10日に富山県の小杉CCで「第22回日本片マヒ障害オープン」「第2回北陸障害者オープン」(ともに日本障害者ゴルフ協会主催)が開催され、 熱い戦いが繰り広げられた。

PHOTO/Yasuo Masuda

第22回日本片マヒ障害オープン、第2回北陸障害者オープン(日本障害者ゴルフ協会主催)が開催され、地元・福井の強豪、福井工大付属福井高等学校のゴルフ部員たちが、ボランティアとして初参加した。

「練習は週に3、4回400球近く打つと聞き、努力をすれば必ず報われるという言葉を実感しました」(益田航・キャプテン)。「普段何気なく練習やラウンドしていることが、障害者の方には簡単ではないことがわかりました」(丹羽悠太・3年)。「日頃ゴルフで落ち込んだりしますが、皆さんが笑顔でプレーしているのを見て、自分も前を向いてプレーしようと思った。ボランティアの方々のすごさも感じました」(千葉空・2年)。「いつも以上に周りの状況を把握しながらキャディをするように心がけ、部活で教わった礼儀や気遣いを生かせたと思います」(甲陽介・2年)。「恵まれた体で生まれたこと、環境に感謝をし、今日のことをゴルフ生活に生かして頑張りたい」
「恵まれた体で生まれたこと、環境に感謝をし、今日のことをゴルフ生活に生かして頑張りたい」と試合後に口をそろえる部員たち。これからの人生に多くの学びを得たようだ。

初めて開催コースとなった富山・小杉CCの吉田清男社長もボランティアとしてラウンド。選手の明るさと強さに力をもらったという。

「親会社のアイザックには東京パラリンピックのボッチャ競技に出場した藤井友里子さんも所属しており理解がある。ゴルフもパラリンピックを目指す、全国各地で開催し多くの方に知ってほしい(昨年から3年は北陸地方開催)、という意義にも賛同して開催させていただきました。今後もっと認知されていけばいいと思います」

ゴルフを通じて“壁”のない社会を実現していくのもいい。

ゴルフが好きな者同士、横で歩きながらの“おしゃべり”の時間も貴重な体験だった

皆さんのプレーぶりや考え方も勉強になりました!

「車椅子の方はゴルフで最も大事な下半身が使えないなか圧巻のゴルフ。打ち方やプレーの進行を早くする方法など車椅子ゴルフについてたくさんの話を聞かせていただきました」(益田航・3年)

「片麻痺の方は歩くのを支える固定器具をしてプレー。ゴルフが好きだから、この大会を知ってもらい広めたいからと笑顔でプレーされていて、僕がいい気持ちにさせてもらいました」(千葉空・2年)

「体が不自由なのに18ホール回り切れることがすごい。それを達成するため、クラブの重量を軽くしたり、トレーニングするなど試行錯誤をしていると聞ました」(山川斗夢・3年)

「足が不自由な方がクラブを杖代わりにしてティーを刺したり、ボールを拾ったりするのも一苦労。それを手伝って自分の体と環境がどれだけ幸せか感じました。同伴競技者の方にもたくさん声をかけてもらい、とても楽しく明るくボランティアができた。自分の人生にとって本当にいい経験になりました」(松山怜生・2年)

「ゴルフが上手くなるため真剣に練習していた方が脳梗塞になってしまい万全な体でゴルフができなくなって。とても悔しくて今もゴルフを続けているとおっしゃっていました。体の動きが制限されているなかですごく上手にボールを打ち、スコアを作っていました」(永田智之・2年)

「障害があってもゴルフをするという考えがすごい。皆さん身体能力を鍛えて、サポートしなくても大丈夫なくらいのゴルフをされていました」(工藤僚・3年)

【片マヒの部】

右から、2位・廣田和美さん、優勝・北浦英樹さん、3位・植松秀信さん。不自由な半身の動きをカバーする工夫には頭が下がる

【障害総合の部】

右から、3位・小山田雅人さん。優勝・吉田隼人さん、2位・林剛和さん。吉田さんと小山田さんはティーチングプロ資格も持つ!

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月31日号より

こちらもチェック!

  • 東京五輪に続きパラリンピックが終了。ゴルフ競技の正式種目入りを望む声も多い。今回はパラリンピアンを目指す吉田隼人さんを取材。ティーチングプロにも挑戦中の確かな目で、飛ばしの秘訣を教えてくれた。 THANKS/白鳳CC PHOTO/Yasuo Masuda 吉田隼人さん(38) よみうりGCで働きながら、PGAティーチングプロB級の実技と筆記試験を突破、現在講習期間中だ。ベストスコアは66。世界障害者ゴルフランキング(WR4GD)は日本人で2番目の36位(9月9日現在) 誰よりも体の動きを研究しています 現在38歳の吉田隼人さんは、24歳のとき大事故に遭い右足を大腿部から切断。苦しいリハビリを経て30歳になる直前にゴルフと出合う。メキメキ上達し、障害者の大会でも常に上位に入っている。「最初はスライスばかりで。悔しくてやっていたらどっぷりハマりました。僕は自分で、プロの動きなどを真似したりして、自分のできる動きとできない動きを研究しながらゴルフをやってきました。できないなら代わりの動きを探したり。だから人の動きにも気づきやすいですし、もともと足があったので、より健常者の方の感覚もわかるかもしれません」という吉田さん。義足側(右足)のひざや足首がまったく使えないからこそ、健常者のムダな動きがわかるのだ。注目すべきは、回転のための「ひざの使い方」だという。「右ひざから回転しちゃう人が多いんです。そして、ダウンからインパクトでも右ひざが前に出る。僕はそれが“できない”からいいんですが、健常者の場合には“できてしまう”ので、それがミスにつながるんです。スウィング中、右ひざが開いたり、体の前に出ると、骨盤の前傾が崩れて、腰が前に出て体が起き上がり、手が体から離れてしまう。するとクラブが外から遅れてくるのでスライスになったりします。そしてそれを嫌がってアームローテーションを強くしすぎて左に引っかけたり……僕もそういうひざの動きで振ろうとすると、まったく打てなくなりますよ」バックスウィングで腰を回す動きも、腰だけで回そうとすると全然回らないという。「腰はひざを使って回転させるんです。左ひざを少し前に出すことで、それにともなって体が回転しやすくなる。そのときに右の股関節の内側と右のお尻に体重が移り込むような感じで腰を回していく。これは皆さんぜひやってほしいですね。そして、左ひざを前に出したぶん、トップからは左足を一度踏み込んですぐに伸ばすようなイメージで回転をしていく。これが今流行りの地面反力にもつながってくる。僕が片足で飛距離が出るのは、この動きがあるからだと思います」 この記事は有料会員限定です続きを読むには有料登録が必要です 吉田さんが以前から参考にしているのがローリー・マキロイ。「マキロイ選手の上半身と下半身の使い方はすごい。とくに左足の力が強いから、フィニッシュでピタッと止まれるんです」じつは吉田さん、以前データを取ってもらったとき、上体のひねり方、体の使い方がマキロイに似ていると言われたという。「ずっと参考にしてきたから嬉しかったですが、まあ、似ているようで似てない。でも、力の原理をマネできるようにするのが大事ですから。(同じくマキロイを参考にしている)笹生優花プロには負けられませんよね(笑)」 体の回転は左ひざでつくる (1)左ひざを前に出す 腰を回そうとするのではなく、左ひざを少し前に出すことで、腰も胸もしっかり一緒に回転していく。クラブを持たずにやってみよう (2)切り返しで一瞬沈む 右股関節の内側と右のお尻に体重が乗るように腰を回したら、切り返しで一度沈み込む意識を持つと左ひざを伸ばしやすい (3)左ひざを伸ばしていく 切り返しからダウンは左ひざを伸ばすイメージで回転していく。左ひざが伸びるのが早ければ右ひざは前に出ない (4)左サイドに壁ができる 左ひざを伸ばすことで左サイドにブレーキがかかり、その反動でヘッドが走っていく 片足でクラブを振ると自分のクセがわかる 「人に教えるときは、その人が体のどこを意識して使っているか、その意識と実際の動きとの誤差を見ます。自分のイメージと実際のスウィングが違っている人は多いんです。まずは、スウィング中に重心がどちらに偏っているかを確認。僕は義足なので重心の位置をけっこう気にする。だから、人の動きも目につきやすい。打つときに重心が揺れている人は再現性が低いですし、体重の配分は体の回転や入射角にも関係してきます」人は、左右どちらかに体重がかかりすぎるクセがあるという。「1本足で立って、クラブを振ってみると、苦手なほうは振りにくいのがわかる。これが軸ブレの原因にもなるんです」効果的な「ひざ使い」は、重心位置と軸が安定してこそできるという。吉田さんの場合は左足に軸が寄りすぎてしまっていたという。「右足に体重が乗らないからクラブがアップライト気味に上がって入射角が鋭角に入りやすくなり、スピン量が多くなって吹き上がっていた。悩んでいたとき、トレーニングを一緒にさせてもらっているパラリンピックの陸上競技日本代表の山本篤さんが『義足側にも体重をかけられるようにもっと鍛えるべき』と。競技は違えど体の使い方や鍛え方は通じるものがある。スクワットも、股関節周りやお尻、太もも、左右均等に体重がかるように意識して行います」右足にもきちんと踏み込んでスウィングできるようになるとクラブの入射角もゆるやかになってスピン量が減った。これも健常者へのヒントになるという。「今まではトップで左足側に軸が残ったまま振るような感じでしたが、右の股関節の内側に体重を乗せたまま振れるようになった。ドライバーの球筋も中弾道に変わり、スピンも減ってランが出るようになった。今までは5Yだったランが15Yは転がるようになりました。キャリーは290Yで変わりませんが、ランの出方で300Yを超えたりします」逆に左に体重を乗せられない人は、アッパーブローであおり打ちになりすぎるという。「これも飛距離ロスにつながります。先ほど言ったように、ひざの使い方が悪くて、前傾姿勢が崩れたまま右に乗ると、そのまま重心が後ろに下がるようになるので、体が回転しても左足にまったく体重が乗らない状態になる。また、自分からムリに左足に乗ろうとすると、軸ブレが起きて、ダフったりトップしたりします」吉田さんの理想の体重配分は、インパクトで右足6:左足4、フォローで右足2:左足8。 「右に乗って、クラブを振った遠心力で自然と左足に体重がいくイメージ。もちろん『左ひざの動き』は大事です。今のクラブはソールも厚く打ちやすくできているので、ダウンブローに打つより、少し右足体重でゆるやかにクラブを入れるほうがラクです」 左に体重が乗らない人は「あおり打ち」に、右に体重が乗らない人は「鋭角ダウンブロー」になりがち。「今のクラブの特性も考えると、インパクトでは、体重配分は右足6:左足4がいいと思います」 理想の重心位置をつくるためには、「片足1本での素振り練習」が効果的だという。「苦手なほうの足を重点的に。また、両足で足踏み素振りをするとバランスのいいスウィングにつながります。コースでも、アドレス時に足踏みするのは重心バランスをとるには効果的です」人に教えることも自分のスウィングの研究になるという吉田さん。ティーチングプロの研修を受けながら、研鑽の日々。「パラリンピックにゴルフ競技ができればぜひ出たいです。世界ランクトップ10に入れると海外の試合に出られる可能性が広がるので頑張りたい。もちろん、ランキングの1位を目指しています!」 Drill 1自分の苦手な足で片足素振り 右に乗りづらい人は右足を止めて遠心力で自然に回るイメージで。左に乗りづらい人はお尻で自分の体を受け止める意識で振る Drill 2足踏み素振り バックスウィングで右足に体重を乗せたら、トップに入る前に左に踏み出す感じで振る。何度も繰り返せるようにする 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より こちらもチェック!
  • 男女ともに日本選手の活躍もあり、大いに盛り上がった東京五輪ゴルフ競技。しかしパラリンピックでは、ゴルフ競技は開催されなかった。パラリンピックでの正式種目採用を目指す動きについて調査した。 THANKS/白鳳CC PHOTO/Yasuo Masuda (左から)小須田潤太さん(30)東京五輪で走り幅跳び・100m走「義足TT63」出場。スノーボードで北京五輪出場も目指す。ゴルフ歴3年。平均96、ベスト88。「ゴルフも集中力が大事。スコアが数字で出るのが面白く、HCがあるので勝負ができます」吉田隼人さん(38)世界障害者ゴルフランク(WR4GD)36位。よみうりGCで働きながら、PGAティーチングプロB級の実技と筆記を突破、現在講習期間中。「ゴルフがあるから今、自分は頑張れます。健常者と障害者が同じ条件で競えるスポーツなのもいいですね」山本篤さん(39)義足の陸上選手の第一人者。走り幅跳び「義足T63」。北京・リオの銀メダリスト。ゴルフ歴6年。平均93、ベスト84。「過去の自分に立ち向かえることが共通する。幅跳びは6回飛べるしゴルフは18ホールある。途中で投げ出さない気持ちが肝心です」又吉康十さん(27)走り幅跳び「義足T64」の日本記録保持者。パリ五輪出場を目指す。ラウンド10回。平均120、ベスト113。「やればやるほど難しいところが面白い。思い描いたとおりのショットができたら気持ちいいのは、幅跳びと共通します」 ゴルフ競技にもパラリンピックの正式種目を目指す動きはある。ゴルフは老若男女が生涯楽しめるスポーツ。パラリンピックが伝える「共生社会」の実現にはもってこいだろう。そんななか、陸上競技のパラリンピアンたちがコースに出現。根っからのアスリートたち。250Y超えショット、1打への集中力など、随所で本領発揮、プレーファストで楽しそうにラウンドしていた。そんな彼らと一緒に回っていたのが、義足のゴルファー初のPGAティーチングプロを目指す吉田隼人さんは、「皆、体幹がしっかりしている。陸上競技と基本的な動きは共通点があります。だから独学でも上手いんです。陸上は年齢的な限界があるけれど、ゴルフはお爺ちゃんになってもできるスポーツ。ゴルフがパラ競技になれば、皆さん出たいそうです」吉田さん自身も、もちろんパラリンピアンを目指したいという。「東京大会で山本篤さんが走り幅跳びで自己記録を更新。それを見てすごくアツくなりました。篤さんは僕の1歳上ですが、アスリートにとって自分の記録を超えるというのは大事だしすごく大変なこと。それをあの大舞台でやってのけた。僕もベストスコアを更新するなど、限界はないという気持ちで取り組みたいと強く思いました」 飛ばし屋ぞろいのパラリンピアンたち。「皆、体幹がしっかりしているので回転スピードが出る。重心の意識がしっかりある。だから、まだ経験は浅いのに上手いんです」(吉田) ロス五輪での正式種目入りを目指す 2019年1月からUSGAとR&Aが世界障害者ゴルフランキングを設定した。パラリンピックの正式種目になるには、世界ランキングがあることと世界選手権が恒常的に行われていることが絶対条件だ。活動25年周年を迎え、障害者ゴルフを牽引する日本障害者ゴルフ協会の松田治子代表理事は語る。「IGF(国際ゴルフ連盟)にある障害者ゴルフの組織が中心となり、2028年のロサンゼルス五輪での正式種目入りを目指す動きはありますが、コロナ禍で活動が止まっているのが現状です。クラス分けの問題などもあります。しかし、来年世界選手権が始まる予定もあり、我々も協力していきたい。今年8月、小山田雅人選手が欧州ツアーに招かれ、プロと同じセッティングのなかで試合に出場しました。こういった積み重ねだと思います」国内では10月に日本障害者オープン(北海道GCライオンC)も開催される。チェックしてみてはいかがだろうか。 欧州ツアーに招待され2試合に出場した小山田雅人さんは義手のプロゴルファーだ(提供/日本障害者ゴルフ協会) 週刊ゴルフダイジェスト2021年9月28日号より こちらもチェック!