Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【ゴルフ初物語】Vol.81 かつて多摩川の河川敷に本格的な18ホールのゴルフ場があった

【ゴルフ初物語】Vol.81 かつて多摩川の河川敷に本格的な18ホールのゴルフ場があった

東京と埼玉の境を流れる荒川沿いには河川敷コースが多いが、神奈川との境を流れる多摩川の河川敷にも、かつて18ホールのコースがあった。

ゴルフの大衆化に貢献

歌川広重の「東海道五十三次」に描かれている「川崎 六郷渡舟」でも知られる六郷の渡し。多摩川にかかる現在の六郷橋のあたりだが、その東京側に1932年、六郷ゴルフコースが開場した。日本初の河川敷コースである岡山の吉備ゴルフクラブに遅れることわずか2年。吉備GCは当時まだ6ホールだったが、六郷GCは18ホール・6325ヤード・パー71の本格的なコースだった。広重の浮世絵にも純白の富士山が描かれているが、戦前の広告でも「富士の秀峰を遠望する風光」と謳われていた。

都心からわずか30分という立地に加え、平日1円、日祭2円50銭というグリーンフィー。これは同じ年の程ヶ谷CCや藤澤CCのビジターフィー平日3円、日祭7円や、移転した東京ゴルフ倶楽部駒沢コースの跡地でパブリックとして営業していた駒沢GCの平日2円、日祭3円50銭と比べても安く、ゴルフの大衆化の先駆けだった。だが河川敷という立地上、何度か多摩川の洪水の影響を受け9ホールが消失。18ホールに復元する計画もあったが、42年に総合運動場となってしまった。

戦後の58年に、都から河川敷の占有許可を受けた大田区が18ホールの六郷ゴルフ倶楽部を開場させる。前年のカナダカップでの勝利により日本が第一次ゴルフブームに沸き返っていた頃で、多くのゴルファーでにぎわった。しかし、64年の東京オリンピックを契機として、国民の体位向上に関心が集まり、折から河川法も改正される。コースは再び一般大衆への開放の対象となり、大田区多摩川緑地運動場として整備され、ゴルフ場は姿を消した。現在の六郷橋周辺の河川敷は野球場や庭球場、サッカー場が整備され、ゴルフ練習場「六郷ゴルフ倶楽部」にわずかにその面影を残している。

1964年6月8日、9日にはチャンピオンズトーナメントが開催され、多くのギャラリーがプロのプレーをひと目見ようと来場した。試合は陳清波が中村寅吉、石井哲雄に3打差をつけ優勝した

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月5日号より

こちらもチェック!

  • プレー代がリーズナブルで、近くて気軽に行けると人気の河川敷コース。その国内第一号は100年近く前、岡山県を流れる高梁川の河口近くに3ホールで誕生した。 中四国地方初のゴルフ場 岡山県の西部を流れ、倉敷市で水島灘へ注ぐ高梁川。昭和3年、この河口近くに長さ約600メートルの鋼橋がかけられた。7つの曲弦トラスが連なる「霞橋」だ。今でも「旧霞橋」の名で歩行者・二輪車の専用橋として利用されているこの橋のたもとに、昭和5年に3ホールで開場したのが「吉備ゴルフクラブ」。中四国地方で初、全国でも12番目のゴルフ場だった。コースを造ったのは倉敷の豪商、7代目大橋平右衛門。岡山で初めて自動車免許をとったと言われるほど新しいもの好きで、自動車だけでなく写真、映画などとともに、ゴルフにも熱中。高梁川の河口付近から干拓地に向かってボールを打って練習していたが、霞橋下の河川敷に目をつけ、約3万坪を県から借り受け、昭和5年4月1日にオープンした。1年後には6ホールにコースを広げ、昭和9年には9ホールとなり、「岡山ゴルフ倶楽部」に改称した。太平洋戦争で閉鎖となるが、三菱重工が買収して「錬成道場」に。錬成道場とは、戦時中の国民の士気高揚を目的とする施設の総称で、企業や団体の運動場もこのように呼ばれ麦や野菜を生産。戦後すぐの昭和21年にコースは再開されたが、それは三菱重工が「錬成道場」という名目でコースを守ったためだとも言われている。しばらくすると会員が増えすぎ9ホールでは足りなくなったため、昭和28年に倉敷市街地を望む丘陵地に9ホールの帯江コースを新設。これを「岡山ゴルフ倶楽部」として独立させ、元々あった9ホールは「岡山霞橋ゴルフ倶楽部」と改称し、これが現在まで続いている。ビジターで平日6100円、土日祝7150円、ハーフで3550円と、歴史あるコースながら多くのゴルファーに愛され続けている。 昭和5年の開場当時のクラブハウスは木造の3階建て。3階のテラスには椅子が並べられていた 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月22日号より 「ゴルフ初物語」バックナンバー