Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【キミこそ王子だ】Vol.254 中学3年間はバレー部。高3で中国女子アマを制した逸材

【キミこそ王子だ】Vol.254 中学3年間はバレー部。高3で中国女子アマを制した逸材

雑巾王子こと武市悦宏プロが、全国の有望なジュニアゴルファーのもとを訪れ、大人ゴルファーにも役に立つゴルフのヒントを探る当連載。今回の王女候補は、京都府出身、岡山県作陽高校3年の佐々木史奈さんだ。「中国女子アマチュア」を制した注目選手だが、武市に会うのは初めてではないという。いっいどんなつながりが?

今回の王女候補
佐々木 史奈さん

●主な戦歴/2021 中国女子アマ選手権 優勝 ●ベストスコア/66(ダンロップGC) ●練習/毎日5時間30分、500球くらい ●トレーニング/自転車1時間


5月に行われた「中国女子アマチュア選手権」の優勝者、佐々木史奈さんは、渋野日向子の母校、岡山県作陽高校3年生。ゴルフを始めたのは小学4年で当時から上手く、アンダーパーで回ったこともあったという。当然、両親も周囲も将来を期待していた。

しかし、中学ではバレーボール部に所属。ゴルフとは距離を置いた。再びゴルフを真剣にやり出したのは、高校に入ってからだ。

「どうして、いったんゴルフから離れたの?」

「バレーも小学校からやっていて好きだったんです。やるなら、真剣にやりたいので、ゴルフとの両立は厳しいかなと思って」

「でも、またゴルフをやろうと思ったのはなんで?」

「中3の夏にバレー部を引退した後、ゴルフの試合に出たんです。そしたら、やっぱり楽しいなと思って(笑)」

「え! 3年間のブランクがあって、よく試合に出られたね。変な意味じゃなくて」

「実は、全くクラブを握らなかったわけではないんです。小学校からのゴルフ友達が、『史奈がやめちゃうのはもったいない』って言ってくれてて。中学のとき、たまに練習やラウンドに誘ってもらっていたんです」

「あ~、なるほどね。ってその話、どっかで聞いたことあるなぁ。もしかして……」

「その友達は、川崎春花ちゃんといって、3年前(当時・中3)に、武市プロに取材を受けています。で、そのとき近くにいた私のことを、春花ちゃんが『いまは競技から遠ざかっているけど、一緒に練習する友達です』って紹介してくれました。だから、今日、武市プロにお会いするのは実は2度目なんです(笑)」

「あのときの!」

二人は、現在、京都と岡山で離れて暮らしているが、交友は続いていて、家族ぐるみでとても仲がいいそう。

少々、前置きが長くなったが、肝心な史奈ちゃんのスウィングはというと、「ポテンシャルがハンパない!」と武市。

「まず、史奈ちゃんは身体能力が高い! それを味方につけ、背筋の力を上手く使って飛ばしていくタイプ。背筋って間違った使い方をすると、前傾角度が崩れてしまうんだけど、彼女は体幹が強いから、前傾角度が微動だにしない。そして、スウィング中、終始、パワーが内側に向かっていて、体が全く開かない。この力を逃がさない能力が優れていると思う。飛距離は十分に出るので、あとは細かい技術を身につけたら、もっともっと強くなると思うよ。高校卒業後はどんな予定?」

「まだまだ実力不足なので、大学で経験を積みたいと思います」

「それもいいよね。ボク的には中学でバレーをやったのは、決して回り道ではないと思う。体力も筋力もつけられたし、きっと息の長い選手になるんじゃないかな」

「ありがとうございます」

「春花ちゃんとの二人の思い出に加われたのがうれしいよ」

よきライバルとして、ともに活躍するのを楽しみにしたい。

週刊ゴルフダイジェスト2021年8月3日号より