Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • 週刊GD
  • 【らくトレ】Vol.75 「体が回りづらい」を解消! お出かけ前のカンタン股関節ほぐしメニュー

【らくトレ】Vol.75 「体が回りづらい」を解消! お出かけ前のカンタン股関節ほぐしメニュー

TEXT/Tomohide Yasui PHOTO/Atsushi Tomura
MODEL/Mirai Takeuchi(GOLULU)

渋野日向子の専属トレーナー・斎藤大介氏がゴルファーにおすすめのトレーニング&ストレッチメニューを紹介する「らくトレ・ゆるスト」。今回は、股関節の可動域を広げるメニューを教えてもらった。

前回のメニューはこちら

メニューNo.75

ペットボトル&バットまたぎで
股関節の可動域アップ


スムーズなスウィングを身につけるには、技術向上の前に体の柔軟性を高める必要があります。とくに股関節は年齢を重ねるごとに硬くなりやすいものです。しっかりほぐさないと正しい前傾姿勢を作ることができず、体の回転がぎこちなくなってしまいます。今回は股関節の可動域を広げるエクササイズを2種類紹介します。

エクササイズ1はひざ立ちの姿勢でペットボトルをまたぎ、エクササイズ2は直立した姿勢で野球のバットをまたぎます。どちらも股関節が硬いと体のバランスが崩れます。最初は、またぐことを優先してもらって構いませんが、多くの方は体を横に逃がすか後ろに倒す動きが出てきてしまうと思います。その動きを極力抑えることが、柔軟性アップにつながりますので、体の中心を動かさずに股関節だけを動かせるよう、繰り返しトライしてみてください。

Exercise 1
ひざ立ち姿勢からペットボトルをまたぐ

体の真横に2ℓのペットボトルを置き、ひざ立ちの姿勢で両腕を広げます。そして陸上のハードル競技のように片足を後ろから前に動かしてボトルをまたぎます。またぎ終わったら、今度は前から後ろに動かして元の位置に戻します。これを交互に繰り返します

Exercise 2
立位姿勢から野球のバットをまたぐ

今度は直立の姿勢で野球のバットをまたぎます。動きはエクササイズ1と同じで、片足を後ろから前に動かしてバットをまたぎます。またぎ終わったら、今度は前から後ろに動かして元の位置に戻します。バットがない場合、イスの背もたれなど、腰骨よりも少し低いものでも代用できます

ひざで円を描くようにして、バットを倒さないようにまたぐ。背中が丸まらないように注意しよう

ここに効く!
股関節の可動域を広げるのが最大の目的です。股関節が硬い人は、体が少し横に傾いてしまうかもしれませんが、その動きをできるだけ抑えることで柔軟性が高まっていきます

どのくらいやるの?
エクササイズ1も2も、後ろから前に動かして、前から後ろに戻すのを10往復で1セット。朝のウォーミングアップとして1日1セット行えればOKです

こんな人に!
股関節から折り曲げることができないと体がスムーズに回転せず、傾斜地でバランスを取るのも難しくなります。これらの弱点を解消することができます

どんな効果が?
股関節から体を折り曲げると正しい前傾姿勢が作れます。ショットの安定感が増し、回転力がアップするので飛距離も伸びます

解説/斎藤大介

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。16年より米女子ツアー選手のトレーナーを務め、20年から渋野日向子の専属トレーナーとして活動中。インスタ(golf_fit_japan)でも情報発信中

週刊ゴルフダイジェスト2021年8月24・31日合併号より