Myゴルフダイジェスト 2021年 春
本格オープン

オーガスタにパトロンが帰ってくる! マスターズ“有観客”開催へ

週刊ゴルフダイジェスト
2021.01.30

明確な人数は明らかになっていないが、4月のマスターズは、観客(パトロン)を入れての開催となるようだ。

オーガスタナショナルのフレッド・リドレイ会長は「昨年11月のマスターズではスタッフだけとはいえ、うまく試合を運営することができました。その経験から、限られた人数だけとはなりますが、パトロンを責任持って招待できる自信を得ました」と、有観客での開催を発表。

ただし「試合に関わるすべての人の健康より重要なものはありません。ですから(11月のマスターズも)すべての参加者の健康と安全を守るというポリシーで運営しましたし、(4月も)運営することになります。今年のマスターズでは、パトロンのフルの定員を入れることができないことに失望はしていますが、チケットを購入したすべての人が、来年2022年の観戦ができるように努力し続けます」とし、パトロンは2021年大会では数を限ること、しかし、チケットは来年の大会で使えるようにすることを明らかにした。

マスターズは4大メジャーのなかでは、唯一アメリカでのテレビ放映権料に頼らずに開催している試合だ。放送枠をテレビ局から買い取り、その金額を3社のスポンサーに割り当てているのだ。4大メジャーではもっとも視聴率が高いので、それだけで100億円近くも損をしているなどと言われることもあるが、それを補っているのがパトロンたち。入場料収入に加えて、マスターズのロゴ入りのグッズの売り上げなどの収入がバカにならないのだ。

一方、新型コロナウイルスの感染者が1日20万人を超え、死者数も1日3000人強、累計40万人に達しようとしているアメリカでは、一向にコロナの収束の気配が見えない。それでも2年連続の無観客開催となってしまっては、さすがのマスターズ委員会も苦しいはず。なにより、ゴルフとコースをよく知るパトロンたちが醸し出すオーラや歓声が、マスターズをマスターズたらしめている。4月までにはワクチンの効果が期待できるのかもしれないが、マスターズ委員会が有観客に舵を切った理由にはそれもあるだろう。

今年はパトロンの姿も見ることができる!?(写真は2019年マスターズ。PHOTO/Tadashi Anezaki)

週刊ゴルフダイジェスト2021年2月9日号より