Myゴルフダイジェスト

「女性メンバーの入会は形だけ」イギリスの超名門コースのドレスコードに女性記者が怒り心頭

8月4日から開催される「AIG全英女子オープン」の会場となるミュアフィールドのドレスコードが、ちょっとした話題となっている。

発端は、メディアデーに招待されたゴルフ専門誌記者のハンナ・ホールデンさんのツイート。ディナーや表彰式の際、「男性はジャケットとネクタイ着用、女性はジャケット、あるいは長袖のドレス」としてあったことに対し、「男性ならジャケットとタイは普通に持っているけれど、女性は長袖のドレスなんか普通には持っていない。この時世、クラブハウスでディナーをとるのに、腕と肩を隠さなければならないなんてナンセンス」と批判。

さらに「全英女子オープンの開催コースでは、明らかに女性に制限を加えている。ただ女性メンバーを入れただけで試合の開催が許されるなんておかしい。ほかにも開催したいコースはいくらでもあるはず」と怒りのツイートを投下した。

もともとミュアフィールドは男性だけのクラブだったが、これが批判の的となり、R&Aは同コースを全英オープン開催のローテーションから除外。これを受け17年、ついに273年続いた“女人禁制”を撤回し、ローテーションに復帰したという経緯がある。これに対しホールデンさんは、「女性メンバーの入会は形だけ。それなのに全英に復活したのはおかしい」と批判したのだ。

もちろん、プライベートクラブがどのような服装規定を作ろうと自由だし、同クラブでは「男女のメンバーの意見を聞いてドレスコードを決めている」としている。しかし、ホールデンさんは、「こうした女性を歓迎しない雰囲気が、どれだけ多くの女性をゴルフから遠ざけているのだろう?」と疑問を投げかけているというわけだ。

コロナ下で女性ゴルファーが急速に増えているイギリス。これまであまり注目されていなかった問題だけに、論議は尽きそうもない。

週刊ゴルフダイジェスト2022年6月14日号より

こちらもチェック!

  • EV(電気自転車)がなかなか普及しない理由の一つに、充電スポットの問題がある。車が欠かせないゴルファーにとっても、長距離の運転にあたっては充電場所が一番のネックになる。そんな問題を解決すべく、イギリスでゴルフ場を中心とした充電スポットの拡充に向けた動きが加速している。 イギリス・チェシャー州に本社を構える「ゴルフマネジメントグループ」(GMG)が、ソーラーパネルや充電スポットの設置で英国の業界をリードする「プロジェクト・ベター・エネルギー社」とパートナーシップを結ぶことが発表された。年間500万ポンド(800億円超)の資金力を持つと言われるGMGは、イギリスで500コースを超えるゴルフ場を対象とした、さまざまな商品の共同購入を行う企業。ここ10年ほどで急速に成長しているという。「2021年の1月に、英国各地のゴルフクラブでEVスポットを設置するための調査を行ったが、1年半以内にメンバーやビジターのための充電スポットを設置したいと回答したクラブが87%もありました。私たちは日頃から多くの調査をし、信頼度が高く、しかも購入しやすい金額で提供してくれる会社を探してプロジェクト・ベター・エネルギー社とパートナーシップを結ぶことを決めました。これにより、今後このプロジェクトは加速するはずです」と語るのは、GMGのディレクターのスコット・パーティントン氏。充電スポットの導入はゴルフコースだけにとどまらず、クラブメンバーの自宅への充電器の設置も含まれるといい、1台の充電器設置につき、50ポンドがジュニアゴルフのために寄付されるというのだから、ゴルフ界にとっても、個々のクラブやそのメンバーに対しても、ウィンウィンの状況を作り出している。さらに充電スポットにとどまらず、ゴルファーが乗る車のEV化にも貢献しそうなうえ、クラブハウスのソーラーパネルや省エネ化も進むのでは、と周囲からは期待の声が上がっている。温暖化によりコースメンテナンスも年々厳しくなる昨今、さらにガソリン価格の高騰や二酸化炭素の削減が叫ばれる最中にあってピッタリ。イギリスのクリーンエネルギーのフロントランナーは、ゴルフ界になるかも。 日本でも同様の取り組みに期待!(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年6月7日号より
  • イギリス南西部のウェールズに、間もなく前代未聞のゴルフ場が完成するという。 完成するのは、18ホールを有する“地下ゴルフコース”。最深部は地下約150m、移動にはケーブルトロッコが利用され、全4層に分かれるコースに到着するという。現在、明らかにされているのは第1層のパターコースだけで、残りの3層は未公開。大方の予想では、パターコースになるのでは? と目されるが、もしショットできるとしたら、「曲げても壁に当たってOBなし」なんて夢のコースになるかも……。このコースは、もとは採石場跡。50年ほど前からトロッコを使った洞窟ツアーを行い、ウェールズの観光名所ともなっていた。その後さまざまなアトラクションが追加され、好評を博したが、これを大幅に改修してゴルフコースを作ったというわけ。エンターテインメント性も高く、コースを回っていると、採石場の歴史を感じさせる情報とともに採掘音が聞こえてきたり、ホールアウトするとダイナマイトの発破音が鳴る演出がされるそう。今後イギリスにゴルフ旅行を計画するのなら、リンクスはもちろんだが、“地下ゴルフ”を予定に加えてみるのも悪くない? 雨の多いイギリスでも“地下”なら関係ない? 週刊ゴルフダイジェスト2022年5月10・17日合併号より こちらもチェック!
  • 『ジェンダーフリー』が叫ばれる昨今、イギリスでは、女性専用のティーイングエリア、いわゆる「レディースティー」という概念が疑問視され始めている。 現在はまだ30コース前後という話だが、イギリスではレディスティーをなくす動きが出てきており、これが2022年のトレンドになる可能性を秘めているとか。たとえば、ロンドンの北30kmに位置する「ザ・ハートフォードシャーG&CC」では、伝統的なレディスティーよりもさらに短いティーを含めて、5つのティーイングエリアを用意し、性別に関係なく飛距離や技量に応じて、どのティーも選ぶことができるようにしている。「気楽にゴルフが楽しめることがすべてなんだ。ゴルフをする人々を増やすためにもなる。ビギナーもそこそこ良いスコアを出して楽しみ、それから徐々に距離の長いティーに挑戦してゆけばよいのではないだろうか」とは、同クラブのポール・カニングハムゴルフディレクター。たしかに初心者がいきなりレギュラーティーでプレーするには負担が大きいし、ボギーやダボ、トリプルボギーが続けば、せっかく始めたゴルフもやめたくなるかもしれない。ケンブリッジ近郊の「シェリンガムGC」も同様のジェンダーフリーティーを設定し、「素晴らしい成功を収めている。特にシニアや女性が、より短いコースでプレーできる機会を得て、スコアも出ると喜んでいる」と同コース支配人。なかにはティーによってコースレートを明確にし、試合(ハンディキャップ戦)もできるようにしているところもあるとか。コロナ禍以降ゴルフ人口が急増しているイギリスで、初心者やプレーを諦めていたシニアなどを取り込むためにも、自由に選べるティーは大きなトレンドになりそうだ。 性別によってではなく、シンプルに技量や飛距離に応じてティーが選べるようになれば、ビギナーもより始めやすくなるだろう(PHOTO/Tadashi Anezaki) 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より こちらもチェック!