Myゴルフダイジェスト

「リハビリの準備を進めている」血栓の手術を受けたネリー・コルダが経過報告

血栓の診断を受け療養中のネリー・コルダが自身のSNSで病状の経過報告を行った。

東京五輪で金メダルに輝いたネリー・コルダ(PHOTO/KJR)

左腕をギプスのような包帯で固め、病室のベッドでメガネをかけ微笑む姿を投稿したネリー。背景には医療機器が並び、本人の笑顔も弱々しく、普段試合で見せる溌剌とした姿からかけ離れた光景が痛々しい。

写真には「最近、鎖骨下静脈の血栓の手術を受けました。経過は良好で、医師も手術の結果に満足しています。今は自宅療養中でリハビリに向けた準備を進めているところ」とコメントが添えられていた。

年初まで世界ランク1位だったネリーは、今年に入ってから不運が続いた。

「22年のはじまりは、私が思い描いていたようなものではありませんでした。1月の2週目にコロナに感染していたことがわかり、開幕に向けた準備が十分にできませんでした」。そして血栓が追い打ちをかけた。

フロリダで行われた3試合には出場したが、4位、15位、20位と優勝争いには絡めずコ・ジンヨンにナンバー1の座を譲り渡した。

昨年はツアー4勝を挙げ、東京オリンピックで金メダル。女子世界ランキング1位も獲得するなど人生の春を謳歌したネリー。姉ジェシカが結婚し、弟のセバスチャンもテニスで世界ランク30位台に浮上。コルダ家にはおめでたいニュースがあふれ、まさか22年が試練の年になるとは想像もできなかったはずだ。

彼女が治療に専念している間、メジャー初戦のシェブロン選手権で姉ジェシカが奮起。優勝したJ・クプチョに2打差の2位とメジャーでのキャリアベストをマークした。

父はテニスの元世界ナンバー2、母はテニスでオリンピック出場。トップアスリートのDNAを受け継ぐ3姉弟は全員が世界ランカーと最強ファミリー。コルダ家に笑顔が戻る日が一刻も早く来ることを願いたい。

週刊ゴルフダイジェスト2022年4月26日号より

こちらもチェック!

  • リッツカールトンGCで行われた、親子のチーム対抗戦「PNC選手権」。20組のメジャーチャンピオンが集結したなかで、ジャスティン・トーマスとネリー・コルダ親子のスウィングをプロコーチの横田英治に解説してもらった。PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe 解説/横田英治 プロアマ問わずわかりやすいレッスンが人気で、教えてきた人数は何万人にもおよぶ。横田自身が主宰し、ゴルファーが集う総合サロン「クラブハウス」を来春オープン予定 ジャスティン・トーマスと父・マイク 前回2020年のPNC選手権を制した親子。父マイクは、全米ゴルフ協会に属するティーチングプロであり、ジャスティンのコーチ。マイクの父もまたPGAのティーチングプロであり、かつて全米オープンなどにも出場。ジャスティン・トーマスはそんなゴルフ一家に生まれ育ち、ゴルフの才能を受け継いでいる ジャスティン・トーマス(28) 「J・トーマスは一流のプレーヤーですからスウィングは完璧です。最大の特徴はインパクトからフォローにかけてジャンプするような足使いです。この動きがあるからこそ、遠心力を最大限利用できるんです。いわゆる地面反力ですね。前傾角もまったく崩れないため、ショットの精度も高いはずです」(横田プロ・以下同) マイク・トーマス(62) 「スウィングの形だけを見ると共通点がないように見えますが、インパクトからフォローにかけた遠心力の使い方はよく似ています。飛ばすポイントを押さえているので飛距離も出ているはず。名コーチだからといって名プレーヤーなわけでもありませんから。正直に言うとトーマスの父はもう少し上手だと思っていました」 ネリー・コルダと父・ペトル 姉ジェシカもプロゴルファー、弟のセバスチャンはプロテニスプレーヤー。「歩き始めてすぐ水泳などを習わせました。幼少期にはアイススケート、テコンドー、テニス、スキー。何よりも大切なことはスポーツと生活のバランスをとって楽しい子ども時代を過ごすことです」という父ペトルも、全豪OPを制した元テニスプレーヤー。母もテニス選手という超アスリート一家だ ネリー・コルダ(23) 「ネリーはスウィングのリズムがいいし、体の動きもしなやかです。アスリート一家ですからフィジカルも強いし、身長の高さは大きな武器になります。今どきのシャットフェースだからボールも曲がらない。東京五輪で金メダルを取っているし、賞金ランクも2位、この強さはまだまだ当分続くでしょう」 ペトル・コルダ(53) 「いいスウィングかと言われると難しいですが、フェース面の使い方は抜群。テニスプレーヤーだったことがよくわかります。手の甲とフェース面が完全にリンクしているのでボールも曲がらないはずです。競技は違いますが、テニスの動きをゴルフに生かせています。ネリーのシャットフェースに近い感じです」 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • PHOTO/Hiroyuki Okazawa、Tadashi Anezaki、Blue Sky Photos、Takahiro Masuda 6648Y・パー71で行われる東京五輪女子ゴルフ。海外メジャー並みのタフなセッティングだが、そんな長い距離をものともしない、世界の飛ばし屋5人のスウィングをクローズアップ。米女子ツアーに詳しいレックス倉本に解説してもらった https://my-golfdigest.jp/tournament/p32443/ ビアンカ・パグダンガナン(23) 平均飛距離 285.0Y世界ランク178位 162cm フィリピン 昨年プロデビューし、シーズン飛距離1位を獲得。プロデビュー戦となった20年全米女子プロでは9位タイに入り、潜在能力の高さを証明している ドラコン選手並みの深い捻転「超ストロンググリップでバックスウィング時に頭を低くして『これでもか!』というくらい体を捻転させています。飛距離に特化したスウィングといえます」(レックス倉本・以下同) >>パグダンガナンの1Wスウィング ブルック・ヘンダーソン(23) 平均飛距離 275.2Y世界ランク8位 162cm カナダ 14年に軽井沢で行われた世界女子アマで個人優勝。米ツアー通算10勝は男女通じてカナダ勢最多。ルールギリギリの48インチの長尺ドライバーを使いこなす オーバースウィングも軸ブレゼロ「超オーバースウィングですが、トップで沈み込みながら、切り返しで強烈なタメを作ることでシャットフェースになり、飛んで、かつ曲がらない」 >>ブルック・ヘンダーソンの1Wスウィング パティ・タバタナキット(21) 平均飛距離 274.7Y世界ランク13位 162cm タイ 大学2年時にプロ転向し、今季ブレーク。ANAインスピレーションでは初日から首位を守る完全優勝で、初勝利。米女子ツアーで現在賞金ランク4位 高い位置から振り下ろす「ボールの真上に頭を置き、バックスウィングで肩を縦に回転させることで、手を高い位置に振り上げている。大きなスウィングアークが特徴」 >>タバタナキットの1Wスウィング ネリー・コルダ(23) 平均飛距離 273.8Y世界ランク1位 177cm アメリカ 今年の全米女子プロに勝ち、世界ランク1位に。今年は13試合出場中トップ10入り8回、うち優勝3回と圧倒的な強さを誇っている 飛ぶだけでなく再現性も高い「長身と長い手足を生かしたオーソドックスなスウィング。再現性が高く大崩れしない。(五輪に出場する)姉ジェシカも妹とそっくりなスウィング」 >>ネリー・コルダの1Wスウィング 笹生優花(20) 平均飛距離 262Y世界ランク9位 166cm フィリピン 日本女子ツアーでは平均飛距離トップ。日本国籍も持つが、今回は母親の母国であるフィリピン代表として出場。2カ国の期待を背負って金メダルを目指す 理想的な高弾道・低スピンで飛ばす「シャットフェースでロフトを立てながら、インパクト直前までグリップが股関節より低い位置をキープして、ロースピンと高打ち出しを実現している」 >>笹生優花の1Wスウィング 週刊ゴルフダイジェスト2021年8月17日号より こちらもチェック!
  • KPMG全米女子プロ選手権でメジャー初優勝を果たしたネリー・コルダ(22)がアメリカ人史上3人目の世界ランク1位に浮上した。 今季3勝、ツアー通算6勝目。「メジャーチャンピオンになることを14歳の時から目指してきて、そのために血のにじむような努力を続けてきました。素晴らしいギャラリーの目の前で努力が報われて本当に信じられない気持ち」と声を弾ませたコルダ。この優勝で、アメリカ勢としてステイシー・ルイス以来7年ぶりの世界ランクナンバーワンの座に。このところ続いてきた韓国&アジア勢の牙城を崩し、前週まで100週間1位を守ったコ・ジンヨンからトップの座を奪い取った。ちなみにもうひとりの米国勢の世界ランク1位はクリスティ・カーで、2010年に3週間1位だった。「世界一はずっとゴールでした。それが実現するなんて夢みたい。歴代ナンバーワンは素晴らしい選手ばかり。リストに加わることができて光栄です」今季のコルダは平均スコア(68.857)、賞金ランク、プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(最優秀選手)、トップ10入り回数、バーディ数、イーグル数などツアーの主要部門で1位を独占しており目下女子プロ界最強といって過言ではない。さらにコルダ家には朗報が。姉ジェシカとともに姉妹での東京五輪出場が確定したのだ。ジェシカは現在オリンピックランク米国4番手だがランキング15位以内なら原則1国2枠の出場枠が4枠に拡大されるため姉妹出場が決まった。しかも弟のセバスチャンにもテニスでの出場のチャンスがある。現時点では米国勢5番手(シングルス出場枠は4)だが上位2人が辞退する見込みで、もしも3人が揃って出場すれば異なる競技でオリンピックに出場する米国人初の姉弟となる。父ペトルは98年、テニスの全豪オープンで優勝し世界ランク2位までいった元選手。母親も88年、チェコ代表としてソウル五輪にテニス選手として出場しており、家族全員オリンピアンになる日は近い。まさにコルダ家最強伝説健在だ。 姉妹で五輪。弟も……ってすごすぎる!(写真: AP/アフロ) 週刊ゴルフダイジェスト2021年7月20日号より