Myゴルフダイジェスト

  • ホーム
  • プロ・トーナメント
  • トッププロの親子はスウィングも似ている? ジャスティン・トーマスとネリー・コルダ親子のスウィングを比べてみた

トッププロの親子はスウィングも似ている? ジャスティン・トーマスとネリー・コルダ親子のスウィングを比べてみた

リッツカールトンGCで行われた、親子のチーム対抗戦「PNC選手権」。20組のメジャーチャンピオンが集結したなかで、ジャスティン・トーマスとネリー・コルダ親子のスウィングをプロコーチの横田英治に解説してもらった。

PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe

解説/横田英治

プロアマ問わずわかりやすいレッスンが人気で、教えてきた人数は何万人にもおよぶ。横田自身が主宰し、ゴルファーが集う総合サロン「クラブハウス」を来春オープン予定

ジャスティン・トーマスと父・マイク

前回2020年のPNC選手権を制した親子。父マイクは、全米ゴルフ協会に属するティーチングプロであり、ジャスティンのコーチ。マイクの父もまたPGAのティーチングプロであり、かつて全米オープンなどにも出場。ジャスティン・トーマスはそんなゴルフ一家に生まれ育ち、ゴルフの才能を受け継いでいる

ジャスティン・トーマス(28)

「J・トーマスは一流のプレーヤーですからスウィングは完璧です。最大の特徴はインパクトからフォローにかけてジャンプするような足使いです。この動きがあるからこそ、遠心力を最大限利用できるんです。いわゆる地面反力ですね。前傾角もまったく崩れないため、ショットの精度も高いはずです」(横田プロ・以下同)

マイク・トーマス(62)

「スウィングの形だけを見ると共通点がないように見えますが、インパクトからフォローにかけた遠心力の使い方はよく似ています。飛ばすポイントを押さえているので飛距離も出ているはず。名コーチだからといって名プレーヤーなわけでもありませんから。正直に言うとトーマスの父はもう少し上手だと思っていました」

ネリー・コルダと父・ペトル

姉ジェシカもプロゴルファー、弟のセバスチャンはプロテニスプレーヤー。「歩き始めてすぐ水泳などを習わせました。幼少期にはアイススケート、テコンドー、テニス、スキー。何よりも大切なことはスポーツと生活のバランスをとって楽しい子ども時代を過ごすことです」という父ペトルも、全豪OPを制した元テニスプレーヤー。母もテニス選手という超アスリート一家だ

ネリー・コルダ(23)

「ネリーはスウィングのリズムがいいし、体の動きもしなやかです。アスリート一家ですからフィジカルも強いし、身長の高さは大きな武器になります。今どきのシャットフェースだからボールも曲がらない。東京五輪で金メダルを取っているし、賞金ランクも2位、この強さはまだまだ当分続くでしょう」

ペトル・コルダ(53)

「いいスウィングかと言われると難しいですが、フェース面の使い方は抜群。テニスプレーヤーだったことがよくわかります。手の甲とフェース面が完全にリンクしているのでボールも曲がらないはずです。競技は違いますが、テニスの動きをゴルフに生かせています。ネリーのシャットフェースに近い感じです」

週刊ゴルフダイジェスト2022年1月11・18日合併号より

こちらもチェック!

  • 2021年2月の自動車事故から驚異の回復を見せ、先日の親子チーム戦「PNC選手権」で実戦復帰を果たしたタイガー・ウッズ。その最新クラブセッティングを会場でキャッチした! PHOTO/Yasuhiro JJ Tanabe タイガーのバッグを覗くと、ドライバーのソールには「SIM2」ではなく「STEALTH」の文字。テーラーメイドのウワサのニュードライバーをさっそく使用しているようだ。ソールのヒール側には「PLUS+」と記されている。「SIM2」同様、何種類かあるのだろう。タイガーの使用モデルにはスライド式のウェートが搭載されている。フェース面が赤く見えるのも斬新だ。 1Wのロフトは9度。ソール前寄りにスライド式のウェートが搭載され、タイガーはドロー寄りのポジションで使用。シャフトはディアマナD+ 60のTX ドライバーの下は3Wを2本。「STEALTH」の15度と「SIM」の15度が入っている。「STEALTH」のほうには、ソールのヒール寄りに「US+」という文字。3I~PWは以前と変わらずブレードタイプの「P・7TW」を使用。ウェッジは「ミルドグラインド2 TWグラインド」、56度と60度の2本を入れている。パターはおなじみの「ニューポート2 GSSプロト」。 タイガー・ウッズの最新クラブセッティング PGAツアーへの本格復帰がいつになるのかに注目が集まるが、そのときにどんなクラブセッティングで現れるかも注目だ。 週刊ゴルフダイジェスト1月11・18日合併号より こちらもチェック!
  • ドラコンで女子の日本最長飛距離365Yという記録を持つ女子プロ、高島早百合。飛ばすためには、インパクトでボールを「押す」ことが大事というが、どうすれば「押せる」インパクトが手に入るのか。詳しく聞いてみた。 PHOTO/Hiroaki Arihara TEXT/Kosuke Suzuki THANKS/高根CC 解説/高島早百合1992年京都府出身。ゴルフの名門・東北高校を卒業後、2011年のプロテストに一発合格。現在はドラコンやレッスンを中心に活躍中 ●CONTENTS●>>#1 ドライバーもハンドファースト>>#2 肩・腰・腕は別々の方向に動く>>#3 手首の角度を最後までキープ ボールを真後ろから真っすぐヒットする ドラコンで365Yという驚異的な記録を持つ高島早百合。細身なのにこんなに飛ばせる理由を聞いたところ、「効率のいいインパクトで、ボールを押せているから」だという。「飛ばないと悩んでいるアマチュアはほぼ例外なく、スウィングのエネルギーをボールにうまく伝えられていません。インパクトでフェースが開いたり、ロフトが増えていたり、軌道が悪くてコスっていたり。これではどんなにパワーがあってもスピンが増えたり曲がるだけで飛びませんよ」(高島)飛ばすために大事なのは、少しロフトが立った状態で、スクエアフェース、ボールに真後ろからエネルギーをぶつけられるインパクト。ポイントは手首の角度にあるという。「左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた形が必須。『ボールを押せる』効率のいいインパクトは、ドライバーもハンドファーストです!」 “押せる”インパクトのポイント1ロフトが立ってフェースはスクエア クラブの運動エネルギーを効率よくボールに伝えるためには、スクエアフェースで、少しロフトが立った状態で当てることが大事 “押せる”インパクトのポイント2左手は掌屈、右手は背屈 左手首は手のひら側に、右手首は甲側に折れた状態でインパクトすることで、ロフトが立ち、右手のひらでボールを押すような感覚が生じる ボールを“押せない”3大あるある 最長365Y! ドラコンクイーンの1Wスウィング 「押せるインパクト」もう2つのポイントとは?>>#2「肩・腰・腕は別々の方向に動く」>>#3「手首の角度を最後までキープ」 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月4日号より 高島早百合の飛びの秘密をさらに詳しく知りたい方はこちら 『ドラコンクイーンが365ヤード飛ばすためにやってきたこと』 こちらもチェック!
  • 週刊ゴルフダイジェストの年末恒例企画「ベストスウィンガー」。今回は読者投票とは別に、トップ選手を指導する2人のプロコーチにも、今年最も優れたスウィングの持ち主を挙げてもらった。 TEXT/Kenji Oba PHOTO/Tadashi Anezaki、Hiroyuki Okazawa、Shinji Osawa、Hiroshi Yatabe >>読者が選んだベストスウィンガー・男子部門 >>読者が選んだベストスウィンガー・女子部門 「体を上手に使ったスウィングはアマチュアにこそマネしてほしい」 辻村明志 日大ゴルフ部出身。プロ転向後アジアンツアーを転戦。現在、上田桃子をはじめ、小祝さくら、吉田優利、松森彩夏、山村彩恵、新人プロの阿部未悠などを指導する 今回は「アマチュアでもマネすることができ、目指すべきスウィング」と、ボクなりにベストスウィングを定義してみました。その観点から最初に思い浮かんだ選手が南アフリカ出身の39歳、ルイ・ウエストハイゼンです。10年の全英オープン覇者ですが、とにかくスウィングがシンプルです。地面をしっかり踏みしめた重心の低さが特徴で、上下動は少なく、体の回転でボールを打つタイプの選手です。クラブの使い方が上手く、エネルギー効率が高いのもアマチュアには参考になりますし、マネしてほしいところです。 >>ルイ・ウエストハイゼンの1Wスウイングはこちら メジャー4勝を含む、日本ツアー16勝のテレサ・ルーも同様の理由でベストスウィンガーに選びました。テレサの秀逸な点は、腕とクラブが体の正面から外れないこと。そしてスウィングにまったく力みがなく、体もクラブも思う存分、しならせられることです。足裏で生まれたエネルギーがクラブヘッドまで効率よく伝わっているイメージです。それが34歳を過ぎても260Yを飛ばせる理由でもあります。飛距離はパワーではなく、“しなり”で生み出すもの。まさに柔よく剛を制すで、60歳、70歳のシニアこそが、目指すべきスウィングだと思います。 >>テレサ・ルーの1Wスウィングはこちら コリン・モリカワは、日本人に似た体型の持ち主。そのためマネしたくなる点が多いように思いますが、注目してほしいのは、ゆっくりとしたテークバックです。アマチュアは手上げになりがちですが、下半身リードでゆっくり上半身を回し、体の捻転で鋭く振り下ろすスウィングはまさにお手本です。優勝した全英オープンの翌週には、東京五輪でメダル争い。異なるコース環境にも瞬時に適応できるのは、ゆっくりとしたテークバックに秘密があるんです。 >>コリン・モリカワの1Wスウィングはこちら スウィングプレーンの美しさで考えると、岡山絵里も抜きん出ています。クラブが上がったときと、振り下ろすときのシャフトプレーンが寸分もなく同じ軌道を描いています。それを可能にしているのが、ブレない軸の太さであり、軸の強さでしょう。なかなかアマチュアがマネするのは難しいですが、彼女の連続写真を見るだけでも効果があると思います。 >>岡山絵里の1Wスウィングはこちら 「現代的なシャローイングこそ飛んで曲がらない」 奥嶋誠昭 ツアープロコーチとして稲見萌寧、高橋彩華、木下稜介を指導する。横浜のノビテックゴルフスタジオでGEARSを使ったアマチュアレッスンも行っている ボク自身が理想とするスウィングで考えてみました。そうすると今どきのモダンなスウィングに目がいきます。米ツアーの選手でいえば、東京五輪で金メダルを獲得したザンダー・シャウフェレです。彼のスウィングは自分でもマネしたいと思えるくらい、素晴らしいです。ただ、マネするのはかなり難しいと思います。一見するとすごくシンプルに見えますが、ムダな動きをできる限りそぎ落としているので、実はとても難しいんです。アマチュアはいろいろ試行錯誤しすぎてスウィングが複雑になっています。古き良きスウィング、たとえば体重移動やフェースローテーションといった動きが染みついてしまっているんです。 >>ザンダー・シャウフェレの1Wスウィング 現代的なスウィングのポイントは大きく2つあります。ひとつは今注目されているシャローイングです。もうひとつが左足に乗ること。米ツアーではほとんどの選手ができていますが、日本では右足の上で回ってしまう選手が多く、なかなか左に乗れないんです。東京五輪で見たネリー・コルダも現代的なスウィングです。彼女はスウィングがきれいですし、動きにムダがないのがよくわかります。シャローに入れる、フェースは返さない、インパクトゾーンを長く、そして左足に乗る。これが、ボクがイメージするベストスウィングに不可欠な要素です。飛んで曲がらないという、相反するテクニックを実現できる、あるいは最新のクラブの性能を最大限に発揮できるスウィング、といえるでしょう。プロテストに合格したばかりの03年生まれの現役高校生、川﨑春花も今どきのスウィングです。今年の3月に高校選手権で女子個人優勝を果たしていますし、注目してほしい選手のひとりです。 >>ネリー・コルダの1Wスウィング >>川崎春花の1Wスウィング 週刊ゴルフダイジェスト2021年12月21日号より