Myゴルフダイジェスト

石川遼の記録を破り世界最年少Vを果たしたタイの15歳「大学で勉強したい」

タイの15歳が、石川遼が持っていた世界の主要な男子プロゴルフツアーでの最年少優勝記録(15歳8カ月)を塗り替えた。

アジアンツアーと欧州女子ツアーの共同でタイのサイアムCCを舞台に開催された「トラストゴルフ・アジアンミックスカップ」で15歳37日のラチャノン・チャンタナヌワット(通称TK)が賞金王候補やツアー優勝経験者を2打差で破り、09年以来13年ぶりに同ツアー5人目のアマチュア優勝者となった。

「試験勉強が忙しくて練習はあまりできていませんでした」というバンコクのインターナショナルスクールに通うTK。アジアンツアーには6度出場し、いまだ予選落ちなしで、1月の「シンガポールインターナショナル」では3位に入って周囲を驚かせたが、さらに優勝までしてしまうのだから、大した15歳である。

すぐにプロ入り? の声も上がるも、本人は至って冷静。「夢は大学で学ぶこと。たくさんの先輩に話を聞きましたが、進学を勧められました。学業とゴルフを両立させたい」と浮かれることなくしっかりと地に足がついている。

世界各地でファルドシリーズを開催しジュニア育成に力を注ぐN・ファルドも、注目のネクストスターの活躍に「よくやったTK」とコメント。

今大会はティーを変えて男子と女子が一緒に戦うユニークなイベント。アジアンツアーから60名、欧州女子が60名に加えて主催者推薦が24名、計144名が参戦したが、試合が始まる前TKは「普段とは違うトーナメントに出られてとても興奮しています。もし予選を通ったら、優勝を目指します」と語っており、見事有言実行した。

現在中島啓太がトップの世界アマチュアランキングは27位だが、世界ランキングはこの優勝で石川(270位)を抜いて258位に浮上。このままいけば大学生になるまでにアマチュアナンバー1はもとより世界ランクでも上位に進出しているかも。恐るべき15歳の今後に注目だ。

ニックネームの“TK”は、両親のファーストネームからとったものだという(Photo by Orange Pictures/BSR Agency/Getty Images)

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

こちらもチェック!

  • 米女子ツアーメジャー前哨戦「JTBCクラシック」で渋野日向子、古江彩佳と同期のルーキーが参戦5試合目で初優勝を飾った。 2週間前、ホンダLPGAタイランドで勝ったデンマークのN・コルツ・マドセンとのプレーオフを制し優勝したのは、2月に19歳になったばかりのA・ティティクル。タイ勢の優勝はツアー史上6人目の快挙だ。「頭の中はいろいろな思いが渦巻いていましたが、すべてのショットに全力を尽くそうという強い気持ちだけは忘れませんでした」と期待のルーキー。「勝っても負けても全部勉強。次のチャンスはある。だから目の前のショットだけに集中しようと思っていたんです。誰もが勝ちたいと思ってここに来ていて、もちろん私も勝ちたかった。でもこんなに早く勝てるなんて本当に信じられません」と声を弾ませた。19歳25日でのツアー優勝は、L・コーやL・トンプソンにはかなわないが、史上十指に入る年少V。ちなみに笹生優花の全米女子オープン制覇は19歳11カ月21日。今季ティティクルはここまで5試合に出場し、優勝含めベスト10入りが3回。ルーキーながら圧巻のプレーぶりだが、それもそのはず。アマチュア時代に欧州ツアーで2勝を挙げ、昨年同ツアーにフル参戦すると、年間女王と新人王をダブル受賞。ルーキーイヤーで年間女王に輝いた4人目のプレーヤーになっただけでなく、年間女王の最年少記録(18歳9カ月8日)を塗り替えた実力者なのだ。優勝した彼女を待ち受け祝福したのは、同郷の親友パジャリー・アナナルカーン。「彼女が欧州で優勝したときも私が出迎えたし、私が優勝したときも彼女が見守ってくれた。とても特別な存在です」今シーズンの米女子ツアーはベテランと若手の力が拮抗し、誰が勝ってもおかしくない状況。ティティクルを含めすでに3人の初優勝者が誕生しており、もちろん日本勢にもチャンスはある。朗報はいつ? 日本食が大好きだというティティクル。今季の台風の目となりそうだ(Photo by Donald Miralle/Getty Images) 週刊ゴルフダイジェスト2022年4月19日号より
  • 今シーズンから主戦場を米女子ツアーに移した渋野日向子。本格参戦1年目の初戦でいきなり世界の凄さを見せつけられた。 1月のフロリダシリーズには参戦せず、アジアシリーズ第1戦の「HSBC女子世界選手権」を自身の開幕戦に選んだ渋野。強豪が揃う予選落ちなしの大会で、初日に出遅れ低迷するも最終日に「68」をマークし、47位でフィニッシュした。そんな渋野に16打差をつけ優勝したのが昨年のプレーヤー・オブ・ザ・イヤー、コ・ジンヨン。上がり6ホールで5アンダーという圧倒的なプレーでツアー13勝目を達成、世界ランク1位の実力を見せつけた。コにとってもこの大会がシーズン初戦。昨年の最終戦で優勝してから左手の故障もあり、「しばらくゴルフから離れて家族と過ごす時間を取った」という彼女にとっては3カ月ぶりの実戦。「痛みはまだある」と語ったが、ブランクを感じさせないプレーで4日間60台を並べ、貫禄の勝利を挙げた。昨年から続けている60台でのラウンドを「15」まで伸ばし、これまで自身やA・ソレンスタムが持っていた60台最長連続記録14を更新。アニカ超えを実現し「15ラウンド連続60台というのが一番うれしい」と満面の笑み。さらに連続アンダーパーも30ラウンドまで伸ばし、これまたツアー記録を塗り替えた。さらに昨シーズンから連続パーオン記録を更新してきた彼女は、大会初日の4番でグリーンを外すまで66ホール連続パーオンに成功。これは男女ツアーを通じての最多連続パーオン記録なのである。針の穴を通す精密マシーンのようなショット力の持ち主が世界ナンバー1なのも頷ける。直近の10試合で6勝目、それでも全盛期のアニカはシーズン11勝(02年)を挙げている。本当の意味での“アニカ超え”は険しい道だが、コはまだ26歳。これからが楽しみだ。 コ・ジンヨンの天下はしばらく続きそう…(写真は東京五輪。PHOTO/KJR) 週刊ゴルフダイジェスト2022年3月29日号より こちらもチェック!