Myゴルフダイジェスト

【バンテリンレディス】2時間のプレーオフを制し植竹希望が初優勝! 黄金世代10人目のV

<KKT杯バンテリンレディスオープン/熊本空港CC(熊本)/6499Y・パー72/4月15日〜17日>
PHOTO/Tadashi Anezaki

熊本を舞台に行われた国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」は、54ホールを終えた時点で通算8アンダーに4人が並ぶ大混戦。6ホールに及ぶプレーオフを制したのはこれまで勝てそうで勝ち切れなかった植竹希望だった。

まさに「大混戦」という言葉がふさわしい最終日の激闘だった。

終盤を迎え、小倉彩愛と植竹希望が9アンダーで首位を並走し、吉田優利と西村優菜が1打差で追う展開。だが小倉、植竹ともに17番をボギーとし、4人が並ぶ。そして、バーディが狙える18番パー5は4人ともパーに終わり、昨年のスタンレーレディス以来の4人プレーオフに突入した。

植竹が98年度生まれの黄金世代なのに対し、吉田、小倉、西村は揃って00年度生まれのプラチナ世代。18番パー5を繰り返すプレーオフ1ホール目で、唯一バーディを奪えなかった西村が脱落。そして小倉も2ホール目でバーディを奪えず脱落。

その後は吉田と植竹の一騎打ちとなり、最後は6ホール目でバーディパットを沈めた植竹に軍配が上がった。

<プレーオフ結果>

植竹吉田小倉西村
1番バーディバーディバーディパー
2番バーディバーディパー
3番バーディバーディ
4番パーパー
5番パーパー
6番バーディパー

19年8月のCATレディスの淺井咲希以来、区切りとなる黄金世代10人目の優勝。

「うれしいの一言に尽きますね。ずっと勝てなくて……。やっと10人目になれて、ほんとによかったと思います」

これで黄金世代の合計勝利数も31に伸ばした。

敗れた吉田はこの日が22歳の誕生日だったが、バースデーVはならず。また、ベストアマに輝いた3歳年下の妹、鈴さんとの2冠も逃した。

プレーオフ6ホール目、2打目をバンカーに入れたものの、そこから落ち着いてピンに寄せた植竹。1.2メートルのバーディパットを決めて激闘に終止符をうった

(左)6ホール目で敗れた吉田はバースデーVを逃す/(中)首位スタートの西村は追いつかれ今季2度目の2位/(左)小倉はツアー初のトップ10入りも初優勝ならず

<KKT杯バンテリンレディス・最終成績>

優勝植竹希望(プレーオフ)-8
2位T吉田優利-8
2位T小倉彩愛-8
2位T西村優菜-8
5位小祝さくら-7
6位藤田さいき-6
7位渡邉彩香-5

週刊ゴルフダイジェスト2022年5月3日号より

こちらもチェック!

  • 注目女子プロのスウィングを豪華解説陣が徹底分析。一般ゴルファーと変わらないヘッドスピードにもかかわらず、なぜ平均240~250Yも飛ばせるのか。飛距離アップのヒントが満載! 今回は、植竹希望、渋野日向子、古江彩佳、三ヶ島かな、大里桃子の5人をピックアップ! 植竹希望 渋野日向子 古江彩佳 三ヶ島かな 大里桃子 こちらもチェック!
  • 群雄割拠の「黄金世代」の中でも、屈指のスウィンガーとして注目されている植竹希望。「90年代後半のガルシアのスウィング、好きなんです!」と語る植竹のダウンスウィングは、まさにガルシアそのもの。男子プロ顔負けの力強いスウィングはどのようにして作られたのか。詳しく話を聞いてみた。 PHOTO/Kazuo Iwamura THANKS/船橋カントリークラブ 植竹希望 2017年にプロ入りした98年生まれの黄金世代。 「一人のコーチの考え方に縛られることなく、多くの人の意見を参考にしたい」と、専属コーチをつけず、独学でスウィングを研究する ●CONTENTS●>>#1 独学で磨いた強力スウィング>>#2 このドリルで開眼した!>>#3 体を「3分割」して考える ガルシアとラームのいいとこどり!? 小さなトップに深いタメ、まるでセルヒオ・ガルシアとジョン・ラームみたい!?「よく『ガルシアとラームを足して2で割ったスウィング』と言われます。私は国内外の男子プロのスウィング動画を見るのが好きで、ガルシアやラームのスウィングは特によく見ます」なるほど、“あのカタチ”を取り入れているということ?「よく言われますが、そうではありません。インパクト前後、特に左右の足の間でのヘッド軌道だったり、上半身と下半身の捻転バランスを見ていますね」ガルシアやラーム、タイガーにD・ジョンソン、F・モリナリまでさまざまだが、その日の調子によって、『今日はどの選手でいこう』と、採用するイメージが変わるそう。「でも、一番多いのはガルシアとラームのミックスですね」世界的なショットメーカーである2人のスペイン人風味、たしかにしっかり出ています! 強烈なタメでインから下りる ダウンのタメはガルシア並! スペインを代表する“神の子”ことガルシアは、強烈にタメを利かせた柔らかいスウィングが特徴だが、ハーフウェイダウンでのカタチがそっくり コンパクトなトップでフラットな軌道 ラームを彷彿とさせる締まったトップ 小さなトップにフラットな軌道、ローテーションの少ないヘッドの使い方は、まるでラーム。体幹のパワーがあってこそのスウィングともいえる >>植竹を開眼に導いた「たった1つのドリル」とは?>>ポイントは「体を3分割」。圧巻のスウィング動画も! 週刊ゴルフダイジェスト2022年1月25日号より こちらもチェック!